WAN : ハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)

HDLC バックツーバック接続

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 6 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書では、High-Level Data Link Control(HDLC; ハイレベル データリンク コントロール)のバックツーバック接続の設定例について説明します。 この例を使用して、使用するハードウェアや接続が正しく機能しているかどうかを確認できます。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/7927/hdlc_back.gif

シスコ ルータにおけるシリアル接続のデフォルトのカプセル化方式は Cisco HDLC です。したがって、ルータ上でこれを明示的に設定する必要はありません。 したがって、カプセル化のタイプは設定に表示されません。

バックツーバックのシリアル接続では、ケーブルの DCE 側に接続されたルータは、シリアル接続にクロック信号を提供します。 インターフェイス設定モードで clockrate コマンドを使用すると、ケーブルの DCE 側のルータ(このでは Prasit)がシリアル接続にクロック信号を提供するようになります。 ケーブルのどちらの終端がシリアル インターフェイスに接続されているのかを判別するには、show controllers コマンドを実行します。

この設定では、ケーブルの DCE 側が Prasit に接続され(clockrate コマンドを実行)、DTE 側が Spicey に接続されます。

設定

このドキュメントでは次に示す設定を使用しています。

Prasit
interface Serial0 

  ip address 5.0.2.1 255.255.255.0

  clockrate 64000

  no cdp enable

Spicey
interface Serial1

  ip address 5.0.2.2 255.255.255.0

  no cdp enable

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。これにより、show コマンド出力の分析を表示できます。

  • show controllers

  • ping

  • show interfaces

下記に示す出力は、これらのコマンドをこの設定例で使用しているデバイスで実行した結果です。

show controllers コマンドは、物理層が動作していることと、接続されているケーブルのタイプを表示します。 次の出力では、Prasit が DTE 側に接続され、Spicey が DTE 側に接続されています。

prasit#
show controllers serial 0

   HD unit 1, idb = 0xF22E4, driver structure at 0xF7778

   buffer size 1524 HD unit 0 1, V.35 DCE cable, clockrate 64000 


!--- Output suppressed.
 



spicey#
show controllers serial 1

   HD unit 1, idb = 0x24824C, driver structure at 0x24F828

   buffer size 1524 HD unit 1, V.35 DTE cable   


!--- Output suppressed.
 

Prasit

Prasit に対し、次のコマンドを発行します。

prasit#ping 5.0.2.2

Type escape sequence to abort.

Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 5.0.2.2, timeout is 2 seconds:!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 28/31/32 ms
prasit#show interfaces serial 0
Serial1 is up, line protocol is up 
  Hardware is HD64570
  Internet address is 5.0.2.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:01, output 00:00:04, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
     Conversations  0/1/256 (active/max active/max total)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     205 packets input, 4920 bytes, 0 no buffer
     Received 33 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     590 packets output, 4570 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 87 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     116 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up
prasit#

Spicey

Spicey に対し、次のコマンドを発行します。

spicey#ping 5.0.2.1
 
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 5.0.2.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 32/32/32 ms
spicey#show interfaces serial 1
Serial1 is up, line protocol is up	
  Hardware is HD64570
  Internet address is 5.0.2.2/24
  MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:08, output 00:00:05, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/1000/64/0 (size/max total/threshold/drops)
     Conversations  0/1/256 (active/max active/max total)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
     Available Bandwidth 1158 kilobits/sec
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     591 packets input, 4592 bytes, 0 no buffer
     Received 43 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     210 packets output, 5030 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 61 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     180 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up spicey#

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 7927