音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco 7800 シリーズ メディア コンバージェンス サーバ

Cisco MCS を使用する冗長ディスクの設定と使用

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは Cisco メディア コンバージェンス サーバ(MCS)のディスクの冗長性に関する主な質問の一部に回答しています。 さらに、MCS に搭載されている冗長ディスク テクノロジー(Redundant Array of Independent Disks(RAID))を最大限に活用する方法について説明しています。

前提条件

要件

Cisco はベーシック ハードウェア ナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • MCS 7830

  • MCS 7835

注: Cisco Unified CallManager OS イメージは特定のプラットフォームの仕様固定ハードウェアコンフィギュレーションのために生成されました。 ハードディスクの空き容量かパフォーマンスを向上する必要がある場合バックアップを奪取 して下さい。 次の手順を実行します。

  1. サーバプラットフォームをアップグレードして下さい。

  2. Cisco Unified CallManager を再インストールして下さい。

  3. 復元するためにバックアップと復元システム(バー)を使用して下さい。

同じプラットフォーム/サーバを使用し、ハードディスクの空き容量を高めるためにこれらのステップを実行して下さい。 Cisco Unified CallManager ハードウェアに関する詳細については、Cisco 7800 シリーズ メディア コンバージェンス サーバ製品パンフレットを参照して下さい。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ドライブのミラーリング(RAID 1)

デフォルト Cisco Unified CallManager OS イメージ インストールは RAID 1 設定の MCS をインストールします。 Drive mirroring はまた RAID 1 と呼ばれる高性能および最も高いフォールト トレランス RAID 方式です。 RAID 1 は 2 つのドライブだけアレイにインストールされているか、または選択されればフォールト トレランス 保護を提供する唯一のオプションです。 フォールト トレランスを作成するため、Drive mirroring ストア 2 組のディスク ドライブのペアの重複したデータ。 重複 データを保存するのにドライブ キャパシティの 50%使用されているので RAID 1 は最も高いフォールト トレランス 方式です。 RAID 1 はディスクの偶数を常に必要とします。 データはドライブを渡ってしまのあり、それから映されて。

ドライブが失敗した場合、ミラー ドライブはファイルのバックアップコピーを提供し、標準 システム オペレーションの割り込みがありません。 ミラーリング機能には、最低でも 2 基のドライブが必要です。 デフォルトで、MCS 7830 および MCS 7835 は RAID 1.で設定される 2 枚のディスクによって渡されます。 従って、単一 ドライブ障害からのリカバリは可能性のあるです。

このダイアグラムはチャンクでミラーを提供するためにデータのストライプを示します。 1 枚のディスクのデータ チャンク A は別のディスクの B に別のディスクの A に、データ チャンク B 映ります、等映ります。 すなわち、データはチャンクで縞で飾られ、次に第 2 磁気 ディスク 機構に(映される)コピーされます。 データ A を保持する最初のディスクが壊れた場合、データ A が含まれている他のディスクからの読み書きまだできます:

disk_redundancy_mcs_9229a.gif

ディスクがどのように設定されたか調べるために、これら二つの手順の 1 つを行って下さい:

  1. SmartStart および支援 ソフトウェア CD からのアレイ コンフィギュレーション ユーティリティを使用して下さい。

    1. CD ドライブに SmartStart and Support Software CD を挿入して、サーバの電源を入れます。

      メニュー ディスプレイ。

    2. 『Array Configuration Utility』 を選択 して下さい。

    3. 完了の後で、CD を取除き、サーバを再起動して下さい。

  2. コンパック アレイ コンフィギュレーション ツールを使用して下さい。

    1. Start > Programs > Compaq System Tools > Compaq Array Configuration Tool の順に選択 して下さい。

      このウィンドウはポップアップします:

      disk_redundancy_mcs_9229b.gif

      このディスクには、8673 MB の論理ディスク領域が 1 つあります。

    2. 物理的 な ディスク イメージをクリックして下さい。

      9.1 GB のそれぞれ現在の 2 枚の物理的 な ディスクがあることがわかります。

      /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229c.gif

      これらのディスクが映るので、論理的なタブの 8673 MB の 1 つの論理ドライブだけを見ます。

ドライブ障害を認識して下さい

システム 操作員は複数の方法の 1 つのドライブ障害を認識できます:

  • オレンジ LED はホットプラグ可能 トレイの障害 が 発生した ドライブで点滅します。 ただし、照明はストレージシステムが始動し、小型 コンピュータ システム インターフェイス (SCSI) ケーブルが機能すれば場合その時だけ発生します。

    注: オレンジ LED はホットプラグ対応ドライブを挿入するとき簡潔に点滅させることができます。 この動作は正常です。

  • Power On Self Test (POST) メッセージはシステムを再始動する時はいつでも障害 が 発生した ドライブをリストします。 しかしコントローラが 1つ以上の good ドライブを検出するときだけメッセージ表示。

  • Drive Array Advanced Diagnostics (DAAD)はすべての障害 が 発生した ドライブをリストします。 DAAD のオンライン バージョンは Microsoft Windows NT および Windows 2000 環境でまた利用できます。

  • Compaq Insight Manager はネットワークを渡って障害 が 発生した ドライブをリモートで 検出することができます。

ドライブ障害はまたアレイ コンフィギュレーション ユーティリティで現れます。

こと disk1 (ディスクが壊れていることアレイからの 1) ID をまたは引っ張る、たとえば仮定して下さい。 アレイ コントローラはディスクのが失敗した検出しましたりまたは抜けていますことを。

disk_redundancy_mcs_9229d.gif

しかし、システムは中断しません。 RAID 1 がディスク の 障害を存続できるので論理ドライブ 1 はまだ動作します。 しかしドライブは低下した パフォーマンスと動作します。

disk_redundancy_mcs_9229e.gif

disk_redundancy_mcs_9229f.gif

アレイの物理的コンフィギュレーションビューはことを disk1 示します(ID は 1)失敗しました。

/image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229g.gif

ドライブ障害はまたイベントログでこのエラーメッセージを表示できます:

Event Type:	Error
Event Source:	cpqcissm
Event Category:	None
Event ID:	9
Description:
The device, \Device\Scsi\cpqcissm1, did not respond within the timeout period.

ドライブ障害から回復 して下さい

MCS 7830 の使用のスマートなアレイ 221 コントローラはホットプラグ対応ドライブをサポートします。 システム電源を切る必要なしでこれらのドライブをインストールするか、または取除くことができます。

上位 システムおよびストレージシステム電源が両方の間、ホットプラグ可能トレーの障害 が 発生した ドライブを取除き、交換できます。 電源がフォールト トレラント コンフィギュレーションにオンになっている間、ドライブを挿入すれば、置換 ドライブのデータのリカバリは自動的に始まります。 このデータ リカバリーが始まったことを点滅オンライン LED は示します。

状況によってはディスクが壊れるか、またはアップグレードの前に奪取 されたので、disk1 (アレイからの 1) ID を、どちらか取除きます。 それから、アレイに再びディスクを挿入します。 または前のディスクが不良だったので、新しいディスクを挿入することができます。 このような場合、ディスクはアレイにあったオリジナル ディスクの情報と自動的に上書きされます。 この資料例では、そのディスクは disk0、ID 0 です。

一般に、GB 毎におよそ 15 分は改造に必要です。 ただし、実際の改造時間はこれらのファクタによって決まります:

  • 改造優先順位 セット

  • 改造オペレーションの間に発生する I/O アクティビティの量

  • アレイのドライブの数

  • ディスク ドライブ速度

注意 注意: それにオリジナル ディスクによって上書きされてほしくない場合決してディスクを挿入しないで下さい。

障害 が 発生した ドライブを交換して下さい

これらのステップは障害 が 発生した ドライブを交換する自動 プロセスを説明します。

  1. Disk1 はアレイに再び、ID 1 置かれ、論理ドライブを再製するプロセスは進行中です。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229h.gif

  2. ロジカルコンフィギュレーション ビューでは、Array アイコンがもはや壊れていないし、改造が発生することがわかります。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229i.gif

  3. 物理的コンフィギュレーションビューでは、disk1 が改造の間に、ID 1 再現するので今 2 枚のディスクを再度表示できます。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229j.gif

  4. アレイは今再製され、ステータスは良くとして現われます。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229k.gif

Cisco Unified CallManager のアップグレード障害から回復 して下さい

電源が OFF のときまたホットプラグ対応ドライブを交換できます。 ホットプラグ対応ドライブの挿入で、コントローラのすべてのディスク アクティビティは一時的にドライブが回る間、休止します。 このプロセスは通常約 20 秒かかります。 Cisco CallManagerシステムのアップグレードをすることを約あること、たとえば仮定して下さい。 万が一のために、アレイから disk1 を、ID 1 つ奪取 します。 disk0 のアップグレードを、ID 0 行います。 アップグレードに失敗する。

このプロシージャはオリジナル設定(1) ディスクに戻るために奪取 するようにステップの輪郭を描きます。

  1. サーバの電源を落とします。

  2. サーバから disk0 を、ID 0 奪取 して下さい。

  3. アレイに disk1 を、よい設定の ID 1 挿入して下さい。

  4. このディスクとのサーバを起動して下さい。

  5. ブートアップ ウィンドウで、F2 を押して下さい: 「暫時復旧モード フォールト トレランスのためにもし設定するなら」は有効に なります

    注: ディスクを取り出したスロットにディスクを常に置いて下さい。

これらのステップはプロセスを詳しく説明します:

  1. disk1 と、ID 1、システム注意することにオリジナル ドライブ起動した後(disk0 は、ID 0)失敗しました。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229l.gif

    disk_redundancy_mcs_9229m.gif

  2. 物理的コンフィギュレーションビューでは、disk0 は、ID 0 もはやないし、Array アイコンは壊れています。

    取り替えた後 disk0 は、ID 0、アレイ再製し始めます。 ディスクが再製し始めない場合ディスクをドライブ ケージから取り出し、再度挿入して下さい。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229n.gif

  3. ロジカルコンフィギュレーション ビューでは、Array アイコンはもはや壊れていません。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229o.gif

  4. 物理的コンフィギュレーションビューでは、悪い設定のディスク(disk0 は、ID 0)再度現在あります。

    /image/gif/paws/9229/disk_redundancy_mcs_9229p.gif

    交換したドライブの容量は、最低でもArray(アレイ)にある他のドライブの容量と同じでなければなりません。 コントローラはすぐにドライブ不十分なキャパシティがある壊れ、自動データ リカバリーを開始しません。

    Smart Array 221 Controller のドライブに障害が発生した場合、そのドライブを新品か、正常であることがわかっているドライブと交換します。 場合によってはコントローラが以前に壊れたこと、ドライブはシステムの後で操作上です循環するまたはホットプラグ対応ドライブの削除および再挿入の後で電源ようであることができます。

    注意 注意: この操作は非常にそのような「最底限の」ドライブの使用がデータ損失という結果に結局終る場合があるので落胆します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 9229