Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco BPX 8600 モジュール

PVC に関する問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、9.1 スイッチ ソフトウェア以降を実行する Cisco IGX 8400 または BPX 8600 シリーズ スイッチで相手先固定接続(PVC)の問題をトラブルシューティングする方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこのソフトウェアおよびハードウェアに基づいています:

  • スイッチ ソフトウェア 9.1 およびそれ以降

  • IGX 8400 ユニバーサル スイッチング モジュール (UXM)

  • BPX 8600 広帯域スイッチモジュール (BXM)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

UXM およびBXM 機能

UXM および BXM モジュールはユーザとネットワーク設備間のおよび Ciscoネットワーク内の ATM フォーラム対応トラフィックをサポートします。 モジュールは両方ともライン モードかトランク モードでオペレーティングであるかどうか接続のための統計情報を表示する。 この機能性に基づいて、UXM および BXM は接続 パスの各ポイントで統計情報を表示することができます。

接続は dspchstats コマンドを使用して統計収集のためのチャネルと言われます。 チャネル統計情報は顧客宅内機器(CPE)の過度の遅延または一方向 だけ のト ラフィックのようなネットワーク接続上の問題の解決を助けるように情報を提供します。 IGX か BPX を横断する接続は接続によってとして知られています。 下記の図は終端のおよび BPX BXM を横断する接続のセグメントによる単純化しすぎられた例を提供します。

one_way.gif

dspchstats コマンドは接続の廃棄を識別し、connection number かトランク 識別子を有益な情報を表示するように要求します。 dspchstats コマンド構文はここに記述されているように接続タイプに左右されます:

セグメント コマンドの構文
終端 dspchstats module_slot.line.vpi.vci、vpi = 仮想パス識別子; vci = 仮想チャネル識別子。
を経て dspchstats module_slot.trunk.lcn、lcn = 論理チャネル番号。

セグメントによるPVC の調査

このセクションは dspchstats module_slot.line.vpi.vci コマンドがどちらかの終端 セグメントで破棄か輻輳を表示するものですと仮定します。 エンド ツー エンド接続が 1 方向だけで遅くまたは正常であるとまた仮定します。 接続はセグメントによってで破棄かスタック モジュール キューを経験する可能性があります。

問題のもとを隔離するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. セグメント 論理チャネル番号ですべての接続を識別して下さい。

    service-level dcct slot.port.vpi.vci コマンドはローカル接続のための 6 つの画面およびネットワークを渡ってルーティングされる接続のための 7 つの画面を含む特定の接続についての情報の複数のスクリーンが、含まれています。 コマンド 出力はスイッチタイプに左右されます。 下記の表は IGX 8400 および BPX 8600 シリーズ スイッチに同等のフィールドを提供します。

    IGX8400 BPX 8600
    マスターLconインデックス Mstr LCon Idx
    マスターノード番号 マスター Node#
    Slot.port トランク
    LCN この Chan

    1. dcct slot.port.vpi.vci コマンドを使用し、この例で使用される ATM接続のセグメントによって評価するために次の情報を記録して下さい:

      • 論理接続(LCON)数。 LCON はノードごとにユニークです。 接続にマスターおよびスレーブ端を表す LCON の 1 つのペアがありますただ。

      • マスターノード番号。 最初の画面の Master フィールドまたは dcct slot.port.vpi.vci コマンドの最後の画面の Master Node Number フィールドの 1 によって示される。 接続に接続が構築されたノードを表す 1 マスター エンドがありますただ。

      • トランク情報(slot.port)。 トランク情報はトランクの各終わりに特定です。

      • 論理チャネル番号(LCN)。 カードの接続に割り当てられる論理的な数。 接続にトランク毎にカードおよび 2 LCNs 毎に 1 つの LCN があります。

      g4static       TN    StrataCom       IGX 8420  9.2.23    May  18 2000 1131 GMT 
      
      Slot 11  Port 1  VPI.VCI 100.1 LCON# 16  &31875AC4       VC# 16  &3193FA88
      Alloc      1   Bundled    0    MS Cmax,SM 10,10   mir   384000,384000
      Exists     1   Never rtd  0    COS        0       peak  768000,768000
      Master     1   No DC fnd  0    Hops       2       Cmax  200,200
      Local      0   Failed     0    Src dc     10      %Utl  100,100
      Pref only  0   Down,pend  0,0  Snk dc     10      FSTsts     1
      No rt fnd  0   Cur route  PREF Frst Pt,oe 3,3     Route wait 329493477
      Path fail  0   BW needed  No   Bndl Sz,OE 0,0     Cdt reason None
      Derouted   0   baddr type 1    Group num  0       MS PLU,SM  2400,2400
      RrtReq L,G 0,0 acc dev vx 0    VC count   1       MS CLU,SM  1000,1000
      Route CDT  0   Max cost   100  VC index   16      Line rstr  NONE
                                                           RR Group # 10
      Path  63/5 66/4 64                                  Prev LCON  17
      Pref  63/5 66/4 64                                  Next LCON  65535
      
      Slot 11  Port 1  VPI.VCI 100.1LCON# 16  &31875AC4       VC# 16  &3193FA88
      
      !--- Five screens were skipped because they are not used in this document.
      
      
      XLAT DB Ptr          30D2FC5C
      XLAT Entry Ptr       30D0064C
      Slot.port.index      11.5.2
      Sequence Number      6
      State                USED
      LTrk/OE LTrk         6 / 255
      LCN/OE LCN           262 / 0
      xmt/rcv baddr        1 / 2 (Note add 0x1000 for CBA)
      VPC                  0
      Conid                4102
      Master Node Number   64
      Master Lcon Index    16
      Vc Index             16
                                                                                
      Last Command dcct 11.2.100.100
      
    2. ノード番号からノードネームに変換するのに dspnds +n コマンドを使用して下さい。

      g4static TN Service IGX 8420 9.2.31 Aug. 28 2000 13:48 GMT 
       NodeName J/ Num
       g5static  /63
       g4static  /64
       b4static  /66
       Last Command: dspnds +n
      

      dcct コマンドからの重要な情報は太字で強調表示されています。 ザ・マスター ノード番号がおよびマスターLconインデックス インデックス番号は中継ノードの関連した LCNs を識別するために必要となります。 マスター ノードの接続の LCON はネットワークによって接続のためのマスターLconインデックスです。 各接続に多くの LCNs があります物を含んで各カードのために、1 つのマスター LCON ただ移動します。

      BPX 8600 プラットフォームのための dcct slot.port.vpi.vci コマンドの最後の画面は異なる情報を提供します:

      b4static       VT    StrataCom       BPX 8620  9.2.23    May  18 2000 1145 GMT 
      
      Slot 5   Port 0   VPI 0 VCI 99        LCON# 23  &31CD2CC2VC# 23  &3216D6DE
      
      Base XLT ptr  31133648 
      Xlat ptr      310C792C
      Cur,Nxt Indx  2, 0
      SEQ Number    10
      State         USED
      Trunk         7(5.3.255)  
      !--- in the BPX, this is the Slot.port.
      
      
      OE Trunk      255(5.3.255)
      Out Trk Chan  0
      This Chan     273  
      !--- in the BPX, this is the LCN.
      
      VPC(N) Conid  4351
      Master Node#  66
      Mstr LCon Idx 23
                                                                                   
      Last Command dcct 5.1.0.99
      
  2. dcct コマンドからの収集 情報を使用して IGX 8400 トランクの接続ステータスを表示するのに dspchstats slot.port.lcn コマンドを使用して下さい。

    g4static       TN    StrataCom       IGX 8420  9.2.23    May  18 2000 1135 GMT 
    
    Trunk Channel Statistics 11.5 Lcn 262
    Collection Time 0 day(s) 000013                   Clrd  05/18/00 113533
    Type                                      Count     Traffic       Rate (cps) 
    Cells Received from Port                        1   From port              0
    Cells Transmitted to Network                    2   To network             0
    Cells Received from Network                     2   From network           0
    Cells Transmitted to Port                       2   To port                0
    EOF Cells Received from Port                    0
    Cells Received with CLP=1                       0
    Cells Received with CLP=0                       1
    Non-Compliant Cells Received                    0
    Average Rx VCq Depth in Cells                   0
    Average Tx Vcq Depth in Cells                   0
    Ingress Vsvd Allowed Cell Rate                  0
    Egress Vsvd Allowed Cell Rate                   0
    
    Cells Rx with CLP=0 from Network                2                           
    Cells Rx with CLP=1 from Network                0                           
    Cells TX with CLP=0 to Port                     2                           
    Cells TX with CLP=1 to Port                     0                           
    Non-Comp Cells Rx w/CLP=0 dropped               0
    Non-Comp Cells Rx w/CLP=1 dropped               0
    Overflow Cells Rx w/CLP=0 dropped               0
    Overflow Cells Rx w/CLP=1 dropped               0
    OAM state (0OK,1FERF,2AIS)                      0
    Good Pdu's Received by the Sar                  0
    Good Pdu's Transmitted by the Sar               0
    Rx pdu's discarded by the Sar                   0
    
    TX pdu's discarded by the Sar                   0                           
    Invalid CRC32 pdu rx by the sar                 0                           
    Invalid Length pdu rx by the sar                0                           
    Shrt-Lgth Fail detected by the sar              0                           
    Lng-Lgth Fail detected by the sar               0
                                                  
                                                 
    This Command dspchstats 11.5.262 1 
    !--- The 1 is for a one-second screen refresh rate.
    
    
  3. dcct コマンドからの収集 情報を使用して BPX 8600 トランクの接続ステータスを表示する dspchstats コマンドを使用して下さい。

    b4static       VT    StrataCom       BPX 8620  9.2.23    May  18 2000 1146 GMT 
    
    Trk Channel Statistics for 5.3.273 Cleared May  18 2000 1146  (\)
    PCR 0/0 cps            Collection Time 0 day(s) 000017      Corrupted NO
       Traffic      Cells      CLP      Avg CPS   %util  Chan Stat Addr 30F69634
    From Port           0          0        0       0
    To Network          0      ---          0       0
    From Network        0          0        0       0
    To Port             0          0        0       0
                                                                                 
    
    Rx Frames Rcv          0  NonCmplnt Dscd         0  Rx Q Depth             0
    TX Q Depth             0  Rx CLP0                0  Rx Nw CLP0             0
    Igr VSVD ACR           0  Egr VSVD ACR           0  TX Clp0 Port           0
    Rx Clp0+1 Port         0  NCmp CLP0 Dscd         0  NCmp CLP1 Dscd         0
    Oflw CLP0 Dscd         0  Oflw CLP1 Dscd         0
                                                                                 
    This Command dspchstats 5.3.273 1 
    !--- The 1 is for a one-second screen refresh rate.
    
    

中継ノード破棄トラフィックの例

このセクションはトラフィックを廃棄する中継ノードの例を示します。

  1. ネットワークによる接続 ルートを判別し、中継ノードで PVC セグメントを検査するのにマスター エンドで dspcon slot.port.vpi.vci コマンドを使用して下さい。 それからこれらのコマンドを使用して下さい:

    • VT node_name —接続 パスの Next ノードに接続するため。

    • dnvc master_node_name master_Lcon_number —各トランクカードのための LCN 情報を収集するため中継ノードの接続横断。 dnvc コマンドはどのスイッチタイプがに使用されるか出力が左右される service-level コマンドです。

    network2       VT    StrataCom       IGX 8420  9.1.16    Dec. 13 1999  0135 G+01
    
    NW Lcon Ptr=317EA384, Vc Offset=0, MS Indx=175, SM Indx=177, GW=1
    
    TRUNK XLAT INFO (MS) 4 (15.1)       TRUNK XLAT INFO (SM) 2 (6.1)
    XLAT dB ptr      30ACF070             XLAT dB ptr      30ACF170 
    XLAT ptr         30AB4518             XLAT ptr         30ACC188 
    Cur Indx(d)      175                  Cur Indx(d)      177
    Nxt Indx(d)      0                    Nxt Indx(d)      0
    SEQ Number(d)    41                   SEQ Number(d)    41
    State,           U                    State,           U
    RCV,XMT dc(H)    10,10                RCV,XMT dc(H)    10,10
    RCV,XMT ch(H)    12,11                RCV,XMT ch(H)    11,12
    LCN(d)           175                  LCN(d)           177
    Master Node#     220                  Master Node#     220
    Mstr LCon Indx   1                    Mstr LCon Indx   1
    Mstr VC Indx     1                    Mstr VC Indx     1
                                                                                  
    Last Command: dnvc network1 1
    
  2. dnvc コマンドからの収集 情報を使用してトランクの IGX 接続ステータスを表示する dspchstats コマンドを使用して下さい。

    network2      VT    StrataCom       IGX 8430  9.1.16    Dec. 14 1999 2340 GMT 
    
    Trunk Channel Statistics 15.1 Lcn 175
    Collection Time 0 day(s) 000037                   Clrd  12/14/99 233956
    Type                                      Count     Traffic       Rate (cps) 
    Cells Received from Port                       40   From port              1
    Cells Transmitted to Network                    0   To network             0
    Cells Received from Network                    16   From network           0
    Cells Transmitted to Port                      16   To port                0
    EOF Cells Received from Port                    0
    Cells Received with CLP=1                       0
    Cells Received with CLP=0                      40
    Non-Compliant Cells Received                    0
    Average Rx VCq Depth in Cells                4093
    Average TX Vcq Depth in Cells                   3
    Cells Transmitted with EFCI=1                   0
    Cells Transmitted with EFCI=0                  16
                                                                                  
    This Command: dspchstats 15.1.175
    

    この例では、dspchstats コマンドは IGX 8400 スイッチ network2 トランク 15.1 に問題を隔離しました。 この例では、UXM 問題により送信キューはセルに記入し、演じました。 一杯になった UXM 送信キューが後続のトラフィック廃棄された後。

    すべてのネットワークトラフィックがおこるトランクからルーティングされなかったら resetcd slot_number h コマンドのような分裂的なコマンドを使用することを避けて下さい。 おこるトランクのまわりで接続のルーティングによってリストア データ サービスに cnfpref connection_number コマンドを使用して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 7115