スイッチ : Cisco BPX/IGX/IPX WAN ソフトウェア

フィーダとして IGX または IPX に接続を追加

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、フィーダとして IGX または IPX の接続を追加する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアに基づいています。

  • Broadband network interface (BNI) /Broadband スイッチ モジュール(BXM)

  • 広帯域トランク モジュール (BTM) /Universal スイッチング モジュール(UXM)

  • Frame Relay Module (FRM) /Universal Frame Relay Module Unchannelized (UFMU)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

関連 製品

この資料も Cisco IGX ワイドエリアスイッチによって使用することができます。

問題

送り装置として IGX または IPX に接続を追加する方法。

解決策

この問題に対するソリューションの詳細を次に説明します。 IGX/IPX 送り装置に接続を追加することはフィーダーセグメントおよびネットワークセグメントを追加する必要があること MGX 8220 シェルフに接続を追加することに類似したです。 この資料は IGX が BPX にシェルフとして追加に成功したことを仮定されます。 の第 3 IGX Configuration Summary セクションを参照して下さい: Cisco IGX 8400 シリーズ インストールおよび設定カードインストールおよびノード 始動インターフェイス シェルフで IGX スイッチを設定するリリース 9.2

送り装置として IGX か IPX 接続を追加するために次のステップを完了して下さい:

  1. FR スロットがフレームリレーカードである、BTM/UXM スロットが BTM または UXM カード、フィーダーセグメント 1.を追加するためにである addcon FRslot.port.dlci local-nodenameBTM/UXM-slot.vpi1.vci1 コマンドを使用すれば。

  2. BNI/BXM スロットが BNI または BXMカードであるネットワークセグメントを追加するのに addcon BNI/BXM-slot.port.vpi1.vci1 リモート nodename BNI/BXM-slot.port.vpi2.vci2 コマンドを使用して下さい。

  3. BTM/UXM スロットが BTM または UXM カードである、FR スロットがフィーダーセグメント 2.を追加するフレームリレーカードである addcon BTM/UXM-slot.vpi2.vci2 ローカル nodename FRslot.port.dlci コマンドを使用すれば。

    注: vpi および vci ローカルインターフェイス シェルフのセグメントでだけ一致する必要。 この要件から離れて、セグメント 1 の vpi.vci はまたセグメント 2.の vci.vpi と同じである場合もあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10772