非同期転送モード(ATM) : ATM の逆多重化(IMA)

Cisco 2600 および3600 ルータのATM逆多重化 (IMA)

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ATM の逆多重化(IMA)では、高帯域幅と論理リンクを形成するためにグループ化された物理リンク間で ATM セルの逆多重化および多重分離を周期的に行います。 論理リンクのレートは、IMA グループの物理リンクの合計レートとほぼ同じです。 セルのストリームは、複数の T1/E1 リンクにラウンドロビン方式で分散され、元のセル ストリームを形成するために宛先で再構成されます。 シーケンシングは、IMA Control Protocol(ICP)セルを使用して提供されます。

伝送 方向では、ATM層から届く ATMセルストリームは IMAグループ内のマルチプルリンクを渡るセル基礎によってセルで配られます。 遠端で、受信 IMA ユニットはセル単位で各リンクからのセルを再構成し、オリジナル ATMセルストリームを作り直します。 セル ストリームがマルチプルインターフェイスを渡ってどのように送信され、オリジナル セル ストリームを形成するために組み変えられるかディスプレイの下のイメージ。 受信インターフェイスは ICP セルを廃棄し、集約セルストリームは ATM層にそれから通じます。

定期的に、送信する IMA は受信 IMA で特別なセルを ATMセルストリームのその割り当て復元送信します。 これらの ICP セルは IMA Frame の定義を提供します。

セル ストリームはマルチプルインターフェイスを渡って送信され、オリジナル の ストリームを形成するために組み変えられます。

IMAblock.gif

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

T1 回線は最もどの IMA 実装でもテストすることができる前に終えられた「エンドツーエンド」です。

ラボ 環境では、ルータは T1 クロス オーバー ケーブルによって「続けて」接続することができます。 (PIN 1-4、2-5)。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • NM-4T1-IMA、NM-8TI-IMA - 2600 にサポート及び 3600 シリーズを提供します。

  • AIM-ATM (ATM Advanced Integration Module) - T1/E1 マルチフレックストランク WAN Interface Card (VWIC-MFT)と使用される。 組み込む IMA サービスを用いる 4 つまでの T1/E1 インターフェイスおよび許可をサポートします。

モジュールは両方とも Cisco IOS を必要としますか。 「IP Plus」またはサービスプロバイダー(- p)機能セット。

プラットフォーム Cisco 最小 IOS か。 リリース値でフィルタリングする
2600 12.0(5)T、12.0XK、12.1、12.1T
2600 シリーズ ATM-AIM 12.0(5)T、12.0XK、12.1、12.1T
2600 シリーズ ATM-AIM 12.2(2)XA
3600 シリーズ ATM-AIM 12.2(2)XB

2600 および 3600 シリーズ用の Cisco のネットワークモジュール(NM)は現在 ATMフォーラム仕様 1.0 (AF-PHY-0086.000)のためのサポートが含まれています、IMA 機能性およびセル フォーマットを定義する(注入口および IMA)。 2600 および 3600 シリーズ用の AIM-ATM モジュールはまたサポートします IMA 1.1 (AF-PHY-00086.001。)を ATM フォーラム仕様に関する詳細については、ATM フォーラム Webサイトを/images/exit.gif 参照して下さい。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

この文書で使用するコマンドに関するその他の情報を検索するには、IOS Command Lookup ツールを使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/10451/ima.gif

設定

次の情報は Guilder に適用します

IMAグループを設定するためにコンフィギュレーションのステップに従って下さい:

  • IMAグループを設定するためにコンフィギュレーションのステップに従って下さい:

  • 物理的 な レベル パラメータを定義して下さい(必要であれば)。 たとえばスクランブリング。

  • E1/T1 をインターフェイスさせます必要となります ima-group コマンドで(同じ ポート アダプタ/ネットワークモジュールである必要があります)グループ化して下さい。

IMA インターフェイスに次の構文があります:

interface atm x/imay

x がある一方、スロット 番号および y は IMAグループ番号です。

Guilder Aguila (非 IMA)
interface ATM1/0 
 no ip address 
 no atm ilmi-keepalive 
 ima-group 0 

!---Allows ATM1/0 to participate in IMA group 0

 no scrambling-payload 
! 
interface ATM1/1 
 no ip address 
 no atm ilmi-keepalive 
 ima-group 0 

!---Allows ATM1/1 to participate in IMA group 0

 no scrambling-payload 
! 
interface ATM1/IMA0 

!---Creates a virtual IMA interface.

! 
interface ATM1/IMA0.1 point-to-point 
 ip address 10.10.10.1 255.255.255.248 
 no atm ilmi-keepalive 
 pvc 0/33

!---Defines VPI/VCI values

 vbr-nrt 3000 3000 1

!---Configures traffic shaping

interface ATM1/0
 no ip address
 no atm ilmi-keepalive
 no scrambling-payload
!
interface ATM1/0.1 point-to-point
 ip address 10.10.10.2 255.255.255.248
 pvc 0/44
 vbr-nrt 3000 3000 1


!---This example is a non-IMA interface.  
!---Information for configuration of cross- 
!---connect for ATM switches is listed below

 
 

以下はこの設定に関する追加考慮事項です:

確認

show コマンド

show ima interface atm1/ima0

guilder#show ima interface atm 1/ima0
Interface ATM1/IMA0 is up
        Group index is 1
        Ne state is operational, failure status is noFailure
        Active links bitmap 0x3
    IMA Group Current Configuration:
        Tx/Rx configured links bitmap 0x3/0x3
        Tx/Rx minimum required links 1/1
        Maximum allowed diff delay is 25ms, Tx frame length 128
        Ne Tx clock mode CTC, configured timing reference link ATM1/0
        Test pattern procedure is disabled
    IMA Group Current Counters (time elapsed 257 seconds):
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Total Counters (last 5 15 minute intervals):
        1 Ne Failures, 1 Fe Failures, 22 Unavail Secs
    IMA link Information:
        Link     Physical Status        NearEnd Rx Status      Test Status 
        ----     ---------------        -----------------      ----------- 
        ATM1/0   up                     active                 disabled    
        ATM1/1   up                     active                 disabled

show ima interface フィールドの説明:

フィールド名 説明
インターフェイス ATM1/IMA0 は稼働しています IMAグループのステータスを表示する。
グループ インデックス 設定で IMAグループに割り当てられる値。 この情報は IMA ICP セルで渡されます。
Ne 状態 Group State Machine ステータスに続きます。 表示する値は IMAグループ ステータスの示す値を提供します。 有効な値は次のとおりです。 始動、Start-up-Ack、Config-Aborted、操作上 Insufficient-Links、ブロックされる。
障害状況 IMAグループの障害状況に関する詳細を提供します。 有効値はブロックするグループにない、使用不可能、アクティブ使用可能含んでいます。
Tx/Rx 設定 された リンク ビットマップ 0x3/0x3 ビットマップ値は Hex にあり、IMAグループで設定されるグループでアクティブのリンクをおよびリンクを表します。 バイナリ値は物理ポート値を判別するために右から左に読み取られます。 バイナリで表される 0x3 は 00000011 と等しいです。 ポート 0 は左に右端に、ポート 7 あります。
Tx/Rx 必須リンク最小の 1/1 IMAグループがアップのままになることができるように必要なリンクの最小番号。 値は ima active-minimum-links コマンドを使用して変更することができます。
diff 遅延を認められる最大 受信 IMA インターフェイスは差分遅延許容 設定最大値のより大きい遅延を補正する必要があります。 リンク遅延が規定最大値を超過する場合、リンクはサービスから取除かれます。 最大構成可能値は 250ms です。
Ne Tx クロック モード 構成可能値はよくありま、独立 して います。 よくあるクロックはインターフェイスが 1 つの単一 の ソースからクロックを得ることを示します。 依存しないは異なるクロック ソースからクロッキングを得ることができます意味します。
IMA 連係情報 IMAグループで各インターフェイスの物理的 な状態を記述します。

ある特定の show atm interface atm 1/ima0

guilder#show atm interface atm 1/ima0
Interface ATM1/IMA0:
AAL enabled:  AAL5 , Maximum VCs: 256, Current VCCs: 3
 
Maximum Transmit Channels: 0
Max. Datagram Size: 4496
PLIM Type: DS1 IMA, Framing is T1 ESF, TX clocking: IMA CTC
304244 input, 309038 output, 0 IN fast, 0 OUT fast, 0 out drop
 Avail bw = 3000 
Config. is ACTIVE

sh atm interface fields の説明:

フィールド名 説明
インターフェイス ATM1/IMA0 スロットおよび IMAグループ数。
最大 VC: 、現在の VCC: グループかインターフェイスごとに設定可能な VC の総量を定義します。 (NM のための 256 および AIM のための 1024。) 現在のは現在設定される VC の数を記述します。
PLIM Type: 物理インターフェイス型を記述します。
フレーム作成はあります 設定されたフレーム化方式を表示する。 構成可能値は esfadm または sfadm です。
Tx クロッキング: 設定されたクロッキングモードを記述します。 構成可能値は独立 して いますまたはよくあります。
パケット入力、パケット出力 IMAグループインターフェイスで送受信されるパケットの数を表示する。
効力 bw = 使用可能な帯域幅量を示します。 IMAグループで設定される T1/E1 インターフェイスの数に基づく。

詳述される sh ima interface atm 1/ima0

guilder#show ima interface atm 1/ima0 detailed 
Interface ATM1/IMA0 is up
        Group index is 1
        Ne state is operational, failure status is noFailure
        Active links bitmap 0x3
    IMA Group Current Configuration:
        Tx/Rx configured links bitmap 0x3/0x3
        Tx/Rx minimum required links 1/1
        Maximum allowed diff delay is 25ms, Tx frame length 128
        Ne Tx clock mode CTC, configured timing reference link ATM1/0
        Test pattern procedure is disabled
    Detailed group Information:
        Tx/Rx Ima_id 0x10/0x0, symmetry symmetricOperation
        Number of Tx/Rx configured links 2/2
        Number of Tx/Rx active links 2/2
        Fe Tx clock mode ctc, Rx frame length 128
        Tx/Rx timing reference link 0/1
        Maximum observed diff delay 0ms, least delayed link 1
        Running seconds 6238
        GTSM last changed 00:00:33 UTC Mon Mar 1 1993
    IMA Group Current Counters (time elapsed 324 seconds):
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Interval(1) Counters:
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Interval(2) Counters:
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Interval(3) Counters:
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Interval(4) Counters:
        0 Ne Failures, 0 Fe Failures, 0 Unavail Secs
    IMA Group Interval(5) Counters:
        1 Ne Failures, 1 Fe Failures, 22 Unavail Secs
    IMA Group Total Counters (last 5 15 minute intervals):
        1 Ne Failures, 1 Fe Failures, 22 Unavail Secs
    Detailed IMA link Information:
 
Interface ATM1/0 is up
        ifIndex 1, Group Index 1, Row Status is active
        Tx/Rx Lid 0/1, relative delay 0ms
        Ne Tx/Rx state active/active
        Fe Tx/Rx state active/active
        Ne Rx failure status is noFailure
        Fe Rx failure status is noFailure
        Rx test pattern 0x40, test procedure disabled
    IMA Link Current Counters (time elapsed 340 seconds):
        0 Ima Violations, 0 Oif Anomalies
        0 Ne Severely Err Secs, 0 Fe Severely Err Secs
        0 Ne Unavail Secs, 0 Fe Unavail Secs
        0 Ne Tx Unusable Secs, 0 Ne Rx Unusable Secs
        0 Fe Tx Unusable Secs, 0 Fe Rx Unusable Secs
        0 Ne Tx Failures, 0 Ne Rx Failures
        0 Fe Tx Failures, 0 Fe Rx Failures
     <omitted>

sh atm interface fields の説明:

フィールド名 説明
インターフェイス ATM1/IMA0 は稼働しています IMAグループのステータスを表示する。
diff 遅延を認められる最大はあります 受信 IMA インターフェイスは差分遅延許容 設定最大値のより大きい遅延を補正する必要があります。 リンク遅延が規定最大値を超過する場合、リンクはサービスから取除かれます。 最大構成可能値は 250ms です。
Tx/Rx Ima_id 0x10/0x0 送信するを示し、IMA ID を受け取って下さい。
Tx Fe クロック モード ctc 遠端クロック コンフィギュレーションを表示します。
監視された Diff 遅延 実際の遅延差を表示する。
IMAグループ 現在のカウンター グループ失敗についての情報を提供します。
ifIndex、グループ インデックス インターフェイス インデックス ID およびグループ インデックス ID。 これらの値はルータによってインターフェイスコンフィギュレーションの間に割り当てられ、ローカルで固有です。
Fe Tx/Rx 状態はあります IMA ICP セルに表示されているように遠端送信する状態のステータスを表示する。
Rx Fe 障害状況はあります IMA ICP セルに表示されているように遠端側受信障害のステータスを表示する。
IMA リンク 現在のカウンター 間隔に基づいてインターフェイス エラー数ごとに提供します。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

show controllers コマンドを使用して Cisco 2600 および 3600 ルータの IMA インターフェイスのトラブルシューティングを実行する方法のより多くの詳細な説明については Cisco 2600 および 3600 ルータでの ATM IMA リンクのトラブルシューティングを参照して下さい。

よくあるバグ

次 の テーブルは IMA ネットワーク モジュールを含む 2600/3600 シリーズ用のよくあるバグをリストします:

ID 説明
CSCdr39332 超過する T1 IMA 遅延差によりよいリンクはダウン状態になります。 単一 T1 または E1 インターフェイスが 3600 シリーズ ルータの遅延差限界を超過するとき、遅延から影響を受けなかった他のリンクは無効になられるようになる可能性があります。 IMA インターフェイスのトラブルシューティング 遅延差のその他の情報についてはトラブルシューティング IMAリンクの問題を参照して下さい。
CSCdt64050 NM ATM IMA: vc-per-vp コマンドはリリースで機能しません。 設定値は SAR (Segmentation And Reassembly)プロセッサと受け入れられますが、伝えられません。 atm vc-per-vp コマンドの使用の理解に関する詳細については Cisco ATM ルータ インターフェイスの最大アクティブ仮想回線数についてを参照して下さい。
CSCdu49075 IMA 物理的 なステータスは示しますが、リロードの後に稼働しています。 ある特定の例では、物理的 なステータスは show ima interface コマンドの出力で示します。 この問題は装飾的な不具合を表し、解決されました。


関連情報


Document ID: 10451