非同期転送モード(ATM) : IP-ATM 間サービス クラス

IP to ATM CoS に対する ATM ハードウェア サポート

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 3 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

AIP

概要

IP to ATM Class of Service(COS) とは、Virtual Circuit(VC; 仮想回線)ごとに使用される一連の機能を意味します。 この定義に従って、IP to ATM COS は ATM Interface Processor(AIP; ATM インターフェイス プロセッサ)、PA-A1、または 4500 ATM ネットワーク プロセッサではサポートされていません。 この ATM ハードウェアでは、PA-A3 やほとんどのネットワーク モジュール(ATM-25 以外)が定義している VC 単位のキューイングをサポートしていません。

この文書では、AIP、PA-A1、および 4x00 ATM ネットワーク プロセッサでサポートされている Quality of Service(QoS)について説明します。

従来の Cisco IOSか。 プライオリティ キューイングおよび(cq) Custom Queueing (CQ)は PA-A1 および AIP のために回避策として使用することができません。 4x00 ネットワーク プロセッサでカスタム キューイングが多少サポートされている他は、Cisco IOS ベースのルータの ATM インターフェイスではプライオリティ キューイングやカスタム キューイングはサポートされていません。

Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータの ATM-25 ネットワーク モジュールでは、IP to ATM COS はサポートされていません。 ATM 層での QOS には、シェーピングした variable bit rate(VBR; 可変ビット レート)PVC を設定できます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

AIP

AIP では、8 つの VC キューをサポートしています。 より多くの VC を設定することは同じキューを共有するために 2つ以上の VC を強制します。 QoS メカニズムは AIP に利用できません。 シスコでは、PA-A3 などの新型の ATM ハードウェアに移行して、現在の Cisco IOS の QoS 機能を利用されることを推奨します。

注: Cisco はもはや 7500 シリーズ ルータの非VIPインターフェイス プロセッサの QoS をサポートしません。 その代わりに、versatile interface processor(VIP)で分散サービスとして実行される VIP ベースの QOS がサポートされており、優れたパフォーマンスと低遅延を実現しています。 service policy コマンドは、非 VIP インターフェイス プロセッサの command-line interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)から削除されています。 この問題については、Cisco Bug ID CSCds53215 で文書化されています。

PA-A1

メカニズムを並べる IP to ATM CoS は VC が混雑するときだけ実施され始めます。 PA-A1 が 155 Mbps のライン比率で UBR だけ VC サポートするので、第3層 IOS キューの過剰パケットをキューに入れる ATMインターフェイスドライバによるバックプレッシャはインターフェイスが混雑するときだけ適用します。 ATM ドライバからインターフェイスのキューで輻輳が発生しているという信号が出されると、システムのプロセッサでは、そのドライバにパケットを送信するレートを遅くします。 この場合、PA-A1 ではスループットが低下します。 したがって、7500 シリーズのプラットフォームでは、VIP ベースのキューイングによってPA-A1 がサポートされているものの、シスコではこれを推奨していません。 VIP ベースのキューイングを設定するサービス ポリシーは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 のメインのインターフェイスでのみサポートされていることに注意してください。 PA-A1 のアーキテクチャにより、このサービス ポリシーはサブインターフェイスまたは PVC ではサポートされていません。

PA-A1 は行比率の下で動作する間、輻輳の状態に達することができます。 輻輳は PA-A1 が行比率の下で動作する間、発生する場合があります。 各ルータ インターフェイスは物理メディアにパケットを受信し、送信するのにどのバッファが使用されているか制御するのに使用される特別な構造である FIFO 送信リングを維持します。 Understanding and Tuning the tx-ring-limit Value を参照して下さい メカニズムの輻輳の定義を並べる IP to ATM CoS は送信リングを一杯にすることです。 従って、送信リングが一杯になるとき、インターフェイス ドライバは影響を奪取 し、キューパケットで機能するのに QoS 機能によって必要とされるバックプレッシャー信号を出します。 すなわち、PA-A1 はインターフェースごとのバックプレッシャをサポートし、レイヤ3 キューイング システムによって Packet over SONET(PoS)または HSSI インターフェイスと同様に単一 fat pipe として、見られる場合があります。

また、PA-A1 では、メインのインターフェイスで他の QOS メカニズムもサポートしています。 これらのメカニズムはクラスベース マーキングおよびインターフェースごとの重み付けランダム早期検出 (WRED)が含まれています。 PA-A1 はまたマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) CoS をサポートします。 MPLS サービス クラス(CoS)を参照して下さい。

PA-A1 は、Cisco 7500 シリーズ ルータで使用されている場合は VIP ベースの均等化キューイング(DWFQ)をサポートします。しかし、この CLI では、RSP ベースの WFQ がこのポート アダプタではサポートされていないにもかかわらず、このインターフェイスに対する fair-queue コマンドを受け入れ、RSP ベースの WFQ が有効になるように見えます。 対応策として、ip cef distributed コマンドでイネーブル Distributed Cisco Express Forwarding (DCEF)はインターフェイスの下でそれから DWFQ を有効に することを fair-queue が可能にし。 これは Cisco バグ ID CSCdu71489 の下で文書化されています。

4x00 ネットワーク プロセッサ

4x00 シリーズ ルータ用の ATM ネットワーク プロセッサでは、4 つのレートベース キューイングがサポートされ、VC キューイングを分離します。 分離はバッファが充満するときマイクロコードによる努力を per-VC ベースのパケット バッファの公平なアロケーションを確認するための示します。 目標はある特定の伝送速度を実現させる機能がビット/秒 伝送速度に匹敵するパケットの十分な数を並べる機能によって決まるので非輻輳 VC の輻輳したVC の効果を制限することです。 以前は(queue-list コマンドで設定される) (priority-list コマンドで設定される)、従来のプライオリティ キューイング、(cq) Custom Queueing (CQ)、および WFQ は ATMネットワーク プロセッサで設定可能でが、機能的にインターフェイスの複数の VC を使う場合のコンフィギュレーションをサポートしませんでした。


関連情報


Document ID: 10447