Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco IGX 8400 モジュール

IGX FRM モデルの区別

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、使用可能な IGX フレーム リレー モジュール(FRM)モデル間の違いについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

FRM フロント カードの間の区別

FRM フロント カードは 1 つから 4 つのデータ ポートをサポートし、2.048 Mbps までで、シングルポート モードで、動作します。

FRM フロント カードは 2 フォームにあります。 FRM (b)からのおよびより古い FRM を区別する最も簡単な方法は実際のカードを検知 することです。 より古い FRM カード 使用 ACM1 アダプタ。 新しいカードは IGX 専用 カードで、シングル カードか「ネイティブ」バージョンで構成されています。 機能的には、それらは同一です。

FRM の 2 つのよくあるモデルが-モデル D およびモデル E.あります。 dspcds コマンドはコマンド 出力の Dxy または Exy の FRM を表示する。 それだけがそれ V.35/X.25 (モデル D)か T1/E1 (モデル E)カードです、その出力のこの最初文字(d)は FRM の正確なタイプを告げません。

2番目 の 文字(x)はハードウェアリビジョンを示します。 最新の FRM (B)は Revision H に続く Revision E にあります。 前の FRM モデル(FRP+ACM1)は Revision T に現在あります。 出力が Revision J または それ以降である FRM を示したものです、FRM (B)ではないです。

第 3 文字(y)はファームウェアリビジョンを表します。 FRM (B)はファームウェアリビジョン V とまたはより高い動作する必要があります。 出力が Revision U または下部のであるファームウェアを示したものです、FRM (B)ではないです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10773