非同期転送モード(ATM) : 相手先固定接続(PVC)と相手先選択接続(SVC)

ATM PVC での max-reserved-bandwidth コマンドについて

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

IP to ATM Class of Service(CoS; サービス クラス)では、IP と ATM 間における、Quality of Service(QoS)特性による大まかなマッピングに関する一連の機能が規定されています。 場合によっては、分散 QoS を使用する 7500 シリーズ プラットフォームでは、7200 シリーズおよび 2600/3600 シリーズを含むその他すべてのプラットフォームとは異なる方法で、これらの機能が実装されます。

1 つの違いは、Class-Based Weighted Fair Queueing(CBWFQ; クラスベース均等化キューイング)の bandwidth 文または Low Latency Queueing(LLQ; 低遅延キューイング)の priority 文で割り当てることができない帯域幅、およびその他すべてのトラフィックで使用できる必要がある帯域幅の量です。 この資料は残す必要がある帯域幅の量を調節するために 7500 シリーズ ルータ以外のプラットフォームが max-reserved-bandwidth コマンドをどのように使用するかインプリメンテーションの違いを記述したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

7200 の帯域幅を、3600 および 2600 シリーズ予約して下さい

音声およびビデオをサポートするために QoS サービス ポリシーを設定するときすべての必須アプリケーションのために存在 するその十分な帯域幅を確認する必要があります。 設定を開始するために音声メディア ストリーム、ビデオ ストリーム、音声 制御プロトコルおよびすべてのデータトラフィックのような各主要なアプリケーションのための最小 帯域幅 の 要件を、集計して下さい。 この合計はあらゆる所定のリンクのための最小 帯域幅 の 要件を表し、そのリンクで利用可能 な 全帯域幅の 75%以下消費する必要があります。 この 75%ルーラーはオーバーヘッド トラフィックの 2 つの型のための帯域幅を残します:

  • ルーティングプロトコル更新およびレイヤ2 キープアライブ

  • E メール、HTTPトラフィックおよび容易に測定されない他のデータトラフィックのような追加アプリケーション

さらに、2 組のレイヤ2 オーバーヘッドのための 75% のルーラー予約帯域幅:

  • 定義するトラフィック クラスのレイヤ2 オーバーヘッド。 ATM 相手先固定接続(PVC)で、bandwidth および priority コマンドで規定 される 帯域幅パラメータは各セルヘッダーの 48 バイトか 5 バイトの最後のセルに多重をするパッディングが数えませんし、含まれていません。 どんなバイトが IP to ATM CoS キューイングかによって考慮されるか参照して下さいか。

  • QoS サービス ポリシーのクラスデフォルト クラスに一致するパケットのレイヤ2 オーバーヘッド

この実例はルーティング更新および他のバイトがリンクのキャパシティをどのように一杯にするか示します。

/image/gif/paws/10466/75percent.gif

75%ルーラーは Cisco IOS の輻輳管理の概要の章で文書化されていますか。 Quality of Service ソリューション コンフィギュレーション ガイド。 このルールが分散QoS の 7500 シリーズ以外プラットフォームにだけ適用されることを理解しておくことは重要です。

  • bandwidth コマンドおよび priority コマンドは、kbps 単位またはパーセントで指定される帯域幅パラメータをサポートしています。 指定された 帯域幅 パラメータの合計は利用可能 な 帯域幅の 75%超過できません。 ATM PVC 使用 ATM サービス カテゴリに基づく利用可能 な 帯域幅のこの定義:

ATM サービス カテゴリ 使用可能な帯域幅の定義
VBR-rt 出力 Sustained Cell Rate(SCR; 平均セルレート)
VBR-nrt 出力 Sustained Cell Rate(SCR; 平均セルレート)
ABR 出力 Minimum Cell Rate(MCR; 最小セルレート)
UBR N/A. bandwidth コマンドと priority コマンドのどちらを使用しても、UBR VC は最小帯域幅を保証しません。

  • 残る帯域幅の 25%オーバーヘッドのために使用されます。 これにはレイヤ2 オーバーヘッド、ルーティングトラフィックおよびベストエフォート トラフィックが含まれています。

  • 利用可能 な 帯域幅の 75%以上予約するために特定の トラフィック 条件およびサービス ポリシーがサポートできる場合 max-reserved-bandwidth コマンドで 75%ルーラーを無効にすることができます。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(6)S、12.2(6)T、12.2(4)T2 および 12.2(3) は 7500 シリーズ以外プラットフォームの ATM PVC の max-reserved-bandwidth コマンドのためのサポートを導入します。 Cisco バグ ID CSCdv06837登録ユーザのみ)を参照して下さい。

確保された最大帯域幅に変更して下さいを理解して下さい

ATM インターフェイスの下の Max-reserved-bandwidth

デフォルトで、インターフェイス 帯域幅の 75%豪華なキューイングに使用することができます。 このパーセントが変更される必要がある場合キューイングを空想するために割り当てられる帯域幅の量を規定 するために max-reserved-bandwidth コマンドは使用することができます。 max-reserved-bandwidth コマンドは ATM 物理インターフェイスで適用することができますこれはインターフェイスの利用可能 な 帯域幅出力に効果をもたらしません。 この例に ATM 物理インターフェイスの下で max-reserved-bandwidth コマンドを設定する方法を示されています

Rtr(config)#policy-map test
class multimedia
priority 128? 
Rtr(config)#interface atm 1/0
Rtr(config-if)#max-reserved-bandwidth 90
Rtr(config-if)#service-policy output test 
Rtr#show queueing interface atm 1/0
Interface ATM1/0  
Queueing strategy: weighted fair
Output queue: 0/512/100/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/64 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
Available Bandwidth 1034 kilobits/sec
...

利用可能 な 帯域幅は数式 利用可能 な 帯域幅によって(最大確保された帯域幅*インターフェイス 帯域幅) - 1267 キロビット/秒 = であるはずです(プライオリティクラスの合計)しかし ouput は 1034 キロビット/秒です。 これは max-reserved-bandwidth が今でもインターフェイス 帯域幅(デフォルト パーセント)の 75%であることを意味します。 物理的 な ATMインターフェイス モードの下で設定される max-reserved-bandwidth コマンドが利用可能 な 帯域幅の計算の効果をもたらさないことを示します。

max-reserved-bandwidth コマンドはまた PVC の下で設定することができます。 この例は PVC の下で max-reserved-bandwidth コマンドの設定を示したものです。

Rtr(config)#policy-map test
? class multimedia
??? priority 128
? 
Rtr(config)#interface atm 1/0
Rtr(config-if)#pvc 1/41
Rtr(config-if-atm-vc)#max-reserved-bandwidth 90
Rtr(config-if-atm-vc)# service-policy output test
Rtr#show queueing interface atm 1/0
Interface ATM1/0 VC 1/41 
Queueing strategy: weighted fair
Output queue: 0/512/100/0 (size/max total/threshold/drops)
Conversations 0/1/64 (active/max active/max total)
Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
Available Bandwidth 1267 kilobits/sec
...

利用可能 な 帯域幅は数式 利用可能 な 帯域幅によって 1267 キロビット/秒 = (最大確保された帯域幅*インターフェイス 帯域幅)です- (プライオリティクラスの合計)。 これは max-reserved-bandwidth コマンドが PVC の下で設定されるインターフェイス 帯域幅の 90%であることを意味します。

PVC の下で設定された場合だけだけ max-reserved-bandwidth コマンド作業。 それはまた ATMインターフェイスの下で設定することができますが、利用可能 な 帯域幅は数式によって変更しません。

数式は利用可能 な 帯域幅を計算するために次のとおりです:

Available Bandwidth = (max reserved bandwidth * interface bandwidth) - (sum of priority classes)

豪華なキューイングのための利用可能 な 帯域幅はインターフェイス 帯域幅に基づいてサービス ポリシーがフレームリレー PVC か ATM PVC で適用されるとき帯域幅[キロビットの値]インターフェイスコンフィギュレーションコマンドで、を除いて設定されるように計算されます。

このコマンドが帯域割り当てにどのように影響を与えるかわずかに異なります Cisco IOS ソフトウェア リリースおよびプラットフォームによって。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1T および 12.2

クラスでであるパーセントとしての利用可能 な 帯域幅定義する完全な インターフェイスか VC 帯域幅よりもむしろパーセント、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1T および 12.2 では。

この出力は T1 物理リンクを使用する例です。 この policy-map は設定されます:

policy-map test122
? class multimedia
??? priority 128
? class www
?? bandwidth percent 30

この policy-map はインターフェイス serial0 の出力で適用されます:

Router#show policy interface serial0
?Serial0 

? Service-policy output: test122
??? Class-map: multimedia (match-all)
????? 0 packets, 0 bytes
????? 5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0bps
????? Match: access-group 101
????? Weighted Fair Queueing
??????? Strict Priority
??????? Output Queue: Conversation 264 
??????? Bandwidth 128 (kbps) Burst 3200 (Bytes)
??????? (pkts matched/bytes matched) 0/0
??????? (total drops/bytes drops) 0/0

??? Class-map: www (match-all)
????? 0 packets, 0 bytes
????? 5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0bps
????? Match: access-group 102
????? Weighted Fair Queueing
??????? Output Queue: Conversation 265 
??????? Bandwidth 30 (%) Max Threshold 64 (packets)
??????? (pkts matched/bytes matched) 0/0
??????? (depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0

show interface コマンドは利用可能 な 帯域幅を表示することを可能にします:

Router#show interface serial 0
Serial0 is up, line protocol is up
? Internet address is 1.1.1.1/30
? MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, 
...
? Queueing strategy: weighted fair
? Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops) 
???? Conversations? 0/0/256 (active/max active/max total)
???? Reserved Conversations 1/1 (allocated/max allocated)
???? Available Bandwidth 1030 kilobits/sec
...

利用可能 な 帯域幅はとして計算されます:

Available Bandwidth = (max reserved bandwidth * interface bandwidth) 
- (sum of priority classes)

この例の数を記入するとき、1030 Kbit を = (75% * 1544 Kbit) -得ます 128 Kbit。

帯域幅パーセントはここに計算されるようにパーセントとしての利用可能 な 帯域幅を得ます。 この場合それは 1030 Kbit から 30%得ま、309 Kbit です。 show policy interface コマンドの出力はまた絶対値によりもむしろパーセントへの参照を提供したものです。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1T および 12.2 では、帯域幅パーセントの意味論は 7200 およびそれ以前および 7500 プラットフォームの中で矛盾しています。 7200 では、帯域幅パーセントは 7500 に残る利用可能 な 帯域幅にインターフェイス 帯域幅について相対的 なパーセント番号が付いています、それです絶対パーセント番号が付いていますであり。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1T および 12.2 では、帯域幅とクラスおよび同じ policy-map の帯域幅パーセントとクラスを混合することはできません。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2T および 12.3

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2T および 12.3 では、bandwidth percent コマンドは 7500 および 7200 およびそれ以前の中で一貫しています。 これは今、bandwidth percent コマンドがもはやパーセントとしての利用可能 な 帯域幅を示さない、ことを意味しますパーセントとしてのインターフェイス 帯域幅に。 policy-map の bandwidth percent コマンドでクラスに今修正が計算しましたそれに割り当てられる帯域幅の量をあります。 すべての帯域幅または帯域幅パーセント、優先順位および優先順位パーセント クラスの合計は最大確保された帯域幅ルールを共に順守しなければなりません。

帯域幅パーセントの機能性はそれが Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1T で理解されるおよび Cisco 7200 およびそれ以前 プラットフォームのための 12.2 および新しいコマンド 帯域幅 残り パーセント Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2T での概要との 12.3 と同時に維持されます。

Priority percentage サポートの低遅延キューイングからのこれらの変更について詳細を読むことができます。

次に例を示します。

?policy-map test123
? class multimedia
?? priority 128
? class www
?? bandwidth percent 20
? class audiovideo
?? priority percent 10

show policy interface 出力では、計算された帯域幅はパーセントとしてのインターフェイス 帯域幅から得られます:

Router#show policy-map interface serial 0/0
?Serial0/0 

? Service-policy output: test123

??? Class-map: multimedia (match-all)
????? 0 packets, 0 bytes
????? 30 second offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
????? Match: access-group 101
????? Queueing
??????? Strict Priority
??????? Output Queue: Conversation 264 
??????? Bandwidth 128 (kbps) Burst 3200 (Bytes)
??????? (pkts matched/bytes matched) 0/0
??????? (total drops/bytes drops) 0/0

??? Class-map: www (match-all)
????? 0 packets, 0 bytes
????? 30 second offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
????? Match: access-group 102
????? Queueing
??????? Output Queue: Conversation 265 
??????? Bandwidth 20 (%)		! 20% of 1544Kbit is rounded to 308Kbit
??????? Bandwidth 308 (kbps) Max Threshold 64 (packets)
??????? (pkts matched/bytes matched) 0/0
??????? (depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0

??? Class-map: audiovideo (match-all)
????? 0 packets, 0 bytes
????? 30 second offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
????? Match: access-group name AudioVideo
????? Queueing
??????? Strict Priority
??????? Output Queue: Conversation 264 
??????? Bandwidth 10 (%)		! 10% of 1544Kbit is rounded to 154Kbit
??????? Bandwidth 154 (kbps) Burst 3850 (Bytes)
??????? (pkts matched/bytes matched) 0/0
??????? (total drops/bytes drops) 0/0

: bandwidth コマンドに関しては、同じポリシーマップの異なるユニット(帯域幅、帯域幅パーセント、帯域幅 残り パーセント)とクラスを混合することはできません。 このようなエラーメッセージを受け取ります:

Router(config-pmap-c)#bandwidth remaining percent 50
All classes with bandwidth should have consistent units

RSVP の予約する 帯域幅

資源予約プロトコル (RSVP) フローの許可は利用可能 な WFQ 帯域幅の機能である、最大 reserveable 帯域幅を使う ip rsvp bandwidth コマンドによって区切られます。 従って、max-reserved-bandwidth コマンドの使用は値を設定するために 75%の歴史的なデフォルトより高くより多くの帯域幅を RSVP に使用できるようにします。 しかし RSVP 設定はまだ RSVP 呼び出しのための 75%に制限します。 次に対応策として、インターフェイス 帯域幅を増加するために bandwidth コマンドを使用し max-reserved-bandwidth コマンドを適用し、ip rsvp bandwidth コマンドを再適用するか、または再構成して下さい。 すなわち、人工的に Cisco IOSソフトウェア プロセスによって見られるようにインターフェイス 帯域幅を膨脹させて下さい。

この回避策の欠点はルーティング メトリックと SNMP 計算 リンク利用値の計算違いが含まれています。

7500 シリーズの予約する 帯域幅

max-reserved-bandwidth コマンドは分散 Class-Based Weighted Fair Queueing (CBWFQ)のような分散、Versatile Interface Processor (VIP)ベースの QoS 機能および WFQ に Route Switch Processor (RSP)ベースの CBWFQ が以前サポートされていたときに効果を、を除いてもたらしません。 設定されたクラスには、使用可能な帯域幅の 99 % までを割り当てることができます。 class-default では、最低 1 % しか必要とされません。 これは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0S、12.1E および 12.2 主要なリリースにあてはまます。

プラットフォーム の 相違点を理解して下さい

7500 シリーズおよび non-7500 シリーズ ルータの reserveable 帯域幅の値別のデフォルトの最高値はある機能との下位互換性のために最初に選択されました。 これらのデフォルトは、Modular QoS CLI(MQC)では特に必要ありません。

違いは class-default の処理自体と関連しています。

7500 シリーズでは、class-default には(設定で特に予約されていない)最低 1 % の帯域幅が与えられます。 class-default のフローはクラスとして、設定されているほかのクラスと、スケジューラへのアクセスをめぐって競合します。

/image/gif/paws/10466/max_reserved1.gif

7200 シリーズでは、fair-queue コマンドを使用して設定した場合、class-default はグローバルなスケジューリングの対象としては存在しません。 その代り、class-default からのフローのそれぞれはここに説明されるように他の構成されたクラスと、競います。

/image/gif/paws/10466/max_reserved2.gif

したがって、すべてのフローが 1 つのクラスとして処理されるため、7500 での class-default の帯域幅を 1 % に制限することができます。 その他のプラットフォームでは、すべての個別フローにより使用される帯域幅の量を決定する必要があります。

class-default と、設定されたクラスの両方における各フローには重み付けが割り当てられ、この重み付けが帯域幅を決定します。 すべてのフローに対応する同等の重み付けを計算し、それをその他のクラスの重み付けと比較することができます。 より悪いケースのシナリオでは、class-default の膨大 precedence-7 フローを設定する場合帯域幅の 25%超過する可能性があります。 次に、例を示します。

weight = 32k/(1+prec) ==> 4k for flow prec 7

別途の 256 があり、これの顕著なハッシュされたフローが入力すれば、それは 4 の結合されたウエイトを k/256 = 16 与えます。 この 256 のフローは重量 16 の分類するために対応する等価帯域幅を奪取 します。 この例は、使用する帯域幅を 1 % に制限できないことを示しています。 帯域幅は例外的に 1%、10%、20%また更に現実には 30%のどちらである場合もあります。 実際には、一般的に帯域幅は非常に制限されています。 輻輳が発生している場合、重み付けが 32k であるフローは、帯域幅が制限されています。

VC 利用およびパケットサイズを推定する方法のガイドラインのための ATM PVC の利用を測定することを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 10466