非同期転送モード(ATM) : ATM トラフィック管理

ソフトウェア SAR を使用する Cisco 3810 および Cisco 2600 シリーズ ルータに関する VBR-NRT ATM トラフィック シェーピング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 2 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ソフトウェアのセグメンテーション/リアセンブリ(SAR)を使用して、ATM トラフィック シェーピングのための Cisco 3810 および 2600 シリーズのルータを設定する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ATM トラフィックシェーピングのための Cisco 3810 および 2600 ルータを設定する時か。ソフトウェア SAR によって、重要な制限を理解しておいて下さい。 可変 ビット比率ノンリアル時間(VBR-NRT) Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート)値は行比率 整数常にです。 行比率は E1 のための 1920 年、か T1 のための 1536 と等しいです。 これを個別に設定する場合、Cisco IOS か。 ソフトウェアは許容値に PCR を四捨五入します。

注: 数式は Sustainable Cell Rate (SCR)および Maximum Burst Size (MBS; 最大バーストサイズ)を制限しません。

PCR 値を設定 して下さい

この数式に従って ATM PCR を設定 して下さい:

PCR = Line Rate / n

つまり、PCR はライン レートを n で割ったものに相当します。ここで、

  • n は整数に、1 のような、2、3、4、5、等匹敵します

  • 行比率は E1 のための 1920 年または T1 のための 1536 です

たとえば、T1 の可能性のある PCR 値は 1536、768、または 512 です。

設定

interface ATM0.1 point-to-point
description LAB ROUTER
bandwidth 256
ip address 11.39.18.249 255.255.255.252
pvc 73/33
? vbr-nrt 512 512
? oam-pvc manage
? protocol ip inarp

確認

Router# show atm pvc 73/33
ATM0.1: VCD: 1, VPI: 73, VCI: 33
VBR-NRT, PeakRate: 512, Average Rate: 512, Burst Cells: 0
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x20, VCmode: 0x0
OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 
1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Received
OAM VC state: Verified
ILMI VC state: Not Managed
VC is managed by OAM.
InARP frequency: 15 minute(s)
InPkts: 608789, OutPkts: 612122, InBytes: 31658148, OutBytes: 31751480
InPRoc: 20, OutPRoc: 27
InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 0, OutAS: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0, LengthViolation: 0, CPIErrors: 0
OAM cells received: 608769
F5 InEndloop: 608769, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
OAM cells sent: 956860
F5 OutEndloop: 956860, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Compress: Disabled
Status: UP

Cisco IOS ソフトウェア リリース

この制約事項が引き起こす問題は実行する Cisco IOSソフトウェアのバージョンによって決まります。

この不具合は、Cisco Bug ID CSCdm50432(登録ユーザのみ)で報告されています。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(6) およびそれ以降

セクションのガイドラインに設定 したら PCR 値をおよび続かなければ Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(6) またはそれ以降を、コントローラ代りに選びますその次に有効な低い値を実行します。

たとえば、T1 の PCR を 900 と設定している場合、コントローラによって実際の PCR が 768 に設定されます。

先のリリース Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(6)より

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(6)およびセクションのガイドラインに設定 した PCR 値を続かない以前のリリースを実行すれば、コントローラは次の利用可能 な高い値を代りに選びます。

この操作は中間 ATM スイッチでトラフィック ポリシングをオーバーサブスクライブできます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10527