音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco WebAttendant

Cisco CallManager 3.0 用の Cisco WebAttendant のパイロット グループとハント グループの設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、10 部で構成されるドキュメント セットの第 3 部です。 これらの各ドキュメントの情報については、このセット、『Installing and Configuring Cisco WebAttendant for CallManager 3.0』のインデックスを参照してください。

この資料にサーバ観点からの Cisco Unified CallManager のための Cisco WebAttendant を設定する方法を説明されています。 詳細についてはクライアント側の Cisco Web Attendant のインストールを参照して下さい。

このドキュメントでは、Default Device Pool を使用します。 また、すべての場所は <None> に、すべてのコーリング サーチ スペースは <None>,  に、すべてのパーティションは <None> に設定されます。 適切な場合トポロジーにこれらのフィールド値を適応させることを確かめて下さい。

Cisco CallManager サーバの Cisco WebAttendant はパイロット ポイントおよび呼ルーティングを制御するために関連するハント グループを使用します。 Cisco WebAttendant 複数のユーザはハント グループとあらゆる個々のユーザのサブスクリプションに可能性のあるを可能にするためにカスケードすることができます。 ハント グループの最初のメンバーに別の Cisco WebAttendant Pilot ポイントを指すハント グループより最初の 4 人のメンバーを構成する 4 つの行電話があれば、第 5 ハント グループ メンバーは追加することができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

説明されている Cisco WebAttendant ハント グループ

この図は最初のハント グループが単一 Cisco WebAttendant クライアント(ユーザ ID = wa)および関連する電話の 4 つの行をどこに指すかシナリオに示します。 第 2 ハント グループは 4 IP 電話を IP AutoAttendant か音声メール DN 指し。 WA ユーザがコンソール ログイン されない場合、呼び出しはパイロット ポイント 4001 にすぐにルーティングされます。

/image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot1b.gif

この図で説明されるハント グループの DN を設定するとき着信コール次のメンバーへのルーティングだけ前のメンバー、DN -行、使用中です。

次に、例を示します。

  1. ユーザ WA が Cisco WebAttendant アプリケーション ログイン されないのでパイロット ポイント 4000 が着信コールを扱わなければ、パイロット ポイント 4001 に渡されます。

  2. パイロット ポイント 4001 は最初の利用可能 な DN にコールをルーティングします。 この場合、8001 がビジーで、8002 が使用可能と仮定します。

  3. コールは 8002 に渡され、8002 が割り当てられる電話は鳴ります。

  4. この時点で、コールがハント グループの制御下ではなくなります。 8002 へのコールが応答されない場合、この行が返事で転送するために設定されなければ失われるようになります。

  5. Cisco WebAttendant クライアントがこの電話を制御しないので、返事オプションの前方は許可されません。 それは電話でその Cisco WebAttendant クライアント制御許可されません。

この例のポイントはコールがそれに可能性のあるルーティングされる時はいつでも各行のために利用可能 な ユーザがあることを確かに確認する場合その時だけハント グループで DN を使用することを示すことです。

タスク 1: パイロット ポイントを作成して下さい

パイロット ポイントとハント グループは、Cisco Telephony Call Dispatcher(TCD)が Cisco WebAttendant にコールをルーティングする前に設定する必要があります。 Cisco WebAttendant パイロット ポイントは、コールを受信し、関連付けられたハント グループのメンバーにリダイレクトする仮想電話番号です。 ハント グループのメンバーがリストで表示される順序で、コールのリダイレクションの順序が決まります。 最初の利用可能 な メンバーはハント グループで忙しくないコールを受信します。

  • パイロット ポイントは、ハント グループ メンバーのリストに基づいて TCD がコールを受信し、リダイレクトする仮想電話番号です。 パイロット ポイント数はシステム全体ユニークである必要があります従ってそれは共用ライン アピアランスである場合もありません。

  • ハント グループは、コールのリダイレクション順を決定する宛先リストです。 ハント グループはタスク 2.で設定されます

  1. Cisco CallManager メイン メニューから Service > Cisco WebAttendant を選択して下さい。

    /image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot1a.gif

  2. 設定の必要に応じて、フィールドに入力します。

    この表に記述されているように適切なコンフィギュレーションの設定を入力して下さい。

    フィールド 説明 使用方法に関する特記事項
    Pilot Name これはパイロット ポイントのわかりやすい名前です。 50 文字まで入力できます。
    Primary Cisco CallManager このパイロット ポイントを保守するのに TCD サービスが利用されている Cisco Unified CallManager の名前か IP アドレス。 コール処理およびデバイス ロード バランスをとることはプライマリ Cisco CallManager を選択するとき考慮に入れられます。
    Partition ドロップダウン リスト ボックスから『None』 を選択 して下さい。 Cisco WebAttendant パイロット ポイントはパーティションを使用しません。
    Calling Search Space このコーリング サーチ スペースで、コールをルーティングしようとするときにパイロット ポイントが検索するパーティションが決定されます。 ドロップダウン リストから Calling Search Space を選択して下さい。 Cisco WebAttendant パイロット ポイントに関連付けられたディレクトリ ベースのハント グループ メンバーは、パイロット ポイント番号のコーリング サーチ スペースが認識できるパーティションに存在する必要があります。
    Pilot Number (DirN) これはこのパイロット ポイントのためのディレクトリ番号です。 この数はシステム全体ユニークです従ってそれは共用ライン アピアランスである場合もありません。

    パイロット ポイントおよびハント グループを作成するとき、オーバーフロー状態を考慮すること確実でであって下さい。 たとえば、ハント グループで 3 つのディレクトリ番号とのサポートと、呼ばれる単一 パイロット ポイントがあれば、第 4 コールが入るとき 3 つのディレクトリ番号がすべて使用中であることは可能性のあるです。 この場合、コールをルーティングできる追加の電話番号はありません。

    ハント グループの最終的なディレクトリ番号はオーバーフロー状態を処理するために複数のインバウンドコールを同時に受け入れることができる IP AutoAttendant のような音声メールか他のあるアプリケーションにある場合もあります。

    TCD が回線状態を認識できる場合は、このボイスメール番号に対して [Always Route Member] を必ず有効にします。 さもなければ、この音声メール数は複数のコールを一度に受信しません。

    Cisco WebAttendant コンソールで使用される Cisco IP Phone の回線と電話番号については、コール ウェイティングとコール転送を無効にします。

    Cisco WebAttendant で使用されている電話機には、共有ライン アピアランスを使用しないでください。

    この例の設定は次のとおりです。

    • cisco パイロット name —

    • プライマリ Cisco CallManager —樹皮布

    • パイロット番号— 3000

    パイロット番号はあらゆる電話とユニーク、準である必要があります。

    /image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot2.gif

  3. [Insert] をクリックします。

    パイロット ポイントが作成されたら、パイロット ポイントに入る呼び出しがどのようにリダイレクトされるか規定 するためにハント グループを設定して下さい。

タスク 2: ハント グループを作成し、設定して下さい

コールがパイロット ポイントに入るとき、TCD はそのパイロット ポイントのためにコール 宛先を判別するために Hunt Group リストを使用します。 TCD は、コールのルーティング先として使用できる最初の宛先に到達するまで、ハント グループのメンバーを順番に調べます。 ハント グループ メンバーは Directory Number (DN)またはライン番号と Cisco WebAttendant ユーザとしてユーザ メンバー 規定 することができます。

  • DN が規定 される場合行があれば利用できる、使用中である、コールをルーティングしますかどうか、TCD はチェックし。 これは 1 IP Phone と関連付けられる DN です。 WebAttendant のための DN はユニークである必要があります。

  • ユーザおよびライン番号が規定 される場合行は利用できるかどうかチェックする前にユーザが Cisco WebAttendant およびオンラインにログオンされるかどうか、TCD はチェックします。 ユーザがログインしており、オンラインで、回線が使用可能な場合、TCD はコールをルーティングします。

ユーザの仕様および DN の代りのライン番号の長所は Cisco WebAttendant ユーザがログオンされるクラスタおよびレシーブ呼び出しの Cisco WebAttendant ソフトウェアによって制御することができ、Cisco IP Phone のオンラインことです。 DN を指定した場合、Cisco WebAttendant ユーザは、設定された DN を持つ電話機に関連付けられている PC にログインする必要があります。

  1. Hunt Group Configuration をクリックします。 このコマンドの位置のための前のイメージを参照して下さい。

  2. タスク 1 で設定されるこの例の左ペインからパイロット番号を、3000 選択して下さい。

    /image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot4.gif

    [New] をクリックします。

  3. [User Member Information] セクションに、ユーザと回線番号を入力します。

    表に説明がある適切なコンフィギュレーションの設定を入力して下さい。

    フィールド 説明 使用方法に関する特記事項
    デバイス メンバー 情報(これらのフィールドはディレクトリ数ベースのハント グループ メンバーにだけ適用します)
    Partition これはこのディレクトリ番号が属するルート パーティションです。 このハント グループ メンバーのためのディレクトリ番号がパーティションにある場合、パーティションを選択して下さい。 ディレクトリ番号がパーティションにない場合、『None』 を選択 して下さい。 ディレクトリ番号によって基づくハント グループ メンバーのためのパーティションしか選択なできます。 ユーザおよび行数ベースのハント グループ メンバーのためのパーティションを選択できません。

    ディレクトリ数ベースのハント グループ メンバーは関連するパイロット ポイントの Calling Search Space から見られる場合があるパーティションにある必要があります。

    Directory Number これはハント グループ メンバー デバイスのディレクトリ番号です。 パーティションが指定され、電話番号がそのパーティションにない場合は、エラー ダイアログボックスが表示されます。 このフィールドにディレクトリ番号を指定した場合は、ユーザ名と回線番号をいずれも入力できません。
    Always Route Member パーティションが指定され、電話番号がそのパーティションにない場合は、エラー ダイアログボックスが表示されます。 このフィールドにディレクトリ番号を指定した場合は、ユーザ名と回線番号をいずれも入力できません。 このオプションは、ボイスメール デバイスなど、同時に複数のコールを処理できるデバイスに対して有効にすることができます。 ルート メンバーはディレクトリ番号によって基づくハント グループ メンバーのためにしか常に規定 することができません。
    ユーザ メンバー 情報(これらのフィールドはユーザおよびライン番号 ハント グループ メンバーにだけ適用します)
    ユーザ名 これはハント グループ メンバーとして選択するべき Cisco WebAttendant ユーザの名前です。 ドロップダウン リストからユーザネームを選択して下さい。 このリストに表示されるのは、Cisco WebAttendant ユーザ設定を使用して追加されたユーザ名だけです。
    Line Number これは選択するべきライン番号のドロップダウン リストです。 ハント グループ メンバーとユーザおよびライン番号ペアを定義するときそのユーザが Cisco WebAttendant およびオンラインにログオンされるかどうか見るために、TCD はまずチェックします。 ユーザがオンラインでない場合、TCD は自動的にハント グループの次のメンバーを調べます。

    ユーザネームおよびライン番号の代りにディレクトリ番号(DN)を使用する場合、呼び出しは DN が割り当てられた電話にルーティングされるだけできます。 割り当てられたエクステンション(DN)に呼び出しを受け入れるために Cisco WebAttendant クライアントを使用したいと思うどのユーザでも IP Phone を制御するために設定された Cisco WebAttendant によって有効に される PC にログイン する必要があります DN を処理する。

    この例の設定は次のとおりです。

    • ユーザネーム— webattendant

    • ライン番号— 1

    WA_hunt_pilot5.gif

    [Update] をクリックします。

    この例に類似したウィンドウが開きます。

    /image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot6.gif

  4. 追加ユーザか DN を追加するためにステップ 2 および 3 を繰り返して下さい。

    新規 ユーザを入力した後、このタスクは完了しました。

タスク 3: TCD サービスを再開して下さい

Cisco WebAttendant サーバ設定を変更すると、ほとんどの場合、変更を有効にするためにサービスを停止し、再起動する必要があります。

注意 注意: TCD サービスをリセットする場合、サービスがオンラインになるまですべての TCD 呼ルーティングを停止します。

  1. Cisco CallManager メイン メニューから Service > Control Center の順に選択 して下さい。 それからサーバを選択して下さい。

    /image/gif/paws/7617/WA_hunt_pilot1.gif

  2. [Stop] をクリックします。

  3. 待機は 5 秒それから『Start』 をクリック します。

    これで、このタスクは完了です。

    インデックス ページに戻ります。


関連情報


Document ID: 7617