WAN : フレーム リレー

フレームリレー トラフィック シェーピング:トークン バケット フローチャート

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はトークンバケットフィルタの使用をフレーム リレー トラフィック シェーピングのパケットフローの実例に与えたものです。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人はフレーム リプレイ トラフィック シェーピングの知識があるはずです。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

トークンバケットフローチャート

このフローチャートはトークンバケットフィルタの使用のフレーム リレー トラフィック シェーピングを設定するときパケットフローを説明します。

フレーム リレー トラフィック シェーピングに関する詳細については「関連情報」セクションを参照して下さい。

Cisco IOS のポリシングおよびシェーピングの概要を参照して下さいか。 トークンバケットフィルタに関する詳細についてはソフトウェア リリース 12.0 メインライン。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wan/frame-relay/7412-token-fchart.gif

このフローチャートの用語にこれらの定義があります:

  • Tc —託されたタイムインターバル

  • FIFO — first-in-first-out

  • CQ —カスタム キューイング

  • PQ —プライオリティ キューイング

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 7412