音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager H.323: 転送後または保留後に音声が単方向しか通じない問題

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified CallManager によって、CallManager で設定される H.323 エンドポイントがゲートウェイの FastEthernet サブインターフェイスである場合コールを転送したか、またはコールを保留の状態で送信する後単方向音声問題に直面するかもしれません。 これは、特に保留音(MOH)が有効な場合に発生します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題 1

IP Phone は誤ったIPアドレスに転送されるか、またはオン ホールド コールを再開した後リアルタイムトランスポートプロトコル (RTP)パケットを送信します。

解決策 1

問題を解決するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ゲートウェイで、仮想インターフェイスでの H.323 のサポートに記述されているようにループバックインターフェイスおよび h323-gateway voip バインド srcaddr ip_address コマンドを、設定して下さい。 Cisco IOS H.323 ゲートウェイを設定する時このループバックIPアドレスを使用するようにして下さい。

  2. ゲートウェイで voice rtp send-recv をグローバルに設定する。

    このコマンドは Cisco IOSボイス、ビデオおよびファクシミリ コマンドで文書化されています: Si を通した Z。

  3. Cisco IP 音声メディア ストリーミングアプリケーションにサービスパラメータの正しい MOH コーデックを選択したことを確認して下さい。

追加ソリューションおよびサポート ドキュメントについては「関連情報」セクションを参照して下さい。

問題 2

H.323 ゲートウェイによって Cisco Unified CallManager を使用するとき、コールを転送しなかったか、またはエラーメッセージに先行しているコールか会議を利用可能 な mtp リソース保留にする後一方通行の音声を経験するかもしれません。

解決策 2

この問題は Gateway Configuration ページの Media Termination Point Required チェックボックスがチェックされない場合発生する場合があります。 Media Termination Point Required をチェックするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager の Administration ページを開きます。

  2. Device > Gateway の順に選択 して下さい。

  3. ゲートウェイを選択し、Gateway Configuration ページを開いて下さい。

  4. Media Termination Point Required チェックボックスでクリックして下さい。

  5. [Update] をクリックします。

  6. 変更を有効にするために『Reset Gateway』 をクリック して下さい。

メディアの停止ポイントに関するおよび Cisco Unified CallManager の設定詳細については、Cisco CallManager Administration ガイドMedia Termination Point コンフィギュレーションセクションを、リリース 4.1(3) 参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 8604