非同期転送モード(ATM) : 相手先固定接続(PVC)と相手先選択接続(SVC)

ATM PVC バンドルの理解および設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 3 月 12 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Per-VC(Distributed)Weighted Random Early Discard(Per-VC(D)WRED)を使用すると、輻輳が発生したとき高度なパケット廃棄機能を実行できます。 ただし、このソリューションでは 2 台のエンド デバイス間で 1 つの相手先固定接続(PVC)しか使用できないという制約があります。 その結果、サービス クラスが一定ではない場合、(各ストリームにさまざまな IP precedence(優先順位)値が割り当てられている)廃棄率がそれぞれ異なってしまうことになります。 非廃棄パケットは同じ Quality of Service(QoS)または遅延特性を持つこととなります。 このため、最も要求の厳しい QoS 条件を満たすように ATM PVC のトラフィック クラスを選択する必要があります。 音声とデータなど、まったく異なるタイプのトラフィックがある場合には、これが問題になることがあります。

この制限はさまざまなトラフィック の 種類に異なる QoSパラメータを割り当てることを可能にする PVC バンドル VC 単位の DWRED を使用まだ間、解決します。

注: 分散メカニズムは(Distributed Cisco Express Forwarding (DCEF)か DWRED のような) 7500/Virtual インターフェイスプロセッサ(VIP)アーキテクチャに特定です。 これらのメカニズムは Route Switch Processor (RSP) CPU によって、VIP モジュールの CPU によって処理されません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS(R) ソフトウェアリリース 12.0(3)T およびそれ以降

  • Cisco 7500: VIP2-50、すべての PA-A3 バージョン。 (VIP2-50 毎に 1 PA-A3 だけ)

  • Cisco 7200: NPE200 またはそれ以降、すべての PA-A3 バージョン

  • 2600 および 3600:

    • Cisco IOS(R) NM-1A-OC3 および NM-4E1-IMA のソフトウェアリリース 12.0(7)T およびそれ以降、NM-4T1-IMA、NM-8E1-IMA、NM-8T1-IMA ネットワークモジュール

    • Cisco IOS(R) NM-1A-T3 および NM-1A-E3 ネットワークモジュールが付いているソフトウェアリリース 12.1(2)T およびそれ以降

注: Cisco 2600 プラットフォームによって、NM-1A-OC3 は Cisco 2691 だけでサポートされ、少なくとも Cisco IOS を必要としますか。 サービスプロバイダー(- p)機能セットのソフトウェア リリース 12.2(13)T および IP Plus。

注: 注 2:接続の両端(ルータ)で PVC バンドルをサポートする必要があります。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが実稼働中である場合は、コマンドを使用する前に、コマンドによる潜在的な影響について理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

PVC バンドルを理解して下さい

ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)バンドル管理により、2 台の終端装置間で異なる QoS 特性を持つ複数の PVC を設定できます。

バンドルから 1 に PVC、または複数を、優先値 結合 します。 バンドルのどの VC がパケットの間で特定のトラフィック、ATM VC バンドル 管理用ソフト一致優先レベルおよび VC を転送するのに使用されるべきであるか判別するため。

さらに、VC 単位および各 VC の優先値ごとにインテリジェントな廃棄を行うために VC 単位の DWRED を実行できます。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

この文書では、次のダイヤグラムに示すネットワーク設定を使用します。

/image/gif/paws/10490/pvcbundle.gif

2 PVC は Ema と Bernard (PA-A3 を VIP2-50 で使用し、Cisco IOS を実行する 2 の間で 7507s 作成されますか。 バージョン 12.0(7)T)。

これら 2 つの PVC には、接続の両端で値 1/130 および 1/131 がすでに割り当てられています。 明確にするために、1/130 は ATM スイッチによって 1/130 に切り替えられ、1/131 は 1/131 に切り替えられます。

PVC 1/130 は可変 ビット比率ノンリアル時間(VBR-nrt)で VC 設定され、1/131 は使用可能ビット レート (ABR) VC で設定されます。 優先値 0 に 4 は PVC 1/130 に結合 され、優先値 5 に 7 は PVC 1/131 に結合 されます。 VC 単位の DWRED はパケット破棄 メカニズムとして使用されます。

設定

このドキュメントで使用する設定を次に示します。

Bernard
random-detect-group testWRED 
 exponential-weighting-constant 2 
 precedence 3   100   1000  3 
 precedence 5   200   1000  5 
! 
ip cef distributed 
! 
interface ATM2/0/0 
 ip route-cache distributed 
 ip route-cache cef 
! 
interface ATM2/0/0.6 point-to-point 
 ip address 14.0.0.1 255.0.0.0 
 no ip directed-broadcast 
 bundle bernard 
  protocol ip 14.0.0.2 broadcast 
  broadcast 
  oam-bundle manage 
  pvc-bundle 1/131 
   class-vc ABR 
   random-detect attach testWRED 
   precedence 5-7 
  pvc-bundle 1/130 
   random-detect attach testWRED 
   vbr-nrt 100 10 
   precedence 0-4 
! 
vc-class atm ABR 
  abr 1000 100

Ema
random-detect-group testWRED
 exponential-weighting-constant 2
 precedence 3   300   1000  3    
 precedence 5   2000  4000  5    
!
ip cef distributed
!
interface ATM2/0/0
 ip route-cache distributed
 ip route-cache cef
!
interface ATM2/0/0.6 point-to-point
 ip address 14.0.0.2 255.0.0.0
 no ip directed-broadcast
 bundle ema
  protocol ip 14.0.0.1 broadcast
  broadcast
  oam-bundle manage
  pvc-bundle 1/131 
   class-vc ABR
   random-detect attach testWRED
   precedence 5-7 
  pvc-bundle 1/130 
   random-detect attach testWRED
   vbr-nrt 100 50
   precedence 0-4 
!
vc-class atm ABR
  abr 1000 100

注: PVC バンドルのための PVC を作成するとき、3 か 4 に仮想チャネル識別子(VCI)等号をこれらの値が F4 (仮想パス接続[VPC]レベル)運用、管理、保守(OAM) セグメントおよびエンドトゥエンドループバック 管理のために予約済みであるように使用しないで下さい。 これをする場合、このエラーメッセージを受け取ります:

注:  % %ATM: Invalid VCI of 4 requested: (ATM6/ima1): vc:63:4 次を出力ここに作成しません:

7200-16(config)#int atm 6/ima1.12 point-to-point
7200-16(config-subif)#bundle Test
7200-16(config-if-atm-bundle)#pvc-bundle Red 63/4
%ATM: Invalid VCI of 4 requested: (ATM6/ima1): Not creating vc:63:4

選択された出力

PVC バンドルの結果を示すために、トラフィックジェネレータは 2 つのデータのストリームを送信します: 5.と等しい IP 優先順位との 3 および 1 と等しい IP 優先順位との 1 つ。

設定 shownthe ストリームでは IP 優先順位 3 は PVC 1/130、および PVC 1/131 を渡る IP 優先順位 5 のトラフィックを渡って行く必要があります。 これはこの showコマンド出力で確認することができます:

bernard#show queuing interface atm 2/0/0.6
Interface ATM2/0/0.6 VC 1/131
    Exp-weight-constant: 2 (1/4)
    Mean queue depth: 0
    Queue size: 0       Maximum available buffers: 2628
    Output packets: 802  WRED drops: 14  No buffer: 121515
 
    Class   Random       Tail    Minimum    Maximum     Mark       Output
              drop       drop  threshold  threshold  probability  Packets
      0          0          0         20         40     1/10            0
      1          0          0         22         40     1/10            0
      2          0          0         24         40     1/10            0
      3          0          0        100       1000     1/3             0
      4          0          0         28         40     1/10            0
      5         13          0        200       1000     1/5           772
      6          0          0         32         40     1/10            0
      7          0          0         34         40     1/10            0
 
Interface ATM2/0/0.6 VC 1/130
    Exp-weight-constant: 2 (1/4)
    Mean queue depth: 781
    Queue size: 781       Maximum available buffers: 2628
    Output packets: 53  WRED drops: 114  No buffer: 121413
 
    Class   Random       Tail    Minimum    Maximum     Mark       Output
              drop       drop  threshold  threshold  probability  Packets
      0          0          0         20         40     1/10           17
      1          0          0         22         40     1/10            0
      2          0          0         24         40     1/10            0
      3        114          0        100       1000     1/3           817
      4          0          0         28         40     1/10            0
      5          0          0        200       1000     1/5             0
      6          0          0         32         40     1/10            0
      7          0          0         34         40     1/10            0

ことがトラフィックの PVC IP 優先順位に基づいて適切な VC を渡るトラフィックフローわかります。

bernard#show atm bundle
?
bernard on ATM2/0/0.6: UP
?
?????????????????????? Config??? Current?? Bumping? PG/ Peak Avg/Min Burst
VC Name????? VPI/ VCI? Preced.?? Preced.?? Preced./ PV? Kbps?? kbps? Cells Sts
?????????????????????????????????????????? Accept
?
3????????????? 1/131?? 7-5?????? 7-5?????? 4 / Yes? -??? 1000??? 100??????? UP
6????????????? 1/130?? 4-0?????? 4-0?????? - / Yes? -????? 64???? 10?? 94?? UP

また、VIP2-50/PA-A3 DWRED がオンにされると PA-A3 で廃棄が発生しなくなることにも注意してください。 ただし、VIP では廃棄が発生します。 ここに示されている出力でこれを確認できます:

bernard#show atm pvc 1/130
ATM2/0/0.6: VCD: 6, VPI: 1, VCI: 130
VBR-NRT, PeakRate: 64, Average Rate: 10, Burst Cells: 94
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x100020, VCmode: 0x0
OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Received
OAM VC state: Verified
ILMI VC state: Not Managed
VC is managed by OAM.
InARP frequency: 15 minutes(s)
Transmit priority 2
InPkts: 55, OutPkts: 86, InBytes: 3700, OutBytes: 105654
InPRoc: 49, OutPRoc: 17
InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 7, OutAS: 69
InPktDrops: 42, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0
OAM cells received: 169
F5 InEndloop: 169, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
OAM cells sent: 169
F5 OutEndloop: 169, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Status: UP
bernard#show atm pvc 1/131
ATM2/0/0.6: VCD: 3, VPI: 1, VCI: 131
ABR, PeakRate: 1000, Minimum Rate: 100, Initial Rate: 1000, Current Rate: 998
RIF: 16, RDF: 16
FRM cells received: 165, BRM cells received: 910
RM cells sent: 1073
AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x110820, VCmode: 0x0
OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Received
OAM VC state: Verified
ILMI VC state: Not Managed
VC is managed by OAM.
InARP frequency: 15 minutes(s)
Transmit priority 3
InPkts: 31, OutPkts: 854, InBytes: 3640, OutBytes: 1227090
InPRoc: 31, OutPRoc: 34InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 0, OutAS: 820
InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0
OAM cells received: 180
F5 InEndloop: 180, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0
F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0
OAM cells sent: 184
F5 OutEndloop: 184, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0
F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0
OAM cell drops: 0
Status: UP

代替設定方式

この資料に含まれている他のコンフィギュレーションは Cisco 7500 ルータに基づいています。 この設定では、PVC バンドルのオプションがバンドルと PVC 自体に対して設定されていることがわかります。 この種 の 設定はまた vc-class の使用によって実現します。 次に例を示します。

設定
vc-class atm atm-bundle 
    broadcast 
    oam-pvc manage 1 
    oam retry 3 3 1 
    encapsulation aal5snap 
    protocol ip inarp broadcast 
    oam-bundle manage 1 
! 
vc-class atm data 
    vbr-nrt 4096 2048 32 
    precedence 0-4 
    no bump traffic 
    protect vc 
! 
vc-class atm vo-ip 
    vbr-nrt 4096 2048 32 
    precedence 5-7 
    no bump traffic 
    protect vc 
! 
interface ATM1/0.100 point-to-point 
   mtu 1500 
   bandwidth 2000 
   ip address 1.1.1.1 255.0.0.0 
   bundle test 
    class-bundle atm-bundle 
    max-vcnum  0 
    pvc-bundle vo-ip 2/202 
     class-vc vo-ip 
    pvc-bundle data 1/101 
     class-vc data 

vc-class ATM バンドルはクラス vo-ip およびデータは VC のそれぞれのパラメータを定義するがバンドルパラメータを定義することを可能にします。

不完全な設定か PV ダウンメッセージ

PVC バンドル 設定が完了しなかった場合、バンドルはダウン状態になり、この原因を提供します:

Incomplete config, PV down 

このエラーは通常 PVC にマッピング されない 優位によって引き起こされます。 優位が使用されなくても、優位はバンドルの PVC にマッピング する必要があります。 次に例を示します。

設定
vc-class atm atm-bundle 
     broadcast 
     oam-pvc manage 1 
     oam retry 3 3 1 
     encapsulation aal5snap 
     protocol ip inarp broadcast 
     oam-bundle manage 1 
! 
vc-class atm dus-mun-data 
     vbr-nrt 4096 2048 32 
     precedence 0-4 
     no bump traffic 
     protect vc 
! 
vc-class atm vo-ip 
     vbr-nrt 4096 2048 32 
     precedence 5-6 
     no bump traffic 
     protect vc 

show atm bundle コマンドを発行して下さい:

Damme#show atm bundle 
 test on ATM1/0.100: DOWN, Incomplete config, PV down
  
                        Config    Current   Bumping  PG/ Peak Avg/Min Burst
 VC Name      VPI/ VCI  Preced.   Preced.   Preced./ PV  Kbps   kbps  Cells Sts
                                            Accept
  
 dus-mun-data   1/101   4-0                 - / No   PV   4096   2048   32   UP
 vo-ip          2/202   6-5                 - / No   PV   4096   2048   32   UP

precedence 7 を PVC にマップしていなかったため、バンドル全体がダウンしたことがわかります。 vo-ip PVC の下で優位 7 を追加する場合、バンドルはアップします。

Damme#configure terminal  
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.  
Damme(config)#vc-class atm vo-ip  
Damme(config-vc-class)#pre     
Damme(config-vc-class)#precedence 7  
Damme(config-vc-class)#^Z  
Damme#  
Damme#show atm bundle 

test on ATM1/0.100: UP
                        Config    Current   Bumping  PG/ Peak Avg/Min Burst
VC Name       VPI/ VCI  Preced.   Preced.   Preced./ PV  Kbps   kbps  Cells Sts
                                            Accept
  
vo-ip          2/202   7-5       7-5       - / No   PV   4096   2048   32   UP
dus-mun-data   1/101   4-0       4-0       - / No   PV   4096   2048   32   UP 

既知の警告

CiscocバグID CSCdm43184

バグ CSCdm43184 CAR + 間違った VC で転送される PVC バンドリング = パケット

リリース ノート: IP ヘッダーの優先順位ビットを設定 すればのに専用アクセス レート (CAR)を使用する場合パケットが PVC バンドルの間違った PVC に送信 されることは可能性のあるです。 これは Cisco IOS で観察されますか。 ソフトウェア リリース 12.0(4)T。 この場合、パケットはパケットがバンドルの正しい VC で着手される優先順位ビットによって入る場合交換されます。 優先順位ビットが(CAR によって)設定されていない着信パケットは、precedence 0 の VC にスイッチングされます。 これは CEF に切り替えるデシジョンがなされた後優先レベルが CAR によって変更されることを意味するようです。

CiscocバグID CSCds80669

バグ CSCds80669 バグ CSCds80669:VBR-nrt not a configuration option with pvc-bundle command mode(VBR-nrt は pvc-bundle コマンド モードでの設定オプションではない)

リリース ノート: VBR-nrt は PVC バンドル 設定の下で利用できません:

cop-ves9-wan-gw1#configure terminal      
      Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.      
      cop-ves9-wan-gw1(config)#interface ATM2/0.100 point-to-point      
      cop-ves9-wan-gw1(config-subi)# bundle cop-sto 
      cop-ves9-wan-gw1(config-if-a)#  pvc-bundle cop-sto-data 103/1      
      cop-ves9-wan-gw1(config-if-a)#? 
      ATM VC bundle member configuration commands: 
        abr       Enter Available Bit Rate (pcr)(mcr) 
        class-vc  Configure default vc-class name 
        default   Set a command to its defaults 
        exit      Exit from ATM bundle member configuration mode 
        no        Negate a command      or set its defaults 
        ubr+      Enter Peak Cell Rate(pcr)Minimum Cell Rate(mcr) in Kbps.

この例に関しては、Cisco IOS か。 Cisco 3640 プラットフォームのソフトウェア リリース 12.1(3a)T4 実行。

確認

このセクションは設定は適切に機能することを確認するのに使用できる情報を提供します。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show atm bundle bundle-name [stat] [detail] —規定 された バンドルの統計詳細を表示する

  • show atm map — ATMネットワークと ATM バンドル マップのリモートホストにすべての設定された ATM 静的 な マップのリストを表示する

  • show queuing interface atm [x/[y/[z]]] .w —インターフェイスのキューイング統計情報を表示する

  • show random-detect-group — WRED または DWRED パラメータ グループ 表示する

これは show atm bundle bundle-name [stat] [detail] コマンドのためのコマンド 出力です:

Bundle Name: Bundle State: UP 
     AAL5-NLPID 
     OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s) 
     OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5 
     BUNDLE is managed by. 
     InARP frequency: 15 minutes(s) 
     InPkts: 3695, OutPkts: 4862, InBytes: 407836, OutBytes: 2848414 
     InPRoc: 3579, OutPRoc: 3211, Broadcasts: 0 
     InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 116, OutAS: 1652 
     InPktDrops: 42, OutPktDrops: 0 
     CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0

これは show atm map コマンドのためのコマンド 出力です:

bernard#show atm map 
     Map list bernard_B_ATM2/0/0.6 : PERMANENT 
     ip 14.0.0.2 maps to bundle bernard, 1/131, 1/130, ATM2/0/0.6 
             , broadcast, aal5mux

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug atm bundle errors - Enables the display of information on bundle errors

  • debug atm bundle events —使用が発生するときバンドルイベントのディスプレイを有効に します

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10490