マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : Multiprotocol Label Switching over ATM(MPLS over ATM)

MPLS over ATM: VC マージ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、仮想回線(VC)マージを使用したマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)over ATM の設定例を紹介します。

前提条件

要件

この設定を実施するには、ATM、MPLS、および Open Shortest Path First(OSPF)に関する基本的な知識が必要です。

使用するコンポーネント

この設定を実装するには、次のいずれかのルータを使用します。

  • エッジ ラベル スイッチ ルータ(LSR) — ATMルータ Cisco IOS を実行するか。 MPLS 機能が付いているソフトウェア リリース 12.0 または それ 以降。 この設定では、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T を実行する Cisco 3600 シリーズ ルータと、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(8)S を実行する Cisco 7200 ルータを使用します。

  • ATM LSR:LightStream 1010 や Catalyst 85xx MSR などの任意の ATM スイッチ。 ソフトウェア バージョン WA4.8d 以降を使用することが推奨されます。 LightStream 1010 にはフィーチャ カード PerFlow Queuing(FC-PFQ)が必要です。

サポートされるプラットフォームの詳細については、「ATM のための MPLS の設計」を参照してください。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MPLS の設定と慣例の詳細については、次のリンクを参照してください。

  • VC マージ機能は、Internet Engineering Task Force(IETF)のマルチプロトコル ラベル スイッチング アーキテクチャ、および Label Distribution Protocol(LDP)と ATM VC スイッチングを使用した MPSL についてのドキュメントで標準化されています。 これらのドキュメントにはいずれも IETF MPLS Charter leavingcisco.com からアクセスできます。

  • 設定手順は、MPLS over ATM のドキュメントに記載されています。

  • MPLS ネットワークで使用する VC の数については、「 ATM のための MPLS の設計」の「MPLS ラベル VC スペースのディメンショニング」についてのセクションで説明されています。

背景説明

スイッチで VC マージ機能を使用することで、宛先アドレスが同じ複数の着信フローを単一の出力フローに集約できます。 VC マージが行われるときは常に、複数の着信ラベルが単一の出力ラベルにマッピングされます。 仮想チャネル識別子(VCI)は異なっていても、同じ宛先に向かうセルは、マルチポイントツーポイント接続を使用して同じ出力 VC に送信されます。 このラベルの共有により、ラベル スイッチングに必要な VC の総数が削減されます。 VC マージが行われない場合、それぞれのパス(同じ入力ルータを使用し、同じ Forwarding Equivalent Class(FEC)を持つ)が、 そのパスにあるインターフェイスごとに 1 つずつラベル VC を消費します。 VC マージは、宛先が同じである、つまり FEC が同じである異なったフローでラベルを共有することにより、ラベル スペースの不足を軽減します。

以下の図に、VC マージの例を示します。 この図で、ルータ A および B は、トラフィックをルータ C 上のプレフィックス 171.69.0.0/16 に送信します。 中央の ATM スイッチには、プレフィックス 171.69.0.0/16 にバインドされた単一のアウトバウンド VCI 50 が設定されています。 ルータ A および B からのデータ フローは ATM スイッチで集約されて、同じ出力 VC を共有します。 VCI 40 および VCI 70 からのセルは、完全な AAL5 フレームが受信されるまでの間、AATM スイッチの入力キューに入れられます。 完全なフレームが受信されると、そのフレームは VCI 50 でルータ C に転送されます。

/image/gif/paws/10475/mpls_vcmerge1.gif

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/10475/mpls_vcmerge2.gif

設定

この例では、ATM 仮想パス識別子(VPI)2、3、または 4 を使用します。 ただし、MPLS に使用する仮想パス(VP)の指定は必須ではありません。

ルータには、IP Cisco Express Forwarding(CEF)を設定します。 Cisco 7500 ルータを使用している場合、ip cef distributed コマンドで CEF を有効にする必要があります。

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

ルータ 1
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.12 255.255.255.255
!
interface Loopback1
 ip address 100.100.1.1 255.255.255.0
!
interface FastEthernet0/1
 ip address 100.100.0.2 255.255.255.0
 duplex auto
 speed auto
!
router ospf 1
 network 100.100.0.0 0.0.0.255 area 10
 network 100.100.1.0 0.0.0.255 area 10
 network 223.0.0.12 0.0.0.0 area 10
!

ルータ 2
!
ip cef
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.11 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/1
 ip address 100.100.0.1 255.255.255.0
!
interface ATM1/0
 no ip address
 no atm scrambling cell-payload
 no atm ilmi-keepalive
!
interface ATM1/0.1 label-switching
 ip address 10.0.0.2 255.255.255.252
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
router ospf 1
 network 10.0.0.0 0.0.0.255 area 0
 network 100.100.0.0 0.0.0.255 area 10
 network 223.0.0.11 0.0.0.0 area 0
!

ルータ 3
!
ip cef
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.21 255.255.255.255
!
interface Loopback1
 ip address 200.200.0.1 255.255.255.255
!
interface ATM4/0
 no ip address
 no atm scrambling cell-payload
 no atm ilmi-keepalive
 pvc qsaal 0/5 qsaal
 !
 pvc ilmi 0/16 ilmi
 !
!
interface ATM4/0.1 label-switching
 ip address 10.0.0.6 255.255.255.252
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
router ospf 1
 redistribute static
 network 10.0.0.0 0.0.0.255 area 0
 network 200.200.0.0 0.0.0.255 area 20
 network 223.0.0.21 0.0.0.0 area 0
!
ip route 158.0.0.0 255.0.0.0 Null0
!

ルータ 4
!
ip cef
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.3 255.255.255.255
 no ip directed-broadcast
! 
interface Loopback1
 ip address 150.150.1.1 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
!
interface ATM4/0
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 no ip mroute-cache
 no atm ilmi-keepalive
!
interface ATM4/0.1 label-switching
 ip address 10.0.0.13 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
router ospf 1
 network 10.0.0.0 0.0.0.255 area 0
 network 150.150.0.0 0.0.255.255 area 30
 network 223.0.0.3 0.0.0.0 area 0
!
ip route 150.150.150.0 255.255.255.0 Null0
!

ATM スイッチ 1
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.1 255.255.255.255
 no ip directed-broadcast
!
interface ATM4/1/2
 ip address 10.0.0.1 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache cef
 no atm ilmi-keepalive
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
interface ATM4/1/3
 ip address 10.0.0.21 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache cef
 no atm ilmi-keepalive
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
router ospf 1
 network 10.0.0.0 0.0.0.255 area 0
 network 223.0.0.1 0.0.0.0 area 0
!

ATM スイッチ 2
!
interface Loopback0
 ip address 223.0.0.2 255.255.255.255
 no ip directed-broadcast
!
interface ATM0/1/0
 ip address 10.0.0.14 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache cef
 no atm ilmi-keepalive
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!         
interface ATM0/1/2
 ip address 10.0.0.5 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache cef
 no atm ilmi-keepalive
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
interface ATM0/1/3
 ip address 10.0.0.22 255.255.255.252
 no ip directed-broadcast
 no ip route-cache cef
 no atm ilmi-keepalive
 label-switching atm vpi 2-4
 label-switching ip
!
router ospf 1
 network 10.0.0.0 0.0.0.255 area 0
 network 223.0.0.2 0.0.0.0 area 0
!

確認

このセクションでは、設定が正しく動作していることを確認するために使用できる情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show tag-switching atm-tdp capability

  • show tag-switching atm-tdp bindings

  • show atm vc

VC マージに関する情報を取得するには、show tag atm-tdp コマンドを発行します。 show tag-switching atm-tdp capability コマンドによって生成された以下の出力に、VC マージが有効にされているインターフェイスが示されます。

ATMswitch2#show tag-switching atm-tdp capability 
 
               VPI           VCI           Alloc   Odd/Even VC Merge     
ATM0/1/0       Range         Range         Scheme  Scheme   IN   OUT  
  Negotiated   [2 - 4]       [33 - 1023]   UNIDIR           -    -    
  Local        [2 - 4]       [33 - 16383]  UNIDIR           EN   EN   
  Peer         [2 - 4]       [33 - 1023]   UNIDIR           -    -    
 
               VPI           VCI           Alloc   Odd/Even VC Merge     
ATM0/1/2       Range         Range         Scheme  Scheme   IN   OUT  
  Negotiated   [2 - 4]       [33 - 1018]   UNIDIR           -    -    
  Local        [2 - 4]       [33 - 16383]  UNIDIR           EN   EN   
  Peer         [2 - 4]       [33 - 1018]   UNIDIR           -    -    
 
               VPI           VCI           Alloc   Odd/Even VC Merge     
ATM0/1/3       Range         Range         Scheme  Scheme   IN   OUT  
  Negotiated   [2 - 4]       [33 - 16383]  UNIDIR           -    -    
  Local        [2 - 4]       [33 - 16383]  UNIDIR           EN   EN   
  Peer         [2 - 4]       [33 - 16383]  UNIDIR           -    -

1 つの特定の FEC(以下の出力では 100.100.1.1/32)に対する VC マージを確認することもできます。

ATMswitch2#show tag atm-tdp bindings
Destination: 100.100.1.1/32
    Transit ATM0/1/2 2/47 Active -> ATM0/1/3 2/52 Active
    Transit ATM0/1/0 2/47 Active -> ATM0/1/3 2/52 Active

ATMswitch2#show atm vc
Interface  VPI  VCI   Type   X-Interface     X-VPI X-VCI Encap  Status
ATM0/1/0    2    47   TVC(I) ATM0/1/3          2   52           UP
ATM0/1/2    2    47   TVC(I) ATM0/1/3          2   52           UP
ATM0/1/3    2    52   TVC(O) ATM0/1/2          2   47           UP
                             ATM0/1/0          2   47           UP

VC マージが機能していない場合(または、no tag-switching atm vc-merge コマンドによって無効にされている場合)、以下のコマンド出力が表示されます。

ATMswitch2#show tag atm-tdp bindings
Destination: 100.100.1.1/32
    Transit ATM0/1/2 2/38 Active -> ATM0/1/3 2/35 Active
    Transit ATM0/1/0 2/43 Active -> ATM0/1/3 2/43 Active

ATMswitch2#show atm vc
Interface  VPI  VCI   Type   X-Interface     X-VPI X-VCI Encap  Status
ATM0/1/0   2    43    TVC(I) ATM0/1/3          2   43           UP
ATM0/1/2   2    38    TVC(I) ATM0/1/3          2   35           UP
ATM0/1/3   2    35    TVC(O) ATM0/1/2          2   38           UP
ATM0/1/3   2    43    TVC(O) ATM0/1/0          2   43           UP

上記の出力から、VC マージを無効にすると、システムが遥かに多くの VC を使用することがわかります。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 10475