非同期転送モード(ATM) : ATM シグナリング

拒否されたコールおよびATMシグナリング・リリース・メッセージのトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

プライベート ユーザネットワーク インターフェイス(UNI)はルータ インターフェイスが接続される ATM スイッチおよびルータのようなエンド システムの間でか Cisco Catalyst 5000/6000 ATMモジュール動作するシグナリング プロトコルを定義します。か。2 つの UNI のデバイスは、ATM フォーラムの標準、および国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)の標準に従ってシグナリング メッセージを交換します。 UNI シグナリングに関する ITU-T 標準は、Q.2931 と Q.2971 です。 ATM フォーラムの標準は、UNI 3x および UNI 4.0 です。

UNI プロトコルは知識およびトラブルシューティング ATM UNI で説明されているように 3 つの一般的 な メッセージ型を、信号を送ることサポートします:

  • 呼び出し確立—セットアップが、接続応答含まれと、接続応答は確認します

  • コール メンテナンス/いろいろ—ステータスおよびステータス問い合せが含まれています

  • コール切断処理—リリースおよび解放完了が含まれています

すべての UNI メッセージは 9 バイト ヘッダから始まります。か。このヘッダは 2 バイト メッセージタイプフィールドが含まれています。

この資料は UNI シグナリングの問題の解決と助けるために編集されます。か。重要なのは、それはリリースおよび解放完了 メッセージ、特にロケーション値および原因コードのフィールドを説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

コール拒否の手順

問い合わせられたユーザはリリースのコールを拒否できますまたは問題がいつ、どこでによる検出するか解放完了。

  • 通常の状態で、問い合わせられたユーザは適切な原因コードの RELEASE メッセージを送信 します。 スイッチはコールのためのリソースを開放すること、コール切断処理を発呼側ユーザの方に始めること、および問い合わせられたユーザに戻って解放完了 メッセージを送信 することによって対応します。

  • 例外条件の下で、問い合わせられたユーザはコールにリソースを割り当てる前に適切な原因コードの解放完了を送信 します。か。即時解放完了は問い合わせられたユーザがセットアップメッセージを受け取るとすぐコールは拒否する必要があることを判別できるとき送信 されます。か。スイッチはリソースを開放することおよび発呼側ユーザの方にコールをクリアすることによって対応します。

ことに存在 する接続注目するか、または接続 セグメントごとに存在 しません。か。解放完了はローカルで固有で、ただ全体の接続がリリースされたことを示しません。

例外処理手順

ネットワーキングプロトコルは頻繁にデバイスを奪取 するか、または複数のステージを通って正常な動作にインターフェイスする状態マシンを使用します。 UNI 推奨事項は両方のための ATM コール制御状態をユーザ(u)側およびネットワーク(n)側規定 します。 これらの状態は知識およびトラブルシューティング ATM UNI信号を送ること説明されます。 International Telecommunication Union Q.2931 仕様の ANNEX A をまたleavingcisco.com 参照して下さい。

解放完了 メッセージはユーザサイドによってヌル(N0)、Call Present (N6)、または Release Request (N11)状態にあるときヌル(U0)、Call Initiated (U1)、または Release Request (U11)状態におよびネットワーク側によって行うとき期待されます。 他のどの状態の解放完了も受け取るによりデバイスはすぐにクリア コールのためのすべてのリソースいわゆる例外 処理 手順を実行します。

エラーの複数の型は行われる場合があります。か。これらのエラーは示された状態で期待されないメッセージの受信のような間違ったメッセージ符号化、Status エラー、抜けた 情報不正確にメッセージに含まれている要素(IE)、および IE が含まれています。

原因情報エレメント

リリースおよび解放完了 メッセージはコール切断処理の間に重要な情報の複数のピースを伝える原因 IE が含まれています。か。原因 IE およびコンテンツは標準 ITU-T Q.850 と ATMフォーラムUNI 3.x/UNI 4.0 規格で(を含む位置および理由種別)規定 されます。

Catalyst 8500 シリーズおよび Cisco lightstream 1010 で、メッセージ の 内容および原因コードをキャプチャ する debug atm sig-packet および debug atm sig-all コマンドを発行して下さい。

注意 注意: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

ATM スニファーからの次のキャプチャはリリースおよび解放完了 シグナルメッセージの形式および原因 IE を説明します。か。2 つの最も重要な値は Location で、フィールドを引き起こします

Frame 10: Protocol Discriminator:???? Q.2931 user-network call control message 
Call Reference Length:????? 3 bytes 
? Direction Flag:?????????? Message sent to the side originating call 
? Value:??????????????????? 0x00096e 
Message Type:?????????????? Release (0x4d) 
? Message AI Flag:????????? Ignore Action Indicator Field 
? Action Indicator Field:?? Not significant 
? Message Length:?????????? 6 bytes 
Information Element Name:?? Cause (0x08) 
? Coding Standard:????????? ITU-T standardized 
? Instruction Flag:???????? Ignore Instruction Field 
? Instruction Field:??????? Not significant 
? Element Length:?????????? 2 bytes 
? Location:???????????????? Private network serving the local user 
? Cause:??????????????????? Message not compatible with call state (101) 

Frame 11: 

Protocol Discriminator:???? Q.2931 user-network call control message 
Call Reference Length:????? 3 bytes 
? Direction Flag:?????????? Message sent from the side originating call 
? Value:??????????????????? 0x00096e 
Message Type:?????????????? Release Complete (0x5a) 
? Message AI Flag:????????? Ignore Action Indicator Field 
? Action Indicator Field:?? Not significant 
? Message Length:?????????? 6 bytes 
Information Element Name:?? Cause (0x08) 
? Coding Standard:????????? ITU-T standardized 
? Instruction Flag:???????? Ignore Instruction Field 
? Instruction Field:??????? Not significant 
? Element Length:?????????? 2 bytes 
? Location:???????????????? User 
? Cause:??????????????????? Destination out of order (27)

Location フィールドは接続のリリースのための原因がどこに検出するか記述します。か。それはどのデバイスが実際にリリースを開始し、珍しい理由種別の場合には、どのデバイスがそれがコール切断処理に導いた問題を検出するか見ることを可能にします。か。有効値はこの表で表示されます:

コーディング 場所
0x0 ユーザ
0x1 プライベート ネットワーク サービング ローカルユーザ
0x2 パブリックネットワーク サービング ローカルユーザ
0x3 トランジットネットワーク
0x4 パブリックネットワーク サービング リモートユーザ
0x5 プライベート ネットワーク サービング リモートユーザ
0x7 内部ネットワーク
0xa インターワーキング ポイントを越えるネットワーク

理由種別は 2 つのサブフィールドで構成されています: この class.?Q.850 のクラスはおよび理由種別はこれらの理由種別がのほとんどが含まれています。

コーディング クラス
0 正常なイベント
1 正常なイベント
2 使用不可能なリソース
3 使用不可能なサービスかオプション
4 実装されないサービスかオプション
5 無効なメッセージ
6 プロトコルエラー
7 インターワーキング

UNI 3.1 原因定義

通常のクラス定義

原因数 説明 説明
1 割振りを解除された(未指定)数 被呼加入者は数が有効 な フォーマットにあるが、現在割り当てられないので達することができません(割り当てられる)。
3 宛先へのルート無し 被呼加入者はコールがルーティングされたネットワークが望まれる宛先を機能しないので達することができません。 この原因は、ネットワーク特有の基準でサポートされています。
10 受け入れられない仮想パス接続 識別子(VPCI) /virtual チャネル 識別子(VCI) 識別される仮想チャネルはごく最近このコールの使用のための送信 エンティティに受諾可能ではないです。
16 normal call clearing(通常の通話解除) コールはコールはクリアされるようにコールに関連するユーザの 1 つが要求したのでクリアされています。 通常の状況でこの原因のソースはネットワークではないです。
17 user busy 被呼加入者は user busy 状態が見つけられたので別のコールを受け入れることができません。 この理由種別は問い合わせられたユーザまたはネットワークによって生成されるかもしれません。
18 ユーザ応答無し 被呼加入者が割り当てられる規定された期間内の接続 表示が付いているコール確立メッセージに応答しない時使用される。
21 拒否されるコール この原因を送信 する 機器が使用中、また、対応しなくないのでコールを受け入れたかもしれないがこの原因を送信 する 機器がこのコールを受け入れたくないことを示します。
22 変更される数 発呼側ユーザが示す着番号がもはや割り当てられない場合のコーリングパーティに戻る。 新しい着番号が、診断フィールドに含まれている場合もあります。 ネットワークがこの機能を、原因第 1、「割振りを解除された(未指定)数」サポートしなければ、使用されます。
23 ユーザは Calling Line ID Restriction (CLIR)のすべての呼び出しを拒否します コールが発番号 情報および被呼加入者なしで提供されるとき被呼加入者によって戻されてこの情報を必要とします。
27 順番が異なる な 宛先 宛先へのインターフェイスが正しく機能していないのでユーザが示す宛先が到達することができないことを示します。 条件 "not functioning correctly"はシグナルメッセージがリモートユーザに渡されることができなかったことを示します; たとえば、リモートユーザの物理層またはシグナリング ATMアダプテーション レイヤ(SAAL)失敗、ユーザ設備オフ・ラインで。
28 無効な数の書式(不完全なアドレス) 着番号が有効 な フォーマットにし、完了しなかったので問い合わせられたユーザが達することができないことを示します。
30 ステータス問い合せへの応答 ステータスメッセージを生成するための原因がステータス問い合せメッセージの前受信だった場合のステータスメッセージに含まれている。
31 明記していない標準 正常なクラスのその他 の 原因が適用されないときだけ正常なイベントを報告します。

リソースの利用できないクラス定義

原因数 説明 説明
35 使用不可能な要求された VPCI/VCI 要求された VPCI/VCI が利用できないことを示します。
38 順番が異なる な ネットワーク ネットワークが正しく機能していないこと、そして時間の長時間を比較的持続させる条件が可能性が高いことを示します; たとえば、すぐにコールを再試行することは正常である可能性はほとんどありません。
41 一時的 な 障害 ネットワークが正しく機能していないこと、そして時間の長時間を持続させる条件が可能性はほとんどないことを示します; たとえば、ユーザは別の発呼をすぐに試みたい場合もあります。
43 廃棄されるアクセス情報 ネットワークが他のワード、ATMアダプテーション レイヤ (AAL) パラメータ、ブロードバンド な下位層 情報、ブロードバンド高位層 の 情報、または診断に示すようにサブアドレスで要求のとおりにリモートユーザにアクセス情報を提供できなかったことを示します。
45 利用可能 な VPCI/VCI 無し 現在利用できる適切な VPCI/VCI がコールを扱うためにないことを示します。
47 利用できないリソース明記していない リソース の 利用できないクラスのその他 の 原因が適用されないときだけリソースを利用できないイベントを報告します。

クラス定義が使用可能でないサービスまたはオプション

原因数 説明 説明
49 利用できない Quality of Service (QoS) QoSパラメータが利用できないことを示します。 QoS クラス、セル転送遅延(CTD)、セル遅延変動 (CDV)およびセル損失比(CLR)をチェックして下さい。
51 使用不可能なユーザ セル レート 要求されたトラフィック パラメータが利用できないことを示します。 Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート)、Sustainable Cell Rate (SCR)、Maximum Burst Size (MBS; 最大バーストサイズ)および Minimum Cell Rate (MCR; 最小セルレート)をチェックして下さい。
57 承認されないサービス カテゴリ ユーザがこの原因を生成したが、ユーザが使用するために許可されない機器によって設定されるサービス カテゴリを要求したことを示します。
58 現在利用できないサービス カテゴリ ユーザが原因を生成したが、サービス カテゴリはデバイスのこの時に利用できませんデバイスによって実装されているサービス カテゴリを要求したことを示します。
63 使用不可能なサービスかオプション明記していない サービスまたはオプション使用不可能ではないクラスのその他 の 原因が適用されないときだけサービスまたはオプション使用不可能ではないイベントを報告します。

クラス定義を実装しないサービスまたはオプション

原因数 説明 説明
65 設定されないベアラケーパビリティ この原因を送信 する 機器が要求されるベアラケーパビリティをサポートしないことを示します。
73 トラフィックパラメータのサポートされていない組み合せ ATMトラフィック 記述子 IE に含まれているトラフィックパラメータの組み合せおよび要求したサービス カテゴリがサポートされないことを示します。 このエラーコードを戻します場合がある他の IE があることに注目して下さい。

無効なメッセージクラス定義

原因数 説明 説明
81 無効 な 呼参照値 この原因を送信 する 機器が UNI で現在使用中ではないコール参照値を用いるメッセージを受け取ったことを示します。
82 識別されたチャネルはありません この原因を送信 する インターフェイスでアクティブにならないコールのためにチャネルを使用するために機器が要求を受け取ったことを示します。
88 不適合 デスティネーション この原因を送信 する コールを確立するために機器が要求を受け取ったことを示しますブロードバンド な下位層 情報、ブロードバンド高位層 の 情報、または取り扱うことができない他の互換性 の 属性がある。
89 invalid endpoint reference value この原因を送信 する 機器が現在 UNI で使用中ではないエンドポイント参照値を用いるメッセージを受け取ったことを示します。
91 無効 な トランジットネットワーク選択 Annex D で定義されたように不正確なフォーマットである輸送網 識別が受け取られたことを示します。
92 余りにも多くの保留中はパーティ要求を追加します キューが充満するのでコーリングパーティがパーティ 追加 メッセージを送信 するが、ネットワークが別のパーティ 追加 メッセージを受け入れることができないとき一時的な状態を示します。
93 ATMアダプテーション レイヤ (AAL) パラメータはサポートすることができません この原因を送信 する コールを確立するために機器が要求を受け取ったことを示します取り扱うことができない AAL パラメータがある。

プロトコルエラークラスの定義

原因数 説明 説明
96 必須の情報要素は抜けています この原因を送信 する 機器がメッセージにメッセージが処理することができる前にある必要がある IE が抜けているメッセージを受け取ったことを示します。
97 非存在か設定されなかったメッセージタイプ これが定義されないメッセージである認識しなかったりまたはこの原因を送信 する 機器によって設定されなくて定義しなかったのでこの原因を送信 する 機器がメッセージタイプが付いているメッセージを受け取ったことを示します。
99 非存在か設定されなかった情報要素 この原因を送信 する 機器が IE 識別が定義されないし、が、定義されなかったり原因を送信 する 機器によって設定されないので認識されない IE を含むメッセージを受け取ったことを示します。 この原因は IE が廃棄されたことを示します。 ただし、IE がメッセージを処理するためにこの原因を送信 する 機器のためにメッセージにあるために必要となりません。
100 無効な情報要素内容 この原因を送信 する 機器が設定した IE を受け取ったことを示します; ただし、IE のフィールドの何れか一つ以上はこの原因を終了することが機器によって設定されなかった方法でコードされます。
101 呼び出し状態で互換性がないメッセージ 呼び出し状態で対応しないメッセージが受け取られたことを示します。
102 タイマー期限切れのリカバリ プロシージャがエラー処理手順と共同してタイマーの有効期限によって始められたことを示します。
111 明記していないプロトコルエラー プロトコル エラークラスのその他 の 原因が適用されないときだけプロトコル エラー イベントを報告します。

ATM シグナリング仕様

この表は ATM シグナリングのさらに詳しい詳細については相談するために重要な規格および仕様をリストしたものです:

仕様 説明
International Telecommunications Union leavingcisco.com
Q.2110 広帯域ISDN (BISDN) AAL — Service-Specific Connection-Oriented Protocol(SSCOP)
Q.2130 BISDN AAL — UNI のシグナリングのサポートのための Service-Specific Coordination Function (SSCF)
Q.2610 BISDN — BISDN ユーザ部およびデジタル サブスクライバ シグナル システム 2 (2) DSS の原因および位置の使用方法
Q.2931 基本コール/接続制御のための UNI レイヤ3 仕様
Q.2951 (句 1、2、3、4、5、6 および 8) — BISDN DSS 2 を使用した番号識別 補助サービスのためのステージ 3 説明—基本コールか。
Q.2957 BISDN DSS 2 を使用したその他の情報転送補助サービスのためのステージ 3 説明—基本コール; 句 1 —ユーザー・トゥ・ユーザー シグナリング(UUS)
Q.2961 BISDN — DSS 2 —追加トラフィックパラメータ
ATMフォーラム leavingcisco.com
UNI 3.1 ATM UNI 仕様 V3.1
UNI 4.0 ATM UNI 仕様 V4.0

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10421