音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Nortel Meridian PBX と Cisco CallManager の統合

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2013 年 10 月 3 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この構成は、リリース 2337 の Nortel Meridian 1 Option 81c 構内交換機(PBX)に基づきます。 T1 一次群速度インターフェイス(PRI)は、DT24+ Voice over IP/時分割多重(VoIP/TDM)ゲートウェイを接続するために定義されたインターフェイスです。

NT-6D80AB 4 ポート Multiple Serial Data Link(MSDL)は、PRI 上で D チャネル フレーミングを提供するために使用されていました。 PRI カードには、次の 3 世代があります。

  • 最初の世代は、PRI を 1 つサポートし、D チャネル向けに MSDL のシリアル ポートが 1 つ必要でした。

  • 次の世代は、PRI を 2 つサポートし、D チャネル向けに MSDL のシリアル ポートが 2 つ必要でした。

  • 最新の世代は、PRI を 1 つサポートし、D チャネル向けに MSDL のシリアル ポートは不要です (カードにハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)フレーマが実装されています)。

この PBX には、2 世代目の PRI カードが搭載されています。 PRI カードと MSDL のポートを接続するには、物理ケーブルが必要です。

ISDN ネットワーク側には DT24+ が設定されており、スイッチ タイプは 5E8 Custom です。 ISDN User 側には PBX PRI トランクが設定されており、スイッチ タイプは ESS5 です。 この構成は図にあるとおりで、動作しています。 PBX トランクのスイッチ タイプを DMS100 に設定しようとしたところ、DT24+ をいくら設定し直しても PBX は常にトランクをメンテナンス モードと見なし、コールを拒否してしまいます。

D チャネルをアクティブにするには、PBX または VoIP ゲートウェイのどちらが ISDN USER または NETWORK に設定されていても関係ありません。 一方のデバイスを ISDN USER に設定し、もう一方を NETWORK に設定します。

この時点で、レイヤ 1 はアクティブです。 レイヤ 2 を初期化するために、両デバイスは Q.921 SABME フレームを送信します。 片方は Q.921 UA Unacknowledged メッセージを返します。 その後、両方で Receiver Ready(RR)メッセージを交換し始めます。 この時点で、レイヤ 2 の接続は確立されます。

PBX コマンドの詳細は、Nortel の『Administration Input/Output Guide for Meridian 1』および『1.5 mb DT1/PRI Administration and Maintenance Guide』を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

このトランクは、テスト シナリオのために設定されました。 IP 電話の拡張は x7373 で、デジタル電話の拡張は x6925 です。 デジタル電話から IP フォンに電話をかけるとき、まずアクセス コード 8815 から特定の PRI トランク(LD21 の ACOD 8815 を参照)へダイヤルされ、続いて IP フォンの拡張にダイヤルされます。 このテストの構成では、IP フォンを一意的にルーティングする番号が選択されるように設定してあります。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

D シグナリング チャネルの設定
設定パラメータ コメント
>LD 22 オーバーレイ モジュール 22 をロードして I/O デバイス レポート PT2000 を出力
   
REQ PRT [Request] プロンプトで「PRT」と入力して出力
TYPE ADAN DCH 8 [Type] プロンプトで次を入力:
  すべての I/O デバイスの「ADAN」
  D チャネル デバイスを指定する「DCH」
  ID #8 の D チャネルの「8」
   
ADAN DCH 8 I/O D チャネル 8 の設定
CTYP MSDL カード タイプ - Mutiple Serial Data Link
GRP 1 システム グループ:1
DNUM 12 I/O デバイス番号:12
PORT 3 物理ポート:3
DES CISCO 説明
USR PRI D チャネル - PRI のみ
DCHL 115 チャネルの PRI カード(別称「loop」)
OTBF 32 デフォルト:32 出力要求バッファ
PARM RS422 DTE デフォルト:物理インターフェイス タイプ
DRAT 64KC デフォルト:物理インターフェイス レート
CLOK EXT デフォルト:物理インターフェイス クロッキング
NASA NO デフォルト:ネットワーク アテンダント サービスを許可?
IFC ESS5 インターフェイス:別称「スイッチ タイプ」
SIDE USR IDSN は-すなわち USR か NET 「味方します」
CNEG 1 デフォルト:チャネル ネゴシエーション オプション
RLS ID 36 D チャネルの終端にあるスイッチのリリース ID - 36。SL1 <-> SL1 では 23 を使用
RCAP ND2 リモート D チャネル機能:名前表示 2
T200 3 デフォルト:再送信タイマー
T203 10 デフォルト:フレーム交換しない最大時間(秒)
N200 3 デフォルト:再送信の最大回数
N201 260 デフォルト:情報フィールドの最大数(オクテット)
K 7 デフォルト:未解決フレームの最大数
REQ **** 「****」と入力してオーバーレイ モジュール 22 を終了
OVL000  

B ベアラー チャネル設定
>LD 20 オーバーレイ モジュール 22 をロードして端子番号ブロック レポートを出力
PT0000  
REQ: PRT [Request] プロンプトで「PRT」と入力して出力
TYPE: TNB [Type] プロンプトで端子番号ブロックの「TNNB」を入力
TN 115 1 [TN] プロンプトで次を入力:
  「115」で端子番号を指定。「loop」または PRI カードの 115
  「1」で B チャネルを指定。1 ~ 23 の可能性もあり
SPWD  
DATE  
PAGE  
DES  
   
TN 115 01 TNB 115、B チャネル 1 の設定
TYPE TIE トランクのタイプ - TIE。DID などの可能性もあり。LD 14 を参照
CDEN SD デフォルト:カード ポート密度 - 単密度
CUST 0 顧客番号:0 で演算子「x」を取得、1 で「Y」を取得など
NCOS 0 ネットワーク サービス クラス グループ - 0。着信または発信で問題あれば変更
RTMB 115 1 ルート番号とメンバ番号:メンバ 1。2 ~ 23 の可能性もあり。ルート ブロック番号 115
B-CHANNEL SIGNALING  
TGAR 1 トランク グループのアクセス制限:0 ~ 31。ここでは 1
AST NO デフォルト:CTI トランクの関連トランクをモニタリングおよび制御? - なし
IAPG 0 デフォルト:USM メッセージ 0 ~ 15 のイベント グループ
CLS CTD DIP WTA LPR APN THFD HKD デフォルト:サービス クラス
P10 VNL CTD - 条件付きで否定される言いました
  DIP - ダイヤルパルス
  WTA - 許可される警告トーン
  LPR - 低い優先順位
  APN:ACD 優先度は不要
  THFD - 否定される Centrex Switchhook フラッシュする
  HKD - 否定される香港 DTI
  P10:毎秒 10 パルス
  VNL - 純損によって、LD14 を参照して下さい
TKID デフォルト:トランク ID。Circuit ID を参照
DATE 14 JUN 2000 デフォルト:このレポートの日付
   
NACT **** オーバーレー・モジュール 20 を終了する型****
OVL000  

コール ルーティング設定
>LD 21 オーバーレイ モジュール 21 をロードしてルート データ ブロック レポートを出力
PT1000  
   
REQ PRT [Request] プロンプトで「PRT」と入力して出力
TYPE: RDB [Type] プロンプトでルート データ ブロックの「RDB」を入力
CUST 0 顧客番号:0 で演算子「x」を取得、1 で「Y」を取得など
ROUT 115 ルート番号:0 ~ 127、0 ~ 511。115 は上記の端子ブロック番号と一致
   
TYPE RDB ルート データ ブロック
CUST 00 顧客番号:0
ROUT 115 ルート番号:115
DES CISCO 説明
TKTP TIE トランクのタイプ - TIE。DID などの可能性もあり。LD 14 を参照
ESN NO デフォルト:電子スイッチド ネットワーク PAD 制御? - なし
CNVT NO デフォルト:従来型のスイッチ ルート? - なし
SAT NO デフォルト:トランク ルートで衛星回線を使用?
RCLS EXT デフォルト:ルート クラスが外部としてマーキング?
DTRK YES デジタル トランク ルート? あり
DGTP PRI ルートのデジタル トランク タイプ - PRI。BRI などの可能性もあり
ISDN YES ISDN? あり
MODE PRA 運用モード - PRA。ISLD などの可能性もあり。LD16 を参照
IFC ESS5 この PRI ルートのインターフェイス タイプ - ESS5。S100、D100 などの可能性もあり
SBN NO デフォルト:課金番号の送信?
PNI 00000 デフォルト-プライベート ネットワーク 識別子か。、LD16 を参照して下さい
SRVC NNSF デフォルト:サービス タイプを提供。ネットワーク固有の施設なし。M800、IWAT などの可能性もあり
NCNA YES デフォルト:ネットワーク発信者名を許可? あり
NCRD NO デフォルト:ネットワーク コール リダイレクションを許可? - なし
CHTY BCH チャネル タイプ - BCH。ABCH の可能性もあり
CTYP UKWN デフォルト:TIE ルートへダイレクト ダイヤルで発信されるときのコール タイプ。不明。INTL、NXX などの可能性もあり
INAC NO デフォルト:ESN アクセス コードを着信したプライベート ネットワーク コールに挿入? - なし
ISAR NO デフォルト:統合サービス アクセス ルートの拒否? - なし
TGAR 1 トランク グループのアクセス制限:0 ~ 31。ここでは 1
BCOT 0 デフォルト:B チャネル オーバーロード制御タイマー 0
DSEL VOD デフォルト:データ選択 - VOD(音声またはデータ ルート)
PTYP PRI 終端のポート タイプ - PRI。ATT、ACO などの可能性もあり
AUTO NO デフォルト:自動終了? なし。通常どおり終了。
DNIS NO デフォルト:ACD DNIS ルート?
DCDR NO デフォルト- CDRレコードに DNIS を含めて下さいか。 ACD に関連している
ICOG IAO 着信また発信トランク - IAO。ICT、OGT の可能性もあり
SRCH LIN デフォルト:発信トランク メンバのリニア ハンティング検索手法 - LIN。RRB の可能性もあり
TRMB YES デフォルト:トロンボーンを許可? あり
STEP デフォルト:発信トランク「 」のトランク ルートを変更。0 ~ 511 の可能性もあり
ACOD 8815 トランク ルートのアクセス コード - 8815。上記のメモを参照
TCPP NO デフォルト:このトランクと連携する ISDN 以外の着信トランク コールの CPP フラグ。なし
PII NO デフォルト:発信者プライバシー ID を無視? - なし
TARG 01 トランク アクセス制限グループ:「TGAR」に一致。1
CLEN 1 デフォルト:発信者 ID 入力番号 - 1
BILN NO デフォルト:課金番号が必要? - なし
ABS デフォルト:実際に発信される番号をコード制限により無視。「 」。0 ~ 9 の可能性もあり
INST デフォルト:「 」を挿入。何も入力しない
ANTK デフォルト:ANI ID 番号
SIGO STD デフォルト:シグナリングの構成 - STD。ESN3 の可能性もあり
ICIS YES デフォルト:着信 ID の送信 - あり
TIMR ICF 512 デフォルト:トランク タイマー 着信フラッシュ:512 ms
OGF 512 デフォルト:トランク タイマー 発信フラッシュ:512 ms
EOD 13952 デフォルト:トランク タイマー ダイヤル終了:13952 ms
NRD 10112 デフォルト:トランク タイマー 呼び出し検知なし:10112 ms
DDL 70 デフォルト:トランク タイマー ダイヤル遅延:70 ms
ODT 4096 デフォルト:トランク タイマー DIGITONE トランクのダイヤル終了:4096 ms
RGV 640 デフォルト:トランク タイマー 呼び出しの確認:640 ms
GRD 896 デフォルト:トランク タイマー ガード:896 ms
SFB 3 デフォルト:トランク タイマー ビジーによる失敗の調査:3 s
NBS 2048 デフォルト:トランク タイマー En bloc 短時間ダイヤル:2048 ms
NBL 4096 デフォルト:トランク タイマー En bloc 長時間ダイヤル:4096 ms
IENB 5 デフォルト:トランク タイマー アイドル拡張通知ブロック:5 s
TFD 0 デフォルト:トランク タイマー 指定時刻での強制切断:0 s
DRNG NO デフォルト:北米固有呼び出し音? なし。TIE トランクでは通常の呼び出し音のため
CDR NO デフォルト:このルートのコール詳細を記録 - なし
MUS NO デフォルト:保留音? - なし
RACD NO デフォルト:ACD レポートのルート トラフィック情報 - なし
OHQ NO デフォルト:オフフック キューイング? - なし
   
PAGE 002 このレポートの 2 ページ目
   
OHQT 00 デフォルト:オフフック キューイングのしきい値 - 0 s
CBQ NO デフォルト:コール バック キューイング? - なし
AUTH NO デフォルト:NARS/BARS コールを受信した場合に承認コードを表示? - なし
TDET NO デフォルト:トーン検出が必要? - なし
PLEV 2 デフォルト:プライオリティ レベル - 2。上書き、キャンプオンなどのときは 0 ~ 7 の可能性もあり
ALRM NO デフォルト:外部コールで悪意のあるコールの追跡アラームを許可? - なし
ART 0 デフォルト:アクセス規制テーブル - 0
SGRP 0 デフォルト:スケジュール設定されたアクセス規制テーブル - 0
AACR NO デフォルト:アプリケーションによって取得されたルート? - なし

トラブルシューティング

PRI トランクのデバッグのヒントは、『T1 PRI に関するトラブルシューティング』を参照してください。

注: IP フォンから Nortel フォンにコールしたとき、断続的に高速なビジー信号を受信したら、R2 アナログ信号を使用しているか確認してください。

トラブルシューティングのためのコマンド

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

Tspan 接続後に何らかの問題が発生し、フレーミング エラー、LOS、または同期エラーが出た場合は、次のドキュメントでヒントを探してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 7207