非同期転送モード(ATM) : ATM の逆多重化(IMA)

AUSM/B IMA のトラブルシューティングガイド

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、MGX 8850 ATM User Service Module モデル B(AUSM/B)での ATM の逆多重化(IMA)の運用、管理、およびメンテナンスのトラブルシューティングに関するガイドとして使用することを目的としています。 IMA 障害を検出する、障害を隔離する、および障害の根本原因を特定するためのトラブルシューティングのヒントと手順について説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • ATM フォーラムの Inverse Multiplexing for ATM (IMA) 仕様 バージョン 1.0 で指定どおりの IMA プロトコルおよびサービス。

  • MGX 8850 AUSM/B

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

Cisco IMA 実装の概要

AUSM/B.による MGX 8850 サポート IMA。 IMA の Ciscoインプリメンテーションは ATM フォーラムの Inverse Multiplexing for ATM (IMA) 仕様 バージョン 1.0 に従い、次の機能を追加します:

  • ATMフォーラムUNI 3.0/3.1 インターフェイスで利用可能 なすべての ATM接続 管理のサポート。

  • IMAグループ 自動再始動による大規模な配置。

広範なテストは Cisco MGX 8850 IMA AUSM/B がまた IMA バージョン 1.0 が実装されている複数のサード パーティ Customer Premises Equipment (CPE) デバイスと相互運用可能であることを示しました。

AUSM/B の規格準拠 IMA 実装は次の通り、複数の設定をサポートします:

  • 複数の IMAグループ、8 つまでの物理リンクで構成されているそれぞれ。

  • 8 まで倍数、個々の UNIポート。

  • IMA でグループ化される 1 つのまたは複数の物理リンクとの混合された設定および個々の ATM ポートで設定される物理リンクの他。

  • 差分遅延許容。 異なるキャリアによって提供される物理リンクは同じ IMAグループの内で使用することができます。

IMAグループは 1 つの T1/E1 物理リンクで構成されるかもしれません。 これは特にユーザは 1 T1/E1 だけの帯域幅必要があるが、追加 キャパシティのための必要を将来予想するとき、拡張が容易です。 追加物理リンクは既存の IMAグループにインクレメンタルに追加されるかもしれません。

IMA サービスのトラブルシューティング

このセクションはネットワーク オペレータが AUSM/B.の IMA サービスを指示するのに使用できる手順を提供します。 それは AUSM/B.で利用可能 な IMA オブジェクトの管理 ステータス、また動作状態を監視し理解する方法を記述します。 このセクションにリストされている手順はローカルまたはリモート接続上の AUSM Command Line Interface (CLI)によって使用されるように意図されています。 Cisco WAN Manager (CWM)によって IMA 管理タスクを行う方法の情報に関しては Cisco WAN Manager オペレーション 資料を参照して下さい。

IMA エラーを管理するのに使用されるトラブルシューティング手順が次を識別し、理解することで構成されています:

  1. 現象、ある特定の現象は—各 IMA エラーのために…あります。 さまざまな IMA コンポーネントの状態によりこれらの現象は明白になります。

  2. 原因、1つ以上の推定 原因は—各現象のために…提供されます。 失敗原因はある特定の IMA コンポーネントの操作上および/または管理 ステータスの解釈です。

  3. 是正措置、是正措置か情報は—各原因のために…与えられます。 正常に IMA サービスを再開するために、ネットワーク オペレータは是正措置を行う必要があります。

障害の特定

IMA の解決の第一歩はことを存在 するエラー認識し、そのエラーをローカライズすることです。 故障分離を援助するために次のステップを完了して下さい:

  1. ノードのアラーム状況をチェックして下さい。 CWM から、またはローカルで ノードでこれをすることができます。

  2. ローカルで ノード内のアラームのソースを見つける CWM か dspcds コマンドを使用して下さい。

  3. ローカルで カードでポート内の障害をまたはラインを見つける CWM か dspports または dsplns コマンド使用して下さい。

IMA ステータス

AUSM/B の IMA 動作状態は IMAグループ状態IMA リンク状態によって記述することができます。

IMAグループ状態

IMAグループ近端(NE)状態は IMA ポートの NE 状態を常に記述します。 IMAグループNE State フィールドは CLI から発行される dspport port-number コマンドの出力にあります。 次 の テーブルは異なる IMAグループ オペレーショナル ステートを示します。

State 説明
Not Configured IMA グループが存在しません。 これは頭文字、デフォルトステートです。
始動 IMAグループは設定され、Group State Machine (GSM)は遠端で始動を待っています(FE)。 開始したおよびグループ パラメータ(M、対称)受け入れられればうまく交信すればこと FE が、グループは StartUpAck ステートに変わります。
StartUpAck GSM は FE から IMA Control Protocol (ICP) セルに含まれていた StartUpAck メッセージを受け取りました。
unsupportedM FE は M グループ パラメータを承認していません。
incompSymm FE は対称グループ パラメータを承認していません。
configAbortOther 他のグループ パラメータは FE によってサポートされません。
insufficientlinks アクティブリンクの数は設定されたリンクの最小番号より小さいです。
ブロックされる グループがメンテナンス目的でブロックされる場合、GSM はこの状態に入ります。
動作中 IMA ポートは IMA サブレイヤーからおよびに ATM セルを送り、受信できます。 GSM はこの状態に両方の transmit (tx)に十分なリンクがあり、(Rx)方向を受け取るとき入ります。

IMAグループ障害ステータス

IMAグループ障害ステータスは NE および FE 両方の障害状況を記述します。 障害状況ヘルプを知っていて失敗の原因を判別して下さい。 IMAGrp 障害ステータス フィールドは CLI から発行される dspport port-number コマンドの出力にあります。 次 の テーブルは異なる IMAグループ障害状態を記述します:

State 説明
失敗無し IMAグループは正常に動作しています。
NE 始動 NE GSM は始動状態にあります。
FE 始動 FE GSM は始動状態にあります。
NE 無効 M FE は NE の M パラメータをサポートしません。
FE 無効 M NE は FE の M パラメータをサポートしません。
障害のある Assym NE FE は NE の非対称的なオペレーションをサポートしません。
壊れたAssym FE NE は FE の非対称的なオペレーションをサポートしません。
NE Insuff リンク NE のアクティブリンクの数は設定されたリンクの最小番号より小さいです。
FE Insuff リンク FE のアクティブリンクの数は設定されたリンクの最小番号およびメッセージが ICPセルによって NE に運ばれるよりより少しです。
ブロックされた NE NE はメンテナンス目的でブロックされます。
ブロックされた FE FE はメンテナンス目的でブロックされます。
他の原因 グループは他の理由で失敗しました。

IMA リンク NE Rx および送信する Tx 状態

IMA リンク 動作状態は NE の IMAグループの一部として設定される所定のリンクの状態を記述します。 リンク オペレーショナル ステートは CLI から発行される dspimaln imagroup 数 line-number または dspimainfo コマンドLinkNeRxState および LinkNeTxState フィールドで示されています。 次 の テーブルは異なる IMA リンク オペレーショナル ステートを記述します:

State 説明
Not in Group(グループ外) リンクは IMAグループの内で設定されません、またはリンクはグループから取除かれました。
Unusable(使用不可) エラーはリンクで検出する。 line エラーが原因である場合もあります。 (ラインをチェックする dsplns コマンドを使用して下さい。)
Usable(使用可能) リンクは使用されて準備ができて使用可能またはアクティブであるために FE Tx を待っています。
Active(アクティブ) リンクは IMAグループの内でアクティブで、ATM層 セルを送信しています。

NE Rxリンクの障害状態

IMA Rx-link 障害状況は NE Rx-link の障害状態を記述します。 NE Rxリンクの障害状態は CLI から発行される dspimaln imagroup-number line-number コマンドLinkNeRxFailureStatus フィールドで示されています。 次 の テーブルは異なる IMA Rx-link 障害状態を記述します:

State 説明
失敗無し リンクは IMAグループの内でアクティブで、ATM層 セルを送信しています。
IMA リンク障害 リンク問題は NE で検出する。
LIF 失敗 LIF 問題は NE で検出する。
LODS障害 LODS 問題は NE で検出する。
Misconnected リンクは IMA テスト手順失敗しました。
Blocked リンクは阻止されます。
Fault(障害) リンクは非アクティブです。
使用不可能な FE Tx リンク FE リンクは設定されますが、耐久性がある問題か阻止が理由で操作していません。
使用不可能な FE Rx リンク FE リンクは失敗する設定されます。

トラブルシューティング事例

このセクションで使用されるすべてのトラブルシューティング例では problem という用語が IMA ポートがメジャー または マイナー アラームにある状況を意味するのに使用されています。 メジャー アラームはサービスに影響を与え、ポートや接続障害という結果に終ります。 CPE から来るすべてのユーザトラフィックはメジャー アラームの間に廃棄されます。 メジャー アラームの例は IMA リンクの信号消失 (LOS)の検出です。 マイナー アラームはパフォーマンス低下という結果に終ります。 マイナー アラームのポートにルーティングされた接続は一般的に失敗しません、接続 の パフォーマンスは真剣に低下するかもしれません。 アラームはまた物理的または統計的である可能性があります。

ケース スタディ 1

問題の症状

IMA ポートはメジャー アラームにあります。 Group NE state は始動です。 受け入れられたリンク無し(「行」は = 0)示します。 dsplns コマンドからの出力はアラームがないことを示したものです。 dspimainfo コマンドからの出力はすべてのリンクが NotInGroup 状態にあり、すべての Rx LID を 33 にディフォルトされることを示したものです(0x21)。 通常 LID は 31 より小さいはずです。 これは NE が FE から ICP セルを受信していないことを意味します。 dspimalncnt コマンドからの出力は NE が ICP セルを受信していないことを確認します。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 1

    IMA Group number :                 1
    Port type :                        UNI
    Lines configured :                 1.2.3.4
    Enable :                           Enabled
    IMA Port state :                   Sig. Failure
    IMA Group Ne state :               Startup
    PortSpeed (cells/sec) :            14364
    GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 0
    ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
    LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
    ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
    Minimun number of links :          3
    MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
    Lines Present : 
    ImaGroupRxImaId :                  0x21
    ImaGroupTxImaId :                  0x0
    Observed Diff delay (msec) :       0
    Clock Mode :                       CTC
    GroupAlpha :                       2
    GroupBeta :                        2
    GroupGamma :                       1
    GroupConfiguration :               1
    IMAGrp Failure status :            Ne StartUp
    Timing Reference link :            1
    
    
    MGX1.1.2.AUSMB8.a > dsplns

    Line Conn  Type         Status/Coding     Length     XmtClock Alarm Stats
         Type                                            Source         Alarm
    ---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
    2.1 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No 
    2.2 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No
    2.3 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No 
    2.4 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No
    2.5 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No 
    2.6 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No 
    2.7 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No 
    2.8 RJ-48 dsx1ESF       Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft     LocalTim  No     No
    LineNumOfValidEntries: 8

    
    MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

    dspimainfo
    Link Group  NeTx         NeRx        FeTx         FeRx         TxLID RxID 
                State        State       State        State 
    -------------------------------------------------------------------------- 
    1     1     Unusable     Unusable    NotInGroup   NotInGroup     0     33
    2     1     Unusable     Unusable    NotInGroup   NotInGroup     1     33
    3     1     Unusable     Unusable    NotInGroup   NotInGroup     2     33
    4     1     Unusable     Unusable    NotInGroup   NotInGroup     3     33
    value = 0 = 0x0
    
    
    MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimalncnt 1 1

    IMA group number :                1
    Line number :                     1
    Icp Cells Received :              0
    Icp Errored Cells Recvd :         0
    Ima Violations Count :            0
    Ima OIF anomalies :               4
    Ima Ne Severely Errored Seconds : 0
    Ima Fe Severely Errored Seconds : 0
    Ima Ne Unavailable Seconds :      0
    Ima Fe Unavailable Seconds :      0
    Ima NeTx Unusable Seconds :       1541
    Ima NeRx Unusable Seconds :       1541
    Ima FeTx Unusable Seconds :       0
    Ima FeRx Unusable Seconds :       0
    Ima FeTx Num. Failues :           0
    Ima FeRx Num. Failures :          0
    # HEC errored cells :             0
    # HEC errored seconds :           0
    # Severely HEC errored seconds :  0
    MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimaln 1 1
    IMA Group number :        1
    Link number :             1
    ImaLink TxLId :           0x0
    ImaLink RxLId :           0x21
    LinkNeRxState :           Unusable 
    LinkNeTxState :           Unusable 
    LinkNeRxFailureStatus :   Ima Link Failure 
    LinkFeRxState :           Not In Group
    LinkFeTxState :           Not In Group
    LinkFeRxFailureStatus :   No Failure
    LinkRelDelay :            0
    LinkRxTestPattern :       255
    Ne Link Tx Num Failures : 0
    Ne Link Rx Num Failures : 0

推定 原因

FE は正しく設定されません。

グループが始動すれば、GSM は Start_Up 状態を入力し、FE からの対称構成および M 値をチェックします。 受け入れることができる唯一の設定は M=128 および対称的な設定です。 コンフィギュレーション不一致の場合には、GSM は Config_Aborted 状態に期間限定で変更し、次に Start_Up 状態に変更します。 GSM は Start_Up 状態でスタックするようになります。 FE から届く M 値および対称構成が NE に達すれば、GSM は Startup_AckInsufficient_Links、および/または操作上に移行しました。

解決方法

FE の設定が期待された設定と一致するようにするためにチェックして下さい。

ケース スタディ 2

問題の症状

IMA ポートは ACTIVE 状態にありますが、すべての設定 された リンクはありません。 dspports および dspport コマンドからの出力はリンク 1 がグループから取除かれたことを示したものです。 dspimainfo コマンドからの出力は次を示したものです:

  • NE Rx およびリンク 1 の NE Tx は使用可能です。

  • FE Rx およびリンク 1 の FE Tx は使用不可能であり、FE Rx 失敗のための原因はブロックされます。

    注: リンク 1 は ICP セルを受信しています。

dsplns コマンドからの出力はアラームから Line 1 示したものです。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspports

No ATM T1/E1 UNI ports currently active
List of IMA groups:
===================
ImaGrp PortType Conf Avail      Lines configured Lines present    Tol Diff  Port Ste
                rate rate                                         Delay(ms) 
------ -------- ----- -----     --------------- --------------- ---------   --------
2.1     UNI     14364 10773     1.2.3.4         2.3.4             275       Active
NextPortNumAvailable: 7


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 1
IMA Group number :                 1
Port type :                        UNI
Lines configured :                 1.2.3.4
Enable :                           Enabled
IMA Port state :                   Active
IMA Group Ne state :               operational
PortSpeed (cells/sec) :            14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 10773
ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
Minimun number of links :          2
MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
Lines Present :                    2.3.4
ImaGroupRxImaId :                  0x21
ImaGroupTxImaId :                  0x0
Observed Diff delay (msec) :       0
Clock Mode :                       CTC
GroupAlpha :                       2
GroupBeta :                        2
GroupGamma :                       1
GroupConfiguration :               1
IMAGrp Failure status :            No Failure
Timing reference link :            2


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dsplns

Line Conn     Type     Status/Coding     Length       XmtClock Alarm Stats
     Type                                             Source         Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
2.1 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No 
2.2 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No
2.3 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No 
2.4 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No
2.5 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No 
2.6 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No 
2.7 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No 
2.8 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim   No   No
LineNumOfValidEntries: 8


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

Link     Group     NeTx     NeRx     FeTx     FeRx     TxLID  RxID 
                   State   State     State    State 
------------------------------------------------------------------ 
1         1        Usable   Usable   Unusable Unusable   0     1
2         1        Active   Active   Active   Active     1     0
3         1        Active   Active   Active   Active     2     2
4         1        Active   Active   Active   Active     3     3


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimaln 1 1

IMA Group number : 1
Link number :             1
ImaLink TxLId :           0x0
ImaLink RxLId :           0x1
LinkNeRxState :           Usable
LinkNeTxState :           Usable
LinkNeRxFailureStatus :   No Failure
LinkFeRxState :           Unusable 
LinkFeTxState :           Unusable 
LinkFeRxFailureStatus :   Blocked
LinkRelDelay :            0
LinkRxTestPattern :       255
Ne Link Tx Num Failures : 0
Ne Link Rx Num Failures : 0


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimalncnt 1 1

IMA group number :                1
Line number :                     1
Icp Cells Received :              12687
Icp Errored Cells Recvd :         0
Ima Violations Count :            0
Ima OIF anomalies :               15
Ima Ne Severely Errored Seconds : 0
Ima Fe Severely Errored Seconds : 2
Ima Ne Unavailable Seconds :      154
Ima Fe Unavailable Seconds :      0
Ima NeTx Unusable Seconds :       145
Ima NeRx Unusable Seconds :       144
Ima FeTx Unusable Seconds :       448
Ima FeRx Unusable Seconds :       448
Ima FeTx Num. Failues :           0
Ima FeRx Num. Failures :          0
# HEC errored cells :             0
# HEC errored seconds :           0
# Severely HEC errored seconds :  0

推定 原因

リンク 1 は FE で阻止されました。

リンク 1 の Link State Machine (LSM)は NE Rx=Active を設定 する前に FE Tx=Usable を受け取るために待っていて、NE Rx=Active を設定 する前に FE Tx=Usable を受け取るためにリンク 1 の LSM は待っています。

解決方法

リンク 1 は FE でアクティブにする必要があります。 Cisco IOS によって基づく CPE を使用するとき(、CPE インターフェイスは通常シャットダウンされる必要はありません。)

ケース スタディ 3

問題の症状

IMA ポートはメジャー アラームにあります。 NE グループは Start_Up 状態にあります。 失敗のための今回、原因は不十分なリンクです。 復元力(リンクの最小番号)は 4 に設定 されます; ただし、リンク 1 は非アクティブです。 dspimainfo コマンドからの出力は次を示したものです:

  • リンク 1 の NE は失敗からあります。 これを確認する dspimaln ima-group line-number コマンドを使用して下さい。

  • FE Rx およびリンク 1 の FE Tx は使用不可能であり、FE Rx 失敗のための原因はブロックされます。

    注:  リンク 1 は ICP セルを受信しています。

    これを確認する dspimalncnt ima-group line-number コマンドを使用して下さい。

dsplns コマンドからの出力はアラームから Line 1 示したものです。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspports

No ATM T1/E1 UNI ports currently active
List of IMA groups:
===================
ImaGrp PortType Conf  Avail      Lines configured  Lines present  Tol Diff  Port Ste
                rate  rate                                        Delay(ms) 
------ -------- ----- -----     ---------------   --------------- --------- --------
2.1     UNI     14364   0       1.2.3.4                            275      Sig. Fae
NextPortNumAvailable: 6


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 1

IMA Group number :                 1
Port type :                        UNI
Lines configured :                 1.2.3.4
Enable :                           Enabled
IMA Port state :                   Sig. Failure
IMA Group Ne state :               insufficientlinks
PortSpeed (cells/sec) :            14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 0
ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
Minimun number of links :          4
MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
Lines Present : 
ImaGroupRxImaId :                  0x21
ImaGroupTxImaId :                  0x0
Observed Diff delay (msec) :       0
Clock Mode :                       CTC
GroupAlpha :                       2
GroupBeta :                        2
GroupGamma :                       1
GroupConfiguration :               1
IMAGrp Failure status :            Ne StartUp
Timing reference link :            1


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

Link     Group     NeTx     NeRx     FeTx     FeRx     TxLID RxID 
                   State    State    State    State 
------------------------------------------------------------------ 
1         1        Usable   Usable   Unusable Unusable   0     1
2         1        Usable   Usable   Usable   Usable     1     0
3         1        Usable   Usable   Usable   Usable     2     2
4         1        Usable   Usable   Usable   Usable     3     3


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimaln 1 1

IMA Group number :        1
Link number :             1
ImaLink TxLId :           0x0
ImaLink RxLId :           0x1
LinkNeRxState :           Usable
LinkNeTxState :           Usable
LinkNeRxFailureStatus :   No Failure
LinkFeRxState :           Unusable 
LinkFeTxState :           Unusable 
LinkFeRxFailureStatus :   Blocked
LinkRelDelay :            0
LinkRxTestPattern :       255
Ne Link Tx Num Failures : 0
Ne Link Rx Num Failures : 0

推定 原因

リンク 1 は FE で阻止されました。

リンク 1 の LSM は NE Rx=Active を設定 する前に FE Tx=Usable を受け取るために待っていて、NE Tx=Active を設定 する前に FE Rx=Usable を受け取るためにリンク 1 の LSM は待っています。

解決方法

リンク 1 は FE でアクティブにする必要があります。 Cisco IOS ベース CPE を使用するとき(、CPE インターフェイスは通常シャットダウンされる必要はありません。) または、復元力はにまたは 1) より低い値(3、2 変更する必要があります。

ケース スタディ 4

問題の症状

IMA ポートはメジャー アラームにあります。

dspport コマンドの出力は次を示したものです:

  • NE IMAグループは不十分なリンク状態にあります。

  • 2 つのリンクだけ(設定される 4 から)どんなにあっても、復元力(リンクの最小番号)は 3 に設定 されます。

dspimainfo コマンドの出力は FE Rx およびリンク 2 および 4 の FE Tx が IMAグループにないことを示したものです。

dsplns コマンドの出力は Line 2 におよび 4.物理的 な アラームがあることを示したものです。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspports

No ATM T1/E1 UNI ports currently active
List of IMA groups:
===================
ImaGrp PortType Conf  Avail Lines configured Lines present  Tol Diff  Port Ste
                rate  rate                                  Delay(ms) 
------ -------- ----- ----- --------------- --------------- --------- --------
2.1     UNI     14364 7182 1.2.3.4          1.3             275       Fail(Ma)
NextPortNumAvailable: 8


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 1

IMA Group number :                 1
Port type :                        UNI
Lines configured :                 1.2.3.4
Enable :                           Modify
IMA Port state :                   Fail(Maj alm)
IMA Group Ne state :               insufficientlinks
PortSpeed (cells/sec) :            14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 7182
ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
Minimun number of links :          3
MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
Lines Present :                    1.3
ImaGroupRxImaId :                  0x21
ImaGroupTxImaId :                  0x0
Observed Diff delay (msec) :       0
Clock Mode :                       CTC
GroupAlpha :                       2
GroupBeta :                        2
GroupGamma :                       1
GroupConfiguration :               1
IMAGrp Failure status :            Ne Insuff Links
Timing reference link :            1


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

Link     Group     NeTx     NeRx     FeTx       FeRx     TxLID RxID 
                   State    State    State      State 
-------------------------------------------------------------------- 
1         1        Active   Active   Active     Active     0     1
2         1        Usable   Unusable NotInGroup NotInGroup 1     0
3         1        Active   Active   Active     Active     2     2
4         1        Usable   Unusable NotInGroup NotInGroup 3     3


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dsplns

Line Conn     Type     Status/Coding     Length       XmtClock Alarm Stats
     Type                                             Source         Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
2.1 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
2.2 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  Yes    Yes
2.3 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
2.4 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  Yes    Yes
2.5 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
2.6 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
2.7 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
2.8 RJ-48     dsx1ESF     Ena/dsx1B8ZS     0-131 ft   LocalTim  No     No 
LineNumOfValidEntries: 8

推定 原因

リンク 2 および 4.の物理的 な レベルにエラーがあります。

解決方法

T1 回線をチェックして下さい。

ケース スタディ 5

ありそうな現象

IMA ポートはメジャー アラームにあります。

dspport port-number コマンドの出力は次を示したものです:

  • NE IMAグループは不十分なリンク状態にあります。

  • 復元力(リンクの最小番号)は 3 に、どんなに 2 つのただリンク設定 されても(6 つは 8)あり。

dspimainfo コマンドの出力は次を示したものです:

  • FE Rx およびリンク 5 の FE Tx は NotInGroup 状態にあります。

  • NE Rx は使用不可能 な 状態にあります。

dspimaln ima-group line-number コマンドの出力はリンク 5.の LODS障害を示したものです。

dsplns コマンドの出力はアラームがないことを示したものです。

クリアの後で IMA ラインは clrimalncnt ima-group line-number コマンドで逆らい、リンク 5 がもはや ICP セルを受信していない dspimalncnt ima-group line-number コマンドを発行して、ようです。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspports

No ATM T1/E1 UNI ports currently active
List of IMA groups:
===================
ImaGrp PortType Conf  Avail Lines configured Lines present  Tol Diff Port Ste
                rate  rate                                  Delay(ms) 
------ -------- ----- ----- --------------- --------------- --------- --------
2.2     UNI     14364 7182  5.6.7.8         6.8             275       Fail(Ma)
NextPortNumAvailable: 6


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 2

IMA Group number :                 2
Port type :                        UNI
Lines configured :                 5.6.7.8
Enable :                           Enabled
IMA Port state :                   Fail(Maj alm)
IMA Group Ne state :               insufficientlinks
PortSpeed (cells/sec) :            14364
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 7182
ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
Minimun number of links :          3
MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
Lines Present :                    6.8
ImaGroupRxImaId :                  0x0
ImaGroupTxImaId :                  0x1
Observed Diff delay (msec) :       0
Clock Mode :                       CTC
GroupAlpha :                       2
GroupBeta :                        2
GroupGamma :                       1
GroupConfiguration :               1
IMAGrp Failure status :            Ne Insuff Links
Timing reference link :            6


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

Link Group     NeTx     NeRx     FeTx         FeRx         TxLID   RxID 
               State    State    State        State 
------------------------------------------------------------------------ 
5     2        Usable   Unusable NotInGroup   NotInGroup     0     1
6     2        Active   Active   Active       Active         1     2
7     2        Unusable Unusable NotInGroup   NotInGroup     2     33
8     2        Active   Active   Active       Active         3     0


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimaln 2 5

IMA Group number :        2
Link number :             5
ImaLink TxLId :           0x0
ImaLink RxLId :           0x1
LinkNeRxState :           Unusable 
LinkNeTxState :           Usable
LinkNeRxFailureStatus :   Ima Link Failure 
LinkFeRxState :           Unusable 
LinkFeTxState :           Usable
LinkFeRxFailureStatus :   Lods Failure
LinkRelDelay :            0
LinkRxTestPattern :       255
Ne Link Tx Num Failures : 1
Ne Link Rx Num Failures : 1


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dsplns

Line Conn     Type     Status/Coding     Length       XmtClock Alarm Stats
     Type                                             Source         Alarm
---- ----- ------------ ------ -------- ------------- -------- ----- -----
2.5  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
2.6  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
2.7  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
2.8  RJ-48 dsx1ESF         Ena/dsx1B8ZS 0-131 ft      LocalTim  No    No 
LineNumOfValidEntries: 8


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimalncnt 2 5

IMA group number :                2
Line number :                     5
Icp Cells Received :              0
Icp Errored Cells Recvd :         0
Ima Violations Count :            0
Ima OIF anomalies :               6
Ima Ne Severely Errored Seconds : 0
Ima Fe Severely Errored Seconds : 0
Ima Ne Unavailable Seconds :      53
Ima Fe Unavailable Seconds :      53
Ima NeTx Unusable Seconds :       0
Ima NeRx Unusable Seconds :       53
Ima FeTx Unusable Seconds :       0
Ima FeRx Unusable Seconds :       53
Ima FeTx Num. Failues :           0
Ima FeRx Num. Failures :          0
# HEC errored cells :             0
# HEC errored seconds :           0
# Severely HEC errored seconds :  0

推定 原因

リンク 5 は misconnected。 それはリンクの他より別の IMAグループに接続されます。

解決方法

整合性をチェックします。

ケース スタディ 6

問題の症状

IMA ポートはメジャー アラームにあります。

dspport port-number コマンドからの出力は次を示したものです:

  • NE グループは操作上不十分なリンクステータスに入ること準備ができている StartUpAck ステートにあります。

  • 復元力(リンクの最小番号)は 2 およびリンクにです現在設定 されません。

  • グループ Tx ID は 0x0 です。

dspimainfo からの出力は次を示したものです:

  • NE Tx は使用不可能 な 状態にあり、NE Rx は使用可能な状態にあります。

  • FE Tx および FE Rx は使用不可能 な 状態にあります。

コマンド出力

MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspport 1

IMA Group number :                 1
Port type :                        UNI
Lines configured :                 1.2.3
Enable :                           Enabled
IMA Port state :                   Sig. Failure
IMA Group Ne state :               StartUpAck
PortSpeed (cells/sec) :            10773
GroupTxAvailCellRate (cells/sec) : 0
ImaGroupTxFrameLength(cells) :     128
LcpDelayTolerance (IMA frames) :   1
ReadPtrWrPtrDiff (cells) :         4
Minimun number of links :          2
MaxTolerableDiffDelay (msec) :     275
Lines Present : 
ImaGroupRxImaId :                  0x21
ImaGroupTxImaId :                  0x0
Observed Diff delay (msec) :       0
Clock Mode :                       CTC
GroupAlpha :                       2
GroupBeta :                        2
GroupGamma :                       1
GroupConfiguration :               1
IMAGrp Failure status :            Ne StartUp
Timing reference link :            1


MGX1.1.2.AUSMB8.a > dspimainfo

Link  Group     NeTx     NeRx     FeTx     FeRx     TxLID   RxID 
                State    State    State    State 
------------------------------------------------------------------ 
1     1         Unusable Usable   Unusable Unusable  0         1
2     1         Unusable Usable   Unusable Unusable  1         3
3     1         Unusable Usable   Unusable Unusable  2         2

推定 原因

NE は設定をうまくネゴシエートするようです(対称および M)。 リンクはで ICP セルを送信 し、受信します。 FE は AUSM/B の Tx ID が 0x0 の間、で 0x1 のグループ Rx ID、下記に示されているように期待します:

3600-T1# show contro atm2/ima1 

    ?
    ?
    ATM channel number is 0
    link members are 0xF, active links are 0x0
    Group status is insufficientLinksFe, 4 links configured,
    Group Info: Configured links bitmap 0xF, Active links bitmap 0x0,
    Tx/Rx IMA_id 0x21/0x1,
    NE Group status is startUp,
    frame length 0x80, Max Diff Delay 0,
    2 min links, clock mode ctc, symmetry symmetricOperation, trl 0, 
    Group Failure status is insufficientLinksFe.
    Test pattern procedure is disabled
    SAR counter totals across all links and groups:
    0 cells output, 0 cells stripped
    0 cells input, 15169705 cells discarded, 0 AAL5 frames discarded
    0 pci bus err, 0 dma fifo full err, 0 rsm parity err
    0 rsm syn err, 0 rsm/seg q full err, 0 rsm overflow err
    0 hs q full err, 0 no free buff q err, 0 seg underflow err
    0 host seg stat q full err

解決方法

FE の IMAグループを再起動して下さい。

dspport コマンド出力の説明

次 の テーブルは dspport および dspimagrp コマンドの出力内で示されているさまざまなフィールドの記述を提供します:

カウンター/フィールド 説明
IMAグループ数 1 から IMA ポートに割り当てられる 8 まで数。 これはロジカルポート数です。 8 人までの IMAグループは各 AUSM/B.のために有効に なるかもしれません。 IMAグループ数は IMA ポートと同義で、ライン番号から独立 して います。
ポートのタイプ ポートでフローする ATMセルのヘッダ フォーマットを定義します。 このパラメータはポートに接続される CPE によって使用されるものと一致する必要があります。 2 つの値は UNI および NNI 使用されるかもしれません。
設定される行 これは伝送リンクの数 IMAグループとして設定される/指定される(n)です。 ポートは 8 つまでの T1/E1 行から成り立つかもしれません。このフィールドは 1 つのポートで設定される現在行を示します。 行はドットで分かれます。
[Enable] このパラメータはイネーブルとしてポートの管理 ステータスを、修正するまたはディセーブルにされて表示します。 ポートを有効に する addimagrp コマンドを使用して下さい。 ポートを変更する cnfimagrp コマンドを使用して下さい。 ポートを無効にする delimagrp コマンドを使用して下さい。
IMA ポート状態 IMAグループ(アクティブ変更される B/w SIG の現在のステート。 失敗失敗)。
IMAグループNE 状態 始動操作上insufficientlinks
PortSpeed ポートの速度はセル/秒(Cell/S)にあります。 これは IMAグループのリンクの数および各リンク(T1、Clear e1、正常な E1)の物理インターフェイスの設定によって決まります。 ポートの全帯域幅は行数の合計が設定したように計算されます。
GroupTxAvailCellRate 現在 の セル レート(セル/秒の切捨てられた 値)は ACTIVE 状態のすべての送信するリンクを考えると伝送 方向の IMAグループ、提供しました(のエラー/アラームからおよびないループ モード)。 N アクティブ リンクとのリンク レートのための一般的 な 数式は次のとおりです: N *リンク レート* M が IMA Frame 長さであるところ、(M-1)/M。 M+128 を使って、そして: T1 8 つの行に 28728 人のセル/秒の比率があります。 E1 8 つの正常な行に 35920 人のセル/秒の比率があります。 8 つの clear e1 行に 38312 人のセル/秒の比率があります。
ImaGroupTxFrameLength 測定単位はセルです。 IMA Frame は IMA プロトコルで制御の単位として使用されます。 ICP セルが IMA 制御セルを伝送するのに使用されています。 このパラメータは ICP セルが送信される期間を表します。 現在の実装は(デフォルトで) M=128 だけサポートし、変更することができません。
LcpDelayTolerance IMA 状態 マシンが IMAグループからリンクを取除く必要がある前にあらゆるリンクの ICPセルが抜けている場合がある IMA 帯の数。 ICPセルは IMA Frame、それ故に各 M-1 セルごとの各リンクで一度送信 されます。 このパラメータは 1.にディフォルトされます。 それはハードコードされて、変更することができません。
ReadPtrWrPtrDiff これは現在の IMAグループのすべてのリンクのための遅延 補償 バッファの読まれ、読まれたポインタ間の望ましい違い(セルで)です。 より低い値はバッファのレイテンシーを短縮しますが、また IMAグループの低速リンクによるセル タイムの間停止されている IMAグループの確率を高めます。 このパラメータは 4.にディフォルトされます。 それはハードコードされて、変更することができません。
リンクの最小番号 電流は IMAグループの復元力のある程度を設定しました。 それは IMAグループがダウンする前にアクティブであるために T1/E1 行の最小番号を規定 します(エラーかアラームから)。
MaxTolerableDiffDelay これは IMAグループのさまざまなリンク間のミリ秒の最大許容遅延差を示します。 デフォルト値は可変で、AUSM カードの種類によって決まります。 最大遅延は T1 行で構成されている IMAグループのための 275 ms および E1 行で構成されている IMAグループのための 200 ms です。 そのパラメータのための指定できる範囲は 0 から T1 のための 275 および 0 から E1 のための 200 です。
行は示します N T1/E1 行のリストは IMAグループの内で示します。 送信する IMA ポートは循環 ラウンド ロビン 方式で、およびセル単位で現在の N リンク上の ATM層から(を含むあらゆる未割り当て セル)着いている ATM セルを配ります。 行は物理的 な失敗または IMA プロトコル失敗に IMAグループから自動的に(無効にされる)削除されるかもしれません。 現在のアクティブ回線のリストは分かれます「」。
ImaGroupRxImaId これは IMAグループを区別するのに遠端によって使用されるリモート IMA グループ ID です。 IMAグループか。s IMA ID は始動の間に割り当てられます。 それは 16進法の値(0x)として表されます。
ImaGroupTxImaId これは IMAグループを区別するのにローカル エンドによって使用されるローカル IMA グループ ID です。 それは 16進法の値(0x)として表されます。
監視された Diff 遅延 時間は、ms で IMAグループ内の異なる行の到着セルの間で、測定しました。 IMAグループのリンク間の遅延差は受信された ICP セルを通して判別されます。
クロック モード IMAグループの近端によって使用されるクロッキングモードを送信して下さい。 IMA 仕様の 2 つの送信クロックモードは ATMF によって定義されます: よくあるタイム レコーダー(CTC)および独立 した timeing クロック(ITC)。 現在の実装で CTC のデフォルト値だけ AUSM/B.でサポートされます。 ただし、カードはハードウェア観点からの ITC をサポートすることができます。 CTC: グループのリンクのすべての送信クロックは同じソースから得られます。 ITC: 少なくとも 1 リンクにグループでリンクの他のクロック ソースと別の送信クロックがあります。 送信する IMA はグループのリンクのすべての送信クロックが同じソースから得られても ITC モードにあることを示すことができます。
GroupAlpha これは IMA HUNT 状態へ移動する前に検出するべき連続した無効 ICP セルの数を規定 するのに使用される" alpha " 値を示します。 2 のデフォルト値だけサポートされます。 それは CLI によって規定 されるか、または修正することができません。
GroupBeta これは IMA HUNT 状態へ移動する前に検出するべき連続したエラー状態の ICP セルの数を規定 するのに使用される" beta " 値を示します。 2 のデフォルト値だけサポートされます。 それは CLI によって規定 されるか、または修正することができません。
GroupGamma これは PRESYNC 状態から IMA SYNC 状態へ移る前に検出するべき連続した有効な ICP セルの数を規定 するのに使用される" gamma " 値を示します。 1 のデフォルト値だけサポートされます。 それは UI によって規定 されるか、または修正することができません。
GroupConfiguration これは「対称」モードが IMAグループで設定されることを示します。 現在の実装は値 1.によって表される 1 モードだけ、対称サポートします。 それは UI によって規定 されるか、または修正することができません。
IMAGrp 障害ステータス 失敗無しNE 始動NE Insuff リンク
タイミング基準リンク これは IMA データセルが IMA の間で交換できる比率を得るために参照として選択されるリンクです。

差分遅延オペレーション

図は下記の 5 つのリンクの IMAグループを示します。 グループは 50 ミリ秒の最大許容遅延差と提供されました リンクは以下の順の物理的 な アラームをクリアしました: 1、2、3、4、および 5。 グループでどのリンクが選択され、どれ遅延許容 範囲からあることのために拒否されますか。

/image/gif/paws/6856/diffdelay.gif

遅延差はアラームをクリアするためにリンクが奪取 する時間の累計です。 この場合、10 ms、20 ms、30 ms、40 ms、50 ms、60 ms および 70 ミリ秒の蓄積遅延があります 遅延差 アルゴリズムはリンク番号の昇順のすべてのリンクに遅延を評価する行きます。 1 つを、2、3 リンクし、4 つはグループの内で累積 遅延がリンク 5 がグループから拒否される 50 氏の最大許容遅延差の内にあり、LODS エラー状態を入力するので、選択されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6856