スイッチ : Cisco BPX/IGX/IPX WAN ソフトウェア

フレームとバイトが廃棄される理由

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2012 年 9 月 26 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に含まれているリストはフレーム廃棄の理由および影響を受ける統計情報を示します。 括弧内の番号は統計情報タイプです。 記号 * はフレーム リレー ポート(FRP)によって維持され、PCC に送られない内部統計情報を表示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

入力時に廃棄されたフレームの数(ユーザ デバイスからネットワーク)

1. 不正な DLCI フォーマット(不正な EA ビット) 無効なポートフレーム数(P 0x07 無効な形式の受信フレーム数):これは、最初の 2 つのフレーム バイトの最下位ビットがフレーム リレー標準に準拠した 0 および 1 以外の場合に発生します。
2. 不明 DLCI ポート未知 DLCI (P 0x11 レシーブ フレーム未定義 DLCI エラー)最後未知 DLCI番号(dspportstats
3. 不正なフレーム サイズ(モデル C リビジョン C では 5 または 4096、モデル C リビジョン D およびモデル D では 4510) フレーム廃棄される余りに長い(P 0x09 不正な長さの受信フレーム)フレーム余りに短い(P 0x07 無効なフォーマットの受信フレーム) *PVC 最小値帯 *Short 帯
4. キューに入っているフレームの数が PVC 最大数を超えました(顧客が CIR を超えたことに起因している可能性があります) 仮想サーキット キューのオーバーフロー(「C 0x01 廃棄された受信フレーム数」および「C 0x0A 廃棄された受信バイト数」)
5。 FRP ACP から FPTx キューへのオーバーフロー (廃棄される C 0x01 レシーブ帯および廃棄される C 0x0A 受信バイト)十分の *Muxbus キュー(不十分な muxbus 帯域幅が原因で。 過剰な使用が原因である可能性があります。) また dspportstats をペグしています。
6。 FRP DMA から ACP キューへのオーバーフロー リソース オーバーフロー(dspportstats) (廃棄される C 0x01 レシーブ帯および廃棄される C 0x0A 受信バイト)リソース オーバーフロー(dspportstats
7. フレーム CRC エラー ポート CRC エラー(P 0x06 受信フレーム CRC エラー数。また出力時に C 0x03 および C 0x0C に増加)
8. フレーム同期エラー ポート フレーム同期エラー(P 0x08 受信フレーム アラインメント エラー数)
9. フレームが大きすぎる 大きいポートフレーム余りに(3 のサブセット上で) (P 0x09 不正な長さの受信フレーム)
10. DMA フレーム異常終了回数(cnffrport でのポートの再設定時) 異常終了ポート フレーム数(P 0x0A DMA オーバーラン数)
11。 PVC パージ/削除(PVC の削除またはダウン時) 廃棄 PVC フレーム/バイト数(なし)
12。 無効な LMI フレーム数(不正な LMI フィールド)

注: LMI の障害が原因で、外部装置のポートと接続で障害が発生することがあります。 通常、LMI 障害はネットワーク トラフィックに影響します。

ポートでの無効な LMI フレームの受信(「P 0x0E LMI 無効なステータスの照会」、「P 0x0F LMI リンク タイムアウト エラー数」、または「P 0x10 LMI キープアライブ シーケンス エラー数」のいずれか 1 つ) * 無効なインターフェイス要素
13。 廃棄 DE フレーム数(モデル D) (「P 0x12 廃棄された受信 DE フレーム数」および「C 0x17 DE 廃棄された受信フレーム数」)

出力時に廃棄されたフレームの数(ネットワークからユーザ デバイス)

1. DE(廃棄適格)フレームしきい値に達した時点での DE フレーム(モデル D) なし
2. ポート送信キューのオーバーフローまたは Tx しきい値(バイト数)到達(輻輳、オーバーサブスクリプション、または DTE でのクロック損失による) PVC 帯/FP/バイトは(、廃棄される C 0x05 レシーブ パケットおよび廃棄される C 0x0C 送信する バイト廃棄される) C 0x03 送信する帯達された *Queue しきい値を廃棄しました
3. 不正な CRC または長さ(ネットワーク トラバーサルでの破損による) PVC CRC エラー PVC 長さエラー(「C 0x03 廃棄された送信フレーム数」および「C 0x0C 廃棄された送信バイト数」)
4. フレーム タイムアウト/EOF 損失(入力時の CRC による) PVC での EOF 損失(「C 0x03 廃棄された送信フレーム数」および「C 0x0C 廃棄された送信バイト数」)
5。 フレーム バッファ不足 * フレーム バッファ不足(「C 0x03 廃棄された送信フレーム数」および「C 0x0C 廃棄された送信バイト数」)
6。 DMA によるフレーム中断(cnffrport を使用してポートが再設定されている場合) 廃棄された PVC フレーム/バイト数(「C 0x03 廃棄された送信フレーム数」および「C 0x0C 廃棄された送信バイト数」)

注: カードの障害、カードの取り外し、またはルーティングできないことが原因で接続が失敗すると、フレームは受信後に廃棄されます(カードが存在していない場合または障害が発生している場合を除く)。 LMI の障害が原因で接続が失敗することやフレームが廃棄されることはありません。 ただし LMI の障害が原因で、外部装置のポートと接続で障害が発生することがあります。 通常、LMI 障害はネットワーク トラフィックに影響します。

注: 次の表に、FRP Cbus イベント C2 に関する補足情報を示します。このイベントには、チャネル統計情報画面またはポート統計情報画面には表示されない有用な統計情報が含まれています。

バイト 説明
fc C2、機能コード
00 論理チャネル番号
01 メッセージ番号。これは、C2 イベントのこれ以降の部分に適用される定義を示す値です。 メッセージ番号 == 2
08-11 送信 CRC エラー数、CRC 検証が失敗した muxbus から再アセンブルされたフレームの数。 (一般に CRC の廃棄はトランク エラーが原因で発生します)
12-15 送信 SOF 損失回数。つまり SOF FastPacket が明らかに失われ、MOF が続いて EOF を受信した回数。
16-19 送信 EOF 損失回数。つまり EOF FastPacket が明らかに失われ、SOF が続いて MOF または SOF を受信した回数。
20-23 送信長さエラー数。つまり muxbus から受信したフレームのうち、最大フレーム長を超えていたフレームの数(おそらく連続する EOF および SOF FastPacket の損失による)。

C2 12 02 xx xx xx xx xx xx 00 00 00 02 00 00 00 33 00 00 00 45 00 00 00 01

transmit CRC error count:       = 02
transmit lost SOF count:        = 33
transmit lost EOF count:        = 45
transmit length error count:    = 01

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10710