音声 : アナログ シグナリング(E & M、DID、FXS、FXO)

FXO 接続解除の問題について

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は外国為替事務所 (FXO) 切断問題を問題を理解するのを囲む助け、この問題を訂正するために指導を提供します。 それはまた問題を取扱うために作成された、そしてどのようにこれらがさまざまな Cisco IOS で設定することができるシグナリングの既知の方式を簡潔に説明しますか。 これは設定マニュアルではありません。 それは複雑のかもしれないおよび実装のバリエーションをですリリースによって重要な問題理解するのを助けるガイド。

この資料で説明されているさまざまな Cisco IOS ソフトウェア リリースに関するドキュメントの深い 読みは機能の正しい設定を確認するために推奨されます。

前提条件

要件

音声シグナリングの基本的な知識はこの資料をよりよく理解するために必要となります。 音声シグナリング手法に関する詳細については、音声ネットワーク シグナリングを参照し、制御して下さい

FXO 音声インターフェイス カードのよりよい知識に関しては、FXO 音声インターフェイス カードを理解することを参照して下さい。

使用するコンポーネント

この資料はあらゆる特定のソフトウェア および ハードウェア バージョンに制限 されません。 それは FX 切断問題と問題を論議し、FXO 音声インターフェイス カードに関連しています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

FX 切断問題を理解して下さい

loop-start シグナリングが使用される時、スイッチ(構内交換機 (PBX)、Public Switched Telephone Network (PSTN)、鍵システム)への電話のようにルータの FXO インターフェイス見えに接続する。 FXO インターフェイスはオフフックを示すためにループを閉じます。 スイッチは常にバッテリを供給していることから、スイッチ側でのコール切断の監視は行われていません。 スイッチが電話ユーザ コールが(どちら側でも)終了する時(FXO インターフェイスの例)が電話をハングアップすると期待するので、またハングアップするとルータの FXO ポートが期待します。 この「人の介入」は、ルータには実装されていません。 FXO ポートは、スイッチから切断する(またはバッテリを遮断してオンフックを知らせる)タイミングが通知されると予測します。 このような理由で、一度コールのどちらかの終わりがハングアップすることを近端か遠端 FXO ポートがコールを切断するという保証がありません。

この問題のもっとも一般的な現象は発信者が鳴りクリアしたら、または以前の呼び出しがクリアする必要があった後使用中に残る FXO ポート続ける電話です。

ゲートウェイが H.323 ファースト開始するを使用するとき、OpenLogicalChannel メッセージ タイマーは Cisco Unified CallManager が確認応答(ACK)およびリモートフォンの IP アドレスと応答できる前に切れます。 従って、ゲートウェイは Cisco Unified CallManager がコールをルーティングできる前に接続解除を送信 します。 FXO からの着信コールが切断されている場合、使用するデフォルトである遅い開始する Gateway Configuration ページのイネーブル 受信 FastStart をチェックしなければ) (必要があります。 これは着くゲートウェイが接続解除を送信 する前に OpenLogicalChannelAck の十分な時間を与えます。

一般的なシナリオ

簡単な経験則として、ローカルルータに FXO ポートがあり、FXO ポートの呼出を起こせば、それはそのコールをコントロールし、ローカル接続解除を提供できます。 ローカルルータに FXO ポートがあればおよびコールを受信すれば、接続されたスイッチがこの接続解除場合を提供することを必要とします。

/image/gif/paws/8120/fxo_disconnect3.gif

すべて の シナリオはスーパバイザリ 切断 機能が PBX で設定されないと仮定します。

シナリオ 1

Phone-A が Phone-B に電話をかけます。 Phone-B は答えません。 Phone-A はそれからオンフックに行きますが、ルータの FXO に phone-A によって行う変更をのシグナル情報が(オンフックに行く)ないので phone-B は鳴り続けます。 コールが応答される場合、phone-B がハングアップするまで phone-A の操作に関係なくアクティブにとどまります。

シナリオ 2

Phone-B が Phone-A に電話をかけます。 ルータの FXO ポートがコールを送信したので phone-A 返事が、コール切断されている前にユーザがハングアップする時、または phone-B がハングアップすれば。 ただし、phone-A が phone-B の前にハングアップすれば、コールは phone-B がハングアップするまでアップのままになっています。

シナリオ 3

これはどちらの方向でも送信される呼び出しが its の FXO ポートのコールを受信するルータという結果に終るので最も悪い可能 な シナリオです。 コールの場合には PSTN から入る、それは悪い状態としてないかもしれません。 これは PSTN スイッチが頻繁に接続解除(ground-start か power-denial を)提供し、という理由によります遠端 ルータは its の FXO ポートからのコールを終了します。 ただしコールがルータの FXO ポートに入って来るので、PSTN への呼び出しにこの資料の全体にわたって論議される同じ問題があります。

監視切断シグナリング方式を理解して下さい

グラウンドスタート シグナリングの接続解除

Ground-start シグナリングはルータの FXO ポートでスイッチが ground-start 接続を提供することができる場合使用することができます。 設定されたとき、スイッチは接続からグラウンドを取除き、FXO ポートはオンフックに行きます。 このオプションは Cisco 1750, 2600, 3600 で利用できます、3700 および MC3810 シリーズ マルチサービス ルータ。

Power Denial ベースの監視コール切断

パワー拒否 検出は少なくとも 350 ミリ秒を持続させるスイッチまたは PBX からの FXO ポートへ行電源の割り込みです、 電源がもはやないし、スーパバイザリ 切断示す値としてこれを解読するルータ 検出の FXO インターフェイス。 これは Cisco IOS のすべてのバージョンで Cisco 1750, 2600, 3600 で利用可能、音声サポートがある 3700 および MC3810 シリーズ ルータ アナログ FXO ポートです。 次にこれを図示します。

/image/gif/paws/8120/fxo_disconnect1.gif

バッテリー リバーサル

バッテリーリバーサルは PBX のバッテリー 極性の反転によって設定されます。 これは全体のメッセージ交換全体反転させて極性がコールが(遠端の応答)接続されるとき最初にされます。 呼出し切断を示すために遠端の切断が標準に、バッテリー 極性戻る時。 PBX は請求書を送り始めるバッテリー 反転 表示を使用します。

Foreign Exchange Station (FXS) ポートは呼接続に普通バッテリを反転させます。 従って、バッテリーリバーサル検出をサポートしない FXS ポートが FXO ポートに接続されれば、予期せぬ動作を防ぐために FXS ポートのバッテリーリバーサルをディセーブルにする必要があります。

トーンベースの監視コール切断

監視信号音は示すために生成 PBX がことをコール リリースされたできる聞こえる周波数です(発信者背部オンフック)および接続は切断されるはずです。 トーンはほとんどの国で異なっています。 ルータの FXO ポートはトーンをスーパバイザリ 切断として解読し、コールを切断するために設定することができます。

この監視信号音切断 の 図例では、コールは遠端になされます。

/image/gif/paws/8120/fxo_disconnect2.gif

FXO Voice Interface Cards (VIC)の中の比較

VIC グラウンドスタート シグナリングの接続解除 Power Denial ベースの監視コール切断 バッテリー リバーサル トーンベースの監視コール切断
VIC-2FXO なし
VIC-2FXO-M1/VIC-2FXO-M2
VIC2-2FXO/VIC2-4FXO

スーパバイザリ 切断 シグナリングを設定して下さい

Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3ma およびそれ以降のパワー拒否をサポートするために FXO ポートを設定して下さい

supervisory disconnect signal コマンドはパワー拒否認識のためのサポートをつけます。 これはデフォルト設定です。 no supervisory disconnect signal コマンドを設定することはこのリリースのパワー拒否のためのサポートを消し、また基本的 な 監視音 切断のためのサポートを有効に します。 監視信号音切断をサポートするために設定します FXO ポートを参照して下さい。

FXO_Paper(config)#voice-port 2/1/1
FXO_Paper(config-voice)#supervisory disconnect signal
FXO_Paper(config-voice)#end
FXO_Paper#

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(7)xk およびそれ以前のバッテリーリバーサル検出をサポートするために FXO ポートを設定して下さい

バッテリーリバーサルのためのサポートを設定するために、battery-reversal コマンドは音声ポートに適用されます。 この機能は起動からの Cisco MC3810 シリーズ ルータでサポートされました。 Cisco 2600/3600 プラットフォームは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(7)xk で最初にサポートされました(Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T)で特別な FXO ハードウェア VIC-2FXO-M1 および VIC-2FXO-M2 の付加を必要とし、統合。

FXO_Paper(config)#voice-port 2/1/1
FXO_Paper(config-voice)#battery-reversal
FXO_Paper(config-voice)#end
FXO_Paper#

VIC-2FXO-M1 および VIC-2FXO-M2 に関する詳細については、FXO 音声インターフェイス カードを理解することを参照して下さい。

バッテリ逆転の設定に関する詳細については、Cisco 2600 および 3600 シリーズ ルータおよび MC3810 シリーズ コンセントレータの音声ポート機能拡張を参照して下さい。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3ma の監視信号音切断をサポートするために FXO ポートを設定して下さい

監視信号音切断は Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3ma で最初にサポートされました。 アクティベーションは no supervisory disconnect signal コマンドの設定とありました。 このリリースでは検出は 600 ヘルツ トーンを検出するただ FXO が最小、ので接続解除場合でした。

FXO_Paper(config)#voice-port 2/1/1
FXO_Paper(config-voice)#no supervisory disconnect signal
FXO_Paper(config-voice)#end
FXO_Paper#

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T の監視信号音切断をサポートするために FXO ポートを設定して下さい

監視信号音検知は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(3)T でより詳しいサポートを与えるために変更されました。 Command Line Interface (CLI)はまた変更されました。 このリリースから、接続解除音をコールの間に(mid-call コマンドの設定によって)、またはコールセットアップの間にだけ絶えず検出するために設定することは現在可能性のあるです(設定で pre-connect コマンドを使用することによって)。 anytone の検出は(anytone コマンドによって設定される)コールセットアップの間にだけ動作します。 anytone の検出を設定する場合、またルータの自身のリングバックトーンの検出による切断を防ぐことをエコー 消去が可能にして下さい。

もう一つの新しい 機能は音声クラスを作成する機能です。 これはさまざまな国からの PBX によって作成されるトーンを一致するために設定されるべきトーンを組み立てるのに使用するさまざまなコンポーネントを可能にします。 音声クラスを作ることができる多数のコマンドがあるので機能性を説明するこの資料の範囲を超えてあります。 詳細な情報のためのリリースドキュメンテーションを参考にして下さい。

FXO_Paper #configure terminal  
FXO_Paper(config)#voice-port 3/1/1
FXO_Paper(config-voiceport)#supervisory disconnect dualtone pre-connect voice-class 90
FXO_Paper(config-voiceport)#end

 FXO_Paper(config)# voice class dualtone 90
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-pair 1 350 440
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-pair 2 480 850
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-pair 3 1000 1250
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-max-deviation 10
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-max-power 6
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-min-power 25
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-power-twist 15
     FXO_Paper(config-voice-class)# freq-max-delay 16
     FXO_Paper(config-voice-class)# cadence-min-on-time 50 
     FXO_Paper(config-voice-class)# cadence-max-off-time 500
     FXO_Paper(config-voice-class)# cadence-list 1 100 100 300 300 100 200 200 200
     FXO_Paper(config-voice-class)# cadence-list 2 100 200 100 400 100 200 300 300
     FXO_Paper(config-voice-class)# cadence-variation 8
     FXO_Paper(config-voice-class)# exit

voice class dualtone コマンド モードの下の freq-pair コマンド以外のすべてのコマンドは非表示です。

スーパバイザリ 切断デュアルトーン コマンドは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)XM および 12.2(2)T から修正され、改善されます。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)XM および 12.2(2)T からの監視信号音切断をサポートするために FXO ポートを設定して下さい

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)XM および 12.2(2)T は多くの改善および変更をもたらしました。 これらはコマンド・ラインへの変更が、「トーン検知許容範囲」クラスの付加、カスタム音声クラス 設定への変更含まれていて、カスタマイズされた Cptones の作成、および機能をあらかじめ定義された国別コール プログレス トーンを使用する有効に します。 あらかじめ定義された国別コール プログレス トーンはないカスタム音声クラスを設定しなければならないことの方法を提供します。 これは機能を展開するのに必要とされる全面的な設定を大幅に減らします。 これは音声ポートに cptone ロケール コマンドを適用することによって設定されます。 最初にこの方式がカスタム設定をことを使用するように試みる前に最初に試行されることを推奨します。

次に設定例を示します。 コマンド タイムアウト待機リリース 5 およびタイムアウト呼出し切断 5.の包含に注意して下さい これらのタイマーのデフォルトは正常な使用で余分の証明できる 30 秒および 60 秒です。 従ってローカル状態に適するために、タイマーの値を小さくする必要があります。 ガイドとして、5 秒は両方のより満足な値として考慮することができます。

FXO_Paper#configure terminal  
FXO_Paper(config)#voice-port 3/1/1
FXO_Paper(config-voiceport)#supervisory disconnect dualtone mid-call
FXO_Paper(config-voiceport)#cptone us
FXO_Paper(config-voiceport)#timeouts wait-release 5
FXO_Paper(config-voiceport)#timeouts call-disconnect 5
FXO_Paper(config-voiceport)#exit

: timeouts call-disconnect コマンドは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(5)xm で隠されます。

FXO Disconnect Supervision はローカル Cisco MC3810 シリーズ コンセントレータのアナログ音声ポート間の毛によってピンで止められるコールでデジタル信号プロセッサ(DSP)がバイパスされるので(FXS および FXO)サポートされません。 ヘアピニングが no voice local-bypass global configuration コマンドで消える場合、FXO Disconnect Supervision はサポートされます。

Cisco MC3810 シリーズ コンセントレータはハイパフォーマンス圧縮 モジュール(HCM)によってトーン検知をサポートするために装備する必要があります。 標準の音声圧縮 モジュール(VCM)は FXO Disconnect Supervision 機能をサポートしません。

デフォルト以外のトーン検知許容を設定するために、voice class dualtone-detect-params コマンドを使用して下さい。 詳細については、FXO Disconnect Supervision を参照して下さい。

この資料のコマンドの何れかに関する詳細については、Command Lookup Tool登録ユーザのみ)を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 8120