ダイヤルとアクセス : 非同期接続

Microsoft Windows クライアントからの非同期マルチリンク PPP ダイヤルアップ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この非同期マルチリンク PPP の設定では、使用可能なアクセス速度を向上するために、Microsoft Windows 95/98 の PC を使用するリモート ダイヤルイン ユーザは、複数のモデムを使用します。 非同期マルチリンクPPP はまた他のクライアントで、適切なクライアント PPP ソフトウェアの Linux および Apple マッキントッシュのような、設定することができます。 マルチリンク PPP 用のルータ設定は、クライアント PC のプラットフォームに依存しません。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS を実行する Cisco AS5300か。 ソフトウェア リリース 12.07(T)。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景理論

マルチリンクPPP (MPPP)はデバイスが仮想リンクの設定によって複数のポイントツーポイントデータリンク上の同じ宛先にデータを送信 するようにします。 MPPP 接続にコンポーネントリンクの帯域幅の合計と等しい最大帯域幅があります。 MPPP は多重化リンクのために、ISDN およびフレーム リレーのような、または複数の非同期回線のために設定することができます。

非同期マルチリンクPPP が単一 アナログ接続によって利用可能 なそれよりリモートクライアントをもっと速い速度で接続するのに使用することができます。 従って非同期MPPP では、リモートクライアントはセントラルルータにダイヤルインに複数のモデムおよび複数の電話回線を、使用し、ネットワークにアクセスします。 複数の電話回線が頻繁に ISDN Basic Rate Interface (BRI)サービスより安いので、非同期MPPP は制御が要する間、リモートユーザ向けに接続速度を高速化する効果的な方法を提供します。 非同期MPPP はまた ISDN によって保守することができないリモートエリアのためのより高いアクセス 速度を得る効果的な方法です。

非同期MPPP はアクセス サーバに別々のモデム接続を一緒に組み込みます。 各ピアの PPP ソフトウェアはパケットをフラグメント化し、反対側に複数のアナログ接続によってピースを送信します。 従って受電端はそれらの内で組み込まれる PPP 情報に基づいて個別の接続からのパケットを収集し、有効なデータパケットに、ピースを再構成しま、より高い帯域幅のエンドツーエンド 仮想リンクを提供します。 非同期MPPP は 2 人のルータまたはルータとクライアントPC の間で設定することができます。

クライアントPC からのマルチリンク接続のために 2 つ以上のモデムを使用することは可能性のあるであるけれども PC のパケットのフラグメンテーションおよび再組立てからの結果が得られる追加帯域幅を否定できるオーバーヘッド。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

この文書では、次のダイヤグラムに示すネットワーク設定を使用します。

/image/gif/paws/9553/async_multilink.gif

NAS の設定

この設定では、AS5300 サーバと T1 Primary Rate Interface(PRI; 一次群速度インターフェイス)接続が、アナログ ユーザ ダイヤルイン Network Access Server(NAS; ネットワーク アクセス サーバ)として使用されています。 この NAS 上に他の T1 コントローラが設定されていないため、このアクセス サーバが非同期ダイヤルアップ専用として使用されています。 この AS5300 設定では、仮想テンプレートを使用して、着信コールに対して仮想アクセス インターフェイスのクローンを作成しています。 マルチリンク PPP バンドルにより、このインターフェイス パラメータが仮想テンプレート定義から複製されます

基本的な Authentication, Authorization, and Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)コマンドが、最も一般的な方法の例として含まれています。 ダイヤルイン ユーザのユーザ名とパスワードは、このルータでlocalに設定します。 ダイヤルイン ユーザに割り当てられる IP アドレスは、アドレス プールから提供されます。

Cisco AS5300
bobslake-nas-01#show running-config
Building configuration...

Current configuration:
!
! Last configuration change at 16:01:01 UTC Wed Jun 28 2000
! NVRAM config last updated at 15:30:28 UTC Wed Jun 28 2000 
!
version 12.0
service timestamps debug datetime msec localtime show-timezone
service timestamps log datetime msec localtime show-timezone
service password-encryption
service tcp-small-servers
!
hostname bobslake-nas-01
!
logging buffered 10000 debugging
aaa new-model
aaa authentication login default local
aaa authentication ppp default if-needed local

!--- authenticate for PPP if not authenticated during login
!--- allows users with Terminal Window after Dial to initiate PPP!

username admin password <deleted> 
username charlie password <deleted> 
spe 1/0 1/7
 firmware location system:/ucode/mica_port_firmware
!
resource-pool disable
!
ip subnet-zero
no ip source-route
ip domain-name the.net
!
multilink virtual-template 1

!--- use virtual-template 1 for multilink connections

async-bootp dns-server 172.22.53.210
isdn switch-type primary-5ess
isdn voice-call-failure 0
!
controller T1 0
 framing esf
 clock source line primary
 linecode b8zs
 pri-group timeslots 1-24
!
controller T1 1
 framing esf
 linecode b8zs
 pri-group timeslots 1-24
!
controller T1 2
 framing esf
 linecode b8zs
 pri-group timeslots 1-24
!
controller T1 3
 framing esf
 clock source line secondary 3
 linecode b8zs
 pri-group timeslots 1-24
!
interface Loopback0
 ip address 172.21.10.10 255.255.255.255
 no ip directed-broadcast
!
interface Loopback1
 ip address 172.21.104.254 255.255.255.0

!--- summarizes addresses in address pool 
!--- Loopback 1 is in the same subnet as the address pool 

no ip directed-broadcast
!
interface Ethernet0
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 shutdown
!
interface Virtual-Template1
 description Template for Multilink Users
 ip unnumbered Loopback0  
 no ip directed-broadcast
 peer default ip address pool addr-pool

!--- use IP pool called addr-pool 
!--- for incoming calls
 
ppp authentication chap

!--- authenticate using Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP)

 ppp multilink
!

!--- configure D channel on PRI interface Serial0:23

 description Headquarters 324-1939 active PRI line
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 isdn switch-type primary-5ess
 isdn incoming-voice modem
 fair-queue 64 256 0
 no cdp enable
!
interface Serial1:23
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 no logging event link-status
 no snmp trap link-status
 isdn switch-type primary-5ess
 isdn incoming-voice modem
 fair-queue 64 256 0
 no cdp enable
!
interface Serial2:23
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 no logging event link-status
 no snmp trap link-status
 isdn switch-type primary-5ess
 isdn incoming-voice modem
 fair-queue 64 256 0
 no cdp enable
!
interface Serial3:23
 no ip address
 no ip directed-broadcast
 no logging event link-status
 no snmp trap link-status
 isdn switch-type primary-5ess
 isdn incoming-voice modem
 fair-queue 64 256 0
 no cdp enable
!
interface FastEthernet0
 ip address 172.21.101.23 255.255.255.0
 no ip directed-broadcast
 duplex auto
 speed auto
!
interface Group-Async1

!--- template to control all async interface configuration 

ip unnumbered Loopback0
 no ip directed-broadcast
 encapsulation ppp

!--- use PPP encapsulation dialer in-band

 dialer-group 5
 async mode interactive
 peer default ip address pool addr-pool

!--- use IP pool called addr-pool 
!--- for incoming calls 

 no fair-queue
 no cdp enable
 ppp authentication chap callin

!--- CHAP authenticate for dialin users only 

 ppp multilink
 group-range 1 48

!--- assign modems 1-48 to the Group-Async 1 configuration template

 router eigrp 1
 network 172.21.0.0
!
ip local pool addr-pool 172.21.104.1 172.21.104.48

!--- define IP address pool range for dialin clients 

ip classless
no ip http server
!

access-list 105 permit ip any any
dialer-list 5 protocol ip list 105
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 transport input none
line 1 48
 autoselect during-login

!--- permits user login prompts after dialin 

 autoselect ppp

!--- automatically launch PPP on the line




 modem InOut

!--- modems can be used to dialin and dialout
!--- InOut may be replaced by Dialin 
!--- if NAS handles only incoming calls

 transport preferred none
 transport output telnet
line aux 0
line vty 0 4
 transport preferred none
 transport input telnet
 transport output telnet
!
ntp clock-period 17180374
ntp update-calendar
ntp server 172.22.255.1 prefer
end

bobslake-nas-01#

Windows 9x クライアントの設定

次に示す手順は、Windows 9x クライアントに MPPP の設定をする場合の簡単な概略です。 問題があるleavingcisco.com 場合マイクロソフト社Webサイトを参照して下さい。

MPPP のための Microsoft Windows 9x クライアントを設定するために、Dial Up Networking バージョン 1.3 または それ 以降をインストールしてもらうように確かめて下さい。

詳細についてはleavingcisco.com マイクロソフト社Webサイトに Dial Up Networking (DUN)の最新バージョンをダウンロードするために行けば。

  1. 各モデムに対する接続と設定を個別に行います。

    Windows の [コントロール パネル] の [ハードウェアの追加] ユーティリティを使用して、このクライアントにモデムを接続します。 モデムの接続の際に問題が生じた場合、トラブルシューティングの手順については PC のベンダーか Microsoft にお問い合せください。 各モデムが正しく接続され、オペレーティング システムに認識されていることを確認してください。 モデムが正常に動作していることを確認するには、ターミナル エミュレータも使用できます。

  2. 新規のダイヤルアップ接続を作成します。

    Windows 上で [マイ コンピュータ] のアイコンをダブルクリックし、[ダイヤルアップ ネットワーク] にナビゲートします。 次に [新しい接続] をダブルクリックします。 説明に従って、プライマリ モデムを使用するダイヤルアップ接続を作成します。 マルチリンク機能は後で設定します。 サービス プロバイダーにダイヤルして、接続をテストします。

  3. ダイヤルアップ接続にマルチリンク機能を追加します。

    [マイ コンピュータ] のアイコンをダブルクリックし、[ダイヤルアップ ネットワーク] にナビゲートします。 設定した接続アイコンを右クリックします。 表示されるメニューから [プロパティ] を選択します。

    [マルチリンク] タブをクリックし、[追加デバイスを使う] を選択して [追加] ボタンをクリックします。 追加するモデムをドロップダウン メニューから選択し、アクセス サーバの電話番号の 7 桁だけを入力するか、表示された番号をそのまま受け入れます。 追加デバイスを設定する際には、長距離電話の場合でもエリア コードを入力しないでください。 この接続では、最初のモデムに対して設定されたエリア コードが自動的に使用されます。 [OK] を 2 回クリックして、設定を完了します。

    Windows でのマルチリンクの設定画面を次に示します。

    /image/gif/paws/9553/win95_mppp_1.gif

    win95_mppp_2.gif

  4. アクセス サーバへのモデム接続を起動します。

    作成したダイヤルアップ接続のアイコンをダブルクリックします。 ルータに設定されているユーザ名とパスワードを入力し、[接続] ボタンをクリックします。 ダイヤルアップ ネットワークにより、この接続のプライマリ モデムに設定された電話番号へダイヤルされます。 最初の接続が確立されると、ダイヤルアップ ネットワークは追加デバイスのリストで指定された追加モデムを使用してダイヤルを実行します。

    すべての接続が確立されたら、タスクバーの [Communicating Computers] アイコンをダブルクリックしてリンクに関するステータス情報を表示するか、その接続を切断します。 [Details] をクリックして、この接続に複数のデバイスが使用されたことを確認します。 リスト ボックス内のデバイスを選択すると、[Suspend] または [Resume] ボタンが表示されます。 [Suspend] ボタンが表示された場合、そのデバイスは現在使用中で、マルチリンク接続に「バンドル」されていることを示しています。 [Suspend] ボタンをクリックしてその回線を切断し、バンドルされていた接続からその回線を除外します。 [Resume] ボタンが表示された場合、これをクリックしてその接続にダイヤルし、その回線をバンドルします。 この接続を破棄することなく、マルチリンクを動的に中止または再開させることができます。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、アウトプット インタープリタでサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力を分析できます。

  • show ppp multilink - アクティブなマルチリンク バンドルに関する情報を表示するためのものです。 このコマンドは、マルチリンクの接続状態を確認するときに使用します。

  • show caller - NAS 上の各ユーザおよび消費リソースに関する情報を表示するためのものです。 このコマンドは、大量の接続状況に関するアクティブな通話の統計を表示し、各ユーザの絶対時間およびアイドル時間を表示します。

  • show caller user - 使われている TTY 回線、非同期インターフェイス(シェルフ/スロット/ポート)、DS0 チャネル番号、モデム番号、割り当てられている IP アドレス、PPP および PPP バンドル パラメータなど、特定のユーザに関するパラメータを表示するためのものです。

MPPP 接続の検証およびトラブルシューティングで助けるために、これらの推奨事項を参照して下さい:

  • 使用、正しく設定されることをのようなプレフィックスが、外部行にダイヤルする前の 9 つのようにクライアントPC でして下さい。 これが正しく設定されない場合、数がダイヤルし始めるとすぐビジーシグナルを聞きます。

  • 各モデムのための別々の DUN クライアントを作成し、サービスプロバイダーにフル接続があることを確認して下さい。 マルチリンク接続のトラブルシューティングを続行する前に各モデムを別々に使用して下さい。

  • モデムに接続するのにターミナル エミュレータを使用して下さい。 atdt コマンドを使用して NAS の番号にダイヤルして下さい。 たとえば、ハイパーターミナルで atdt 55511111 を入力して下さい。 モデムが正しくダイヤルし、NAS に接続することを確認して下さい。 モデムが接続しない場合、モデムを解決して下さい。 トラブルシューティング クライアント側のモデムに関する詳細についてはleavingcisco.com マイクロソフト社Webサイトの使用基本的な AT モデムコマンド ドキュメントを参照して下さい。

  • プライマリ接続がきちんと行われるが、第 2 ダイヤルアップ接続がビジーシグナルを与える場合、追加モデムのための電話番号が DUN で正しく設定されることを確認して下さい。 、エリアコード追加デバイスのための設定に追加されるべきではないです覚えていて下さい。 上で Windows 9x クライアント セクションの設定のコンフィギュレーションのステップを参照して下さい。

show および debug の出力例

AS5300 からのいくつかの show および debug 出力はここにあります。 簡潔にするためにデバッグの一部を割愛しています。 太字で書かれている部分とコメントに注意してください。

発信者が認証の後までの Async5 および Async6 で接続されることに注意して下さい。 発信者に対して一時的な IP アドレスがアドレス プールから与えられます。 その後、その呼は仮想化され、既存の仮想バンドルに関連付けられます。 これは、アクセス サーバで、発信者が確立された仮想バンドルに属しているかどうかを判別するために、発信者について知る必要があるためです。 発信者がバンドルに関連付けられると、一時的な IP アドレスは削除され、発信者は仮想バンドルの IP アドレスを使用します。

bobslake-nas-01#
bobslake-nas-01#show ppp multilink 

Virtual-Access1, bundle name is charlie
  0 lost fragments, 0 reordered, 0 unassigned, sequence 0x29/0x17 rcvd/sent
  0 discarded, 0 lost received, 1/255 load
  Member links: 2 (max not set, min not set)
    Async5
    Async6


!--- Note that the bundle is using Async line 5 and 6 for multilink. 

bobslake-nas-01#show caller 
                                                Active    Idle
  Line         User               Service       Time      Time
  con 0        admin              Host connect  1w4d      16:50:19  
  tty 5        charlie             Async         00:04:34  00:01:54  
  tty 6        charlie             Async         00:02:00  00:00:57  
  vty 1        admin              VTY           00:13:43  00:00:00  
  As5          charlie             PPP           00:04:25  00:00:00  
  As6          charlie             PPP           00:01:53  00:00:00  
  Vi1          charlie             PPP   Bundle  00:04:25  00:00:57  


!--- User charlie has two async lines, two tty, 
!--- and one virtual interface bundle.

bobslake-nas-01#show caller user charlie

  User: charlie, line tty 5, service Async

!--- shows hardware level settings for user charlie (first connection)

        Active time 00:04:43, Idle time 00:00:06
  Timeouts:            Absolute  Idle      Idle
                                 Session   Exec
      Limits:          -         -         00:10:00  
      Disconnect in:   -         -         -         
  TTY: Line 5, running PPP on As5

!--- user charlie is using tty 5

  DS0: (slot/unit/channel)=0/0/0  Line: Baud rate (TX/RX) is 115200/115200, 
no parity, 1 stopbits, 8 databits
  Status: Ready, Active, No Exit Banner, Async Interface Active
          HW PPP Support Active
  Capabilities: Hardware Flowcontrol In, Hardware Flowcontrol Out
                Modem Callout, Modem RI is CD, 
                Line usable as async interface, Integrated Modem
  Modem State: Ready

  User: charlie, line tty 6, service Async


!--- shows hardware level settings for user charlie (second connection)

        Active time 00:02:09, Idle time 00:01:06
  Timeouts:            Absolute  Idle      Idle
                                 Session   Exec
      Limits:          -         -         00:10:00  
      Disconnect in:   -         -         -         
  TTY: Line 6, running PPP on As6

!--- user charlie is using tty 6

  DS0: (slot/unit/channel)=0/0/1
  Line: Baud rate (TX/RX) is 115200/115200, no parity, 1 stopbits, 8 databits
  Status: Ready, Active, No Exit Banner, Async Interface Active
          HW PPP Support Active
  Capabilities: Hardware Flowcontrol In, Hardware Flowcontrol Out
                Modem Callout, Modem RI is CD, 
                Line usable as async interface, Integrated Modem
  Modem State: Ready

  User: charlie, line As5, service PPP

!--- PPP setting for user charlie (first connection).

        Active time 00:04:34, Idle time 00:00:00
  Timeouts:            Absolute  Idle
      Limits:          -         -         
      Disconnect in:   -         -         
  PPP: LCP Open, multilink Open, CHAP (<- AAA)

!--- MPPP state is open.

  Dialer: Connected, inbound
          Type is IN-BAND ASYNC, group Async5
  IP: Local 172.21.10.10
  Bundle: Member of charlie, last input 00:00:00
  Counts: 54 packets input, 4110 bytes, 0 no buffer
          1 input errors, 1 CRC, 0 frame, 0 overrun
          73 packets output, 4150 bytes, 0 underruns
          0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets

!--- Packets are passing through the connection.

  User: charlie, line As6, service PPP

!--- PPP setting for user charlie (second connection).

        Active time 00:02:02, Idle time 00:00:00
  Timeouts:            Absolute  Idle
      Limits:          -         -         
      Disconnect in:   -         -         
  PPP: LCP Open, multilink Open, CHAP (<- AAA)

!--- MPPP state is Open.

  Dialer: Connected, inbound
          Type is IN-BAND ASYNC, group Async6
  IP: Local 172.21.10.10
  Bundle: Member of charlie, last input 00:00:00
  Counts: 6 packets input, 462 bytes, 0 no buffer
          1 input errors, 1 CRC, 0 frame, 0 overrun
          20 packets output, 1129 bytes, 0 underruns
          0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets

!--- Packets are passing through the connection.

    
User: charlie, line Vi1, service PPP Bundle


!--- Bundle information for user charlie

        Active time 00:04:34, Idle time 00:00:06
  Timeouts:            Absolute  Idle
      Limits:          -         -         
      Disconnect in:   -         -         
  PPP: LCP Open, multilink Open, IPCP
  IP: Local 172.21.104.254, remote 172.21.104.2

!--- Remote IP address is obtained from IP pool.

  Counts: 50 packets input, 4034 bytes, 0 no buffer
          0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun
          80 packets output, 8750 bytes, 0 underruns
          0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets

 

bobslake-nas-01#debug vtemplate
Virtual Template debugging is on
bobslake-nas-01#debug ppp multilink events 
Multilink events debugging is on
bobslake-nas-01#debug ppp negotiation 
PPP protocol negotiation debugging is on
bobslake-nas-01#debug ppp authentication 
PPP authentication debugging is on
bobslake-nas-01#debug ppp error 
PPP protocol errors debugging is on
bobslake-nas-01#debug modem
Modem control/process activation debugging is on
bobslake-nas-01#show debug
General OS:
  Modem control/process activation debugging is on
PPP:
  PPP authentication debugging is on
  PPP protocol errors debugging is on
  PPP protocol negotiation debugging is on
  Multilink events debugging is on
VTEMPLATE:
  Virtual Template debugging is on

bobslake-nas-01#
Jun 28 15:41:46.281 UTC: TTY5: DSR came up
Jun 28 15:41:46.281 UTC: tty5: Modem: IDLE->(unknown)

!--- Modem responds to first dialin connection.

Jun 28 15:41:46.281 UTC: TTY5: EXEC creation
...
Jun 28 15:41:48.537 UTC: TTY5 Autoselect cmd:  ppp negotiate
Jun 28 15:41:48.537 UTC: TTY5: EXEC creation
...
Jun 28 15:41:48.545 UTC: As5 IPCP: Install route to 172.21.104.4

!--- IP address for first link obtained from address pool.
!--- Route will be removed when link is virtualized later. 

Jun 28 15:41:50.541 UTC: As5 PPP: Treating connection as a callin
Jun 28 15:41:50.541 UTC: As5 PPP: Phase is ESTABLISHING, Passive Open
Jun 28 15:41:50.541 UTC: As5 LCP: State is Listen

!--- LCP negotiation begins.

Jun 28 15:41:51.549 UTC: As5 LCP: I CONFREQ [Listen] id 3 len 46
...
Jun 28 15:41:51.549 UTC: Unthrottle 5
Jun 28 15:41:51.549 UTC: As5 LCP: O CONFREQ [Listen] id 1 len 47
...
Jun 28 15:41:51.549 UTC: As5 LCP: O CONFREJ [Listen] id 3 len 7
...
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 2 len 47
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    ACCM 0x000A0000 (0x0206000A0000)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    MagicNumber 0x56E3C73E (0x050656E3C73E)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    PFC (0x0702)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    ACFC (0x0802)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)

!--- Max-Receive-Reconstructed-Unit:Maximum packet size 
!--- that the peer will reconstruct.
!--- Both sides must agree on the packet size (MRRU).

Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:    EndpointDisc 1 Local
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:     (0x131201626F62736C616B652D6E61732D)
Jun 28 15:41:53.549 UTC: As5 LCP:     (0x3031)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP: I CONFACK [REQsent] id 2 len 47
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    ACCM 0x000A0000 (0x0206000A0000)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    MagicNumber 0x56E3C73E (0x050656E3C73E)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    PFC (0x0702)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    ACFC (0x0802)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)

!--- Max-Receive-Reconstructed-Unit:Maximum packet size that 
!--- the peer will reconstruct.

Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:    EndpointDisc 1 Local
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:     (0x131201626F62736C616B652D6E61732D)
Jun 28 15:41:53.789 UTC: As5 LCP:     (0x3031)Jun 28 15:41:54.541 UTC: 
As5 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 4 len 46
...
Jun 28 15:41:54.541 UTC: As5 LCP: O CONFREJ [ACKrcvd] id 4 len 7
...
Jun 28 15:41:54.717 UTC: As5 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 5 len 43
...
Jun 28 15:41:54.717 UTC: As5 LCP: O CONFACK [ACKrcvd] id 5 len 43
...
Jun 28 15:41:54.721 UTC: As5 LCP: State is Open

!--- LCP negotiation is complete.

Jun 28 15:41:54.721 UTC: As5 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by this end

!--- CHAP authentication begins.

Jun 28 15:41:54.721 UTC: As5 CHAP: O CHALLENGE id 1 len 36 from "bobslake-nas-01"
Jun 28 15:41:54.909 UTC: As5 CHAP: I RESPONSE id 1 len 27 from "charlie"
Jun 28 15:41:54.909 UTC: As5 CHAP: O SUCCESS id 1 len 4

!--- CHAP authentication is successful.

Jun 28 15:41:54.909 UTC: As5 MLP: Multilink up event pending
Jun 28 15:41:54.913 UTC: As5 PPP: Phase is VIRTUALIZED

!--- Call is virtualized after authentication.

Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 VTEMPLATE: Reuse Vi1, recycle queue size 0
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 VTEMPLATE: Hardware address 0010.7b4d.7046
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 PPP: Phase is DOWN, Setup
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 MLP: VP: Clone from Vtemplate 1 block=1
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 VTEMPLATE: Has a new cloneblk vtemplate
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 VTEMPLATE: ************* CLONE VACCESS1 ***********
Jun 28 15:41:54.913 UTC: Vi1 VTEMPLATE: Clone from Virtual-Template1

!--- Cloning from Virtual-Template.

interface Virtual-Access1
default ip address
no ip address
encap ppp
description Template for Multilink Users
ip unnumbered Loopback0
no ip directed-broadcast
no logging event link-status
no snmp trap link-status
peer default ip address pool addr-pool
ppp authentication chap
ppp multilink
ip unnum loop 1
end
Jun 28 15:41:55.005 UTC: Vi1 PPP: Treating connection as a dedicated line
Jun 28 15:41:55.005 UTC: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open
Jun 28 15:41:55.005 UTC: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 1 len 37
...
Jun 28 15:41:55.009 UTC: Vi1 PPP: Phase is UP
Jun 28 15:41:55.009 UTC: Vi1 IPCP: O CONFREQ [Closed] id 1 len 10
Jun 28 15:41:55.009 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.254 (0x0306AC1568FE)
Jun 28 15:41:55.009 UTC: As5 MLP: charlie, multilink up, first link

!--- First link in multilink bundle for user charlie is up.

Jun 28 15:41:55.009 UTC: As5 IPCP: Remove route to 172.21.104.4

!--- Temporary route to first link removed since link is virtualized.

Jun 28 15:41:55.069 UTC: Vi1 IPCP: I CONFREQ [REQsent] id 1 len 40
...
Jun 28 15:41:55.069 UTC: Vi1 IPCP: Pool returned 172.21.104.2

!--- IP address for virtual bundle obtained from address pool.

Jun 28 15:41:55.069 UTC: Vi1 IPCP: O CONFREJ [REQsent] id 1 len 22
...
Jun 28 15:41:55.085 UTC: Vi1 CCP: I CONFREQ [Not negotiated] id 1 len 15
Jun 28 15:41:55.085 UTC: Vi1 CCP:    MS-PPC supported bits 0x00000001 (0x120600)
...
Jun 28 15:41:55.181 UTC: Vi1 IPCP: I CONFACK [REQsent] id 1 len 10
Jun 28 15:41:55.181 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.254 (0x0306AC1568FE)
Jun 28 15:41:57.009 UTC: Vi1 IPCP: TIMEout: State ACKrcvd
Jun 28 15:41:57.009 UTC: Vi1 IPCP: O CONFREQ [ACKrcvd] id 2 len 10
Jun 28 15:41:57.009 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.254 (0x0306AC1568FE)
Jun 28 15:41:59.009 UTC: Vi1 IPCP: TIMEout: State REQsent
Jun 28 15:41:59.009 UTC: Vi1 IPCP: O CONFREQ [REQsent] id 3 len 10
Jun 28 15:41:59.009 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.254 (0x0306AC1568FE)
Jun 28 15:41:59.617 UTC: Vi1 IPCP: I CONFREQ [REQsent] id 2 len 34
...
Jun 28 15:41:59.617 UTC: Vi1 IPCP: O CONFREJ [REQsent] id 2 len 16
...
Jun 28 15:41:59.633 UTC: Vi1 PPP: Replace IPCP code 2 id 3 with id 3
Jun 28 15:41:59.633 UTC: Vi1 IPCP: I CONFACK [REQsent] id 3 len 10
Jun 28 15:41:59.633 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.254 (0x0306AC1568FE)
Jun 28 15:41:59.777 UTC: Vi1 IPCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 3 len 22
...
Jun 28 15:41:59.777 UTC: Vi1 IPCP: O CONFNAK [ACKrcvd] id 3 len 22
...
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 4 len 22
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.2 
(0x0306AC156802)

!--- IP address of virtual bundle was previously obtained from 
!--- address pool.

Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    PrimaryDNS 172.22.53.210 (0x8106AC1635D2)
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    SecondaryDNS 171.68.10.70 (0x8306AB440A46)
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP: O CONFACK [ACKrcvd] id 4 len 22
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    Address 172.21.104.2 (0x0306AC156802)
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    PrimaryDNS 172.22.53.210 (0x8106AC1635D2)
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP:    SecondaryDNS 171.68.10.70 (0x8306AB440A46)
Jun 28 15:41:59.937 UTC: Vi1 IPCP: State is Open
Jun 28 15:41:59.941 UTC: Vi1 IPCP: Install route to 172.21.104.2

!--- Add route for virtual bundle to routing table.

Jun 28 15:42:44.383 UTC: TTY51: timer type 1 expired
Jun 28 15:42:44.383 UTC: TTY51:  Exec timer (continued)

!--- Modem comes up for multilink connection.

Jun 28 15:44:20.385 UTC: TTY6: DSR came up

!--- Async 6 is used for second connection.

Jun 28 15:44:20.385 UTC: tty6: Modem: IDLE->(unknown)
Jun 28 15:44:20.385 UTC: TTY6: EXEC creation
...
Jun 28 15:44:20.529 UTC: TTY6 Autoselect cmd:  ppp negotiate
Jun 28 15:44:20.529 UTC: TTY6: EXEC creation
...Jun 28 15:44:20.661 UTC: As6 IPCP: Install route to 172.21.104.5

!--- IP address for second link is obtained from the pool.
!--- Route will be removed when link is added to the MPPP bundle.

Jun 28 15:44:22.661 UTC: As6 PPP: Treating connection as a callin
Jun 28 15:44:22.661 UTC: As6 PPP: Phase is ESTABLISHING, Passive Open

!--- LCP negotiation begins.

Jun 28 15:44:22.661 UTC: As6 LCP: State is Listen
Jun 28 15:44:23.521 UTC: As6 LCP: I CONFREQ [Listen] id 2 len 46
...
Jun 28 15:44:23.525 UTC: Unthrottle 6
Jun 28 15:44:23.525 UTC: As6 LCP: O CONFREQ [Listen] id 1 len 47
...
Jun 28 15:44:23.525 UTC: As6 LCP: O CONFREJ [Listen] id 2 len 7
Jun 28 15:44:23.525 UTC: As6 LCP:    Callback 6  (0x0D0306)
Jun 28 15:44:25.525 UTC: As6 LCP: TIMEout: State REQsent
Jun 28 15:44:25.525 UTC: As6 LCP: O CONFREQ [REQsent] id 2 len 47
...
Jun 28 15:44:25.765 UTC: As6 LCP: I CONFACK [REQsent] id 2 len 47
...
Jun 28 15:44:26.533 UTC: As6 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 3 len 46
...
Jun 28 15:44:26.533 UTC: As6 LCP: O CONFREJ [ACKrcvd] id 3 len 7
Jun 28 15:44:26.533 UTC: As6 LCP:    Callback 6  (0x0D0306)
Jun 28 15:44:26.741 UTC: As6 LCP: I CONFREQ [ACKrcvd] id 4 len 43
...
Jun 28 15:44:26.741 UTC: As6 LCP: O CONFACK [ACKrcvd] id 4 len 43
...
Jun 28 15:44:26.741 UTC: As6 LCP: State is Open

!--- LCP negotiation is complete.
!--- CHAP authentication begins.

Jun 28 15:44:26.745 UTC: As6 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by this end
Jun 28 15:44:26.745 UTC: As6 CHAP: O CHALLENGE id 1 len 36 from "bobslake-nas-01"
Jun 28 15:44:26.981 UTC: As6 CHAP: I RESPONSE id 1 len 27 from "charlie"
Jun 28 15:44:26.981 UTC: As6 CHAP: O SUCCESS id 1 len 4

!--- CHAP authentication is successful. 

Jun 28 15:44:26.981 UTC: As6 MLP: Multilink up event pending
Jun 28 15:44:26.981 UTC: As6 PPP: Phase is VIRTUALIZED

!--- Link is virtualized.

Jun 28 15:44:26.985 UTC: As6 MLP: charlie, multilink up

!--- Multilink connection is up.

Jun 28 15:44:26.985 UTC: As6 IPCP: Remove route to 172.21.104.5

!--- Use IP address previously assigned to the bundle 
!--- (in this case, 172.21.104.2).

bobslake-nas-01#

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、アウトプット インタープリタでサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力を分析できます。

注: debug コマンドを発行する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug vtemplate -バーチャルテンプレートから来る時間へのクローンとして作られる時間からの仮想アクセスインターフェイスのためのクローニング情報を表示する。

  • debug ppp multilink events:マルチリンク バンドルに影響を与えるイベントについての情報を表示します。

  • debug ppp negotiation:Link Control Protocol(LCP; リンク コントロール プロトコル)、認証、および Network Control Protocol(NCP; ネットワーク コントロール プロトコル)にネゴシエートしている間の PPP トラフィックと交換に関する情報が表示されます。 PPP ネゴシエーションが正常に行われると、最初に LCP 状態が開放され、次に認証、最後に NCP をネゴシエートします。

  • debug ppp authentication - Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP) パケット交換および Password Authentication Protocol (PAP)交換を含む PPP認証 プロトコルメッセージを、表示する。

  • debug ppp error - PPP 接続のネゴシエーションと接続操作に関するプロトコル エラーとエラー統計情報を表示します。

  • debug modem:アクセス サーバ上のモデム回線のアクティビティを表示します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 9553