音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco WebAttendant

Cisco CallManager 3.0 の WebAttendant クライアント アプリケーション TCD データベース パスの位置の指定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

概要
タスク 1: TCD データベース パスの変更
タスク 2: ネットワーク ドライブのマップ
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントは、10 部で構成されるドキュメント セットの第 6 部です。 各ドキュメントの詳細は、ドキュメント セットの索引で次の項目を参照してください。
CallManager 3.0用のCisco WebAttendant のインストールおよび設定

デフォルトで、WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションは Cisco Unified CallManager サーバのユーザデータベースからのキャッシュされたユーザ ディレクトリ 情報を直接使用するために設定されます。 これは優先 する オプションです。 この場合、データベースへの WebAttendant クライアントのパスは <dns 名前が > CallManager Server の名前であるところ <ip アドレスが > CallManager Server のアドレスであるか、または[\ \ <dns 名前 > \ WAUSERS]ところあります[\ \ <ip アドレス > \ WAUSERS]。

しかし WebAttendant クライアントがユーザデータベースにアクセスするようにするためのその他のオプションがあります。 WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションはデータベース単独で指すためにハード ドライブのまたはマッピング された ネットワーク ドライブを使用してリモートサーバのハード ドライブのローカル コピーを設定することができます。 代わりのオプションの 1 つを実装することにする場合データベースは位置に WebAttendant クライアントのために使用していること手動で(CallManager Server からコピーされて)、ように WebAttendant クライアントが最新 データベースにアクセスできることができる定期的にリフレッシュする必要があります。

タスク 1: TCD データベース パスの変更

このタスクはユーザデータベースのローカル コピーを指すために WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションを設定する方法を説明します。 この例では、ファイルのコピーはローカル フォルダー d:\users に置かれます。

この方式を使用するために選択する場合 Cisco Unified CallManager を通して行った Cisco WebAttendant クライアントへのどのデータベース変更でも自動的に使用できるように行いません。 データベース ファイルの新しいバージョンは WebAttendant クライアントがを指されること位置か場所にコピーされなければなりません。 これは adminstrator によって手動ですることができますまたは最新のデータベースのコピーが CallManager Server の FTP ルート フォルダで保存される場合ユーザ自身はそれをすることができます。 FTP ルート フォルダのファイルを配るのに使用の情報についてはクライアントPCでのCisco WebAttendant のインストールおよび設定を参照して下さい。

: マッピング された ネットワーク ドライブの使用によってリモート フォルダを指すことのためのステップはでローカル フォルダーを指しますと同じ。 しかし WebAttendant クライアント PC はユーザデータベースにアクセスするためにリモート フォルダを指定するマッピング された ネットワーク ドライブを必要とします。 リモート フォルダにネットワークをマッピング することの説明については次のタスクを参照して下さい。

ローカル フォルダー d:\users に修正されたユーザデータベースののコピーを(UsersDB1.mdb か UsersDB2.md)ごく最近置いて下さい。 データベース ファイルは C:\Program Files\Cisco\Users\ に CallManager Server にあります。

WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションを開始して下さい。 利用可能ではないデータベースに関するメッセージが表示されたら『OK』 を選択 して下さい。

  1. WebAttendant コンソール 画面から設定オプションを選択して下さい。
  2. 次のような画面が表示されます。 WebAttendant Settings ウィンドウ のボタンをクリックして下さい。


     

  3. 次のような画面が表示されます。

    : この場合フォルダは d:\users に既に変更されてしまいました。
  4. データベース UsersDB1.mdb を選択して下さい。

  5. 、そして良い『Open』 をクリック して下さい。 WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションを再起動するまで変更が実施されないこと知らせられます。

    今次と同じような画面を見るはずです。

  6. WebAttendant コンソールを終了して下さい。

タスク 2: ネットワーク ドライブのマップ

このタスクは server1 と指名されたリモートサーバの wa_dbase と名付けられたフォルダにネットワーク ドライブをマッピング する方法を説明します。 wa_dbase フォルダは server1 の共有フォルダとして既に設定されてしまいました。 共有フォルダの設定に関する詳細を必要としたら Cisco WebAttendant のユーザ ディレクトリ データベース情報の共有を参照して下さい。

  1. WebAttendant PC デスクトップの Network アイコンを右クリックして下さい。
  2.  

  3. 『Map Network Drive』 を選択 して下さい。

  4.  

  5. ユーザデータベースが含まれているリモート フォルダにパスを入力して下さい。 形式は[\ \ <server_dns_name > \ shared_folder_name]またはあります[\ \ <server_ip_address > \ shared_folder_name]。 この場合 server1 および wa_dbase、それぞれ。
  6. [OK] をクリックします。

    これで、このタスクは完了です。 1 に任せ、新しいデータベース の ロケーション e:\ を使用するために戻して下さい。 WebAttendant クライアント クライアント アプリケーションを設定することを終わるため。

    このタスクを完了しました。 メインインデックスページに戻って下さい。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報



Document ID: 7914