非同期転送モード(ATM) : ATM トラフィック管理

AIP を使用したトラフィック シェーピングについて

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は ATM インターフェイス プロセッサ (AIP) カードを使用してトラフィック シェーピングをもたらし、これらのカードのアーキテクチャおよび制限を記述します。

Cisco IOS のより多くの最近のバージョン以来のレート キューに相手先固定接続(PVC)および相手先選択接続(SVC)を、割り当てる手動で必要がありませんか。 ソフトウェアはこれを自動的かつ動的にします。 これらを割り当てることに手動で見るどの参照でもソフトウェアのより古いバージョンにだけ適用します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は AIP インストレーション コンフィギュレーション ガイドで詳述される AIP ハードウェアに基づいています。 ソフトウェア バージョンは他に示されていなければ無関係です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

トラフィックシェーピングの基本

非リアルタイム可変ビット レート(VBR-nrt) virtual circuits (VCs)は最大レート、平均レートおよびバースト サイズで普通設定されます。 各 VC は平均レートとしてパーセントとしての最大レートを規定 します。 平均レートは最大レートか 50% より小さいパーセントの 100% である場合もあります。 次に例を示します。

atm pvc 6 8 69 aal5snap 512 128 3

上述の例は 512 キロビット/秒のピーク セル レートの PVC、および 128 キロビット/秒の Sustainable Cell Rate です。 この場合、平均レートは最大レートの 25% です。

2 つの漏出バケットアルゴリズムに基づく AIP 図形トラフィック。 これは平均レートに相当して各サービス間隔で VC にセル 信用を与えます。

合計 セル クレジットは指定バーストサイズを超過できません。

レート キューの最大レートはそのキューのサービス 時間を判別します。 送信パケットの前に、システム ソフトウェア第 1 は対応する VC 構造にそれらをリンクします。 それは適切なレート キューにそれからこの VC 構造をリンクします。以降のセクションはこれをより詳しく探索します。

AIP のトラフィックシェーピング

ATM Segmentation And Reassembly (SAR) 半導体素子は AIP のトラフィック シェーピングを定めます。 この SAR 半導体素子はレート キューの概念にトラフィック シェーピングを、下記のように基づかせています:

  1. 各 VC は最大レート割り当てることができます。 これは送信 するべきトラフィックがあるときセルがその回線で送信することができる最大レートです。 システム ソフトウェアは VC の最大レートを検査し、要求された レートに最も近いレート キューに割り当てます。

  2. AIP のトラフィック シェーピングは広帯域ISDN の ITU-T トラフィック制御およびリソース管理に合致します。 I.371 Recommendation、1992 年。 漏出バケットアルゴリズムを記述する I.371。 SAR 半導体素子は ATM トラフィックシェーピングに 8 つのレート キューを提供します。 それは 2 つのバンクにこの 8 つのレート キューをグループ化します:

    • バンク ゼロ: レート キューは 3 によってゼロになります(0 - 3)。 これにバンク 1 より高優先順位があります。

    • バンク 1: レート キュー 4 〜 7 (4 - 7)。

  3. SAR 半導体素子はレート キューに作成されるとき各 VC をマッピング します。 作成される最初の VC はレート キュー ゼロを、第 2 使用レート キュー 1、等使用します。 show atm interface atm interface number コマンドを使用してこれをチェックできます。 この資料の Over-Subscription Problems セクション 以降を参照して下さい。

  4. vbr-nrt を使用するとき、Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート)値が Sustainable Cell Rate (SCR)値と等しい場合、これはレートリミットされした UBR として扱われます。 この機能は Cisco バグ ID CSCdm64510登録ユーザのみ)で文書化されています。

    この設定は新しい Command Line Interface (CLI)でサポートされません。 これに関する詳細については、ここをクリックして下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/asynchronous-transfer-mode-atm/atm-traffic-management/10400-aip-traffic.gif

優先順位の低いバンク(バンク 1)のレート キューにリンクされるパケットは高優先順位 バンク(バンク ゼロ)のレート キューは空ではないが送信できません。

2 つのバンク間のプライオリティ キューイングを使用するが、各バンク内のレート キューは順次または「ラウンドロビン」方法で保守されます。 各 VC はレート キューが実行するとき 1 つのセルを送信します。 レート キューがサービスを要請するとき、現在選択されした VC はそのレート キューにリンクされる次の VC に 1 つのセルおよびラウンドロビン ポインタの増分を送信します。 2 つのレート キュー タイマーが同時に切れる場合、より低い数字によってレート キューから始まってラウンドロビン方式で、保守されます。 レート キューが 1 つのセルを送信したらすぐ、そのキューのためのサービスは完了しました。 トラフィック ポリシングは再組立ての間にありません。

レート キューが 10 Mbps で設定される場合、サービス機会が訪れるとき、このレート キューの各 VCI の 1 つのセルはバケットにトークンがある限り送信されます。 一度設定されるレート キューのサービス周波数は一定している残ります。 物理層インターフェイスモジュール(PLIM)が速度を処理できる限りこのレート キューに接続される各 VCI は最大レートにあります。

これは意味しま、それらは 10 Mbps でパケットを同時に送信できることを 10 Mbps レート キューにたった 10 の仮想チャネル識別子(VCI)があれば 100 Mbps を合計します。

加入超過の問題

システムがオーバースクライブされている場合、これは優先順位の低いバンクをブロックできます。 ただし、高優先順位バンクのすべてのレート キューはまだ保守されます。

加入超過にまた他の短所があります。 たとえば接続すれば 5 Mbps への 100 VC は、1 VC だけあるこれ長い間保持し、キューを 100 Mbps キューを奪い取ることができます並べます。 また、この 5 Mbps レート キューに接続する 100 VC の各自は別の平均レートがあるかもしれません。 従って、保守される 5Mbps レート キュー時および必要すべての VC がバケットでトークンがない時。 これは 100 VCI 以下現時点で保守することができることを意味します。

100 Mbps の要求サービス周波数が 5 Mbps よりずっと高いので、パケットはまだ送信することができます。 ただし、これは帯域幅が既にオーバースクライブされているので非常に遅いです。 最悪の場合、他のキューは全く奪い取ることができます。

AIP 機能

AIP トラフィックフローを管理するのに使用される 3 つのパラメータがあります:

  • 最大レート

  • 平均レート

  • バースト

PCR はどの rate-queue を VCD がに接続される判別し、その rate-queue かのサービス 時間を判別します。 PCR は VC の SCR バケットにクレジットがある限り維持されます。 平均レートはバケットに入るために 1 トークンのための時間を判別します。 平均レートは SCR を判別します。 SCR と等しい比率で蓄積します。

AIP 土曜日チップセットは次の数式がリンクされる SCR 及び PCR を必要とします:

SCR = 1/n * PCR (n=1….64)

バースト サイズはバケットに入るべきトークンの最大数を判別します。 総クレジットは指定バーストサイズを超過できません。 バースト サイズは 0 -63 から及びます。 レート キューは PCR と等しい比率で保守されます。 従って VC に送信 するべき一定 の データがあればそれは SCR と等しい比率でだけ送信 し、ないバーストを。 データの量が SCR の下で下ればバースト サイズまで蓄積し始めます。 VC を送信するデータの量が増加した場合、バースト サイズと等しいバーストは VC によって送信 することができます。 データ バーストされる SCR レートで再度送信 することができた後。

AIP の主な特徴はここにあります:

  • ピークレート 範囲: 155 Mbps 130 キロビット/秒に。

  • 持続レート: SCR = 1/n * (n が整数および n=1….であるかところ PCR64)

    また PCR と同じであるために SCR を設定できます。

  • 古い CLI を使うと、それが 32 人のセルの倍数であるのでバースト サイズをゼロに設定することができません。

    たとえば、atm pvc は 6 8 69 aal5snap 256 128 3 バースト サイズ(96 人のセル)として 3 人 x 32 人のセルを使用していることを意味します。

  • VCI 範囲はゼロから 65535 設定 するからことができます。

バーストサイズか最大バーストサイズか

方法によっては VBR-nrt で PVC を、PCR 変更で送信されるセルの量を設定するのに使用されるパラメータ設定しました。

古いCLI の使用

古い CLI を使用する場合、設定されるパラメータはない Maximum Burst Size (MBS; 最大バーストサイズ) バースト サイズでありではない。 このバースト サイズは 32 人のセルの倍数です。

router(config-subif)#atm pvc 6 8 69 aal5snap 256 128 ?
  <1-63>  Burst size in number of 32 cell bursts
  inarp   Inverse ARP enable
  oam     OAM loopback enable
  <cr>

たとえばバースト サイズ(96 人のセル)として 3 人 x 32 人のセルを使用していることを、ここに示されているコマンド(atm pvc は 6 8 69 aal5snap 256 128 3)意味します。 このバースト サイズは AIP がシェーピング アルゴリズムで使用するパラメータです。 それは PCR で実際に送信されるセルの量を表しません。

設定された バースト サイズと MBS 間の関係を検知 しよう VBR-nrt で見つけました。 これら二つのパラメータは次の数式によってリンクされます:

MBS = セルの数の PCR = [(バースト サイズ X 32 x 424)/(PCR - SCR)] * [PCR/424]

上記の数式でではない設定値使用している PCR および SCR、しかしトラフィック シェーピングをする AIP 使用値。 この問題は AIP シェーパー 細かさが原因です。 例をこれを説明するために示します:

interface ATM1/0.5 point-to-point
 atm pvc 7 10 500 aal5snap 5000 2500 52

router#show atm vc
            VCD /                                      Peak  Avg/Min Burst
Interface   Name       VPI   VCI  Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps   Cells  Sts
1/0.5      7           10   500   PVC    SNAP     VBR    5000   2500 3264    UP

ここに見る場合があるように設定された バースト サイズは 1664 人のセルと等しいです(32) 52 x 実際の MBS は 3264 人のセルと等しいですが。

新しいCLI の使用

新しい CLI を使用するとき(Cisco IOS ソフトウェア Releases 12.0 と それ以降で)、設定されるパラメータは前のセクションで見たように MBS でバースト サイズではないです。 ルータはまだシェーピング アルゴリズムで使用されるバースト サイズに内部で設定された MBS を変換します。 MBS がまだ前のセクションで示されている数式によるバースト サイズにリンクされるので測定できるかどれがアウトゴーイングトラフィックで MBS はまだ設定値とわずかに異なるかもしれません。

違いはこのオペレーションが彼が必要とするものを設定するユーザに対して現在透過的であることです(すなわち、MBS)。

新しい CLI のこの動作を説明する例はここにあります:

router(config)#interface ATM1/0.3 point-to-point
router(config-subif)#pvc 10/300
router(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 2500 ?
  <64-4032>  Maximum Burst Size(MBS) in Cells
  <cr>
 
router(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 5000 2500 1000
router(config-if-atm-vc)#^Z
router#sh atm vc
            VCD /                                      Peak  Avg/Min Burst
Interface   Name       VPI   VCI  Type   Encaps   SC   Kbps   Kbps   Cells  Sts
1/0.3      5           10   300   PVC    SNAP     VBR    5000   2500  960    UP

上記の出力を見てわかるようにユーザは今直接望ましい MBS を設定できます AIP 細かさが原因で、実質 MBS は設定された MBS とわずかに異なるかもしれません。

AIP デフォルトの動作

バースト サイズを未定義にされて残す場合、AIP はデフォルト値として 3 つを奪取 します。 次に、例を示します。

atm pvc 6 8 69 aal5snap 256 128

同等とです:

atm pvc 6 8 69 aal5snap 256 128 3

n で割られる PCR 値であるために SCR を設定できます(SCR = 1/n * (n が整数および n=1 が….であるかところ PCR64)。

エラーを表示する n が整数ではない設定 された SCR=PCR/n、AIP 値を四捨五入すれば。 AIP はまた知らせないでそれから四捨五入しますそれらを PCR/2 の下で値を規定 することを可能にします。 たとえば、入力する場合:

atm pvc 6 8 69 aal5snap 512 200 1 (where the SCR is equal to PCR divided by 2.56)

AIP はこれをとして解読します:

atm pvc 6 8 69 aal5snap 512 256 1 (where the SCR is rounded up to PCR divided by 2)

AIP は高い値までこの図を四捨五入します。 いずれの場合も、n.のために整数を使用するために推奨されます


関連情報


Document ID: 10400