ワイヤレス : Cisco Aironet 340 ワイヤレス PC カード アダプタ

Windows 2000 への Cisco Aironet 340/350 シリーズ クライアント アダプタ用のドライバおよびユーティリティのインストール

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 4 月 19 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Cisco Aironet のドライバ、ファームウェア、およびユーティリティをダウンロードするには、Cisco.com の有効なアカウントが必要です。 Cisco.com にアカウントをお持ちでない方は、Cisco.com Registration ページから無料登録してください。


目次


概要

このドキュメントでは、Windows 2000 への Cisco Aironet 340 および 350 ワイヤレス LAN クライアント アダプタ用のドライバおよびユーティリティのインストールについて説明します。 このインストールは、Install Wizard ファイルを使用しない旧バージョンのクライアント アダプタ ソフトウェア用です。 ただし Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタのための最新の組み込まれたファイルを必要とすれば Windows 98 を使用する、2000 年、私、NT または XP は Aironetクライアントアダプタ インストール ウィザード登録ユーザのみ)に、行きます。 インストール ウィザードをクライアントソフトウェアをアップグレードするのに使用する方法に関する詳細については Aironetクライアントアダプタのためのインストレーション コンフィギュレーション ガイドの章を参照して下さい第 3

ここに記述されているインストール方式は Windows 95、Windows 98 および Windows NT に使用するそれらに類似したです。 いくつかの主な違いはあります。 Windows 95 ドライバおよびユーティリティをインストールすることWindows 98 のためのドライバをインストールするか、または詳細については Windows NT のためのドライバをインストールすることを参照して下さい。

前提条件

要件

インストールを完了するために、必要とします:

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Toshiba Tecra8000 ラップトップ コンピュータ(Microsoft Windows 2000 Professional が動作)

  • Cisco Aironet クライアント アダプタ AIR-PCM342(ファームウェア バージョン 4.23 を装備)

  • ネットワーク ドライバ インターフェイス仕様(NDIS)ドライバ バージョン 6.64

  • Aironet クライアント ユーティリティ バージョン 4.15

ドライバおよびソフトウェアの新しいバージョンを使用してインストールは同じまたは類似したです。 公式 ドキュメンテーションの 340 シリーズおよび 350 シリーズ クライアントアダプタの Windows のための Cisco Aironet ワイヤレス LAN クライアント アダプタ インストレーション コンフィギュレーション ガイドを参照して下さい。

340 シリーズおよび 350 シリーズ両方用のリリース ノートのインストールのための他の有用および最新情報は見つけることができます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメント内で使用されているデバイスはすべて、クリアな設定(デフォルト)から作業を始めています。 実稼働中 の ネットワークではたらく場合、あらゆるコマンドの潜在的影響を最初に理解するようにして下さい。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ハードウェアの設置

適切なドライバが付いている CD-ROM がない場合、Cisco Aironet クライアントアダプタによってコンピュータの Network Interface Cards を取り替える前にドライバをダウンロードして下さい。 ドライバをダウンロードする場合、自己解凍型アーカイブを一時フォルダに拡張し、C:\temp のようなフォルダのパスに、注意して下さい。

win2k-1.gif

PC カードの取り付け

PC カードをインストールするために次の手順に従って下さい。

  1. PC カードを検査して下さい。 カードの一端に 2列が、68 ピン PC カード コネクタあります。 カードはそれが PC カード スロットに 1 つのただ方法挿入することができるようにキー入力されます。

  2. シスコのロゴがある面を上にして PC カードを持ち、PC カードのスロットに挿入します。 十分にただ確かめるには負荷を適用して下さい完全に装着されして いることを。

    注意 注意: コンピュータの PC カード スロットに PC カードを強制しないで下さい。 無理に押し込むと、カードとスロットの両方が破損するおそれがあります。

  3. PC カードを簡単に挿入できない場合は、いったん取り出してから、再度挿入します。

PCI クライアント アダプタの取り付け

PCIクライアントアダプタをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PC とそのすべてのコンポーネントの電源をオフにします。

  2. コンピュータのカバーを取り外します。

  3. CPU 背面パネル上部の空の PCI 拡張スロットの上にあるネジを取り外します。

    このネジは、背面パネル上の金属製のブラケットを留めています。

    ほとんどの Pentium PC では、PCI 拡張スロットは白色です。 スロットを識別するには、PC のマニュアルを参照してください。

  4. クライアント アダプタを確認します。

    アダプタを取り付けると、アンテナ コネクタと LED がコンピュータの外側を向き、カバーを元に戻したときに見えるようになります。 アダプタの下端は、コンピュータの空き拡張スロットに挿入するコネクタです。

    注意 注意: 静電気が原因でクライアント アダプタが破損するおそれがあります。 帯電防止パッケージからアダプタを取り外す前に、接地された PC の金属部分の接触によってスタティックを放電して下さい。

  5. アンテナ コネクタおよび LED が CPUバックパネルの開始をスリップできるようにアダプタを傾けて下さい。 クライアント アダプタを空のスロットに差し込んで、コネクタが確実に収まるまで押します。

    注意 注意: アダプタを無理に拡張ソケットに押し込まないでください。 無理に押し込むと、アダプタとスロットの両方が破損するおそれがあります。 アダプタを簡単に挿入できない場合は、いったん取り出してから、再度挿入します。

  6. CPU のバックパネルのネジを再インストールし、コンピュータカバーを交換して下さい。

  7. 手で締められているまでアダプタのアンテナ コネクタに 2 dBi アンテナを接続して下さい。 締めすぎないように注意してください。 最適受信に関しては、アンテナを置いて下さいそうすればまっすぐなアップです。

  8. コンピュータを再起動します。

ドライバのインストール

ドライバをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. コンピューティング デバイスにクライアントアダプタを挿入した後、Windows 2000 は自動的にデバイスを検出する、簡潔に Found New Hardware ウィンドウを表示する。

    /image/gif/paws/9214/win2k-2.gif

    Update Device Driver ウィザード ウィンドウはドライバ の インストール プロセスによって開き、ガイドします。 Ciscoエアロネットシリーズ ワイヤレスLANアダプタ CD-ROM がある場合、それを CD-ROMドライブに挿入して下さい、『Next』 をクリック して下さい。

    ドライバ、ファームウェアまたはユーティリティを持たないか、または新しいバージョンをダウンロードし、シスコ ワイヤレス ソフトウェア センター登録ユーザのみ)に行き、適切なファイルをダウンロードすると続きたいと思えば手順はそこに見つけました。

  2. [ハードウェア デバイス ドライバのインストール] ウィンドウが開かれて、検索方法を選択するように指示されます。[デバイスに最適なドライバを検索する(推奨)] を選択したら、[次へ] をクリックします。

    /image/gif/paws/9214/win2k-3.gif

  3. ドライバ ファイルのある場所を選択して、ウィザードに検索させます。

    • フロッピーディスクからインストールする場合、すべてのその他のオプションを『Floppy disk drives』 を選択 し、選択解除して下さい。 抽出されたドライバファイルが付いているフロッピーディスクをフロッピー ディスク ドライブに挿入し、『Next』 をクリック して下さい。

    • CD-ROM からインストールする場合、すべてのその他のオプションを『CD-ROM drives』 を選択 し、選択解除して下さい。 Ciscoエアロネットシリーズ ワイヤレスLANアダプタ CD-ROM を CD-ROMドライブに挿入し、『Next』 をクリック して下さい。

    • ハード ドライブでフォルダからインストールする場合、すべてのその他のオプションを『Specify a location』 を選択 し、選択解除して下さい。 次に [Next] をクリックします。

      /image/gif/paws/9214/win2k-4.gif

    『Specify a location』 を選択 した場合、ウィザードはドライバファイルの位置のために問い合わせます。 ファイルを抽出し、『OK』 をクリック する フォルダのためのパスを入力して下さい。

    この同じクエリは『Next』 をクリック した前に適切なドライブに挿入しなかったらディスクを『Floppy disk drives』 を選択 したが、または CD-ROM ドライブ現われます。 適切なディスクを挿入し、続くために『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/9214/win2k-5.gif

  4. ウィザードがインストール ファイルを見つけて、クライアント アダプタのドライバが表示されたら、[次へ] をクリックして必要なファイルをコピーします。

    /image/gif/paws/9214/win2k-6.gif

  5. Windows はインストールを終了したことを示すメッセージを受け取るとき、『Finish』 をクリック して下さい。

    win2k-7.gif

  6. フロッピーディスクか CD-ROM を取除いて下さい。

  7. マイ コンピュータを、コントロール パネル、システム ダブルクリックして下さい。 System Properties ウィンドウで、Hardware タブを選択し、『Device Manager』 をクリック して下さい。

    win2k-8.gif

  8. Device Manager ウィンドウでは、ネットワークアダプタをダブルクリックして下さい。 シスコシステムズ ワイヤレスLANアダプタ デバイスを右クリックし、ショートカット メニューから『Properties』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/9214/win2k-9.gif

  9. Properties ウィンドウで、Advanced タブを選択して下さい。 左の Property カラムから『Client Name』 を選択 し、そして Value フィールドの固有のクライアント ネームをタイプして下さい。

    ここでは例示目的でクライアント名として montecitoが表示されています。 入るために正しいクライアントネームを判別するようにネットワーク管理者に連絡する必要がある場合もあります。

    /image/gif/paws/9214/win2k-10.gif

  10. [Property] 列から [SSID] を選択します。 RF (Value フィールドのネットワークのための大文字/小文字の区別がある) SSID を入力して下さい。

    ここでは例示目的でデフォルトの SSID tsunami が表示されています。 入るために正しい SSID を判別するようにネットワーク管理者に連絡する必要がある場合もあります。 [OK] をクリックして [Properties] ウィンドウを閉じます。

    /image/gif/paws/9214/win2k-11.gif

  11. コンピュータが自動的に DHCPサーバからの IP アドレスを(ネットワーク管理者とこれをチェックして下さい)得なかったら、次の手順に従って下さい。

    1. [マイ コンピュータ]、[コントロール パネル]、[ネットワークとダイヤル ネットワーク接続] の順にダブルクリックします。

    2. [ローカル エリア接続] を右クリックして、ショートカット メニューから [プロパティ] を選択します。

      /image/gif/paws/9214/win2k-12.gif

    3. コンポーネントのリストから、[インターネット プロトコル(TCP/IP)] を選択したら、[プロパティ] をクリックします。

      /image/gif/paws/9214/win2k-13.gif

    4. [次の IP アドレスを使う] を選択して、コンピュータの IP アドレス、サブネット マスク、およびデフォルトのゲートウェイを入力します。 (この情報はシステム アドミニストレータから得ることができます)。 [OK] をクリックします。

      /image/gif/paws/9214/win2k-14.gif

    5. [ローカル エリア接続のプロパティ] ウィンドウで、[OK] をクリックします。

  12. コンピュータを再起動するように指示されたら、[はい] をクリックします。

    ドライバのインストールはこれで終了しました。

ユーティリティのインストール

Windows 2000 に適切なドライバをインストールし終えたら、Aironet Client Utility(ACU)、Link Status Meter(LSM)、および Client Encryption Manager(CEM)などのユーティリティをインストールすることができます。

LSM および CEM ユーティリティは ACU バージョン 5.01 および それ 以降にマージされます。 ACU バージョン 5.01 以降を使用する場合は、これらのユーティリティをインストールしないでください。

  • ACU を使用すると、クライアント アダプタを設定し、サーバベースの認証を使用可能にし、さらに Wired Encryption Privacy(WEP)機能を有効にできます。

  • LSM はトラブルシューティングとステータス情報を提供します。

  • CEM では、クライアント アダプタに 1 つ以上の WEP キーを設定できます。

コンピュータに CD-ROM ドライブが装備されていない、または Cisco Aironet シリーズ ワイヤレス LAN アダプタ用 CD を所有していない場合は、シスコ ソフトウェア センター からユーティリティをダウンロードしてください。「ワイヤレス ソフトウェア製品 - Cisco Aironet のドライバとユーティリティ」の下から、自分のコンピュータの OS および適切なユーティリティを選択します。

Windows 2000 のためのクライアントユーティリティをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 動作中の Windows プログラムをすべて終了します。

  2. CD-ROM からインストールする場合、CD-ROMドライブに Ciscoエアロネットシリーズ ワイヤレスLANアダプタ CD-ROM を挿入して下さい。 ユーティリティをダウンロードした場合、一時フォルダにダウンロードされたパッケージからファイルを抽出して下さい。

    /image/gif/paws/9214/win2k-15.gif

  3. 次のいずれかの手順を実行して、ユーティリティのセットアップ プログラムを開始します。

    • CD-ROM からユーティリティをインストールする場合、(E が CD-ROMドライブの文字であるかところで)このパスを Start > Run の順に選択 し、タイプして下さい: E:\Utilities\ACU\setup.exe。 CD-ROM の異なるバージョンはここに示されているようにパス E:\utils\setup.exe を、使用するかもしれません。

      /image/gif/paws/9214/win2k-16.gif

    • ユーティリティをダウンロードしたら、[Start] > [Run] を選択し、ファイルを抽出した一時フォルダのパスを入力します。 下記の例は c:\temp\Setup.exe のパスを表示します。

      win2k-17.gif

  4. Welcome 画面が表示されたら、[次へ] をクリックします。

    /image/gif/paws/9214/win2k-18.gif

  5. [Authentication Method] ウィンドウで、現在の場所のワイヤレス ネットワーク アクセスに適したサーバベースの認証方法を選択し、[Next] をクリックします。

    • デフォルト値を選択する場合、どれもクライアントアダプタのために、サーバベース認証 有効に なりません。 セキュリティ機能、または選ぶことができた後あなたを設定しないためにクライアントユーティリティ インストールが、WEPキーの使用によってセキュリティレベルをアクティブにすることができます。 設定 WEPキーに関する説明に関しては Cisco Aironet Wireless LAN アダプタ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを CEM を使用して WEP によって ACU 有効に なる参照しか、または WEP の設定を参照して下さい。

    • EAP 対応の RADIUS サーバがネットワークで動作しているときに、[LEAP] を選択すると、クライアント アダプタで LEAP が有効になります。 LEAP が有効に なった、コンピュータがリブートされる後、クライアントアダプタは RADIUSサーバに認証し、ネットワークログオンを使用し、セッションベースのWEPキーを受け取ります。

    • [EAP] は、一部のバージョンまたは一部のオペレーティング システムでは選択できません。 EAP が利用できればおよびそれを選択すれば、EAP使用可能なRADIUSサーバがネットワークで動作すれば、クライアントアダプタの EAP 有効。 コンピュータが組み込み EAP サポートとオペレーティング システムを使用しない場合、このオプションは利用できません。 EAP が有効に なった、コンピュータがリブートされる後、クライアントアダプタは RADIUSサーバに認証し、ネットワークログオンを使用し、セッションベースのWEPキーを受け取ります。

      win2k-19.gif

  6. Select Components ウィンドウで、インストールしたいと思う選択し、インストールしたいと思わない選択解除して下さいクライアントユーティリティを。 [Next] をクリックします。

    /image/gif/paws/9214/win2k-20.gif

  7. Select Program Folder 画面では、[次へ] をクリックして、クライアント ユーティリティのアイコンを Cisco Aironet フォルダに配置します。

  8. Setup Complete ウィンドウでは、これらの 1 つを行って下さい:

    • ステップ 5 のサーバベース認証を『No』 を選択 した場合、『Launch the Aironet Client Utility』 を選択 し、『Finish』 をクリック して下さい。 ACU が開き、クライアント アダプタを設定できます。

      /image/gif/paws/9214/win2k-21.gif

    • ステップ 5 の『LEAP』 を選択 したりまたは EAP サーバベース認証、『Yes』 を選択 して下さい、マイ コンピュータを今再起動したいと思い CD-ROMドライブから CD-ROM を取除き、『Finish』 をクリック します。 コンピュータが再起動したら、ネットワーク ログイン画面でユーザ名とパスワードを入力します。 上記の EAP および LEAP セクションに説明がある出来事の順序の後でクライアントアダプタはサーバにクライアントアダプタが EAP 対応 の アクセス ポイントに関連付けるために設定されれば、認証し、セッションベースのWEPキーを受け取ります。

    これで、ユーティリティのインストールは完了です。 各ユーティリティの使用手順については、「Cisco Aironet ワイヤレス LAN アダプタ向けソフトウェア設定ガイド」を参照してください。

インストールの検証

きちんと適切なドライバおよびクライアントユーティリティをインストールしたことを確認するために、デスクトップの ACU アイコンのダブルクリックによって ACU を開いて下さい。 正常にインストールされている場合は、Aironet クライアント ユーティリティの画面の左下隅に、クライアント アダプタがアクセス ポイントに関連付けられていることが示されます。

クライアントアダプタが認証され、セッションベースのWEPキーを受け取ったことを確認するために(クライアントアダプタのイネーブルになった LEAP か EAP)、デスクトップのシステムトレイをチェックして下さい。 2 台のコンピュータが接続されたような形状の WepStat アイコンがシステム トレイに表示され、LEAP または EAP が認証されたこと、および WEP が有効になっていることが示されます。 さらに、LEAP か EAP およびイネーブル WEP は ACU の Network Security 画面で選択されます。 詳細については、WEP の設定を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 9214