音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco AS5400 シリーズ ユニバーサル ゲートウェイ

Cisco AS5xxx ゲートウェイのモデムおよび音声コールの識別

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

アクセス サーバ(Cisco AS5350、AS5400 および AS5850)は、モデムと音声サービスの両方に同じデジタル信号プロセッサ(DSP)を使用します。 Cisco Any Service, Any Port(ASAP)アーキテクチャにより、Cisco AS5xxx はネットワーク アクセス サーバ(NAS)および音声ゲートウェイと同時に動作が可能となり、これにより、いつでもどのポートへも汎用的なサービスが提供されます。 これらのゲートウェイは、ダイヤル プランに依存して、ルータが特定のコールに対してモデムまたは音声サービスをいつ実行するかを区別します。 このドキュメントでは、音声コールとモデム コールを区別するようゲートウェイを設定する方法を説明します(NAS が、同じ一般電話サービス(POTS)のインターフェイスでモデム ダイヤルアップと VoIP ユーザの両方をサポートする場合に必要)。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco AS5xxx ゲートウェイ

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T および 12.3(1a)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Universal Gateways に音声コールとモデムコールを区別する問題があります。 コールが音声コールであるように Cisco AS5350、AS5400 および AS5850 ゲートウェイはルータに言うために一致しているダイヤル ピアだけ使用します。 インバウンドPOTS ダイヤル ピア一致がない他のどの呼び出しもモデムコールとみなされます。

たとえば、起点 および 終端ゲートウェイで設定されるゲートウェイがある場合音声コールのために着信 呼出 し 番号を使用する時でさえ、ルータはそれでもモデム番号を呼出す発信者から一致する POTS がある場合があれば。 これは発信者番号が POTSダイヤルピアのデスティネーションパターンへ一致であるという理由によります。 従って、コールはまだ音声コールとみなされます。

解決策

data_dialpeer と呼ばれた TCL アプリケーションは POTSダイヤルピアの下で設定できる Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T に統合 Cisco IOS ソフトウェア Release 12.2(2)xb と それ以降で最初に導入されました。 このアプリケーションに関する詳細についてはダイヤル ピアの微粒子アドレス セグメンテーションを参照して下さい。 このアプリケーションは着信 呼出 し 番号 方式を使用するとコールをモデムコールとみなすべきその POTSダイヤルピアが受信一致がある有効に し モデムコールのために一致する助けます。 出力例を次に示します。

dial peer voice 3 POTS
 application data_dialpeer

!--- TCL application that supports data/modem calls.

incoming called-number 83103
!
dial peer voice 4 POTS
 application data_dialpeer
 incoming called-number 83104
!
dial peer voice 10 POTS
 incoming called-number XXXXX
 direct-inward-dial
!

この出力例はことを呼出 し 番号との呼び出し示します(83103 はモデムコールとして 83104)扱われ、他の呼び出しはすべて音声として処理されます。

注: data_dialpeer アプリケーションはコマンド show call application voice data_dialpeer を発行する場合それを表示できないという意味で隠れます。 ただしメモリにそれを保存する限り、ルータ リロードは、アプリケーション 設定が無効にならない場合。

注: これは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(11)T で導入される AS5x00 ルータのための一時的な次善策です。 データ/モデムコールのためのダイヤル ピアの作成を可能にする永続性のあるソリューションは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(13)T で導入されます。

ダイヤル ピア データの機能に関する詳細についてはデータ呼び出しのためのダイヤル ピア サポートを参照して下さい。

テレフォニー インターフェイスの着信コールのためのコールフロー

ゲートウェイは宛先にそれをルーティングする前にそのコールのための着信 テレフォニー レグを作成します。 ゲートウェイはどのようなアプリケーションか機能をそのコールのために使用することは有効な POTSダイヤルピアにそれを着信 レグ マッチさせることに基づかせていたか規定 します。 それの下で設定されたアプリケーションか機能が POTSダイヤルピアと一致したものは何でも、ルータはそのコールのためにそれらを使用します。 そのようなアプリケーションおよび機能の例は Interactive Voice Response (IVR)および Direct Inward Dial (DID)です。

有効な POTSダイヤルピアはこれらの状態の少なくとも 1 つを満たす必要があります:

  • POTSダイヤルピアはデスティネーションパターンおよびポートを設定してもらいます。

  • POTSダイヤルピアは着信 呼出 し 番号を設定してもらいます。

  • POTSダイヤルピアは返事アドレスを設定してもらいます。

これらはそのコールのための着信 照合を行うためにルータが完了するステップです:

  1. ルータは着信 呼出 し 番号を持っているあらゆるダイヤル ピアに呼出 し 番号(DNIS)を一致させることを試みます。

    最初に、ルータかゲートウェイは各ダイヤル ピアの設定された incoming called-number の呼び出しセットアップ要求の呼出 し 番号を一致するように試みます。 コールセットアップが DNIS 情報が常に含まれているので、Cisco は着信ダイヤルピア一致のために使用します incoming called-number コマンドを推奨します。 この属性の照合は、answer-address および destination-pattern よりも優先して行われます。

  2. ルータは返事アドレスがあるあらゆる POTSダイヤルピアに発信者番号(ANI)を一致させることを試みます。

    マッチがステップ 1 にない場合、ルータかゲートウェイはダイヤル ピア各の応答アドレスの呼び出しセットアップ要求の発信者番号を一致するように試みます。 このアトリビュートは、発信番号(発信元)に基づいてコールを照合する状況では便利な場合があります。

  3. ルータは POTSダイヤルピアのデスティネーションパターンに発信者番号(ANI)を一致させることを試みます。

    マッチがステップ 2 にない場合、ルータかゲートウェイは各ダイヤル ピアのデスティネーション パターンに呼び出しセットアップ要求の発信者番号を一致させるように試みます。

  4. ルータはコールは入ったことポートがある有効なダイヤル ピアを見つけることを試みます。

    一致がステップ 3 にない場合、ルータかゲートウェイは着信コールと対応づけられる音声ポートに設定されたダイヤルピア ポートを一致させるように試みます。 複数のダイヤルピアに同じポートが設定されている場合は、設定に最初に追加されたダイヤルピアが照合されます。

  5. ステップ 1 〜 4 のメソッドのどれも一致を生成 しない場合、ルータはピア タグが = 0 あるデフォルト POTSダイヤルピアに着信コールを一致させます。

    注:  ステップ 4 は、AS5300、AS5350、AS5400、AS5800、および AS5850 などの音声またはダイヤル プラットフォームには適用されません 最初の 3 つのステップのどれでも使用されない場合、それからダイヤル ピア 0 を一致するため。 コールはダイヤル モデムコールとしてそれから処理されます。 つまり、お客様には着信コールのダイヤル トーンではなく、モデム トーンが聞こえる可能性があります。

    Cisco IOS ルータやゲートウェイは、これらの条件の中から 1 つだけ照合します。 ダイヤルピアには必ずしもすべての属性を設定する必要はありません。また、すべての属性がコールセットアップ情報に一致する必要もありません。 ルータまたはゲートウェイのための 1 つの条件だけダイヤル ピアを選択するために満たす必要があります。 1 つのダイヤル ピアが一致すると、ルータやゲートウェイは即時に検索を終了します。

アプリケーションか機能の後で判別され、使用されます、ゲートウェイは発信 ダイヤル ピアに呼出 し 番号を一致させ、宛先に送信 します。

例 1: ISDN シグナリングによるPSTN

ゲートウェイは ISDNシグナリングによるPSTN from/to 音声およびモデムコールを受信し、終了します。 ユーザが 2 つの数の 1 つをダイヤルすれば(408-526-4800 および 408-526-4801)コールはモデムとして処理する必要があります。 ユーザがそのゲートウェイに他のどの数(408-525-50xx)もダイヤルする場合、コールは音声として処理する必要があります。 Public Switched Telephone Network (PSTN)に呼び出しを終了するのにルータが使用されているので POTSダイヤルピアがとしてあります:

dial peer voice 1 POTS
 incoming called-number 52550..
 destination pattern 9.....
 direct-inward-dial
 port 2/0:D

IP 側からの PSTN に出かけるのにアクセスコードとしてディジット "9" が使用されています。

PSTN からの SETUP メッセージでは、発信者番号は米国のどの番号であり呼出 し 番号はエリアコード 408 なしに以前に述べられた番号のいずれかである場合もあります。

着信 呼出 し 番号 52550 を設定したので。、408-525-50xx 数を呼出す音声として扱われるユーザはコールがあります。 問題は 919-254-5566 の発信者番号を持つ発信者が呼出せばモデムサービスの 1 つは番号が付いていることです、そしてそのコールはまだ音声コールとして処理されます。 これは発信者番号が以前に述べられた POTSダイヤルピアのデスティネーションパターンにマッチであるという理由によります。

ソリューションは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(2)XB を使用し、この出力が示すので data_dialpeer アプリケーションおよび着信 呼出 し 番号によって他の POTSダイヤルピアにそれを適用することです:

!
dial peer voice 1 POTS
 incoming called-number 52550..
 destination pattern 9.....
 direct-inward-dial
 port 2/0:D
!
dial peer voice 3 POTS
 application data_dialpeer
 incoming called number 5264800
!
dial peer voice 4 POTS
 application data_dialpeer
 incoming called number 5264801
!

この例では、ISDN PRI の使用は呼出すことおよび呼出 し 番号が SETUP メッセージに両方であるので、簡単にします。 Digital Number Identification Service (DNIS)か ANI番号が提供される限り、E&M-FGB または FGD チャネル連携信号 (CAS) (E&Mfgb、E&M FGD)作業同じ方法。

例 2: E&M-Immediate CASシグナリングによるPSTN

この例では、ゲートウェイは CAS シグナリング E & M immediate のために設定されます。 同じ数はモデムのための使用された次 Example 1:および音声コールです。 そのようなシグナリングを求めることおよび呼出 し 番号 enblock がないので、ルータがインバウンドPOTS ダイヤル ピアに着信コールを一致させる唯一の方法はポートの使用によって行います。 問題は同じ ポートが使用されるのですべての呼び出しがその POTSダイヤルピアにマッチであることです。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 受信専用モデムコールに割り当てるある特定のタイム・スロットのための ds0-group の設定によって別々の音声ポートかポートを作成して下さい。 他のタイム・スロットはすべて別の音声ポートにあります。

    プライマリ問題はモデムコールを受信するために割り当てられる音声ポートの呼び出しを終了することを避けたいと思うことです。 ただし、まだデスティネーションパターンを持っていることなしで設定される音声ポートがある有効なダイヤル ピアを作成できます。 これをするため、着信 呼出 し 番号または返事アドレス文をそのダイヤル ピアのために使用し、ポートをそれの下で設定するため。 コールがゲートウェイを見つけるとき enblock コールまたは呼出 し 番号がないので着信 呼出 し 番号か返事アドレスに一致について心配する必要がありません。 このような場合、ルータは一致をするのにポートだけ使用します。 これは設定が見えるものにです:

    !
    dial peer voice 1 POTS
     incoming called number 52550..
     destination pattern 9.....
     port 2/0:0
    !
    dial peer voice 3 POTS
     application data_dialpeer
     incoming called number 5264800
     port 2/0:1
    !
    dial peer voice 4 POTS
     application data_dialpeer
     incoming called number 5264801
     port 2/0:2
    !
  2. モデムコールにある特定のタイム・スロットを割り当てることができない場合 E&Mfgb、呼出すか、または呼出 し 番号が SETUP メッセージで送信 される E&M FGD、または ISDN シグナリングにシグナリングを変更して下さい。 詳細については Example 1:参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 9374