非同期転送モード(ATM) : 回線エミュレーション サービス(CES)

回線エミュレーション仮想回線のATMセルレートを計算する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

キャンパス ATM スイッチで show ces circuit interface cbr コマンドを実行すると、固定ビット レート(CBR)インターフェイスでの回線エミュレーション サービス(CES)の接続の詳細な回線情報が表示されます。 この出力例に示されているように、表示されている値にはセル レートとビット レートがあります。

Switch#show ces circuit interface cbr 0/0/1 1 
   Circuit:Name CBR0/0/1:1, Circuit-state ADMIN_UP / Interface CBR0/0/1,    
   Circuit_id 1, Port-Type T1, Port-State UP 
   Port Clocking network-derived, aal1 Clocking Method CESIWF_AAL1_CLOCK_SYNC    
   Channel in use on this port: 1-24 
   Channels used by this circuit: 1-12 
   Cell-Rate: 2043, Bit-Rate 768000 
   cas OFF, cell_header 0x4100 (vci = 1040) 
   Configured CDV 2000 usecs, Measured CDV unavailable 
   De-jitter: UnderFlow unavailable, OverFlow unavaliable 
   ErrTolerance 8, idleCircuitdetect OFF, onHookIdleCode 0x0 
   state: VcActive, maxQueueDepth 42, startDequeueDepth 25 
   Partial Fill: 47, Structured Data Transfer 288    
   Active SoftVC 
   Src:atm addr 47.0091.8100.0000.0061.705a.cd01.4000.0c80.0034.10 vpi 0, vci 1040 
   Dst:atm addr 47.0091.8100.0000.0060.5c71.2001.4000.0c80.1034.10

計算された セル レートは回線のための設定されたタイム・スロットの数によってパーシャル フィルおよび Channel Associated Signalling (CAS)オプションが有効に なるかどうか、また変わります。

この資料は表示する セル レート計算するために CES 使用をサポートする CBRインターフェイス 数式を明白にしたものです。 これは最初に構造化 CES と ATM アダプテーション レイヤ 1 (AAL1)およびブロックサイズすばらしいより 1 バイトを使用する ATMセルの形式を説明することによって実行された。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

AAL1のATMセルフォーマットについてを理解して下さい

CES は CBRサービスクラスおよび AAL1 を T1 または E1 のような固定ビット レート接続を、エミュレートするのに使用します。 ITU-T 推奨事項 I.363.1 は AAL1 を定義します。

ATMセルは AAL サブレイヤーで AAL1 を AAL1 ヘッダーのためのセルの 48 バイト ペイロードフィールドからのバイトを「使用する奪います」。 この奪われたバイトは 2 つのサブフィールドで構成されています: シーケンス番号(SN)フィールドおよびシーケンス番号 保護(SNP)フィールド。 次に、各サブフィールドは同期レイヤ1 に ATM の非同期 性質を適応させるためにタイムスタンプ、シーケンス番号および他のビットを提供する自身のサブフィールドで構成されています。 ATMネットワークはセル遅延変動、セル 挿入 ミスおよびセル消失における問題の解決を助けるのにこれらのビットを使用します。

AAL1 は 2 つのモードのデータを転送します:

  • 構成される— ATM 相手先固定接続(PVC)に 1つ以上の T1 または E1 Digital Signal level 0 (DS-0)タイム・スロットをマッピング します。 各 DS-0 タイムスロットかチャネルは 64 キロビット/秒のレートで CBR データを送信できる単一 Nx64 回線を表します。 たとえば、多くのビデオ コーデックは Nx64 kbps レートで動作します。 構造化モードは T1 帯域幅のサブセットを備えるために各ビデオ コーデックを設定することを可能にします。

  • 非構造化— ATM PVC に全体の T1 または E1 帯域幅かすべての DS-0 タイム・スロットをマッピング します。

Both モードは AAL1 ヘッダー バイトを使用します。 さらに、構造化モードはまたブロックサイズによって決まるポインタバイトとして使用のための別のバイトを奪います。 これは次の セクションで説明されています。

これらのダイアグラムは非構造化間の違いを説明し、AAL1 セルを構成しました:

非構造化 プロトコル データ ユニット (PDU) 形式

ces-cellrate1.gif

構造化 PDU 形式

ces-cellrate2.gif

注: ポインタバイトはペイロードフィールドのブロックサイズが 1 バイトより大きいとき使用されます。

フィールド 説明
Sequence Number フィールド
Convergence Sublayer Indication (CSI) PDU によって決まる 2 組の情報の 1 つを伝えます、:
  • 奇数 の PDU —タイミング情報を、とりわけ同期残余タイムスタンプ(SRTS)の 4 ビット運びます。 奇数 の PDU だけの 1 ビットを使用する意味します単一 タイムスタンプを運ぶために 8 PDU を奪取 することを。 この情報は、よくある ATMネットワーク クロックとともに、受信側でオリジナル クロック シーケンスを再建すること可能にします。 SRTS が使用されない場合、このフィールドの値はゼロに設定されます。
  • 偶数 PDU —フレームが構成されるか、または非構造化であるかどうか示します。 ペイロードフィールドの中のブロックサイズが 1 バイトより大きい時構造化が、Cisco 追加バイト の オーバーヘッドを 8 人のセル毎に必要とすれば。 このバイトはポインタバイトとして知られています。
シーケンス数 modulo-8 カウンターを誤って配列されした、misinserted、抜けている ATM セルを識別するためにサポートします。
シーケンス番号 保護 フィールド
巡回冗長検査(CRC)-3 重要なタイミング および シーケンス情報を送りました CSI およびシーケンス カウント フィールドを保護します。
パリティ AAL1 ヘッダーのビットエラーに対して追加保護を提供します。 ヘッダ、その CSI、シーケンス数および CRC-3 の最初の 7 ビットをカバーします。

ポインタバイトを理解して下さい

構造化 AAL1 はデータの固定長ブロックを使用します。 各ブロックはオクテットの数で Virtual Circuit (VC)内の複数のユーザ 音声 チャネルをサポートするために構成されています。 ペイロード ポインタは AAL1 ブロックが 1 つオクテットより大きいので構造化サービスで必要です。

ブロック内の Nx64 キロバイト/秒データの実際のレイアウトはシグナリングの種類によって決まります。

  • Common Channel Signalling —信号を送らないで符号化する Nx64 は各タイム・スロットおよびそれらを順にグループ化することからの 1 つオクテットの収集を含みます。

  • Channel Associated Signalling —各 AAL1 ブロックは 2 つのセクションに分けられます。 第 1 は第 2 はシグナリングビットを運ぶが、Nx64 キロビット/秒 ペイロードを伝送します。 構造のペイロード部品は 1 つのマルチフレーム E1 のための DS-1 のための長さが、Nx24 オクテットおよび Nx16 オクテットです。

ポインタバイトとの構造化モードおよび Channel Associated Signalling 両方の使用は CES cells-per-second 数式に影響を与えます。 従って、これはある特定のキロビット/秒価値の ATM PVC を渡るトラフィックを送信 するのに必要とされるセルの数に影響を与えます。

注: 非構造化 モードによって、マッピング 機能は AAL1 層と T1 または E1 CBRポート間の各ビットを単にマッピング します。

パーシャル フィルを理解して下さい

デジタル音声サンプルは多くの音声コーデックがより少ない帯域幅を使うが、普通 1 バイトです。 詳細については、『VoIP - コール単位の帯域幅の使用量』を参照してください。 十分なバイトの収集は、音声サンプルのような、ATMセルを一杯にするために伝達端のセルペイロード アセンブリ遅延をもたらします。 ATM フォーラムの CES 推奨事項は未使用 バイト の 位置の部分的に満ちたセルおよびそのような物を減らすために使用ダミーのオクテットだけ送信すると CES インターネットワーキング機能(IWF)として知られているソース ATMインターフェイスを遅延可能にします。

CES 回線 {id}タイム・スロット{slot ids)}を発行して下さい 各々の部分的に満ちたセルのバイト数を設定 する パーシャル フィル {bytes} コマンド。 パーシャル フィルがセル レートを犠牲にして遅延を減らす次の セクションのシナリオ例に見られるようにことに、注目して下さい。

セルレートの変更のシナリオ例

この資料で説明される概念を理解するのでこのセクションはパーシャル フィルおよび CAS が T1 タイム・スロットの数に基づいてビットレートに関連してセル レートにどのように影響を与えるか示します。 シナリオ例に目を通すとき、これらのポイントを考慮して下さい:

  • セル レートはセルごとに運ばれるユーザ オクテットの数必須ユーザ オクテット比率の部分によって得られます。 すなわち、セル毎に 47 バイトを使用するセル レートは数式と一般に、ない完全な 53 バイト計算されます。

  • AAL1 は AAL1 ヘッダーのための 48 バイト ペイロード部分からのそれ以上のバイトを奪います。 ヘッダの形式に関する ITU-T 推奨事項 I.363.1 を参照して下さい。

  • 8 人の連続したセル毎にのサイクルの間に、ブロックサイズがセル毎に 46 ペイロードバイトを去る 1 つオクテットより大きい場合構造化 CES は AAL1 構造 ポインタのための別のバイトをもたらします。

  • パーシャル フィルは CES IWF が 1 オクテット 音声サンプルの完全 な 番号を待っていないが意味しましたり、送信する遅延を減らすためにむしろ部分的に満ちたセルをことを送信します。

注: シナリオ例に説明がある ATM フォーラム Webサイトから充電なしでダウンロードできるleavingcisco.com CES v2 推奨事項から数式すべては直接来ます。

これらのシナリオ例は 4 ポート T1 CES Port Adapter Module (PAM)および Cisco IOS によって LightStream 1010 ATMスイッチを使用しますか。 ソフトウェア リリース 12.0(16)。 これらの数式では、PCR はピーク セル レートを意味し、CLP はセル廃棄優先を意味します。

例1: 非構造化CES での標準の設定

T1 数式:

  • PCR (CLP=0+1) = 1544 の kbits 毎秒 ユーザのデータ = 4107 セル/秒

  • 4107 セル/秒 > (1.544 の x 106 ビット/秒 + 130 PPM)/(47 の AAL1 オクテット/セル X 8 ビット/オクテット)

E1 数式:

  • PCR (CLP=0+1) = ユーザのデータ 2048 の kbit/s の = 5447 セル/秒

  • 5447 セル/秒 > (2.048 の x 106 ビット/秒 + 50 PPM)/(47 の AAL1 オクテット/セル X 8 ビット/オクテット)

この例は CES PAM がフル T1 のために実際 4107 の上の数式およびセル/秒 比率を使用することを示したものです。

ls1010-2#show ces circuit interface cbr 3/0/3 0 
   Circuit: Name example1, Circuit-state ADMIN_UP / oper-state UP Interface       
   CBR3/0/3, Circuit_id 0, Port-Type T1, Port-State UP 
   Port Clocking network-derived, aal1 Clocking Method CESIWF_AAL1_CLOCK_SYNC    
   Channel in use on this port: 1-24 
   Channels used by this circuit: 1-24 
   Cell-Rate: 4107, Bit-Rate 1544000 
   cas OFF, cell_header 0xC100 (vci = 3088) 
   Configured CDV 2000 usecs, Measured CDV unavailable 
   De-jitter: UnderFlow 240436, OverFlow 0 
   ErrTolerance 8, idleCircuitdetect OFF, onHookIdleCode 0x0 
   state: VcAlarm, maxQueueDepth 823, startDequeueDepth 435 
   Partial Fill: 47, Structured Data Transfer 0 
   HardPVC 
   src: CBR3/0/3 vpi 0, vci 3088 
   Dst: ATM2/0/0 vpi 0, vci 100    
   interface CBR3/0/3 
      no ip address 
      no ip directed-broadcast 
      ces circuit 0 circuit-name example1 
      ces pvc 0 interface ATM2/0/0 vpi 0 vci 100

注: 非構造化 モードが明示的に設定されるが、ces aal1 service structured コマンドは実行コンフィギュレーションにこのモードがデフォルトであるので現われません。

例 2: パーシャルフィルまたはCAS のない構造化CES

計算式:

  • (N)/46.875 8000 x

N は 64 キロビット/秒タイム・スロットの数です。

この例では、10 Nx64 キロビット/秒タイム・スロットの構造化 CES 回線は設定されます。 計算された セル レートを検知 して下さい: 8000 x 10/46.875 = 1708 までのスイッチそれ以上のラウンド 1707。

ls1010-2(config-if)#ces aal1 service structured 
   Changing to Structured deletes Unstructured circuit 0 proceed? [confirm]    
   ls1010-2(config-if)#ces circuit 1 timeslots 1-5,11-15 circuit-name example2    
   ls1010-2#show ces circuit interface cbr 3/0/3 1 
     Circuit: Name example2, Circuit-state ADMIN_UP / oper-state DOWN Interface           
     CBR3/0/3, Circuit_id 1, Port-Type T1, Port-State UP 
     Port Clocking network-derived, aal1 Clocking Method CESIWF_AAL1_CLOCK_SYNC      
     Channel in use on this port: 1-5,11-15 
     Channels used by this circuit: 1-5,11-15 
     Cell-Rate: 1708, Bit-Rate 640000 
     cas OFF, cell_header 0xC100 (vci = 3088) 
     Configured CDV 2000 usecs, Measured CDV unavailable 
     De-jitter: UnderFlow unavailable, OverFlow unavaliable 
     ErrTolerance 8, idleCircuitdetect OFF, onHookIdleCode 0x0 
     state: VcInactive, maxQueueDepth 0, startDequeueDepth 0 
     Partial Fill: 47, Structured Data Transfer 10 
     Passive SoftVC 
     Src: atm addr 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.8f01.4000.0c81.803c.10 vpi 0, vci 3088 
     Dst: atm addr default

例 3: パーシャルフィルのある構造化CES

計算式:

  • (N)/K 8000 x

K はセルごとに一杯になるオクテットの数それです部分的なセル 値です。

例 2 と同じ回線を単に保存し、20 にパーシャル フィル値を変更する場合、ビットレートが同じをとどまる、セル レートは 1708 から 4002 をから大幅に増加しますことに注目すれば。 この理由はちょうど 20 バイトのペイロード(一般的に 音声サンプル)を集めるとき CES ハードウェアが 47 バイトよりもむしろセルを、作成することをパーシャル フィルが意味することです。

ls1010-2(config-if)#ces circuit 1 timeslots 1-5,11-15 partial-fill ? 
     <20-47>  Number of octets in each AAL1 Cell    
     ls1010-2(config-if)#ces circuit 1 timeslots 1-5,11-15 partial-fill 20    
     ls1010-2#show ces circuit interface cbr 3/0/3 1 
     Circuit: Name example2, Circuit-state ADMIN_UP / oper-state DOWN Interface           
     CBR3/0/3, Circuit_id 1, Port-Type T1, Port-State UP 
     Port Clocking network-derived, aal1 Clocking Method CESIWF_AAL1_CLOCK_SYNC      
     Channel in use on this port: 1-5,11-15 
     Channels used by this circuit: 1-5,11-15 
     Cell-Rate: 4002, Bit-Rate 640000 
     cas OFF, cell_header 0xC100 (vci = 3088) 
     Configured CDV 2000 usecs, Measured CDV unavailable 
     De-jitter: UnderFlow unavailable, OverFlow unavaliable 
     ErrTolerance 8, idleCircuitdetect OFF, onHookIdleCode 0x0 
     state: VcInactive, maxQueueDepth 0, startDequeueDepth 0 
     Partial Fill: 20, Structured Data Transfer 10 
     Passive SoftVC 
     Src: atm addr 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.8f01.4000.0c81.803c.10 vpi 0, vci 3088 
     Dst: atm addr default

例 4: パーシャルフィルおよびCAS での構造化CES

部分セル充填との構造化 CES のための数式は、N = 均一、K = 一杯になる AAL1 ユーザ オクテットの数次のとおりです:

  • 8000 x [Nx49/48]/K

E1 および J2 フレーム作成のためにそれらが含まれているleavingcisco.com 他の数式に関する CES v2 推奨事項のセクション 5.1 を参照して下さい。

注: CAS を有効に する前に、いわゆる Robbed Bit Signalling が ABCD シグナリングビットを運ぶことを可能にするために ces dsx1 signalmode robbedbit コマンドを発行して下さい。

ls1010-2(config-if)#ces circuit 1 cas 
   CAS requires: dsx1 signalmode robbedbit on CBR3/0/3    
   ls1010-2(config-if)#ces dsx1 signalmode robbedbit    
   ls1010-2#show ces circuit interface cbr 3/0/3 1 
     Circuit: Name example2, Circuit-state ADMIN_UP / oper-state DOWN Interface           
     CBR3/0/3, Circuit_id 1, Port-Type T1, Port-State UP 
     Port Clocking network-derived, aal1 Clocking Method CESIWF_AAL1_CLOCK_SYNC      
     Channel in use on this port: 1-5,11-15 
     Channels used by this circuit: 1-5,11-15 
     Cell-Rate: 4096, Bit-Rate 640000 
     cas ON, cell_header 0xC100 (vci = 3088) 
     Configured CDV 2000 usecs, Measured CDV unavailable 
     De-jitter: UnderFlow unavailable, OverFlow unavaliable 
     ErrTolerance 8, idleCircuitdetect OFF, onHookIdleCode 0x0 
     state: VcInactive, maxQueueDepth 0, startDequeueDepth 0 
     Partial Fill: 20, Structured Data Transfer 245 
     Passive SoftVC 
     Src: atm addr 47.0091.8100.0000.0060.3e5a.8f01.4000.0c81.803c.10 vpi 0, vci 3088 
     Dst: atm addr default

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10424