非同期転送モード(ATM) : LAN エミュレーション(LANE)

ILMI のアドレス登録問題: %LANE-3-NOREGILMI

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、LAN エミュレーション(LANE)を使用する場合に、Cisco デバイス上での暫定ローカル管理インターフェイス(ILMI)のアドレス登録の問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

各ノード内のリンクと関連付けられる ILMI 管理情報ベース (MIB)にアクセスする User-Network Interface (UNI)を渡る ILMI プロトコル使用簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) 形式パケット。 ILMI プロトコルは隣接ノードが互いの特性を判別するようにすることによってネットワーク全体に渡た 自動設定を容易にします。 これらの特性の例は互いの接続スペースのサイズ、ネットワーク管理オートディスカバリに(UNI か NNI)、リンクの型(パブリックか private)およびフック使用するシグナリングの種類です。

ILMI もアドレス登録のために使用されます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

関連するエラーメッセージ

アドレス リゾリューション問題は通常次のエラーメッセージと関連付けられます:

%LANE-3-NOREGILMI: [chars] [chars] cannot register [ATM address] with ILMI

次に、例を示します。

%LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0.1 LEC cannot register 
47.00918100000000603E5A4501.00D0069A7C40.01 with ILMI

このエラーメッセージは次のいずれかによって報告することができます:

  • LANエミュレーション構成サーバ (LECS)

  • LANエミュレーション サーバ(LES)またはブロードキャスト アンノウン サーバ(BUS)

  • LANエミュレーション クライアント (LEC)

この LEC によって直面するアドレス登録問題の資料外観が説明 LECS および LES/BUS における登録問題のためにまた有効であるが。

設定

ネットワーク図

このセットアップは問題を説明します:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/asynchronous-transfer-mode-atm/lan-emulation-lane/10450-ilmi-address-probs.gif

このセットアップは使用します:

  • Bernard は Cisco IOS を実行する Cisco 7500 ルータですか。 ソフトウェア リリース 12.1(4)。

  • Casimir は Cisco IOS software release 12.0(13)W5(19b) を実行する LightStream 1010 です

  • Tintin は Cisco IOS software release 11.2(22)P を実行する Cisco 7000 ルータです。

このセットアップは LANE を使用し、LECS および LES/BUS は LightStream 1010 にあります。

ここでは使用される設定は推奨 LANE パフォーマンスが得られません; それは実例として単に使用されています。 LANE サービスに関する設計の推奨に関しては、LANE の 推奨設計を参照して下さい。

設定

Bernard および Tintin は両方 LEC で設定されます:

Bernard
interface ATM2/0/0

 pvc 0/16 ilmi
 !
 pvc 0/5 qsaal
!
interface ATM2/0/0.1 multipoint
 description *** ILMI addr. registr. test ***
 lane client ethernet ilmi-test

Tintin
interface ATM1/0

 atm pvc 1 0 5 qsaal
 atm pvc 2 0 16 ilmi
!
interface ATM1/0.1 multipoint
 description *** ILMI addr. registr. test ***
 lane client ethernet ilmi-test

ILMI のチェック

ILMIステータス

ILMI によってアドレス登録問題の場合にはチェックするべき最初の事柄は ILMI 相手先固定接続(PVC)がこれらの show コマンドの使用の上にあるかどうかです:

  • ルータで、show atm vc コマンドを発行して下さい。

  • LightStream 1010 で、show atm vc interface atm x/y/z コマンドを発行して下さい。

bernard# show atm vc
            VCD /                                      Peak  Avg/Min Burst
Interface   Name       VPI   VCI  Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps   Cells  Sts
2/0/0      9            0     5   PVC    SAAL     UBR  149760                UP
2/0/0      1            0    16   PVC    ILMI     UBR  149760                UP

!--- Output suppressed.

Casimir# show atm vc interface atm 0/0/0
Interface         VPI  VCI   Type   X-Interface      X-VPI X-VCI Encap  Status 
ATM0/0/0          0    5     PVC    ATM2/0/0          0    47    QSAAL  UP
ATM0/0/0          0    16    PVC    ATM2/0/0          0    35    ILMI   UP

!--- Output suppressed.

ILMI PVC が稼働している場合、どの ILMI 状態にルータおよび ATM スイッチがあるかチェックして下さい。 show atm ilmi-status コマンドの発行によってこれをして下さい。

bernard# show atm ilmi-status
 
Interface : ATM2/0/0 Interface Type : Private UNI (User-side) 
ILMI VCC : (0, 16) ILMI Keepalive : Disabled
ILMI State:       UpAndNormal
Peer IP Addr:     10.200.10.12    Peer IF Name:     ATM0/0/0
Peer MaxVPIbits:  8               Peer MaxVCIbits:  14
Active Prefix(s) :
47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501
Casimir# show atm ilmi-status atm 0/0/0

Interface : ATM0/0/0 Interface Type : Private UNI (Network-side) 
ILMI VCC : (0, 16) ILMI Keepalive : Enabled (5 Sec 4 Retries)
ILMI State:       UpAndNormal
Peer IP Addr:     15.1.1.1        Peer IF Name:     ATM2/0/0
Peer MaxVPIbits:  8               Peer MaxVCIbits:  16
Configured Prefix(s) :
47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501

正しい状態は UpAndNormal です。 ルータか LightStream 1010 が適切な ILMI 状態にない場合、ミスコンフィギュレーションがこの資料の以降がある手順を使用してあるかどうか確認して下さい。

ILMI がスイッチインターフェイスで無効にされる時

または ILMI がスイッチ インターフェイスでこれらの show コマンドのことを発行によってディセーブルにされるかどうか確認できます:

  • show run interface atm x/y/z

  • show atm ilmi-status ATM z/y/z

Casimir# show run interface atm 0/0/0 
 Building configuration... 
 
Current configuration: 
   ! 

   interface ATM0/0/0 

    no ip address 
    no ip directed-broadcast 
    logging event subif-link-status 
    atm ilmi-keepalive 
    no atm ilmi-enable  

bernard# show atm ilmi-status atm 2/0/0
 
Interface : ATM2/0/0 Interface Type : Private UNI (User-side) 
ILMI VCC : (0, 16) ILMI Keepalive : Disabled
ILMI State:       UpAndNormal
Peer IP Addr:     0.0.0.0         
Peer MaxVPIbits:  8               Peer MaxVCIbits:  14 

bernard# show lane default-atm-addresses interface atm 2/0/0
LANE Client:        ...000000000002.**
LANE Server:        ...000000000003.**
LANE Bus:           ...000000000004.**
LANE Config Server: ...000000000005.00
note: ** is the subinterface number byte in hex

Casimir#

この場合 ILMI がインターフェイスで no atm ilmi-enable コマンドの発行によってディセーブルにされたので、プレフィクスはルータに送信 されないし、それ故に、アドレス登録は行われる場合がありません。

読み取り専用で設定されるアクセス リストコンフィギュレーションに関する問題か ILMIコミュニティ

アクセス リストコンフィギュレーションに関する問題は adviory LightStream 1010 かルータにこのセキュリティで提案される回避策の 1 つが不正確に適用される場合発生する場合があります。 スイッチ設定にこれらの行を、スイッチに取り組む ILMI (および PNNI)停止追加したら:

access-list deny any
snmp community ILMI view *ilmi RW

これに次の結果があります:

bernard# show atm ilmi-st
Interface : ATM2/0/0 Interface Type : Private UNI (User-side)    
ILMI VCC : (0, 16) ILMI Keepalive : Disabled 
ILMI State: WaitDevType

見てわかるように、ルータの ILMIステータスは WaitDevType にとどまり、アドレス登録は行われません。

ルータに次の設定かスイッチを追加するによりまた ILMI は WaitDevType にとどまり、こうしてアドレス登録を防ぎます:

access-list <x> [permit|deny] a.b.c.d
snmp-server community ILMI RO <x>

ルータおよびスイッチがに正しい状態である場合、セルが VC 0/16 で送信されて、受信されているかどうか確認して下さい。 この資料の概要に説明があるコマンドを発行するこれをすることができます。 ルータでこれらの show コマンドの発行によってこれを確認できます:

  • show atm pvc 0/16

  • show atm vc VCD

LightStream 1010 か Catalyst 8500 MSR で、これらの show コマンドを発行して下さい:

  • show atm vc interface ATM x/y/z 0 16

  • show atm vc traffic interface atm x/y/z 0 16

bernard# show atm pvc 0/16
ATM2/0/0: VCD: 1, VPI: 0, VCI: 16
UBR, PeakRate: 149760
AAL5-ILMI, etype:0x0, Flags: 0xC27, VCmode: 0x0
OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 
1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)
OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5
OAM Loopback status: OAM Disabled
OAM VC state: Not Managed
ILMI VC state: Not Managed
InARP DISABLED
Transmit priority 4
InPkts: 255, OutPkts: 309, InBytes: 18842, OutBytes: 22657
InPRoc: 269, OutPRoc: 319, Broadcasts: 0

!--- Output suppressed.


Casimir# show atm vc traffic interface atm 0/0/0 0 16
Interface         VPI  VCI   Type      rx-cell-cnts     tx-cell-cnts
ATM0/0/0          0    16    PVC             308              316

増分する送信 されるか、または受信 カウンタだけ見る場合セルがスタックしています ILMI をバックプレーンでスタックしていることを意味しますかもしれないです。 インターフェイスの shut/no shut コマンドを発行する試み。 それが助けない場合、それ以上のトラブルシューティングのための Cisco テクニカル サポートに連絡するため。 カウンターが両方とも増分する場合、ILMI PVC はセルをきちんと送信しています。

既知の警告

また ILMI がなぜきちんとアップしていないか説明できるいくつかの既知の不具合があります。 これらは Cisco バグ ID CSCdt47492登録ユーザのみ)、CSCdm26756登録ユーザのみ)および CSCdr28332登録ユーザのみ)です。

この資料の他は運送 ILMIステータスがすべてのデバイスで正しいと ILMI PVC がアップである仮定し、とセル、そして。 それから、ILMI によるアドレス登録障害のための考えられる 原因は次のとおりです:

  • スイッチは既に NSAP アドレスを認識しています

  • コンフィギュレーションに関する問題

スイッチがNSAP アドレスを認識している場合

これらはスイッチが既に NSAP アドレスを認識しているシナリオです。

NSAP アドレスがスイッチで静的に設定される時

ルータ Bernard で、このメッセージを次のように表示できます:

1w1d: %LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0.1 LEC cannot register 
47.00918100000000603E5A4501.00D0069A7C40.01 with ILMI

NSAP アドレス 47.00918100000000603E5A4501.00D0069A7C40.01 のためのスイッチで検知 するとき、この情報を次のように表示できます:

Casimir# show atm route 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.00d0.069a.7c40.01
Codes: I - internal prefix, E - exterior prefix
E 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.00d0.069a.7c40/152
    Advertised in PTSE ID 3 IG IX 0 by node-index 1
    Node 1: Port ATM0/0/3, by atm-static, 00:00:39, uni scope 15
            adv_trig 0x2, src_mask 0x1, node-index 0, rtaddr_index 1

Casimir# show atm route
 
Codes: P - installing Protocol (S - Static, P - PNNI, R - Routing control),
       T - Type (I - Internal prefix, E - Exterior prefix, SE -
                 Summary Exterior prefix, SI - Summary Internal prefix,
                 ZE - Suppress Summary Exterior, ZI - Suppress Summary Internal)
 
P  T Node/Port        St Lev Prefix
~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ ~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P  I 9   0            UP 0   47.0091.8100.0000.0010.1f2d.6801/104
P SI 1   0            UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501/104
R  I 1   ATM0/0/3     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0c0e.09e7/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4501/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4502/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4503/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4504/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4505/152
S  E 1   ATM0/0/3     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.00d0.069a.7c40/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.4000.0c/128

Casimir# show running-config
Building configuration...
 
Current configuration:
!
! Last configuration change at 12:28:24 UTC Mon Apr 2 2001
! NVRAM config last updated at 12:28:25 UTC Mon Apr 2 2001
!
version 12.0

!--- Output suppressed.
  
atm route 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.00d0.069a.7c40... ATM0/0/3

上に示されているように、NSAP アドレスはスイッチで静的に見つける必要があるところで設定され、ものからの異なるインターフェイスをこの場合指します。

NSAP アドレスが別のデバイスによってILMI によって登録されている時

このシナリオを再現するために、Tintin および Bernard は同じ MAC アドレスで設定されます。

Bernard
interface ATM2/0/0

 mac-address 0000.0000.0001
 pvc 0/16 ilmi
 !
 pvc 0/5 qsaal

Tintin
interface ATM1/0

 mac-address 0000.0000.0001
 no ip address
 atm pvc 1 0 5 qsaal
 atm pvc 2 0 16 ilmi

それらが両方同じスイッチに接続されるので、NSAP アドレスはサブインターフェイス ATM 2/0/0.1 で設定された LEC に関連付け、ATM 1/0.1 は同じです: 47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01.

Tintin インターフェイス ATM 1/0.1 は Bernard の ATM 2/0/0.1 の前に始動しました。 従って、Tintin は ILMI によって NSAP アドレス 47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01 を登録する最初のものです。 インターフェイス ATM 2/0/0.1 が Bernard で始動するとすぐ、このメッセージは表示する:

1w1d: %LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0.1 LEC cannot register 
47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01 with ILMI

Tintin を検知 する場合、Tintin が既にその NSAP アドレスを使用して、Casimir で登録してしまったことがわかります:

Tintin# show lane client
LE Client ATM1/0.1  ELAN name: ilmi-test  Admin: up  State: operational
Client ID: 2                 LEC up for 39 seconds 
Join Attempt: 4              
HW Address: 0000.0000.0001   Type: ethernet             Max Frame Size: 1516
ATM Address: 47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01
 
 VCD  rxFrames  txFrames  Type       ATM Address
   0         0         0  configure  47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4505.00
  14         1         2  direct     47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4503.01
  15         1         0  distribute 47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4503.01
  16         0         1  send       47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4504.01
  17         2         0  forward    47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4504.01

Casimir を検知 する場合、このアドレスが既に登録されてしまったことがわかります:

Casimir# show atm route 47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01
Codes: I - internal prefix, E - exterior prefix
I 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0000.0001/152
    Node 1: Port ATM0/0/3, by routing-control, 00:01:06, uni scope 15
            adv_trig 0x2, src_mask 0x2, node-index 0, rtaddr_index 1
 
Casimir# show atm route
 
Codes: P - installing Protocol (S - Static, P - PNNI, R - Routing control),
       T - Type (I - Internal prefix, E - Exterior prefix, SE -
                 Summary Exterior prefix, SI - Summary Internal prefix,
                 ZE - Suppress Summary Exterior, ZI - Suppress Summary Internal)
 
P  T Node/Port        St Lev Prefix
~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ ~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P  I 9   0            UP 0   47.0091.8100.0000.0010.1f2d.6801/104
P SI 1   0            UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501/104
R  I 1   ATM0/0/3     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0000.0001/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4501/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4502/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4503/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4504/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4505/152
S  E 1   ATM0/0/3     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.00d0.069a.7c40/152
R  I 1   ATM2/0/0     UP 0   47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.4000.0c/128

これはそれが重複であるので Bernard が ILMI によってアドレスを登録できないことを意味します。 debug atm ilmi ATM x/y/z コマンドが Bernard および Casimir で発行されるとき、これらのデバッグは参照される場合があります:

Bernard:


!--- Output suppressed.
          

1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Registration local validation attempt for  
47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0000.0001.01
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Sent Out. Will be added on confirmation
1w1d: ILMI(ATM2/0/0):Sending out Request 930 
1w1d: ILMI(ATM2/0/0):Response received for request 929
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Errored response <General Error> Function Type = ilmiReqOther
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Errored or no response received
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): ES database update not done
1w1d: ILMI(ATM2/0/0):Updating ES Database with  
7.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0060.3e5a.4502.00
1w1d:   Reg Status :- Delete in progress - False, Add in progress - True
1w1d: ILMI(ATM2/0/0):Response received for request 930
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Errored response <General Error> Function Type = ilmiReqOther
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): Errored or no response received
1w1d: ILMI(ATM2/0/0): ES database update not done
1w1d: ILMI(ATM2/0/0):Updating ES Database with  
47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0000.0001.01
1w1d:   Reg Status :- Delete in progress - False, Add in progress - True

1w1d: %LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0.1 LEC cannot register 
47.00918100000000603E5A4501.000000000001.01 with ILMI          


!--- Output suppressed.

Casimir:


!--- Output suppressed.
          
Apr 2 13:10:06.800: ILMI: Validating address 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.4501.0000.0000.0001.01

Apr 2 13:10:06.800: ILMI: Address rejected by Client identified as pnni(ATM0/0/0)


!--- Output suppressed.

このセクションに説明がある状況は頻繁に次のシナリオで遭遇することができます。 LECS サービスが Ciscoデバイスで設定され、他の開発元が既知のアドレスおよびアドバタイジングをデバイス同時におよびすべてのこれらの LECS それ受信すれば、このメッセージは表示することができます:

1w2d: %LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0 LECS cannot register 
47.007900000000000000000000.00A03E000001.00 with ILMI

LECS がシスコ 以外 の デバイス、また Ciscoデバイスで設定されると同時に、Fast SSRP の SSRP を使用できません。 これらの冗長性プロトコルの目的は 1 LECS がマスター LECS (バックアップLECS である他)として選ばれることです。 使用される場合マスター LECS は既知のアドレスをアドバタイズすることができる唯一のものです。 この場合冗長性プロトコルを設定できないのでマスター LECS 選択がありません。 それ故に、すべての LECS は既知のアドレスをアドバタイズすることを試みますが 1 つだけは成功します。

これを説明するために、コンフィギュレーションは示されているように修正されました:

Bernard
lane database test
  name ilmi-test server-atm-address 47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4503.01
!         
interface ATM2/0/0
 no ip address
 no ip route-cache distributed
 no atm ilmi-keepalive
 pvc 0/16 ilmi
 !
 pvc 0/5 qsaal
 !
 lane config fixed-config-atm-address 
 lane config database test

Tintin
lane database test

  name ilmi-test server-atm-address 47.00918100000000603E5A4501.00603E5A4503.01
!
interface ATM2/0/0
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 logging event subif-link-status
 lane config fixed-config-atm-address 
 lane config database test

この新しい設定によって、LECS は Bernard および Casimir で設定され、LECS アドレスデータベースは Casimir で設定されませんでした。 これは SSRP が有効に ならないことを意味します。 エラーメッセージを説明するために、Bernard ATM は 2/0/0 のインターフェイス設定される、Casimir 設定は最初に修正されます前にシャットダウンされ。 従ってこの場合、Casimir は ILMI によって既知のアドレスを、Bernard がそうすることを防ぎますアドバタイズしま。 Bernard ATM が 2/0/0 のインターフェイス始動するとすぐ、このメッセージは表示する:

1w2d: %LANE-3-NOREGILMI: ATM2/0/0 LECS cannot register 
47.007900000000000000000000.00A03E000001.00 with ILMI

設定に関する問題

アドレス登録の失敗のもう一つの考えられる 原因は LightStream 1010 の設定における問題です。

interface ATM0/0/0 

 no ip address 

 no ip directed-broadcast 

 logging event subif-link-status 

 atm ilmi-keepalive 

 no atm address-registration

上記のコマンドは、この場合、防ぐ ILMI によってルータはプレフィクスおよびスイッチにこうしてまたアドバタイジングを受け取ることをアドレス アドレス登録を防ぎます:

bernard# show lane default-atm-addresses interface atm 2/0/0
LANE Client:        ...000000000002.**
LANE Server:        ...000000000003.**
LANE Bus:           ...000000000004.**
LANE Config Server: ...000000000005.00
note: ** is the subinterface number byte in hex
 
bernard# show atm ilmi-status atm 2/0/0
 
Interface : ATM2/0/0 Interface Type : Private UNI (User-side) 
ILMI VCC : (0, 16) ILMI Keepalive : Disabled
ILMI State:       UpAndNormal
Peer IP Addr:     10.200.10.12    Peer IF Name:     ATM0/0/0
Peer MaxVPIbits:  8               Peer MaxVCIbits:  14

ルータはプレフィクスを受け取らないし、それ故にアドレス登録は行われる場合がありません。

LightStream 1010 の debug atm ilmi ATM 0/0/0 を有効に するとき、これは ATM 0/0/0 インターフェイスが始動するとき見られる場合があります:


!--- Output suppressed.
 
Apr  2 12:42:11.792: ILMI: My Device  type is set to Node (ATM0/0/0)
Apr  2 12:42:11.792: ILMI(ATM0/0/0): From  NodeConfigComplete To  UpAndNormal  <ilmi_process_intfRestart>
Apr  2 12:42:11.792: ILMI(ATM0/0/0): Keep Alive enabled
Apr  2 12:42:11.792: ILMI(ATM0/0/0) Address Registration disabled. Prefix not sent 

!--- Output suppressed.

ソリューションは ATM アドレス登録を再び有効にし、ILMI を再起動するために ATMインターフェイスの shut/no shut をすることです。


関連情報


Document ID: 10450