音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager クラスタのアップグレード

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、Cisco CallManager クラスタをアップグレードする方法に関する概要レベルの推奨事項を説明することを目的としています。 Cisco CallManager ソフトウェアに付属のインストレーション ノートに、インストール手順に関する詳細情報がすべて記載されています。 ただし、このドキュメントでは、クラスタのアップグレードで発生するその他の問題の一部について説明します。

前提条件

要件

アップグレードを始める前にこれらの項目を確認して下さい:

  • 最新の OS/BIOS パッチを実行して下さい。

    Cisco IP Telephony BIOS および Cisco IP Telephony サーバを最新の状態に保つ方法の情報に関してはオペレーティングシステムのバージョン道路地図を参照して下さい。

  • MSSQL サービスが動作することを確認して下さい。 そうでなかったら、SQLSvc パスワードを確認して下さい。

    SQLSvc アカウントパスワードを回復 することを参照して下さい。

  • IP テレフォニー ソリューション互換性に関する情報のための Cisco Unified Communications Manager ソフトウェア互換性マトリックスを表示して下さい。

  • 株式会社\ DBL ことをことをクラスタのすべてのサーバ使用する START > RUN > REGEDIT > HKEY_LOCAL_MACHINE \ソフトウェア\ Cisco 社の下で同じ DB を確認して下さい。

    DBConnection 1 がサブスクライバ名前最新の Cisco CallManagerデータベースを指す必要がある一方 DBConnection 0 が(SERVER=Publisher 名前および DATABASE=CCM030X の下で)パブリッシャ サーバの最新の 1 であることを確認して下さい。

  • 複製が Microsoft SQL Enterprise Manager を使用するすべてのサーバで良いことを確認して下さい。 これは Start > Programs > Microsoft SQL Server 7.0> Enterprise Manager あります。

  • すべての Cisco によって承認される反ウイルスおよび侵入検知 サービスをディセーブルにして下さい。

  • 空き容量の 1 回以上のギグがあります。 これは推奨されます。

    CallManagerトレースをディセーブルにし、領域を自由に使えるようにするためにトレースファイルのような未使用ファイルを削除することを確かめて下さい。

  • それがサポートされないので、ターミナルサービスを利用しないで下さい。 その代り、Virtual Network Computing (VNC)を使用して下さいサポートされる。

侵略コントローラがある場合、アップグレードし、最後のバージョンのバックアップがあるために確かめる前に 1 枚のディスクを奪取 して下さい。 これはアップグレードが失敗した前の運用コンフィギュレーションに戻ることを可能にします。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

パブリッシャをアップグレードして下さい

Cisco CallManager クラスタはパブリッシャ/加入者データベース関係のまわりで基づいているので、パブリッシャを最初にアップグレードすることは重要です。 アップグレードが実行するとき、新しいデータベースはパブリッシャで作成され、古いデータベースからデータはそれに移行されます。 これは容易に処理されるべきデータベース スキーマへの新しい変更を有効に します。 サブスクライバが追加されるとき、パブリッシャの新しいデータベースを定期講読します。 そういうわけでパブリッシャは最初にアップグレードする必要があります。 サブスクライバはまだあっていないデータベースを定期講読できません。 このダイアグラムはパブリッシャ/サブスクライバ関係を、また呼出し シグナリング関係を説明します。

CTI が ID = 1 ある CallManager Server はパブリッシャ サーバとして識別することができます。 CTI ID を見つけるために、CCM Admin Web ページ > System > Cisco CallManager に行って下さい検索結果からサーバでクリックし、CTI ID をチェックして下さい。

/image/gif/paws/7426/40784.gif

アップグレードのために Cisco Unified CallManager すべてをダウンさせなければなりませんか。

いいえ。 大きいキャンパスではたくさんの幾つかの時間の電話から IP address 要求を受け取るために、それはダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル サーバで課税できます。 または、それは拡張アップグレード時間の間ダウンするためにすべての電話サービスのために望ましくないかもしれません。 アップグレードが時間後に実行された必要がある間、アップグレードの間に動作するクラスタの一部を保存することは多くの場合可能性のあるです。 これは Cisco Unified CallManager 冗長性グループの利用によって実行することができます。 基本的に 1 サーバはアップグレードされるが、電話すべてをバックアップ サポート。 この資料は 3 つの標準配置 モ デルを説明します。

推奨されるクラスタ設定

2,500台の電話 - 3 つのサーバ合わせて

2500 人までのユーザ向けの Cisco CallManager クラスタ:

  • サーバ A は専用データベース パブリッシャおよび Trivial File Transfer Protocol (TFTP) サーバです。

  • サーバ B はすべての登録されているデバイスのためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ C はすべての登録されているデバイスのためのバックアップCisco CallManager です。

この設定では、サーバ B および C に単一 Cisco Unified CallManager 冗長性グループだけ必要となります。

  1. パブリッシャがアップグレードされるべき第 1 であるのでこれはプロセスが開始されるところです。 パブリッシャ A はデータベースサーバだけです、従ってアップグレードされ、リブートすることができます。

  2. アップグレードは Cisco Unified CallManager C のために開始されることができます。 Cisco Unified CallManager C はバックアップで、それに登録されているデバイスがないのでコール処理は割り込まれません。 プライマリ Cisco CallManager の前にバックアップCisco CallManager をアップグレードすればさらに、これはデバイスがただ 1 回ファームウェアをアップグレードする必要があるようにします。

  3. プライマリ Cisco CallManager B はアップグレードすることができます。 アップグレードが開始するとき、Cisco CallManagerサービスはバックアップCisco CallManager C へのデバイス フェールオーバー停止し。 デバイスがファームウェアアップデートを登録し、受信する間、わずかな割り込み 稼働中があります。

  4. アップグレード プロセスの最後の段階はクラスタのサーバすべてをリブートすることです。 パブリッシャ A.のリブートから開始して下さい。 再度ブートするが完了した、Cisco CallManager B をリブートして下さい。 サーバが行にもどって来るとき、フェールバック プロセスを始めるようにデバイスがする 5 から 10 分を待って下さい。 最終的には、再度ブートする Cisco Unified CallManager C。 クラスタ アップグレードは現在完了しました。

5,000台の電話 - 4 つのサーバ合わせて

5000 人までのユーザ向けの Cisco CallManager クラスタ:

  • サーバ A は専用データベース パブリッシャおよび TFTPサーバです。

  • サーバ B は IP 電話 1 〜 2500 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ C は IP 電話 2501 〜 5000 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ D はすべての登録されているデバイスのためのバックアップCisco CallManager です。

この設定では、2 つの Cisco Unified CallManager 冗長性グループが必要となります。 1 つはサーバ B および D のためであり、他はサーバ C および D のためです。

このシナリオでは、1 バックアップの 2 プライマリ Cisco CallManager があります。 各プライマリに 2,500 台の電話がある場合、両方のプライマリ サーバをアップグレードするために停止できません。 バックアップは 2,500 制限に違反する 5,000 のデバイスで終ります。

  1. パブリッシャ A は最初にアップグレードされます。 それから、Cisco Unified CallManager D はアップグレードする必要があります。 このポイントまで、コール処理は割り込まれませんでした。

  2. Cisco Unified CallManager D が再度稼働していたら、Cisco CallManager B のアップグレードを始めて下さい。 アップグレードが開始すれば、Cisco Unified CallManager D へのデバイス フェールオーバー。 デバイスがファームウェアアップデートを登録し、受信するのでサービスのわずかな割り込みがあります。 Cisco CallManager B が行にもどって来るとき、フェールバックにデバイスを 5 から 10 分を待って下さい。

  3. Cisco Unified CallManager C をアップグレードして下さい。 デバイスが Cisco Unified CallManager D と登録し、ファームウェアアップデートを受信するのでサービスのわずかな割り込みがあります。

  4. アップグレード プロセスを終了するために、クラスタのすべてのサーバはリブートする必要があります。 最初に再度ブートする パブリッシャ A。 再度ブートするが完了するとき、Cisco CallManager B をリブートして下さい。 B が行にもどって来るとき、フェールバックにデバイスを 5 から 10 分を待って下さい。 次に、サーバまでの再度ブートする Cisco Unified CallManager C および待機は行にもどって来ます。 最終的には、再度ブートする Cisco Unified CallManager D。 クラスタ アップグレードは現在完了しました。 この状況により電話半分は第 2 プライマリ アップグレードの時の間ダウンします。 これは理想的な間、何台電話がダウンしている、そしてどの位のためにダウンしているか最小に します。

10,000 台の電話 - 8 つのサーバ合わせて

10,000 人までのユーザ向けの Cisco CallManager クラスタ:

  • サーバ A は専用データベース パブリッシャです。

  • サーバ B は専用 TFTPサーバです。

  • サーバ C は IP 電話 1 〜 2500 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ D は IP 電話 2501 〜 5000 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ E は IP 電話 1 〜 5000 のためのバックアップCisco CallManager です。

  • サーバ F は IP 電話 5001 〜 7500 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ G は IP 電話 7501 〜 10,000 のためのプライマリ Cisco CallManager です。

  • サーバ H は IP 電話 5001 〜 10,000 のためのバックアップCisco CallManager です。

この設定では、サーバ CE、DE、FH および GH に 4 つの Cisco Unified CallManager 冗長性グループが必要となります。 このダイアグラムはこの設定を説明します:

/image/gif/paws/7426/42657.gif

  1. パブリッシャをアップグレードして下さい。

  2. TFTPサーバをアップグレードして下さい。

    この時点で、6 つの Cisco CallManager サーバはすべてまだアップグレードによって動作し、影響を与えられてしまいませんでした。 このシナリオは 5,000 電話シナリオに説明があるもののようです。 唯一の違いは 2 組のバックアップの 2 回の予備選挙があることです。 プライマリ Cisco CallManager は C、D、F および G.です。 バックアップは H.へ E. Primary F へ E および H. Primary C および D 失敗および G 失敗です。

  3. バックアップCisco CallManager E および H は次にアップグレードする必要があります。 アップグレードが完了するとき、行にリブートし、もどって来るためにサーバを待って下さい。

  4. この場合 Cisco Unified CallManager C and F はアップグレードされて準備ができています。 アップグレードが開始されるとき、デバイスはバックアップにこれらの Cisco Unified CallManager にフェールオーバーを登録しました。 デバイスがファームウェアアップデートを登録し、受信する間、サービスのわずかな割り込みがあります。 待機フェールバックへのデバイスのための 5 から 10 分。

  5. 次に、Cisco Unified CallManager D および G はアップグレードされます。 次ステップ 4、わずかな割り込み 稼働中があります。 アップグレードが完了するとき、行にリブートし、もどって来るためにサーバを待って下さい。

  6. アップグレードを終えるために、クラスタのサーバすべてはリブートする必要があります。 次のグループを開始する前に各再度ブートする プロセスが完了したことを確かめて下さい。 パブリッシャ A.のリブートによって始めて下さい。 次に、再度ブートする TFTP B。 B が行にもどって来るとき、Cisco Unified CallManager C and F をリブートして下さい。 待機はフェールバックへのデバイスのための 5 から 10 分およびそれから Cisco Unified CallManager D および G.をリブートします。 最終的には、再度ブートする Cisco Unified CallManager E および H。 クラスタ アップグレードは現在完了しました。

確認: Cisco CallManagerアップグレードのルール

Cisco Unified CallManager をアップグレードするときこれらのルールに従って下さい:

  • (存在 して いる場合)パブリッシャおよびスタンドアロン TFTPサーバを常に最初にアップグレードして下さい。

  • バックアップCisco CallManager を二番目にアップグレードして下さい。

  • プライマリ Cisco CallManager を持続しますアップグレードして下さい。

  • 結局 Cisco Unified CallManager は、すべてのサーバ リブートする必要がありますアップグレードされます。

  • SA および管理者パスワードが設定 される時クラスタのすべてのサーバのため同じであることを確かめて下さい。

インストレーション/アップグレードが失敗する場合の対処法

Cisco CallManager 3.1 および3.2

これらのログを収集して下さい:

  • C:\ *.log

  • C:\ *.txt

  • C:\Winnt\sti *.*

  • (問題が DCD とあれば) C:\dcdsrvr\log\ *.*

  • C:\Install\DBInstall\ *.*

StiSetup.log はインストール/アップグレードの間に異なるステージの外観を提供します。 Dbinstall000.log はどんな変更がデータベース レベルであるか外観を提供します。

Cisco CallManager 3.3

これらのログを収集して下さい:

  • ルート ディレクトリ C:\ のすべての *.txt 及び *.log ファイル

  • C のすべてのファイル: \プログラム ファイル\共通ファイル\ Cisco \ログ ディレクトリ

  • STI_DATA パーティションにあるすべてのファイル

  • C:\DCDSrvr\log (問題が DCD とあれば)ディレクトリ)のすべてのファイル

CCMInst<date><time>.log はインストール/アップグレードの間に異なるステージの外観を提供します。 CCMDBSetup<date><time>.log はどんな変更がデータベース レベルであるか外観を提供します。

Cisco CallManager 4.x

これらのディレクトリからのすべてのログファイルを(*.log および *.txt)得、検討して下さい:

  • C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログのすべてのファイル

  • C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ディレクトリのすべてのファイル

  • C:\Install\DBInstall のすべてのファイル

  • C:\Dcdsrvr\log のすべてのファイル

ログファイルで表示するすべてのエラーメッセージは破局的ではないです。 MSI はログファイルのエラーメッセージをさまざまな理由で生成します。 たとえば、Cisco Unified CallManager が利用しないサービスにアクセスする試み。

詳細については Cisco Unified CallManager 4.x をアップグレードすることを参照して下さい。

パスワード同期問題を解決するためにパブリッシャでだけ管理ユーティリティを使用して下さい。

イベント ビューア: アプリケーションおよびシステムは .evt 形式をログオンします

実際の問題にすべてのエラーが関連していません。 Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンする前に常に確認して下さい。

詳細については CallManager の イベントログを参照して下さい。 この資料は頻繁にアップデートされます。

TAC エンジニアが詳細な問題を調査することができるように収集する役立つログ。 従ってこれが解決プロセスを高速化するように、これらのログが付いている TAC ケースを常にアップデートして下さい。


関連情報


Document ID: 7426