LAN スイッチング : VTP

LANエミュレーション (LANE) 上でプルーニングするVLANトランク プロトコル (VTP) の問題

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 10 月 4 日) | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントの情報は、Catalyst 5000 ファミリ スイッチおよび Switch Software Release 4.4(5) に基づくものです。 この機能が最初に導入されたのはリリース 2.3 です。

このドキュメントでは、Emulated Local Area Network(ELAN; エミュレート LAN)に接続されている Catalyst シリーズ スイッチでは VLAN Trunking Protocol(VTP)プルーニングを使用してはならない理由について説明します。 VTP プルーニングでは、フラッドしたトラフィックを、そのトラフィックが適切なネットワーク デバイスにアクセスするために使用する必要のあるトランク リンクに限定することにより、使用可能な帯域幅を増加させます。 VTP を使って、Cisco マルチキャスト Media Access Controller (MAC)アドレスに送られるレイヤ2 帯を使用する Catalyst シリーズ スイッチ 交換メッセージ。

/image/gif/paws/10552/11a.gif

次の例では、LAN Emulation Server(LES; LAN エミュレーション サーバ)、broadcast and unknown server(BUS)、LAN Emulation Configuration Server(LECS; LAN エミュレーション コンフィギュレーション サーバ)の場所は重要ではありません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

例 1: 3 つのIPステーション

この例では、バーチャルLAN (VLAN) #500 に 3 つの IP ステーションがあります(500 は任意の番号です)。 最初のステーションは Catalyst-2 への Catalyst-1、第 2、および Catalyst-3 への三番目に接続されます。 どのステーションでも他のどの問題なく ping し、他の VLAN #500 ステーションはこのネットワークにありません。 Catalyst-1 のステーションから Catalyst-2 のステーションにノンストップで ping する場合、これはうまく働きます。 Catalyst-3 のステーションを取除く場合、Catalyst-3 に接続される VLAN #500 に他のステーションがありません。 プルーニングが設定される場合、Catalyst-3 はマルチキャストメッセージのブロードキャストによってステーションの欠如をアドバタイズします。 LAN emulation(LANE; LAN エミュレーション)では、このメッセージは BUS によって送信され、すべての LAN Emulation Client(LEC; LAN エミュレーション クライアント)によって受信されます。 Catalyst-1 と Catalyst-2 はこのメッセージを受信し、ELAN 内の VLAN #500 には他にステーションがないと認識します。 その結果、LEC すべてはこの VLAN のトラフィックを転送することを止めます。 このため、Catalyst-3 のステーションを取り外すことによって、Catalyst-2 と Catalyst-1 に接続されているステーション間の通信も停止することになります。

例 2: 4 つのIPステーション

Catalyst-4 に接続されて最後のもの 4 つの IP ステーションが、あることをこの場合、仮定して下さい。 Catalyst-4 のステーションを停止する場合、マルチキャストメッセージは ISLトランクおよびヒット上のブロードキャスト Catalyst-3 だけです。 これはフォワーディングからこの VLAN のための Catalyst-4 にトラフィックを、予想通り停止します。

プルーニングは、『スイッチ間リンク(ISL)』のようなポイントツーポイント リンクでは正常に動作します。 ELAN ベースのネットワークでは、プルーニングはサーバでイネーブルにできますが、LANE に接続されている Catalyst では VLAN がプルーニング適格ではないはずです。 clear vtp pruneeligible vlan_range コマンドを使用すると、特定の VLAN をプルーニング不適格にできます。 デフォルトでは、VLAN 2-1000 はプルーニング適格になっています。


関連情報


Document ID: 10552