マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : Multiprotocol Label Switching over ATM(MPLS over ATM)

ATM 環境のマルチプロトコル・ラベル・スイッチング (MPLS) ラベル・インポジションの理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、IP パケットが MPLS 対応 ATM コアを通過する際に使用するパス、および主な show コマンドについて説明します。

注: この資料のルータはその実行 Cisco IOS から Cisco 3600 シリーズありますか。 バージョン 12.0(7)T および使用 OC-3 インターフェイス。 ATM LSR は 8540MSR です。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ネットワーク構成図

この資料のシナリオはこのセットアップに基づいています。 これらのデバイスのためのコンフィギュレーションを表示するために、この設定 例を参照します。

/image/gif/paws/10477/MPLSoATM-1.gif

show コマンド

Guilder

Guilder はイーサネット側から来る IP パケットにラベルを貼るのでこのセットアップの興味深い ルータです。 ATMインターフェイスに取り組むので MPLS 対応 ATM コアに接続される、貼られたラベルは Tag VC (TVC)の転送された IPパケットを意味します。

このシナリオでは、ポンドは Lira に IP パケットを送信します。 たとえば、ポンドから 125.125.0.2 を ping すれば、それは予想通りはたらきます:

Pound#ping 125.125.0.2
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 125.125.0.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/2/4 ms

Guilder のルーティング テーブルから、容易に宛先が ATMクラウドによって到達することができることがわかります:

Guilder#show ip route 125.125.0.2
Routing entry for 125.125.0.0/16
  Known via "ospf 1", distance 110, metric 12, type inter area
  Redistributing via ospf 1
  Last update from 129.129.0.2 on ATM1/0.1, 01:15:26 ago
  Routing Descriptor Blocks:
  * 129.129.0.2, from 120.120.0.1, 01:15:26 ago, via ATM1/0.1
      Route metric is 12, traffic share count is 1

発信 IP パケットを分類するために ATM サブインターフェイス 1/0.1 を設定しました従ってタグ フォワーディングテーブルを通してより多くの詳細を受け取ることができます:

Guilder#show tag-switching forwarding-table 125.125.0.2 detail
Local  Outgoing    Prefix            Bytes tag  Outgoing   Next Hop    
tag    tag or VC   or Tunnel Id      switched   interface              
30     2/36        125.125.0.0/16    0          AT1/0.1    point2point
        MAC/Encaps=4/8, MTU=4470, Tag Stack{2/36(vcd=299)}
        012B0900 0012B000

Guilder が発信 TVC VPI 2 を、VCD 299 に対応する VCI 36 課すので見ます。 この情報は CEF フォワーディングテーブルで保存されます:

Guilder#show ip cef 125.125.0.2 detail
125.125.0.0/16, version 143, cached adjacency to ATM1/0.1
0 packets, 0 bytes
  tag information set
    local tag: 30
    fast tag rewrite with AT1/0.1, point2point, tags imposed: {2/36(vcd=299)}
  via 129.129.0.2, ATM1/0.1, 0 dependencies
    next hop 129.129.0.2, ATM1/0.1
    valid cached adjacency
    tag rewrite with AT1/0.1, point2point, tags imposed: {2/36(vcd=299)}

IP パケットは右 VC で全く送信されます:

Guilder#show atm vc 299
ATM1/0.1: VCD: 299, VPI: 2, VCI: 36
UBR, PeakRate: 155000
AAL5-MUX, etype:0x8847, Flags: 0x40C84, VCmode: 0x0
OAM frequency: 0 second(s)
InARP DISABLED
Transmit priority 0
InPkts: 0, OutPkts: 5, InBytes: 0, OutBytes: 540
InPRoc: 0, OutPRoc: 0
InFast: 0, OutFast: 5, InAS: 0, OutAS: 0
InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0
CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 
0OAM cells received: 
0OAM cells sent: 0
Status: UP
Tag VC: local tag: 0

見るように、5 つの IP パケットだけが送信されました。 これは始める単純なping と同期されます。 同時に、5 つのインプットパケットをなぜ見ないか疑問に思うことができます。 すなわち、異なっています発信および受信パスはなぜか。 これはルート エントリ毎に 1 VC が(プレフィクスごとに)ある、およびので正常です、その結果、TVCs は単方向です。

Capri

意外にも、すべてのルーティング/VC が安定 して いるときスイッチから得ることができる多くがありません; それはただ ATM セルを切り替えます。 例:

Capri#show tag atm-tdp bindings 125.125.0.0 16
 Destination: 125.125.0.0/16
    Transit ATM3/0/3 2/36 Active -> ATM3/0/0 2/38 Active

いくつかの詳細は指摘する必要があります。 この出力を検査して下さい:

Capri#show atm vc conn-type tvc int atm 3/0/3
Interface         VPI  VCI   Type   X-Interface      X-VPI X-VCI Encap  Status 
ATM3/0/3          2    33    TVC(I) ATM3/0/0          2    36           UP
ATM3/0/3          2    33    TVC(O) ATM3/0/0          2    53           UP
ATM3/0/3          2    34    TVC(I) ATM0              0    317   MUX    UP
ATM3/0/3          2    34    TVC(O) ATM3/0/0          2    54           UP
ATM3/0/3          2    35    TVC(I) ATM3/0/0          2    37           UP
ATM3/0/3          2    35    TVC(O) ATM3/0/0          2    55           UP
ATM3/0/3          2    36    TVC(I) ATM3/0/0          2    38           UP
ATM3/0/3          2    37    TVC(I) ATM0              0    318   MUX    UP

見る場合があるようにインターフェイス ATM0 の TVCs 端。 8540MSR で、インターフェイス ATM0 は CPU に対応します。 それらの TVCs はローカルループバックのような 8540MSR に、ローカル IP アドレスに対応します。

Guilder が TVC 2/36 の宛先 125.125.0.2 が付いている IP パケットを送信することがわかります。 LSR 側で、この TVC は受信(i) TVC だけです。

Damme

125.125.0.2 に達するために、IP パケットがネットワークダイアグラムに従ってファーストイーサネット インターフェイス 0/0 に送信されると期待します。 このファーストイーサネット インターフェイスのラベル スイッチングを設定しなかったことをわかっています。 次に結果を示します。

damme#show tag-switching forwarding-table 125.125.0.2 detail
Local  Outgoing    Prefix            Bytes tag  Outgoing   Next Hop    
tag    tag or VC   or Tunnel Id      switched   interface
damme#

その結果、追加するべきラベルがありません。 ルーティング テーブルの情報だけ使用されます:

damme#show ip route 125.125.0.2
 Routing entry for 125.125.0.0/16
  Known via "connected", distance 0, metric 0 (connected, via interface)
  Redistributing via ospf 1
  Routing Descriptor Blocks:
  * directly connected, via FastEthernet0/0
      Route metric is 0, traffic share count is 1

この情報は CEF スイッチング 表でもう一度保存されます:

damme#show ip cef 125.125.0.2 detail
125.125.0.2/32, version 62, connected, cached adjacency 125.125.0.2
0 packets, 0 bytes
  via 125.125.0.2, FastEthernet0/0, 0 dependencies
    next hop 125.125.0.2, FastEthernet0/0
    valid cached adjacency 

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10477