非同期転送モード(ATM) : ATM の逆多重化(IMA)

バウンスするIMAリンクの問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ATM の逆多重化(IMA)は、複数の物理 T1 または E1 リンクで構成される仮想リンクを構築するためのサブレイヤ 1 プロトコルを定義しています。 IMA プロトコルは、リンク障害と自動リンク回復を処理し、IMA グループを稼働状態のまま維持しながら、リンクを追加および削除します。

この資料はまたはダウンリンクがメンバーに IMAグループのインターフェイスを活動化するか、またはグループインターフェイスが跳ねる変更するルータ レポートがときあなたが続くことができるようにトラブルシューティング の 手順を提供したものです。 T1 物理的 な インターフェイスはグループからこのような状況の下で外されます:

  • 遅延差の超過。

  • 物理層アラームかエラー状態の経験。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アクティブ・リンク・ビットマップのデコード

IMAグループから取除かれる T1 物理的 な行のための 2 つの原因を理解する前にどのリンクが取除かれたか判別する方法を知っていることは重要です。

この出力例では、IMAグループを繰り返しグループのアクティブリンクの数の変更を報告することを表示できます。

Apr 13 20:45:47.196 CDT: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM2/IMA0  
now has 5 active links, active link bitmap is 0x37. 
APR 13 20:45:47.964 CDT: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM2/IMA0  
now has 6 active links, active link bitmap is 0x3F.    
APR 13 20:45:51.184 CDT: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM2/IMA0  
now has 5 active links, active link bitmap is 0x37. 
APR 13 20:45:51.440 CDT: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM2/IMA0  
now has 6 active links, active link bitmap is 0x3F. 
APR 13 20:45:55.528 CDT: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM2/IMA0  
now has 5 active links, active link bitmap is 0x37.

この出力について注意するべき重要な事柄はアクティブリンクビットマップです。 このセクションの他はこのビットマップをデコードする方法を論議します。 ビットマップが 2 つの 16進文字か 8 ビットで構成されていることがわかります。 ビットポジション 7.でビットポジション 0 で物理的 な T1 ポート 0 および物理的 な T1 ポート 7 のこれらのビットを、右から左へ読んで下さい。

一例として上記の出力を使うとアクティブリンクビットマップが 0x37 から 0x3F に変更するときこれらの表を使用して、IMAグループから、物理ポート 3 廃棄しますそれが。

0x3F のデコード
2 つのx 8 4 2 1 8 4 2 1
2 進数値 0 0 1 1 1 1 1 1
T1 ポート数 7 6 5 4 3 2 1 0

0x37 のデコード
2 つのx 8 4 2 1 8 4 2 1
2 進数値 0 0 1 1 0 1 1 1
T1 ポート数 7 6 5 4 3 2 1 0

注: リンクが余りに急速に戻される場合エラーの反復的なバーストがデータパスに影響を与えるので、IMA 仕様はことを」T1 リンク 付加および削除を調整するには手法を非跳ねるベンダー 実装する「提案します。

物理層アラームあるいは増分するエラー

ライン ステータスを判別する物理的 な T1 の show controllers atm コマンドを発行して下さい。

router# show controllers atm0/2

Interface ATM0/2 is administratively down
 Hardware is ATM T1

!--- Output suppressed.

Link 2 Framer Info:
 framing is ESF, line code is B8ZS, fdl is ANSI
 cable-length is long, Rcv gain is 26db and Tx gain is 0db,
 clock src is line, payload-scrambling is disabled, no loopback
 line status is 0x1064; or TX RAI, Rx LOF, Rx LOS, Rx LCD.
 port is active, link is unavailable
 0 idle rx, 0 correctable hec rx, 0 uncorrectable hec rx
 0 cells rx, 599708004 cells TX, 0 rx fifo overrun.
Link (2):DS1 MIB DATA:
 Data in current interval (518 seconds elapsed):
 0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations
 0 Slip Secs, 518 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins
 0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 519 Unavail Secs
 Total Data (last 24 hours)
 0 Line Code Violations, 0 Path Code Violations,
 0 Slip Secs, 86400 Fr Loss Secs, 0 Line Err Secs, 0 Degraded Mins,
 0 Errored Secs, 0 Bursty Err Secs, 0 Severely Err Secs, 86400 Unavail Secs

ライン ステータス ビット・マップは RFC 1406 の dsx1LineStatus セクションから、leavingcisco.com デジタル信号レベル 1 (DS-1)管理情報ベース (MIB)来ます。 これはループバック、失敗、受け取ったアラームおよび送信されたアラーム情報が含まれています。 dsx1LineStatus は合計として表されるビットマップでこうして同時に複数の失敗(アラーム)およびループバック状態を表すことができます。 これらはさまざまなビットポジションです:

ビット値 意味 定義
1 dsx1NoAlarm 現在のアラーム無し。
2 dsx1RcvFarEndLOF 遠端フレーム同期損失(LOF); 別名イエロー アラーム。
4 dsx1XmtFarEndLOF LOF 示す値を送信 する 近端。
8 dsx1RcvAIS 遠端送信 アラーム表示信号 (AIS)。
16 dsx1XmtAIS AIS を送信 する 近端。
32 dsx1LossOfFrame 近端 LOF; 別名赤い警告灯。
64 dsx1LossOfSignal 近端 信号消失 (LOS)。
128 dsx1LoopbackState 近端はループします。
256 dsx1T16AIS E1 TS16 AIS。
512 dsx1RcvFarEndLOMF TS16 マルチフレーム同期損失(LOMF)を送信 する 遠端。
1024 dsx1XmtFarEndLOMF TS16 LOMF を送信 する 近端。
2048 dsx1RcvTestCode 近端はテスト コードを検出する。
4096 dsx1OtherFailure このリストで定義されない行ステータス。

IMA ネットワーク モジュールによって、Cisco はセル損失通知表示を示すのに値 4096 を使用します。

注: ATMセル描写およびセル 挿入 ミス問題は IMA Frame に影響を与え、IMA インターフェイスにおける問題を引き起こす原因となる場合があります。 このような場合、ルータは一般的に T1 物理的 な インターフェイスのための物理層エラーかアラームを報告しません。

注: AIS か LOS が検出する時行からの内部への IMA リンク変更のクロック ソース。

IMA リンク ドロップをトラブルシューティングする場合、この出力例に示すようにメッセージの上下にリンクがあるようにルータのログを、確認する show log コマンドを発行して下さい:

APR 2 13:57:18: %LINK-3-UPDOWN: Interface ATM1/1, changed state to down
APR 2 13:57:18: %LINK-3-UPDOWN: Interface ATM1/3, changed state to up
APR 2 13:57:18: %LINK-3-UPDOWN: Interface ATM1/2, changed state to up

Cisco は現在のアラーム以外行ステータスメッセージを解決するのに助けるために T1 および E1 複数のトラブルシューティングに関する文書を提供しません。

E1 のトラブルシューティング 文書

T1 トラブルシューティングに関する文書

遅延差の限界を超えた場合

オリジナル ATMセルストリームの再製に加えて、受信 IMA インターフェイスはタイミングと隣接した ATM セルの到達の遅延を補正します。 受信インターフェイスは提供された最大遅延差トレランスより大きい遅延を用いる物理リンクを検出する、拒否します。 この許容範囲は隣接セルの到達の違いを示します; すなわち、セルは第 2 リンクのより 1 リンクで多く遅れるかもしれません。 リンク遅延が規定最大値を超過する場合、リンクは廃棄されます。 さもなければ、IMA 機能—多重化して間、逆多重化して—グループのすべてのリンクが一直線に並ぶように遅延の違いを調節します。

受信インターフェイスは IMA Control Protocol (ICP) セルを IMAグループのリンク間の遅延差を判別するのに使用します。 ICP セルは IMA Frame ごとの各リンクで一度送信されます。 デフォルトで、各フレームは 128 人のセルで構成されています。 ICPセルはフレーム(セル 位置 0 またはセル 位置 127 またはあらゆるセル 位置中間)の中でどこでも見つけることができます。

各フレームは ICPセルで IMA Frame シーケンス番号が含まれています。 この数はリンクごとにおよび各々の送信された IMA Frame と増分します。 IMAグループの 2つ以上のリンクに、各リンクの ICPセルのシーケンス番号は同一です。 すなわち、リンク 1 が IMA シーケンス番号 0 を使用すると同時にリンク 0 は IMA シーケンス 0 を使用します。

ATM フォーラムの IMA 技術仕様はディファレンシャル リンクに関するトランスミッタおよびレシーバ行為が両方 IMAグループの構成リンク間でどのように遅れるか定義します。

  • 送信機の必要条件—送信する IMA は構成リンク間の遅延差の物理リンク 比率で以上 2.5 セル タイムをもたらしません。

  • レシーバの必要条件— IMA 実装によって容認されたリンク 遅延差の量は DS-1 または E1 リンクに使用されたとき少なくとも 25 ミリ秒ですまで。 リンク 差分遅延許容の量は IMA 実装によってサポートされる最大値まで設定されるかもしれません。

IMA 仮想リンクの両端は最大許容遅延差の異なる量で設定されるかもしれません。

規格の付録 A は受信 IMA 仮想リンクが遅延差をどのようにの補正するか例を提供します。 レシーブ端に、各物理リンクに最大遅延差 変化を容認するには十分に深いはずである自身の円バッファがあります。

次のダイアグラムは同じ IMAグループで 3 つの物理リンクのセルを示します。 送信 IMA プロセスは循環の、ラウンドロビン方式およびセル単位でリンク上の ATM セルを配ります。 セルがバッファに書かれている時はいつでも、書ポインタの増分。 読まれた(再生)ポインタの増分はバッファからセルとして読まれます。 遅延 補正すべては書ポインタの調節によってされます。 IMA 遅延 補正はバッファから、それぞれと間隔か IMA 時計の音を読みなさいようにユーザセルの仮想 な配置を、1 つのデータセル取除かれます変更します。 受信 IMA プロセスは循環のリンク毎に 1 つのセルを、ラウンドロビン方式常に読みます。 1 セル タイム等号は DS-1 の 276 マイクロ秒評価します。 従って、25 ミリ秒の最大許容遅延を仮定して、書ポインタ間で受諾可能な最大の相違点は 91 人のセルです。

このサンプル伝達では、ソースインターフェイスは IMA Frame 内のさまざまなセル 位置の ICP セルをぐらつかせました。 デスティネーションインターフェイスで、0 をリンクすればリンク 2 に伝搬遅延の同量がありますが、リンク 1 に 1 セル タイム遅延がより 0 またはリンク 2.をリンクするために長くあります。

/image/gif/paws/10453/imalinkdown1.gif

遅延差に対するIMA MIB 値

IMA 推奨事項はメンバー T1 と IMAグループ自体のための IMA 固有の統計情報を収集するための MIB を定義します。 IMA MIB は遅延差に関するトラブルシューティング問題で関連しているこれらのカウンターを提供します、:

  • ImaGroupLeastDelayLink —最も小さいリンク 伝搬遅延がある IMAグループに設定されるリンクのインターフェイス インデックス (ifIndex)。 ゼロという顕著な値はリンクが IMAグループで設定されないか、または最も小さいリンク 伝搬遅延を用いるリンクがまだ判別されなかったら使用されるかもしれません。

  • ImaGroupDiffDelayMaxObs —最少のリンクと IMAグループで現在設定されるレシーブ リンク間のほとんどのリンク 伝搬遅延の間で(ミリ秒で)、観察される最新の最大遅延差。

NM-IMA の設定値および測定値を確認する方法

Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータのための IMA ネットワーク モジュールで、IMAグループの遅延差値を与えられる設定最大値を表示する show ima interface atm コマンドを発行して下さい。

2600# show ima interface atm2/ima2

Interface atm2/IMA2 is up
Group index is 2
Ne state is operational, failure status is noFailure
active links bitmap 0x30
IMA Group Current Configuration:
TX/Rx configured links bitmap 0x30/0x30
TX/Rx minimum required links 1/1
Maximum allowed diff delay is 25ms, TX frame length 128
NE TX clock mode CTC, configured timing reference link atm2/4
Test pattern procedure is disabled
IMA Group Current Counters (time elapsed 12 seconds):
3 NE Failures, 3 Fe Failures, 4 Unavail Secs
IMA Group Total Counters (last 0 15 minute intervals):
0 NE Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
IMA link Information:
Physical Status   NearEnd          Rx Status      Test Status
------------ --------------- -----------------    -----------
atm2/4            up                active          disabled
atm2/5            up                active          disabled

測定値を現在表示する物理的 な T1 メンバー インターフェイスの show ima interface atm コマンドを発行して下さい。 このコマンドはまた物理インターフェイスのための IMA リンク エラー カウンターを表示するものです。 これらのエラーカウンタの説明のための Cisco 2600 および 3600 ルータでの ATM IMA リンクのトラブルシューティングを参照して下さい。

3640-2.2# show ima interface atm 0/0

Interface ATM0/0 is up
 ifIndex 1, Group Index 1, Row Status is active
 TX/Rx Lid 0/0, relative delay 0ms
 NE TX/Rx state active/active
 Fe TX/Rx state active/active
 NE Rx failure status is noFailure
 Fe Rx failure status is noFailure
 Rx test pattern 0x40, test procedure disabled
 IMA Link Current Counters (time elapsed 866 seconds):
 0 Ima Violations, 0 Oif Anomalies
 0 NE Severely Err Secs, 0 Fe    Severely Err Secs
 0 NE Unavail Secs, 0 Fe Unavail  Secs
 0 NE TX Unusable Secs, 0 NE Rx   Unusable Secs
 0 Fe TX Unusable Secs, 0 Fe Rx   Unusable Secs
 0 NE TX Failures, 0 NE Rx Failures
 0 Fe TX Failures, 0 Fe Rx Failures

!--- Output suppressed.

最終的には、最大を確認しましたメンバー インターフェイス間の遅延差値を表示し、最小限の遅延を表わしている特定のメンバー インターフェイスを表示する show ima interface atm スロット/imagroup detail コマンドを発行して下さい。

3640-2.2# show ima interface atm0/ima0 detail

Interface ATM0/IMA0 is up
 Group index is 1
 NE state is operational, failure status is noFailure
 Active links bitmap 0x3
 IMA Group Current Configuration:
 TX/Rx configured links bitmap    0x3/0x3
 TX/Rx minimum required links    1/1
 Maximum allowed diff delay is    25ms, TX frame length 128
 NE TX clock mode CTC, configured    timing reference link ATM0/0
 Test pattern procedure is disabled
 Detailed group Information:
 TX/Rx Ima_id 0x0/0x0, symmetry    symmetricOperation
 Number of TX/Rx configured links    2/2
 Number of TX/Rx active links    2/2
 Fe TX clock mode ctc, Rx frame    length 128
 TX/Rx timing reference link 0/0
 Maximum observed diff delay 0ms, least delayed link 0
 Running seconds 101257
 GTSM last changed 23:35:52 UTC    Sat Mar 6 1993
 IMA Group Current Counters (time elapsed 896 seconds):
 0 NE Failures, 0 Fe Failures,    0 Unavail Secs
 IMA Group Interval(1) Counters:
 0 NE Failures, 0 Fe Failures,    0 Unavail Secs
 IMA Group Interval(2) Counters:
 0 NE Failures, 0 Fe Failures,    0 Unavail Secs

PA-A3-IMA の設定値および測定値を確認する方法

PA-A3-8T1 または E1 IMA ポート アダプタで、設定値を調べる show controllers atm コマンドを発行して下さい。

atm# show controllers atm1/ima0

 Interface ATM1/IMA0 is down
 Hardware is ATM IMA

!--- Output suppressed.

 ATM channel number is 2
 link members are 0x4, active links are 0x0
 Group status is blockedNe, 1 links configured,
 Group Info: Configured links bitmap 0x4, Active links bitmap 0x0,
 TX/Rx IMA_id 0x11/0x63,
NE Group status is startUp,
frame length 0x80, Max Diff Delay 50,
 1 min links, clock mode ctc, symmetry symmetricOperation, trl 2,
 Group Failure status is startUpNe.
 Test pattern procedure is disabled

PA-A3-8T1 または E1 IMA ポート アダプタで、遅延差の測定値を現在表示する show ima interface atm スロット/imagroup detail コマンドを発行して下さい。

7200# show ima interface atm 1/ima0 detail

ATM1/ima0 is up
ImaGroupState:NearEnd = operational, FarEnd = operational
ImaGroupFailureStatus = noFailure
IMA Group Current Configuration:
ImaGroupMinNumTxLinks = 2 ImaGroupMinNumRxLinks = 2
ImaGroupDiffDelayMax = 25 ImaGroupNeTxClkMode = common(ctc)
ImaGroupFrameLength = 128 ImaTestProcStatus = disabled
ImaGroupTestLink = 0 ImaGroupTestPattern = 0xFF
IMA MIB Information:
ImaGroupSymmetry = symmetricOperation
ImaGroupFeTxClkMode = common(ctc)
ImaGroupRxFrameLength = 128
ImaGroupTxTimingRefLink = 0 ImaGroupRxTimingRefLink = 0
ImaGroupTxImaId = 0 ImaGroupRxImaId = 0
ImaGroupNumTxCfgLinks = 2 ImaGroupNumRxCfgLinks = 2
ImaGroupNumTxActLinks = 2 ImaGroupNumRxActLinks = 2
ImaGroupLeastDelayLink = 1 ImaGroupDiffDelayMaxObs = 0
IMA group counters:
ImaGroupNeNumFailures = 78 ImaGroupFeNumFailures = 68
ImaGroupUnAvailSecs = 441453 ImaGroupRunningSecs = 445036

IMAグループがダウンする場合

各 IMAグループはアクティブであるリンクの最小番号を持たなければなりません。 この値を変更する ima active-links-minimum number コマンドを発行して下さい。 アクティブリンクの数が設定値の下で落ちる場合、ルータは正規に IMA 仮想インターフェイスをダウンさせます。

ルータの IMAグループインターフェイスが予想に反してダウン状態になる場合、どんな機器がリンクのリモート エンドで Cisco テクニカル サポートにか連絡する前に IMA プロトコルを終えるか判別して下さい。 Cisco バグ ID CSCdr93036 はCSCdr19633 に複写される)プロセッサ スイッチング モジュール (PXM)および Cisco MGX WAN スイッチに IMA サービスを提供する AUSMB-8T1 と問題を文書化します。 まれな状態では、来る T1 1 物理的 な リンクは全体の IMAグループをダウンさせます。

IMA 仮想インターフェイス グループ名として数が割り当てられ、同じ数が付いている物理リンクがダウン状態になれば、IMAグループは来ます。 この出力例では、AUSMB-8 カードは 1.という値と識別される IMAグループで設定されます。 グループはリンク番号 1 〜 6.によって識別される 6 つのリンクで構成されています。

MGXISH03.1.29.AUSMB8.a > dspimainfo

Link Group NeTx   NeRx   FeTx   FeRx   TxLID RxID
           State  State  State  State
-------------------------------------------------
1    1     Active Active Active Active 0     0 
2    1     Active Active Active Active 1     1
3    1     Active Active Active Active 2     2
4    1     Active Active Active Active 3     3
5    1     Active Active Active Active 4     4
6    1     Active Active Active Active 5     5

問題の根本的な原因は警告することを行くライン番号がインターフェイス トラップを生成したことでした(ことに注目して下さいアラームに入る他の行はそのようなトラップを生成しませんでした)。

行がおよびそこに行くとき ATMユーザサービスモジュール(AUSM)は PXM にポートトラップをです行内のポート生成します。 修正はアクティブリンクの数が必須最小の下で落ちるときだけ AUSM の動作を変更し、AUSM がポートトラップを送信 するようにします。

既知の問題

まれな状況において、IMAグループはルータのログで報告されたように T1 複数の物理リンクの削除を、経験するかもしれません。


!--- Each of these timestamped lines of output appear on one line.

APR 2 13:57:17: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM1/IMA1 now
has 4 active links, active link bitmap is 0xD.
APR 2 13:57:17: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM1/IMA1 now
has 1 active links, active link bitmap is 0xD.
APR 2 13:57:17: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM1/IMA1 now
has 4 active links, active link bitmap is 0xD.
APR 2 13:57:18: %IMA-5-ACTIVE_LINK_CHANGE: IMA Group ATM1/IMA1 now
has 3 active links, active link bitmap is 0xD.

これらの現象は値設定最大値の遅延差超過することが IMA プロセスがよいリンクを取除くか、または全体の IMAグループをダウンさせます稀な状態を文書化する Cisco バグ ID CSCdr39332 を一致する。 期待された操作は遅延リンクが来ることです。 問題は IMA ファームウェアがどのようにと遅延 補償 バッファを使用し、この資料に記述されているように書ポインタを調節するか関連しています。 対応策として、ima differential-delay-maximum milliseconds コマンドで設定された最大値を増加することを試みて下さい。 25 から 250 ミリ秒まで値を規定 して下さい。

この問題に直面する場合、出力を show log および show tech コマンドから集め、Cisco テクニカル サポートとのサービス リクエストを開いて下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10453