IP : Open Shortest Path First(OSPF)

一部の OSPF ルートがデータベースには存在するのに、ルーティング テーブルには存在しない理由

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2010 年 12 月 10 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


対話式: この文書では、個別のユーザに合わせたシスコ デバイスの分析を行います。


目次


概要

Open Shortest Path First(OSPF)を使用する際によく見られる問題として、データベースに存在しているルートがルーティング テーブルには表示されない、という現象があります。 この問題は、ほとんどの場合、OSPF データベースに不一致が生じているために、ルーティング テーブルにルートを追加できないことにより発生します。 この問題が発生すると、多くの場合、データベースのリンクステート アドバタイズメント(LSA)の先頭に Adv Router is not-reachable というメッセージ(LSA をアドバタイジングしているルータに、OSPF 経由では到達できないという意味)が表示されます。 次に例を示します。

Adv Router is not-reachable
LS age: 418
Options: (No TOS-capability, DC)
LS Type: Router Links
Link State ID: 172.16.32.2
Advertising Router: 172.16.32.2
LS Seq Number: 80000002
Checksum: 0xFA63
Length: 60
 Number of Links: 3

この問題にはいくつかの原因が考えられますが、最も一般的なのは設定の誤りか、またはトポロジの破損です。 設定が修正されて、OSPF データベースの不一致が解消されると、ルーティング テーブルにルートが表示されるようになります。 このドキュメントでは、データベースに不一致をもたらす可能性のあるいくつかの原因について説明します。

このドキュメントの説明で、OSPF の動作確認に使用されるコマンドには、show ip ospf interfaceip ospf database routershow ip ospf neighborおよび show ip ospf database external などがあります。 ご使用の Cisco デバイスからのコマンドの出力データがあれば、を使用して潜在的な問題や修正を表示できます。 使用するには、登録ユーザとしてログインし、JavaScript を有効にしている必要があります。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.3 はすべてのルータで動作していました。

  • これは、すべてのシスコのルータ プラットフォームでサポートされている。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

理由 1: ネットワーク タイプのミスマッチ

次のネットワーク ダイアグラムを例として使用します。

/image/gif/paws/7112/26a.gif

R4-4K R1-7010
interface Loopback0
 ip address 172.16.33.1 255.255.255.255

interface Serial2
 ip address 172.16.32.1 255.255.255.0
 ip ospf network broadcast

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
interface Loopback0
 ip address 172.16.30.1 255.255.255.255
!
interface Serial1/0
 ip address 172.16.32.2 255.255.255.0
 clockrate 64000

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0

R4-4K(4)# show ip ospf interface serial 2
Serial2 is up, line protocol is up 
  Internet Address 172.16.32.1/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.33.1, Network Type BROADCAST, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1 
  Designated Router (ID) 172.16.33.1, Interface address 172.16.32.1
  Backup Designated router (ID) 172.16.32.2, Interface address 172.16.32.2
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:08
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
    Adjacent with neighbor 172.16.32.2  (Backup Designated Router)
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

R1-7010(5)# show ip ospf interface serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up 
  Internet Address 172.16.32.2/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.32.2, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:02
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
    Adjacent with neighbor 172.16.33.1
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

上記からわかるように、ルータ R4-4K にはブロードキャストが、そしてルータ R1-7010 にはポイントツーポイントが設定されています。 このようなネットワーク タイプのミスマッチがあると、アドバタイジング ルータが到達不能になります。

R4-4K(4)# show ip ospf database router 172.16.32.2

  Adv Router is not-reachable
  LS age: 418
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 172.16.32.2
  Advertising Router: 172.16.32.2
  LS Seq Number: 80000002
  Checksum: 0xFA63
  Length: 60
   Number of Links: 3

    Link connected to: another Router (point-to-point)
    (Link ID) Neighboring Router ID: 172.16.33.1
    (Link Data) Router Interface address: 172.16.32.2
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

    Link connected to: a Stub Network
    (Link ID) Network/subnet number: 172.16.32.0
    (Link Data) Network Mask: 255.255.255.0
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

R1-7010(5)# show ip ospf database router 172.16.33.1

  Adv Router is not-reachable
  LS age: 357
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 172.16.33.1
  Advertising Router: 172.16.33.1
  LS Seq Number: 8000000A
  Checksum: 0xD4AA
  Length: 48
   Number of Links: 2

     Link connected to: a Transit Network
     (Link ID) Designated Router address: 172.16.32.1
     (Link Data) Router Interface address: 172.16.32.1
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 64

ここでは、サブネット 172.16.32.0/24 に対して、ルータ R1-7010 はポイントツーポイント リンクを、ルータ R4-4K はトランジット リンクを作成しています。 そのため、リンクステート データベースに不一致が生じます。つまり、ルータはルーティング テーブルに追加されません。

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

解決策

この問題を解決するには、両方のルータを同一のネットワーク タイプに設定します。 つまり、ルータ R1-7010 のネットワーク タイプをブロードキャストに変更するか、またはルータ R4-4K のシリアル インターフェイスをポイントツーポイントに変更します。

注: 一方がマルチポイント インターフェイス、もう一方がサブインターフェイスという状況では、両方のネットワーク タイプをブロードキャストに変更します。

次の例では、両側で High-Level Data Link Control(HDLC; 高レベル データリンク制御)によりカプセル化されたポイントツーポイント インターフェイスが使用されているため、R4-4K の「network-type broadcast」文が削除されています。

R4-4K(4)# configure terminal 
R4-4K(4)(config)# interface serial 2 
R4-4K(4)(config-if)# no ip ospf network broadcast 
R4-4K(4)(config-if)# end

R4-4K(4)# show ip ospf interface serial 2
 Serial2 is up, line protocol is up 
  Internet Address 172.16.32.1/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.33.1, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
   Hello due in 00:00:04
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
  Adjacent with neighbor 172.16.32.2
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

原因 2: デュアル リンクのセットアップで間違ったアドレスが割り当てられている

例として次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/7112/26b.gif

R4-4K R1-7010
interface loopback 0
 ip address 172.16.35.1 255.255.255.255

interface Serial2
 ip address 172.16.29.1 255.255.255.0
!
interface Serial3
 ip address 172.16.32.1 255.255.255.0

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
interface loopback 0
 ip address 172.16.30.1 255.255.255.255

interface Serial1/0
 ip address 172.16.32.2 255.255.255.0
 clockrate 64000
!
interface Serial1/1
 ip address 172.16.29.2 255.255.255.0
 clockrate 38400

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0

上記の例では、IP アドレスが反転していることがわかります。それによって、OSPF データベースに不一致が生じます。 しかし、バージョン 12.1 より前の Cisco IOS では、この状態でもネイバー ルータが形成されます。それは、ポイントツーポイント リンクでは、ネイバー ルータが同一サブネット上に存在しているかどうかを、OSPF ルータが確認しないためです。

R4-4K(4)# show ip ospf neighbor

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
172.16.32.2       1   FULL/  -        00:00:37    172.16.32.2     Serial2
172.16.32.2       1   FULL/  -        00:00:31    172.16.29.2     Serial3

上記の出力結果によれば、Serial2 は IP アドレス 172.16.32.2 でネイバー関係を形成しようとしていることがわかりますが、この IP アドレスは同一サブネットにはありません。 そのため、ネイバー関係は形成されますが、ルートはルーティング テーブルに追加されません。

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
C       172.16.29.0/24 is directly connected, Serial1/1
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

解決策

この問題を解決するには、IP アドレスを正しく割り当てるか、またはシリアル ケーブルに切り替えます。 次の例では、IP アドレスが修正されています。

R4-4K R1-7010
interface loopback 0
 ip address 172.16.35.1 255.255.255.255

interface Serial2
 ip address 172.16.32.1 255.255.255.0
!
interface Serial3
 ip address 172.16.29.1 255.255.255.0

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
interface loopback 0
 ip address 172.16.30.1 255.255.255.255

interface Serial1/0
 ip address 172.16.32.2 255.255.255.0
 clockrate 64000
!
interface Serial1/1
 ip address 172.16.29.2 255.255.255.0
 clockrate 38400

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0

R4-4K(4)# show ip ospf neighbor

Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
172.16.32.2       1   FULL/  -        00:00:36    172.16.32.2     Serial2
172.16.32.2       1   FULL/  -        00:00:39    172.16.29.2     Serial3

今回は、Serial 2 インターフェイスに正しいネイバー アドレスが表示されています。 また、ルーティング テーブルにもルータが追加されています。

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
O       172.16.35.1/32 [110/65] via 172.16.32.1, 00:03:12, Serial1/0
                       [110/65] via 172.16.29.1, 00:03:12, Serial1/1
C       172.16.29.0/24 is directly connected, Serial1/1
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

理由 3: ポイントツーポイント リンクの片側が間違ったメジャーネットまたはサブネットに接続されている

例として次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/7112/26c.gif

この状況では、「デュアル リンクのセットアップで間違ったアドレスが割り当てられている」で説明した内容とまったく同じ現象が見られます。 問題を解決するには、両方のルータで同一サブネットの IP アドレスを割り当てます。

原因 4: 一方が非番号なのにもう一方は番号あり

例として次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/7112/unnum.gif

R4-4K R1-7010
interface Loopback0
 ip address 172.16.35.1 255.255.255.255

interface Serial2
 ip unnumbered Loopback0
 router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
interface Loopback0
 ip address 172.16.30.1 255.255.255.255
!
interface Serial1/0
 ip address 172.16.32.2 255.255.255.0
 clockrate 64000

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0

R4-4K(4)# show interface serial 2
Serial2 is up, line protocol is up 
  Hardware is cxBus Serial
  Interface is unnumbered.  Using address of Loopback0 (172.16.35.1)

R1-7010(5)# show interface serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up 
  Hardware is cxBus Serial
  Internet address is 172.16.32.2/24

上記の出力では、R4-4K の Serial 2 インターフェイスは Loopback0 にアンナンバードされていますが、R1-7010 の Serial 1/0 はナンバード インターフェイスになっています。

R4-4K(4)# show ip ospf interface serial 2
Serial2 is up, line protocol is up 
  Internet Address 0.0.0.0/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.35.1, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:02
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
    Adjacent with neighbor 172.16.32.2
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

R1-7010(5)# show ip ospf interface serial 1/0
Serial1/0 is up, line protocol is up 
  Internet Address 172.16.32.2/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.32.2, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:02
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
    Adjacent with neighbor 172.16.33.1
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

出力結果からわかるように、ネットワーク タイプはどちらもポイントツーポイントです。 問題は、片側がアンナンバードでありながら、もう片側がそうではないことにあります。その結果、次のように、データベースに不一致が生じています。

R4-4K(4)# show ip ospf database router 172.16.30.1

  OSPF Router with ID (172.16.35.1) (Process ID 20)
 Router Link States (Area 0)
 LS age: 202
     Options: (No TOS-capability, DC)
     LS Type: Router Links
     Link State ID: 172.16.30.1
     Advertising Router: 172.16.30.1
     LS Seq Number: 80000002
     Checksum: 0xC899
     Length: 60
     Number of Links: 3
 Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 172.16.35.1
     (Link Data) Router Interface address: 172.16.32.2
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 64
 Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 172.16.32.0
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.0
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 64
 Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 172.16.30.1
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 1

     R4-4k(4)#
    
R1-7010(5)# show ip ospf database router 172.16.35.1

OSPF Router with ID (172.16.30.1) (Process ID 20)
     Router Link States (Area 0)
 Adv Router is not-reachable
     LS age: 396
     Options: (No TOS-capability, DC)
     LS Type: Router Links
     Link State ID: 172.16.35.1
     Advertising Router: 172.16.35.1
     LS Seq Number: 80000003
     Checksum: 0xBEA1
     Length: 48
     Number of Links: 2
 Link connected to: another Router (point-to-point)
     (Link ID) Neighboring Router ID: 172.16.30.1
     (Link Data) Router Interface address: 0.0.0.3

          
!--- In case of an unnumbered link we use MIB 
          !--- II IfIndex value which usually starts with 0.

          
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 64
 Link connected to: a Stub Network
     (Link ID) Network/subnet number: 172.16.35.1
     (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
     Number of TOS metrics: 0
     TOS 0 Metrics: 1

     R1-7010(5)#

R1-7010 は、インターフェイス アドレスを保持した Link Data フィールドを使用して、このポイントツーポイント リンクの LSA を生成しています。一方、R4-4K は MIBII IfIndex 値を使用して、同じリンクの LSA を生成していることがわかります。 そのため、リンクステート データベースに不一致が生じます。つまり、ルータはルーティング テーブルに追加されません。

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

解決策

この問題を解決するには、両方のルータのシリアル インターフェイスを、ナンバードまたはアンナンバードのどちらかに統一して設定します。 この例では、ルータ R4-4K の Serial 2 インターフェイスをナンバードに設定しています。

R4-4K(4)# configure terminal 
R4-4K(4)(config)# interface serial 2
R4-4K(4)(config-if)# no ip unnumbered loopback 0 
R4-4K(4)(config-if)# ip address 172.16.32.1 255.255.255.0

R4-4K(4))# show ip ospf interface serial 2
Serial2 is up, line protocol is up 
  Internet Address 172.16.32.1/24, Area 0 
  Process ID 20, Router ID 172.16.33.1, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 64
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:02
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1 
    Adjacent with neighbor 172.16.32.2
  Suppress hello for 0 neighbor(s)

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
O       172.16.33.1/32 [110/65] via 172.16.32.1, 00:03:08, Serial1/0
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

原因 5: フル メッシュ構造のフレームリレー環境における PVC の切断

例として次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/7112/26d.gif

R9-2500
interface Loopback0
 ip address 50.50.50.50 255.255.255.255
 !
interface Serial0
 ip address 10.10.10.5 255.255.255.0
 encapsulation frame-relay
 ip ospf network broadcast 
 frame-relay map ip 10.10.10.6 102 broadcast
 frame-relay map ip 10.10.10.7 101 broadcast

router ospf 10
 network 10.10.10.0 0.0.0.255 area 0
 network 50.50.50.0 0.0.0.255 area 0

R4-4K
interface Loopback0
 ip address 70.70.70.70 255.255.255.255
!
interface Serial0
 ip address 10.10.10.7 255.255.255.0
 encapsulation frame-relay
 ip ospf network broadcast
 frame-relay map ip 10.10.10.5 101 broadcast
 frame-relay map ip 10.10.10.6 100 broadcast

router ospf 10
 network 10.10.10.0 0.0.0.255 area 0
 network 70.70.70.0 0.0.0.255 area 0

R3-4K
interface Loopback0
 ip address 60.60.60.60 255.255.255.255
 !
interface Serial0
 no ip address
 encapsulation frame-relay
!
interface Serial0.1 multipoint
 ip address 10.10.10.6 255.255.255.0
 ip ospf network broadcast
 frame-relay map ip 10.10.10.5 102 broadcast
 frame-relay map ip 10.10.10.7 100 broadcast
!
router ospf 10
 network 10.10.10.0 0.0.0.255 area 0
 network 60.60.60.0 0.0.0.255 area 0

フレームリレー越しのブロードキャスト モデルが正しく機能するのは、フレームリレー クラウドがフル メッシュであるときだけです。 Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)のいずれかが切断している場合には、OSPF データベースに問題が発生するため、Adv router not reachable メッセージが生成されます。

この例では、R9-2500 と R4-4K 間の PVC が切断しており、また R9-2500 の代表ルータ(DR)とのリンクも切断しています。 その結果、R9-2500 では、(DR ではない)R3-4K から送信されたすべての LSA が到達不能であると断定します。 表示からわかるように、R9-2500 は、R3-4K に接続されたシリアル インターフェイスのトランジット リンクを生成していません。 R9-2500 から見れば、このリンク上には DR が存在しないため、代わりにスタブ リンクを生成しています。

R9-2500(3)# show ip ospf database router

       OSPF Router with ID (50.50.50.50) (Process ID 10)
                Router Link States (Area 0)
  LS age: 148
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 50.50.50.50
  Advertising Router: 50.50.50.50
  LS Seq Number: 8000000B
  Checksum: 0x55A
  Length: 48
   Number of Links: 2

    Link connected to: a Stub Network
    (Link ID) Network/subnet number: 10.10.10.0
    (Link Data) Network Mask: 255.255.255.0
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

    Link connected to: a Stub Network
    (Link ID) Network/subnet number: 50.50.50.50
    (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 1

  Adv Router is not-reachable
  LS age: 1081
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 60.60.60.60
  Advertising Router: 60.60.60.60
  LS Seq Number: 80000006
  Checksum: 0x4F72
  Length: 48
   Number of Links: 2

    Link connected to: a Stub Network
    (Link ID) Network/subnet number: 60.60.60.60
    (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Transit Network
    (Link ID) Designated Router address: 10.10.10.7
    (Link Data) Router Interface address: 10.10.10.6
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

          
  Adv Router is not-reachable
  LS age: 306
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 70.70.70.70
  Advertising Router: 70.70.70.70
  LS Seq Number: 80000007
  Checksum: 0xC185
  Length: 48
   Number of Links: 2

    Link connected to: a Stub Network
    (Link ID) Network/subnet number: 70.70.70.70
    (Link Data) Network Mask: 255.255.255.255
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 1

    Link connected to: a Transit Network
    (Link ID) Designated Router address: 10.10.10.7
    (Link Data) Router Interface address: 10.10.10.7
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

この問題に関する詳細は、『フレームリレーを介しての NBMA とブロードキャスト モードでの OSPF の実行に関する問題』を参照してください。

理由 6: フォワーディング アドレスが外部ルート経由で学習されている

例として次のネットワーク ダイアグラムを使用します。

/image/gif/paws/7112/foradd.gif

R2507
interface Serial0
ip address 1.1.1.1 255.255.255.0
         
interface Serial1
ip address 7.7.7.1 255.255.255.0
         
router ospf 1
network 1.1.1.1 0.0.0.0 area 0
default- information originate metric 20
         
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 Serial1

R2504
interface Serial0
ip address 1.1.1.2 255.255.255.0
         
interface TokenRing0
ip address 3.3.4.2 255.255.255.0
         
router ospf 1
network 1.1.1.0 0.0.0.255 area 0
network 3.0.0.0 0.255.255.255 area 1
area 1 range 3.0.0.0 255.0.0.0

R2515
interface Serial1
ip address 4.4.4.3 255.255.255.0
       
interface TokenRing0
ip address 3.3.4.3 255.255.255.0
       
interface ethernet 0
ip address 3.44.66.3 255.255.255.0
       
interface ethernet 1
ip address 3.22.88.3 255.255.255.0
       
router ospf 1
redistribute rip metric 20 subnets
network 0.0.0.0 255.255.255.255 area 1
       
router rip
network 3.0.0.0

R2513
interface TokenRing0
ip address 3.3.4.4 255.255.255.0
       
interface ethernet 0
ip address 200.1.1.4 255.255.255.0
       
router rip
network 3.0.0.0
network 200.1.1.0

R2507# show ip ospf data external 200.1.1.0
       OSPF Router with ID (7.7.7.1) (Process ID 1)
       Type- 5 AS External Link States
       LS age: 72
       Options: (No TOS- capability, DC)
       LS Type: AS External Link
       Link State ID: 200.1.1.0 (External Network Number )
       Advertising Router: 3.44.66.3
       LS Seq Number: 80000001
       Checksum: 0xF161
       Length: 36
       Network Mask: /24
                   Metric Type: 2 (Larger than any link state path)
                   TOS: 0
                   Metric: 20
                   Forward Address: 3.3.4.4
                   External Route Tag: 0

R2507 は、データベースには 200.1.1.0/24 が存在しますが、3.3.4.4 が OSPF の外部ルート経由で学習されているため、ルーティング テーブルには追加されていません。

R2507# show ip route 3.3.4.4
       Routing entry for 3.3.4.0/ 24
       Known via "ospf 1", distance 110, metric 20,type extern 2, forward metric 70
       Redistributing via ospf 1
       Last update from 1.1.1.2 on Serial0, 00: 00: 40 ago
       Routing Descriptor Blocks:
       * 1.1.1.2, from 3.44.66.3, 00: 00: 40 ago, via Serial0
          Route metric is 20, traffic share count is 1

注: Cisco bug ID CSCdp72526登録ユーザ専用)により修正されたため、オーバーラップした外部ネットワークについては、OSPF はタイプ 5 のリンクステート アドバタイズメント(LSA)を生成しません。 そのため、R2507 は、エリア内ルートであるサマリー ルート 3.0.0.0/8 だけを使用します。 それから、R2507 は RFC 2328 に従って従ってフォーワーディングアドレスおよびイントラエリア ルート 3.0.0.0/8 で到達可能であるので 200.1.1.0/24 を、インストールしますleavingcisco.com

上記のバグを修正した後では、出力は次のようになります。

R2507# show ip route 3.3.4.4
      Routing entry for 3.0.0.0/8
      Known via "ospf 1", distance 110, metric 74, type inter area
      Last update from 1.1.1.2 on Serial0, 00:19:20 ago
      Routing Descriptor Blocks:
      * 1.1.1.2, from 3.3.4.2, 00:19:20 ago, via Serial0



R2507# show ip route  
      Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
      D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
      N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
      E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
      i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
      ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
      o - ODR, P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

1.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
    C 1.1.1.0 is directly connected, Serial0
    O IA 3.0.0.0/8 [110/74] via 1.1.1.2, 00:30:18, Serial0
    O E2 200.1.1.0/24 [110/20] via 1.1.1.2, 00:22:58, Serial0
    Route metric is 74, traffic share count is 1

R2507#

フォワーディング アドレスも外部ルート経由で学習されている場合には、OSPF はそのルートをルーティング テーブルに追加しません。 この問題に関する詳細は、『OSPF フォワーディング アドレスに関する一般的なルーティング問題』を参照してください。

原因 7: 配布リストがルートをブロッキングしている

次のネットワーク ダイアグラムを例として使用します。

/image/gif/paws/7112/26a.gif

R4-4K R1-7010
interface Loopback0
 ip address 172.16.33.1 255.255.255.255

interface Serial2
 ip address 172.16.32.1 255.255.255.0

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
interface Loopback0
 ip address 172.16.30.1 255.255.255.255
!
interface Serial1/0
 ip address 172.16.32.2 255.255.255.0
 clockrate 64000

router ospf 20
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
 distribute-list 1 in
!
access-list 1 permit 172.16.32.0. 0.0.0.255

上記のように、R1-7010 には distribute-list コマンドが設定されており、追加が許可されるのは 172.16.32.0/24 の範囲のアドレスだけです。 リンクステート プロトコルでは、distribute-list コマンドを使用して LSA をフィルタリングすることは、実際には不可能です。 そのため、LSA はデータベースには登録されますが、 ルーティング テーブルには追加されません。

R1-7010(5)# show ip ospf database router 172.16.33.1

  LS age: 357
  Options: (No TOS-capability, DC)
  LS Type: Router Links
  Link State ID: 172.16.33.1
  Advertising Router: 172.16.33.1
  LS Seq Number: 8000000A
  Checksum: 0xD4AA
  Length: 48
   Number of Links: 3

 Link connected to: another Router (point-to-point)
    (Link ID) Neighboring Router ID: 172.16.32.2
    (Link Data) Router Interface address: 172.16.32.1
    Number of TOS metrics: 0
    TOS 0 Metrics: 64

R1-7010 の distribute-list 設定コマンドによって、ネットワーク 172.16.33.1/32 がフィルタリングされているため、ルーティング テーブルには追加されません。

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

解決策

この問題を解決するには、R1-7010 を設定して、Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)で 172.16.33.0/24 が許可されるようにします。それによって、このネットワークがルーティング テーブルに追加されるようになります。

R1-7010(5)# configure terminal 
R1-7010(5)(config)# access-list 1 permit 172.16.33.0 0.0.0.255 
R1-7010(5)(config)# end

R1-7010(5)# show ip access-list 1
Standard IP access list 1
    permit 172.16.32.0, wildcard bits 0.0.0.255
    permit 172.16.33.0, wildcard bits 0.0.0.255

R1-7010(5)# show ip route
172.16.0.0/16 is variably subnetted, 3 subnets, 2 masks
C       172.16.32.0/24 is directly connected, Serial1/0
O       172.16.33.1/32 [110/65] via 172.16.32.1, 00:00:08, Serial1/0
C       172.16.30.1/32 is directly connected, Loopback0

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 7112