音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity Mailboxに発信者を直接転送する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、オペレータまたは受付係が加入者の電話を最初に鳴らさずに加入者のメールボックスに発信者を直接転送する方法について説明します。 Cisco Unity では、電話を鳴らさずにパーソナル グリーティングにコールを転送する 3 種類の方法があります。 これらの方法のうち、2 つの方法では、Cisco Unity にコールを発信し、オープニング グリーティングに到達し、内線番号、#、2 をダイヤルし、発信者を転送するために電話を切ります。 この順序でダイヤルすると、通常のコール転送は上書きされ、発信者に対して、ダイヤルした内線番号のパーソナル グリーティングが再生されます。 これら 2 つの方法の違いは、発信者がオープニング グリーティングにどのように到達するかです。 3 番目の方法では、コールをグリーティングに直接送信する加入者ごとに、コール ハンドラを作成します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

オプション 1

Cisco Unity にルーティング発信者その電話 システム内の拡張を作成して下さい。 この拡張から開始グリーティングにすべての呼び出しを送信する Cisco Unity のコールルーティングルールを作成して下さい。

この回避策は Cisco Unity のすべてのバージョンに適用されます。 別の拡張のメッセージにオペレータ転送のためのこれらのステップを完了して下さい:

  1. 発信者に保持するように頼んで下さい。

  2. Transfer ボタンを押し、上で定義されるように拡張番号にダイヤルして下さい。

  3. メッセージ演劇が、拡張番号にダイヤルする時、#、および 2。

  4. 次に転送を完了するために『Transfer』 を押し端 Call ボタンとのコールを終了するか、またはパーソナル グリーティングにコールを転送するためにハングさせて下さい。

オプション2

(自動ログインが有効に なれば) Message 鍵を押すか、または音声メールを呼出す時、メールボックスにアクセスするためにパスワードを入力するためにプロンプト表示されます。 開始グリーティングにキャンセルするためにキーシーケンスを押して下さい。 Cisco Unity の以前のバージョンでは、これをするためにアスタリスク(*) キーを二度押します。 Cisco Unity 2.4.6 では、ポンド(#)キーは使用されます。

アスタリスク キーの動作の概略はバージョンによってここにあります:

先のバージョン Cisco Unity 2.4.5.66 より

サブスクライバの電話からの Cisco Unity を呼出すとき、押すことができます**グッドバイ ハンドラ、その時点であなたにアクセスすることは拡張かメールボックスにダイヤルできます。

Cisco Unity 2.4.5.66

どこでも加入者会話から、押すとき切断されています**。 サブスクライバの電話からの Cisco Unity を呼出すとき、**ハングアップするために押すことができます。 これは自動ログインが有効に なる場合サブスクライバが加入者の電話からの拡張かメールボックスにダイヤルすることができるように困難にします。 これはまた他のサブスクライバの音声メールに誰かを直接送信 するためにオペレータか管理者のために困難にします。 回避策はメッセージ ボックスにそれらを記録 することを試みないダイヤル サブスクライバができる拡張を設定することです。

Cisco Unity 2.4.6

ユーザが" Please enter your security code " プロンプトから#押す場合の開始グリーティングの、また" Please enter your ID " プロンプトからのシステム 再始動。

概略は、別の拡張のメッセージにオペレータ転送に使用するオプション 2 のためのステップのバージョンによって、ここにあります:

Cisco Unity 2.46 およびそれ以降

次の手順を実行します。

  1. 発信者に保持するように頼んで下さい。

  2. Transfer ボタンをまたは Messages 鍵押して下さい。

  3. 押しは#、秒を待ち、次に拡張番号、#、および 2.にダイヤルします

  4. 終わりコールを押すか、またはパーソナル グリーティングにコールを転送するためにハングアップして下さい。

先のバージョン Cisco Unity 2.46 より

次の手順を実行します。

  1. 発信者に保持するように頼んで下さい。

  2. Transfer ボタンMessages 鍵を押して下さい。

  3. 押しは**、秒を待ち、次に拡張番号、#、および 2.にダイヤルします

オプション3

このオプションに多くの初期セットアップ作業があります。 Cisco Unity にに転送してほしいこと各加入者のメールボックスのためのコール ハンドラを作成して下さい。 ことこれらの代替エクステンションをそのような物設定して下さい:

  • 代替グリーティングはブランクにするために有効に なり、設定 されます。

  • After Greeting Action はサブスクライバのメールボックスへの Send to greeting for およびポイントに設定 されます。

  • Cisco Unified CallManager では、サブスクライバのメールボックスのためのユニークな拡張でコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントを作成して下さい(この場合、223) 音声メールパイロット数にすべてを転送すれば

  • 拡張(オプションの)のコール ハンドラに拡張を追加して下さい: フィールドの URL のみが置換されます。

サブスクライバ 拡張 123 および代替エクステンション 223 のような標準 ナンバリング スキームを、保存して下さい。 223 に転送されるすべての呼び出しは 123 のメッセージに直接進みます。

  1. 発信者に保持するように頼んで下さい。

  2. 『Transfer』 を押して下さい。

  3. 223 にダイヤルして下さい。

  4. 終わりコールを押すか、またはパーソナル グリーティングにコールを転送するためにハングアップして下さい。

これらの方法でコール ハンドラを使用したいと思うかもしれません:

  • Automated Attendant として—答えるのにメッセージをし、touchtones に応答によってオペレータおよびダイレクト コールの代わりにコール ハンドラが使用することができます。 Automated Attendant はオプションのメニューを提供できます(たとえば、「販売のために、『1』 を押して下さい; サービスのために、『2』 を押して下さい; 営業時間のために、3." を押して下さい)。

  • 提供して下さい記録ずみ audiotext —コール ハンドラが頻繁の Customers 要求 情報を提供するのに使用することができます(たとえば、「正常な営業時間 5 p.m.に、8 つの AM」は月曜日から金曜日まであります)。

  • メッセージ受信者として—コール ハンドラが組織のためのメッセージを奪取 するのに使用することができます(たとえば、「カスタマー サービス 代表者すべては忙しいです。 名前、電話番号および課金番号、および私達できるだけ早く戻しますコールを言って下さい。」)を再生します。

  • 転送呼び出し—コール ハンドラがサブスクライバに(たとえば、時間後に、コールにある人の携帯 電話にテクニカル サポート コール ハンドラに直接来る呼び出しを転送する可能性があります)、または他のコール ハンドラに発信者をルーティングするのに使用することができます。

注: 電話番号はこれらの他の電話 システムからの Cisco Unity に転送されると仮定する場合代替職場で携帯 電話、自宅 の 電話、または電話からのダイレクト コールの容易なメッセージ アクセスを提供するのに代替エクステンションをまた使用できます。 さらにそのような電話が代替エクステンションとして使用される、とき Cisco Unity に転送するために設定 され サブスクライバのためのプライマリ 拡張にダイヤルするときちょうどように発信者はサブスクライバ メッセージおよびサブスクライバを脱退 メッセージを聞き取ることができます。 代替エクステンションを設定する方法の情報に関してはサブスクライバの代替拡張の設定を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 7423