ダイヤルとアクセス : 非同期接続

Cisco デジタルモデム内蔵ルータにおけるファームウェア/ポートウェアのアップグレード

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 4 月 22 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この詳細なガイドでは、デジタル モデムを搭載した Cisco ルータのファームウェア/ポートウェアのアップグレード プロセスについて説明します。 このドキュメントでは、ユーザがルータにロードする必要がある新しいモデム ファームウェア/ポートウェアのイメージを含むトリビアル ファイル転送プロトコル(TFTP)サーバがあることを前提としています。 または、最新のファイル転送プロトコル(FTP)のコピーを使用できます。

アップグレード プロセスに関する詳細についてはハードウェアのソフトウェアインストーレーション手順を参照して下さい。

注: この資料は NM-8AM および NM-16AM モジュールでアナログモデムにおけるポートウェア アップグレード手順を記述しないものです。 アナログモデムモジュールのコードをアップグレードする方法に関する詳細についてはアナログモデムファームウェアアップグレード設定に関する注記を参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

モデム ファームウェア/ポートウェアのアップグレード手順

モデムのファームウェア/ポートウェアをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. TFTPサーバからフラッシュ メモリにファームウェア/ポートウェア ファイルをコピーして下さい。 フラッシュするを削除しないで下さい

    新しい Cisco IOS をアップロードすること TFTPサーバからのソフトウェアをほぼ同様にアップロードしますか。 ソフトウェア:

    router#copy tftp flash
    

    詳細についてはハードウェアのソフトウェアインストーレーション手順を参照して下さい。

    Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3T は新しいコマンドを導入します TFTP の代りに FTP を使用することを可能にする。 次に、例を示します。

    router#copy ftp://CCOUSERNAME:CCOPASSWORD@ftp.cisco.com/cisco/access/modems/mica/mica-modem-pw.2.7.3.0.bin flash:
    

    どの方式を使用する、show flash コマンドは現在 ローカルで保存されるファイルをリストします。 存在を確認するために新しいファームウェア/ポートウェア イメージを探して下さい。 新しいファイルを見ない場合、転送プロセスの間に失敗される何も確かめないで下さい。

  2. モデムのデジタル信号プロセッサ(DSP)に新しいファームウェア/ポートウェアをロードして下さい。

    それは可能性のある フラッシュ メモリでロードされるポートウェアの複数のバージョンがあるためにです。 モデムは動作が異なるために明示的にそれを設定しなければ、現在の Cisco IOSソフトウェアと組み込まれるファームウェアのバージョンを使用します。

    この 文書 の 残りは異なるファームウェア/ポートウェア アップグレード シナリオを解説しています。

Cisco AS5xxx

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5)T およびそれ以前

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5)T およびそれ以前の AS5200/AS5300 のファームウェア/ポートウェアをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. copy flash modem コマンドを使用して下さい。 ルータプロンプト アップグレードしたいと思うモデムを入力する。 通常、すべてをアップグレードしますが、アクセス サーバが複数のモデムの種類を動作する場合この機能は役立ちます。 この例では、第 2 変復調機構 キャリアカードのモデム 12 〜 23 はアップグレードされます:

    Modem Numbers (/[-/] | group | all)? 2/12-2/23 
  2. ルータプロンプト モデムにコピーするためにファイルを選択する。 使用する Cisco IOSソフトウェアのバージョンはシステムにファイルが常駐するディレクトリをかメモリ領域を言う必要があったかどうか確認します。 ファイルが常駐するところで確実ではない場合、ファイルを見つけるために show flash コマンドを使用して下さい。 この例では、ファイルはイメージ ディレクトリにあるフラッシュ メモリにあります:

    Name of file to copy? images/c5300_portware1-1
    
  3. ルータプロンプト モデムをアップグレードするために使用するようにサービス タイプを選択する。 それがモデムが各モデムカードに構築されるか何であるので、Modem ISDN Channel Aggregation (MICA)モデム 6 のグループでアップグレードされなければなりません覚えていて下さい。 再度ブートするサービスはシステムの次の再度ブートするまでのアップグレードを遅らせます。 ビジーアウト サービスはモデムの 6 つがすべて自由であるまでルータにある特定のモデムカードのモデムをビジーアウトするように指示します。 それは接続されるユーザをログオフしません。 ビジーアウト サービスがシステム全体で利用される時システムに多数のユーザがあったら注意して下さい。 たとえば、モデム番号を選択する場合: 1 人のユーザがモデムカードのそれぞれにあればすべては、モデムすべてマークされた使用中までそれらの少数のユーザ 接続解除です。 状況が clear コマンドでユーザをログオフすることであること避ける唯一の方法:

    Type of service [busyout/reboot] busyout
    

12.0(5)T より Cisco IOS ソフトウェア リリース 以降

12.0(5)T より Cisco IOS ソフトウェア リリース 以降の AS5xxx のファームウェア/ポートウェアをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5)T のリリースでは、copy flash modem コマンドはもはや利用できません。 すべての Cisco AS5xxx アクセス サーバ サポート new spe コマンド ファームウェアを内部モデムにダウンロードするため。 次に、例を示します。

    router#configure terminal
    router(config)#spe 1/0 2/7 
    
    !--- This is used to access the SPE configuration mode and specify
    !--- a range of modems to download firmware into.
    
    router(config-spe)#firmware location flash:mica-modem-pw.2.7.3.0.bin
    
    構文の説明
    ファームウェア ロケーション{システム | フラッシュする}: ファイル名
    システム ルータは Cisco IOSイメージ内の組み込みファイルからファームウェアをロードします。
    フラッシュ ルータはルータの内にあるフラッシュ Non-Volatile Random Access Memory (NVRAM)からファームウェアをロードします。
    ファイル名 これは望ましいファームウェア ファイルの名前、たとえば、MICA モデムpw.2.7.3.0.bin です。 system を指定した場合は、ダウンロードするファイル名へのパスを入力します。

    ファームウェアを規定 するとすぐ、ダウンロードは始まります。 使用中アクセス サーバのモデムすべてのアップグレードを規定 することを推奨しません。 使用中のモデムはマルチポート カードをアップグレードする前にある特定のカードのそれぞれのモデムすべてが自由であるまですべてマークされた使用中およびサーバ待機です。 この状況に陥らないようにする唯一の方法は clear コマンドでユーザをログオフすることです。

    通常、モデムのグループは spe スロット/spe_begin スロット/spe_end 文と規定 され、アップグレードは突然の代りに連続的に実行された。

  2. モデムが規定 した ポートウェアバージョンを実行することを確認するために show modem version および show spe version コマンドを使用して下さい。

  3. Cisco IOS ファイル システムに関する詳細については Cisco IOS ファイル システムを使用して参照して下さい。 モデムオペレーションに関する詳細についてはオペレーションモデム管理オペレーション セクションを参照して下さい。

Cisco 3600

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5) およびそれ以前

Cisco 3600 の Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5) およびそれ以前のためのファームウェア/ポートウェアをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. reload コマンドを入力して下さい。

  2. これらのコマンドで Cisco IOSソフトウェアと組み込まれて来るモデムファームウェアをコピーして下さい:

    router#show modem bundled-firmware
    
    !--- shows the bundled firmware version
    
    router#copy ios-bundled modem
    

Cisco IOS ソフトウェア リリース 以降より 12.0(5)

Cisco 3600 シリーズ ルータに関しては、モデムポートウェアをロードするためにルータをリロードして下さい。

モデムコードをアップグレードするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. フラッシュするに望ましいポートウェアをロードして下さい。 手順についてはこの資料のモデムファームウェア/ポートウェア アップグレード手順 セクションを参照して下さい。

  2. ルータをリロードします。 ルータ リロードが、それ利用可能 な ポートウェアの最新バージョンをロードする時。 従って、ポートウェアの複数のバージョンがフラッシュするで保存されれば、ルータは最新バージョンだけロードします。 これには Cisco IOSソフトウェアと組み込まれるポートウェアが含まれています。

    注: バージョンが Cisco IOS によってならあとでより組み込んだらフラッシュするのバージョンはフラッシュするで Cisco IOS によって、保存されるポートウェアの代りに組み込まれるルータ ポートウェアをロードします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 9525