Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco BPX 8600 モジュール

ATM接続コンフィギュレーションおよびCisco BPX 8600 シリーズスイッチ設定およびトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 6 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、スイッチ ソフトウェア リリース 8.4.x 以降を使用している、Cisco BPX 8600 シリーズ スイッチのブロードバンド スイッチ モジュール(BXM)の ATM 接続設定ガイドです。

Cisco BPX 8600 シリーズスイッチの ATM 接続を設定することはスイッチソフトウェアリリース 8.1.x から 9.2.x に変更しました。 変更のバルクは ATM フォーラム対応 BXMカードがスイッチソフトウェアリリース 8.4 と導入されたときに発生しました。 BXM、ASI および BNI カードへの先行処理は ATM に似た独自のセル 構造およびポリシング メカニズムを使用しました。 この資料は BXM を使用して 8.4.x およびそれ以降 ネットワークに ATMサービスの広い外観を提供したものです。

ATM 接続の Cisco WAN Manager (以前の SV+) Connection Manager 値が範囲で制限 されるので、この資料で当たりません。

その他の情報に関しては、この資料の References セクションをについては参照して下さい:

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

漏出バケット

顧客が購入が ATMサービスプロバイダーからのサービス、トラフィック契約一致する時。 このトラフィック契約はユーザのトラフィックが前もって決定されたパラメータと対応のとき期待されたネットワーク Quality of Service を規定 します(以下を参照):

  • Peak Cell Rate(PCR; ピーク セルレート)

  • セル遅延変動許容値 (CDVT)

  • Sustainable Cell Rate (SCR)

  • Maximum Burst Size(MBS; 最大バースト サイズ)

契約とのお客様 の トラフィック 準拠性は ATMネットワークへの入力で実行された。 トラフィックが ATMネットワークに是認されれば、宛先に転送されると期待します。

トラフィック契約は広帯域スイッチモジュール (BXM) ルーティング制御、モニタおよびポリシング(RCMP)半導体素子によって実施されます。 この半導体素子はすべての ATM 接続のためのトラフィック ポリシング、かスクリーニング機能を行います。

「デュアル漏出バケット」は規定 される パラメータセットに対するセルフローの一致チェックに使用するトラフィック契約でアルゴリズムを記述するのに使用される俗称です。 追加定義に関しては、口語漏出バケットを業界の俗語 セクション参照して下さい。

セルがネットワークにフローすること比率は PCR または SCR パラメータを使用して「リーク比率」によって判別されます。 セルバーストは CDVT または MBS パラメータを使用して「バケット の 深さ」で判別されます。

PCR、CDVT、SCR および MBS のためのパラメータは cnfcon コマンドを使用してユーザ側で設定でき、スイッチ ソフトウェアによって Burst Tolerance (BT)を得るのに使用されています。 バースト許容値が第 2 漏出バケットのポリシングを行なうのに使用されています。 BT と MBS 間の関係は BT = (MBS-1) *定義されます1/SCR - 1/PCR

PCR、CDVT、SCR および MBS のパラメータ値は直接トラフィック契約で規定 されるそれらの値を表す必要があります。 PCR、CDVT、SCR および MBS のパラメータ値がトラフィック契約で規定 される値を超過すれば特定の値以上のトラフィックはサービスプロバイダー ポリシングが廃棄された原因であるかもしれません。

たとえば顧客がサービスプロバイダーからの 10 Mbps CBR ATM サービスを購入したら、およびそれらそのサービスプロバイダーに CBR トラフィックの 25 Mbps を提供するために機器を設定して下さいそして CBR トラフィックの 15 Mbps は不適合ようにサービスプロバイダーによって廃棄されるかもしれません。

  • トラフィック契約 の 準拠性のための最初の漏出バケット画面。 セルがトラフィック契約の条件を満たさない場合、セルは廃棄されます。 セル廃棄優先 (CLP)タグ付けは最初の漏出バケットで実行された。 ATMセルの CLP 設定はネットワークによってセルの優先順位を判別します。 CLP 設定は 0 の場合もあるまたは 0 にネットワークで CLPビットが設定されていると 1.セルに 1.に CLPビットが設定されているとセルより高優先順位があります ATM セル ヘッダーの 1 ビットです。

  • 第 2 漏出バケットは CLP タギングが実行された必要があるかどうか判別するために最初の漏出バケットからのセルを評価します。 「タグ付き」のセルは、CLP ビットが 1 にセットされる。

CBR 接続に PCR および CDVT パラメータがあるただので、CBR トラフィックは最初の漏出バケットでだけポリシングが行われます。 ポリシング プロセスを視覚化する別の方法は下記の図で示されています。 ダイアグラムでは、着信 データは顧客宅内機器(CPE)から来る ATM セルを表します。

契約内容に従うセルは示されトークンを持っていますとして。 トークンを持つセルはパススルーに最初の漏出バケット許可されます。 (CLPビットは 0 に設定 されたりまたは 1)かどうかトークンがないどのセルでも対応しません。

パススルーが CLP=0 か CLP=1 トラフィックとして WANスイッチングネットワークを通って第 2 漏出バケット保証された転送するであることすべてのセル。 トランク 障害が引き起こす予期しない輻輳か他の停止は WANスイッチングネットワークの中で廃棄されているいくつかの ATM セルに終って、発生するかもしれません。 タグ付けされた CLP=1 であるセルはタグ付けされた CLP=0 であるセルの前に廃棄されます。

正常にポリシング機能を渡し、WANスイッチングネットワークに許される CLP=0 セルのために、破棄は予期しない輻輳が原因で発生するかもしれません。 準拠 セルは顧客およびサービスプロバイダー制御を越えてあるネットワークイベントが廃棄された原因である場合もあります。

ATM でのポリシングのための「クレジット」方式がありません。 データが 10 時間 PCR 以上送信し続け、接続が 14 時間それからアイドル状態なら、余分に「クレジット」はより早いののためにそれらの 14 のアイドル状態の時間の間に接続に「構成します」割り当てられません。

トラフィック スループットの悪影響があるよくある錯誤は RCMP 半導体素子で手動で 1 への ATMセル CLPビットを設定 することが減少するという概念セル 時間数の使い、ネットワークに増加します配信率をです。 Cisco BPX 8600 シリーズスイッチへのエントリ前の 1 への ATMセル CLPビットを設定することは第 2 漏出バケットでセルを評価するために要件だけを省きます。 ATMセルはまだ BXM RCMP 半導体素子を横断し、他のトラフィックに先んじるネットワークを認められません。 1 に CLPビットが設定されていると ATM セルは可能性が高いですネットワークで廃棄される。 ネットワーク破棄は出力 トランクキューか出力ポート キューに一般的に発生します。

ATMトラフィック管理 仕様 バージョン 4.0 に基づくデュアル漏出バケット 機能性

atmleakybucket_A.gif

ポリシング オプション

CBR の場合、ポリシングを行なう VBR および ABR ATM接続型は型 1、2、3、4、か 5.のために設定することができます。 CBR、VBR および ABR ポリシングアルゴリズムはこの表で要約されます。

UBR ATM 接続に関しては、ポリシングは CLP 設定を使用して設定されます。

「cnfcon」ポリシングタイプ 説明 BPX BXM 接続タイプ ATM TM 4.0 適合性定義
1 CLP=0+1 トラフィックのための両方の漏出バケットのポリシングおよび破棄。 VBR、ABR VBR.1
2 CLP=0+1 トラフィックのための最初の漏出バケットのポリシングおよび破棄; CLP=0 トラフィックのための第 2 漏出バケットのポリシングおよび破棄。 VBR、ABR VBR.2
3 CLP=0+1 トラフィックのための最初の漏出バケットのポリシングおよび破棄; CLP=0 トラフィックのための第 2 漏出バケットのポリシングおよびタギング。 VBR、ABR VBR.3
4 CLP=0+1 トラフィックのための最初の漏出バケットのポリシングおよび破棄。 第 2 漏出バケットのポリシング無し。 CBR、VBR、ABR CBR.1
5 ポリシングは無効です。 1 つの不品行な振舞いをう(不適合な)接続としてトラブルシューティングのためのだけ使用は他に影響を与える場合があります。 CBR、VBR、ABR  

ポリシングタイプはこの 5 つのダイアグラムで説明されます。

ポリシング オプション 1

atmleakybucket1_A.gif

ポリシング オプション 2

atmleakybucket2_A.gif

ポリシング オプション 3

atmleakybucket3_A.gif

ポリシング オプション 4

atmleakybucket4_A.gif

ポリシング オプション 5

atmleakybucket5_A.gif

接続を解決して下さい

トラブルシューティングを援助するために、BXM トランクは BXM 行と同じような dspchstats 機能性を提供します。

BXM モデル F ファームウェアは dspchstats コマンドの出力への変更をもたらします。

BXM モデル F のための機能拡張要求が原因で、From Network フィールドの Resource Management (RM) セルはもはや登録されていませんし、表示する。 ネットワーク カウンタからクロスポイントスイッチから受信されたユーザのデータセルだけを登録し、表示する。 RM セル廃棄はまた TX Clp 0+1 Dscd および TX Clp 0 Dscd 登録から取除かれました。

スイッチソフトウェアリリース 9.2.x およびそれ以降に関しては、TX Clp 0+1 Dscd はTX Clp 0 Dscd、および TX Clp 1 Dscd カウンター DSPCHSTATS 画面から取除かれ、これらのカウンターと取り替えられました:

Oflw CLP0 Dscd VC_Q オーバーフロー(入力)が CLP 0 ユーザセルによって廃棄される原因で受け取ります。
Oflw CLP1 Dscd VC_Q オーバーフロー(入力)が CLP 1 ユーザセルによって廃棄される原因で受け取ります。
NCmp CLP0 Dscd 不適合な CLP 0 ユーザセルはポリシング機能(入力)によって廃棄しました。
NCmp CLP1 Dscd 不適合な CLP 1 ユーザセルはポリシング機能(入力)によって廃棄しました。

入力 仮想発信元/仮想着信先はセル レート(Igr VSVD ACR)を割り当て、出力 仮想発信元/仮想着信先によって許可されるセル レート(Egr VSVD ACR)カウンターは有効に なる VSVD がある ABR コネクションにだけ適用します。 VSVD を設定するために、使用可能ビット レートを参照して下さい。

ターゲット 接続のための dspchstats 情報を得、StrataCom レベルの dcct <connection_number> コマンドを発行し、最後の画面にスクロールするため。 dspchstats <trunk_slot.trunk_port。This_Chan> コマンドを完了するのに Chan この値を使用して下さい。

/image/gif/paws/6502/dcctchstats_01.gif

dcctchstats_02.gif

constant bit rate(CBR; 固定ビット レート)

CBR 紹介

CBR 接続は遅延および音声、ビデオおよび ATMネットワークで回線エミュレーション サービスのようなジッタに敏感 な 時分割多重 (TDM) トラフィックのために使用されます。 CBRサービスカテゴリは接続 の ライフタイムの間に常に利用可能な状態である帯域幅の静的な量を要求する接続によって使用されます。 帯域幅のこの量は Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート)によって特徴付けられます。

トラフィックの TDM 性質が原因で、CBRサービスは一般的に 商用回線事業者によって提供されるほとんどの高額のサービスです。 WANスイッチング機器に関しては、CBR 接続は設定し、解決しやすいです。

CBRサービスに使用する入力 VC_Queue がありません; BXM QBIN は使用されます。 VC シェーピングが行ごとに(たとえば、トラフィック シェーピング)有効に なる場合、出力 VC_Queues は使用されます。 WANスイッチソフトウェアのリリース 9.1 および 9.2 に関しては、VC シェーピング 機能性が確認されなかったらトランクの VC シェーピングを有効に しない で下さい。

CBR 接続は最初の漏出バケットでポリシングが行われ、トラフィックが適合しなければ、廃棄されます。 すべての不適合 な セルは最初の漏出バケットで(かどうか CLP=0 か CLP=1)廃棄されます。 CBRサービスが PCR で保証されるように、第 2 漏出バケットが CBR トラフィックを評価するのに使用されていません。 実例のためのポリシング オプション 4 ダイアグラムを参照して下さい。

接続パラメータ

ここにリストされているパラメータは cnfconディスプレイにようである順序であります。

  • PCR(0+1): これはすべてのトラフィックのためのピーク セル レートです: CLP=0 および CLP=1。

  • Util %の: これは接続がネットワークに PCR (0+1)で送信すると期待される時間数です。

  • CDVT(0+1): これはすべてのトラフィックのための CDVT です: CLP=0 および CLP=1

  • ポリシング: トラフィック契約に準拠を判別するのに使用されるアルゴリズム。

  • トランク セル経路指定制約: スイッチ ソフトウェアは非セル ベースを渡る接続をルーティングするかどうかトランキングして下さい。

詳細

PCR(0+1): (PCR (0+1)) * (Util %の) = CBR 接続のためのネットワークで割り当てられる帯域幅の量。 これはトランクのロード ユニットに表現され、dspload <trunk_number> コマンドを使用して点検することができます。

Util %の: CBR トラフィックに関しては、100 時で Util %の残すことを推奨します。

CDVT(0+1): ATM セルの間の「群生」の量。 何人かのルータはパフォーマンス上の問題による高いセル遅延変動許容値 (CDVT)値(250,000 マイクロ秒)を必要とします。 音声に関してはセルの一定した再生を確認するために、5,000 マイクロ秒またはより少しのようなビデオ、か回線エミュレーション サービス CDVT 値は望まれます。

仮想トランクを提供するのに CBR 接続が使用されているとき仮想トランクを使用するすべてのトラフィックストリームを取り扱うために CDVT は設定する必要があります(たとえば、CBR、VBR、ABR および UBR)。 500 マイクロ秒のような小さい CDVT 値の仮想トランクを運ぶ CBR 接続を設定することは仮想トランクに乗る異なるデータ ストリームのトラフィック ドロップという結果に終るかもしれません。

負荷 モデルはネットワークによって帯域幅を計算するのに CDVT を使用しません。 CDVT が最大 1000 の接続のための 250000 であるために設定される場合ネットワークの実際のロードはかなり控えめに述べられます。

ポリシング: しか 4 (CBR.1)または CBR 接続のための 5 に(ディセーブルにされる)設定することができません。 トラブルシューティングのために、cnfcon コマンドから『5』 を選択 することによってポリシングをディセーブルにすることを推奨します。 ポリシングがディセーブルにされた後、1 正常に動作しない接続がポートの同じ型のすべての接続に影響する場合があるのでポリシングを再び有効にすることを常に忘れないようにして下さい。

トランク セル経路指定制約: この設定は接続が NTM のような非セル ベース トランクを渡るルーティングされるできるかどうか判別します。 たとえばトランク セル経路指定制約が Y に設定 されれば、そして接続は NTM トランクを渡ってルーティングしません。 トランク セル経路指定制約 パラメータのデフォルト設定は cnfnodeparm Trk セル Rtng 制限する パラメータ 41 から行うことができます。 このパラメータは適用されないで、ローカル(たとえば、DACS タイプ)接続のために表示する。 トラブルシューティングのために、dspchcnf コマンドを使用して接続の両端でトランク セル経路指定制約設定を確認して下さい。

スクリーン ショット

これは 500 CPS の 1000 CPS、PCR、およびポリシング オプション 4.への設定 される 着信トラフィックが付いているサンプル CBR 接続です。 NonCmplnt Dscd にですトラフィックの前提速度およそ 2 分の 1 の注意して下さい。

/image/gif/paws/6502/cbrdiscards_2.gif

これは 500 CPS の 1000 CPS、PCR、およびポリシング オプション 5.への設定 される 着信トラフィックが付いているサンプル CBR 接続です。

cbrpolicing5_2.gif

dspchstats 詳細

スイッチソフトウェアリリース 9.2.x およびそれ以降に関しては、Tx Clp 0+1 Dscd はTX Clp 0 Dscd、および TX Clp 1 Dscd カウンター DSPCHSTATS 画面から取除かれ、これらのカウンターと取り替えられました:

  • Oflw CLP0 Dscd

  • Oflw CLP1 Dscd

  • NCmp CLP0 Dscd

  • NCmp CLP1 Dscd

スイッチソフトウェアリリース 9.2.x に追加されるこの表に 4 つのフィールドを含む dspchstats のためのカウンターは、説明があります。

フィールド名 説明 接続タイプ
Rx 帯 Rcv 受信された入力 ATM SAR PDU 帯の数。 これは ATMセル PTI フィールド EOF マーカーを使用して RCMP で計算されます。 VBR/ABR/UBR. EOF マーカーが使用されると同時に AAL5 が必要となります。
TX Q 深度 BXM の接続出力キュー エンジンの深度(セルで)。 コントローラの
Igr VSVD ACR 入力 VSVD ACR。 入力 ABRトラフィックのための割り当てられたセル レートが(セルで)。 これはどの輻輳でもローカル エンドでベテランであるかどうか設定不可能で、基づいて変わります。 PCR>ACR>MCR. T0 の ACR=ICR ABR だけ。 フィールドは ABR標準および ABR予見のために使用されます。
Rx Clp0+1 ポート ポートで受け取った CLP=0 および CLP=1 でマークされるセルの数(たとえば、CPE から)。 これはセルがその他のデバイスから CLP=1 と受信されるかどうか示します。 コントローラの
Oflw CLP0 Dscd CLP=0 セルは入力 Queue Engine (QE)オーバーフローが原因で廃棄しました。 この統計情報は出発 CLP=0 セルの QE および数で着く CLP=0 セルの数間の違いから得られます。 これは RM Cells が QE でデータ ストリームに出入してソースをたどられたり/終わるので ABR コネクションのために信頼できません。 このカウンターを得るのに使用される統計情報が各接続のための QE から収集されます。 コントローラの
NonCmplnt Dscd すべてのセルは接続の入力で(CLP=0 および CLP=1 トラフィック)ポリシングが原因で廃棄しました。 ポリシングはどのオプションが接続(ポリシング オプション 1、2、3、4 または 5)にに選択されたか依存します。 この統計情報は RCMP から収集されます。 コントローラの
Rx CLP0 セルの数はポートで受け取った CLP=0 をマークしました(たとえば、CPE から)。 これがその他のデバイスから CLP=1 と受信されるセルの数を判別するのに使用することができます。 コントローラの
Egr VSVD ACR 出力 VSVD ACR。 出力 ABRトラフィックのための割り当てられたセル レートが。 これは外部デバイスが BPX BXM ポートに情報を送信 するかどうか設定不可能で、基づいて変わります。 PCR>ACR>MCR. T0 の ACR=ICR ABR だけ。
NCmp CLP0 Dscd CLP=0 セルは接続の入力でポリシングが原因で廃棄しました。 ポリシングはどのオプションが接続(ポリシング オプション 1、2、3、4 または 5)にに選択されたか依存します。 この統計情報は RCMP から収集されます。 コントローラの
Oflw CLP1 Dscd CLP=1 セルは入力 Queue Engine (QE)オーバーフローが原因で廃棄しました。 この統計情報は出発 CLP=1 セルの QE および数で着く CLP=1 セルの数間の違いから得られます。 これは RM Cells が QE でデータ ストリームに出入してソースをたどられたり/終わるので ABR コネクションのために信頼できません。 それが CBR、VBR、ABR、または UBR であるかどうかこのカウンターを得るのに使用される統計情報が各接続のための QE から収集されます。 コントローラの
Rx Q 深度 入力 接続キューの深度(セルで)。 コントローラの
Rx Nw CLP0 CLP=0 のネットワーク(トランク)から受信されたセルの数。 コントローラの
TX Clp0 ポート CLP=0 のポートに(たとえば、CPE から)送信されるセルの数。 コントローラの
NCmp CLP1 Dscd CLP=1 セルは接続の入力でポリシングが原因で廃棄しました。 ポリシングはどのオプションが接続(ポリシング オプション 1、2、3、4 または 5)にに選択されるか依存します。 この統計情報は RCMP から収集されます。 コントローラの

可変ビット レート (VBR)

リアルタイムおよび非実時間接続

VBR 接続はリアルタイムおよび非実時間 カテゴリーに分類されます。

リアルタイム VBR 接続がまたバースト性 動作を表わすかもしれない ATMネットワークの Voice Activity Detection (VAD) 音声 および データ トラフィックのような遅延に影響されやすいアプリケーションを転送するのに使用されています。

非実時間 VBR 接続が ATMネットワークの遅延の変化に敏感ではないバースティ データを転送するのに使用されています。 VBR 接続のために必要となる帯域幅の量は PCR、SCR および MBS によって特徴付けられます。

トラフィックの遅延に影響されやすい性質が原因で、rtVBR サービスは商用回線事業者によって提供される nrt-VBR、ABR および UBR サービスより一般的に高いです。 WANスイッチング機器に関しては、VBR 接続は設定し、解決しやすいです。 トラフィック シェーピングが有効に なるとき出方向のを除く VBR サービスに使用する VC_Queue がありません。 BXM QBIN も使用されます。 VBR 接続は両方の漏出バケットでポリシングが行われます。

接続パラメータ

これらのパラメータは cnfconディスプレイにようである順序であります。

  • PCR(0+1): これはすべてのトラフィックのためのピーク セル レートです(CLP=0 および CLP=1)。

  • Util %の: これは接続がネットワークに PCR (0+1)で送信すると期待される時間数です。

  • CDVT(0+1): これはすべてのトラフィックのための CDVT です(CLP=0 および CLP=1)。

  • AAL5 FBTC: ATMアダプテーション レイヤ型 5 Frame-Based Traffic Control。

  • SCR: これはすべてのトラフィックのための Sustainable Cell Rate です(CLP=0 および CLP=1)。

  • MBS: 最大バースト サイズ。

  • ポリシング: トラフィック契約に準拠を判別するのに使用されるアルゴリズム。

  • トランク セル経路指定制約: スイッチ ソフトウェアは非セル ベースを渡る接続をルーティングするかどうかトランキングして下さい。

詳細

PCR(0+1): (PCR (0+1)) * (Util %の) = VBR 接続のためのネットワークで割り当てられる帯域幅の量。 これはトランクのロード ユニットに表現され、dspload <trunk_number> コマンドを使用して点検することができます。

CDVT(0+1): ATM セルの間の「群生」の量。 何人かのルータはパフォーマンス上の問題による高い CDVT 値(250,000)を必要とします。 バースト性トラフィックのこの型は nrt-VBR 接続タイプのために適しています。 rtVBR 接続によって運ばれる音声、ビデオ、または回線エミュレーション サービスに関してはセルの迅速 な 再生を確認するために 10,000 のような CDVT 値はまたはより少なく望まれます。

AAL5 FBTC: このオプションが有効に なる場合、接続が AAL5 帯を運ぶこと仮定されます。 条件 フレームは AAL5 PDU を意味します。 AAL5 セルはフレームの開始と終了を示すために情報が含まれています。 FBTC は特定の接続のためのトランクによってすべての早期パケット廃棄 (EPD)を有効に します。 EPD はネットワークに是認される前にフレームと関連付けられる ATM セル全員を廃棄するメカニズムです。 EPD なしで、ATM フレームの一部はネットワーク消費帯域幅およびリソースを通して送信されるかもしれません。 EPD は接続キュー深度に基づいてしきい値を使用して設定されます。 キュー項目数が設定された閾値(CLP 下位)を超過すれば、新しいデータ フレームはフレーム開始 AAL5 セルが到着するとき受け入れられません。 VBR トラフィックに関しては、EPD は rtVBR のために許可され、ポートごとに cnfportq <slot_number.port_number> コマンドを使用して設定されます。

この資料の為にテストセットによって提供されるトラフィックに対応するために、AAL5 FBTC は消えます。 テストセットは AAL1 トラフィックの一定したストリームを生成します(EOF フラグ無し)。 AAL5 FBTC が有効に なるときこのトラフィックタイプにより不整合な廃棄を引き起こします。 AAL5 トラフィックに関しては、AAL5 FBTC を有効に することを推奨します。

SCR: 第 2 漏出バケットのポリシングのために最大バースト サイズと使用される平均セル レート。 SCR はトラフィックのための平均レートおよびサービス契約が定義された レートとして SCR を使用して一般的に販売されると同時に使用されます。 サービスは PCR の設定によってネットワークリソースを予約するのに PCR が使用されているように SCR より大きいために一般的に保証されます。

MBS: 最大レートで送信され、廃棄されないか、またはタグ付けされるかもしれないセルの最大バースト。 MBS はバースト許容値、SCR および設定されたポリシング オプションを使用して判別されます。

ポリシング: 1 (VBR.1)、2 (VBR.2)、3 (VBR.3)、4 (CBR.1)、または VBR 接続のための 5 に(ディセーブルにされる)設定することができます。 VBR トラフィックに関しては、有効なポリシングタイプは 1、2、3 であり、5.ポリシングタイプはサービスのレベルに基づいて選択することができます。 VBR に関してはアドバタイジングを保証しました SCR を、ポリシング オプション 3 です顧客へ最も有利保守して下さい。 ポリシングタイプ 3 は最初の漏出バケットで SCR の上のすべてのセル(第 2 漏出バケットで評価される)および破棄だけタグ付けします。 第 2 漏出バケットのポリシングタイプ 1 および 2 サポート破棄は、しかしポリシング タイプ 2 CLP=1 セルを再評価することを避けます。 トラブルシューティングのために、『5』 を選択 することによって cnfcon コマンドを使用してポリシングをディセーブルにすることを推奨します。 ポリシングがディセーブルにされた後、1 正常に動作しない接続がポートの同じ型のすべての接続に影響する場合があるのでポリシングを常に再び有効にして下さい。

スクリーン ショット

1000 CPS (AAL1)、1000 CPS の PCR、およびポリシング オプション 3.への設定 される 着信トラフィックが付いている rtVBR 接続を見本抽出して下さい。

vbrregular_2.gif

1000 CPS (AAL1)、1000 CPS の PCR、およびポリシング オプション 3.への設定 される 着信トラフィックが付いている nrt-VBR 接続を見本抽出して下さい。

nrtvbrregular_2.gif

これは 1000 CPS (AAL1)、500 CPS の PCR、および 3.のポリシング オプションの着信トラフィックが付いているサンプル rtVBR 接続です。 NonCmplnt Dscd に注意すれば NCmp CLP0 Dscd フィールドは最初の漏出バケットで CLP=0 破棄を示します。

vbrdiscards_2.gif

これは 1000 CPS (AAL1)、500 の PCR、および 3.のポリシングの着信トラフィックが付いているサンプル nrt-VBR 接続です。 NonCmplnt Dscd に注意すれば NCmp CLP0 Dscd フィールドは最初の漏出バケットで CLP=0 破棄を示します。

nrtvbrdiscards_2.gif

Available bit rate(ABR; 使用可能ビット レート)

ABR 紹介

ABR コネクションは ATMネットワークでバースト性のために、ファイル転送のような非実時間 トラフィック使用されます。 ABR サービス カテゴリは接続 の ライフタイムの間に常に利用可能な状態である帯域幅の静的な量を必要としない接続によって使用されます。 ABR サービスに関しては、利用可能 な 帯域幅はネットワークで変わり、帯域幅の変更に応じてソース レートを制御するのにフィードバックが使用されています。 フィードバックは特定の Resource Management (RM) セルを通したソースに運ばれます。

必要に応じてソース レートを変える ABR コネクション 使用 Peak Cell Rate (PCR; ピークセルレート)および Minimum Cell Rate (MCR; 最小セルレート)。 WANスイッチング機器に関しては、ABR コネクションは設定し、解決するために複雑です。 ABR サービスに使用する VC_Queue および QBIN があります。 ABR コネクションはデュアル漏出バケット ダイアグラムで説明される一般的 な アルゴリズムを使用してポリシングが行われます。

ABR コネクションの 2 つの型は WAN スイッチで設定することができます; ForeSight (abrfst)の ABR標準 (ABRSTD)および ABR。 ABR接続タイプは両方とも対応 ATM セルを使用しますが、トラフィック管理が実装されているのに異なるメカニズムを使用します。

ABR標準は仮想発信元/仮想着信先(VS/VD)の ForeSight も ABR標準も cnfswfunc を使用して有効に ならなかったらデフォルト ABR接続タイプです。 輻輳制御 の 増強のための仮想エンドポイントの追加による ABR標準接続の VS/VD ビルドを用いる ABR標準。 ABR標準 接続パラメータは VS/VD パラメータの ABR標準のサブセットで、別々に当たりません。

VS/VD 機能が付いている ForeSight か ABR標準はすべてのノードに伝搬するためにただ 1 BPX で有効に なる必要があります。 これらは cnfsysparm コマンドを使用して設定可能なシステムパラメータのように動作する唯一の 2 つのソフトウェア機能です。 ForeSight ソフトウェア機能は請求可能であり、VS/VD ソフトウェア機能が付いている ABR標準は無料で提供されます。

VS/VD の ABR標準間に大きな違いがおよび ForeSight接続 パラメータおよびパーフォーマンス測定あります。 相違点の要約は ABR コネクション コンフィギュレーションパラメータ違いの概略で説明されています。

Resource Management (RM) セル

RM Cells がエンド システムにネットワーク フィードバックを提供するのに使用されています。 RM Cells は ABR コネクションのためにだけ使用されます。 CBR、VBR および UBR 接続は RM Cells を使用しません。

ABR標準 (ABRSTD)接続のための RM Cells は ForeSight接続の ABR のための RM Cells と別様に生成されます。 詳細については ABR コネクション コンフィギュレーションパラメータ違いの概略を参照して下さい。 フィードバックのための RM Cells を使用するネットワークにおよびスイッチソフトウェアリリース 9.1.x およびそれ以前のための DSPCHSTATS 画面のネットワークフィールドにの増加された値という結果に終ります。 新しいリリースの情報に関しては、BXM モデル F ファームウェアおよびスイッチソフトウェアリリース 9.2.x のための変更を参照して下さい。 エンド システム顧客宅内機器(CPE)は RM Cells によって通信されるようにネットワークリソースの変化に適応すると期待されます。 CPE 適応がセル消失を最小に するために必要となります。 RM Cells は VC-Queue を通過しないし、QBIN によって直接動作されます。

非対称的なロードがある VS/VD (ABRSTD VS/VD)接続が付いている ABR標準の場合 BRM セルの別の比率が各 FRM セルのために生成されると同時に、レートベース RM Cells は問題を示すことができます。 VS/VD 接続(cnfcon Nrm 値)が付いている ABR標準の OOR RM セルを高めてこの問題を軽減します。

ABRSTD VS/VD 接続が反対エンドポイントの方の両エンドポイントからの RM Cells を生成することに注意することは重要です。 既定の接続パラメータを使用して生成される RM Cells は 6% のオーバーヘッドを追加します。 このパーセントは生成されるポイントを終える各接続から 3% オーバーヘッドを追加することによって計算されます。 RM Cells の追加 6% は接続のための割り当てられた帯域幅予算のいくつかを消費し、ユーザトラフィックのための利用可能 な 帯域幅の量を減らします。 たとえば、1000 セル/秒(CPS)およびおよそ 940 CPS へのデフォルトの限界にユーザトラフィック任せられる他のすべてのパラメータの PCR の ABRSTD接続。 ユーザトラフィックのための利用可能 な 帯域幅は BXM の細かさが原因で変えるかもしれません。 1000 CPS の PCR の ABRSTD VS/VD 接続のためのユーザトラフィックスループットを計算するのに使用される式は次のとおりです:

  • 1000 CPS - (1000 CPS * 6%) = 1000 - 60 の = 940 CPS

ユーザトラフィックが 1000 CPS の PCR で動作するために必要となる場合ユーザトラフィックがピーク スループットに達するように接続 PCR は少なくとも 7% 高める必要があります。 たとえば必要なピーク ユーザトラフィックスループットがオーバーヘッドによってが 6% である 1000 CPS および RM セルなら、そして接続 PCR は 1064 CPS のために設定する必要があります。 ABRSTD VS/VD 接続のための 1000 CPS のユーザトラフィックスループットを計算するのに使用される式は次のとおりです:

  • PCR (ユーザセルおよび RM Cells) = PCR (ユーザセル)/94% = 1000/0.94 の = 1064 CPS

ユーザセルに関する RM Cells のパーセントは 2 つの PVC パラメータによって制御されます(RTRM および RNRM は変数です):

Trm Trm が = 100、それから 100 ミリ秒毎に(ミリ秒) FRM セル生成されれば。 TRM は低速接続のために最も有効の時間ベース FRM セル発生です。 次の数式に基づいて 8 つの独立した 値の 1 つはある場合もあります: Trm = 100/2RTRM ミリ秒。 RTRM が 0 と 7.の間にあるところ。
Nrm Nrm が = 32 人のユーザのデータセル毎にのための 32、そして、FRM セル生成されれば。 NRM は高速接続のために最も有効のレートベース FRM セル発生です。 次の数式に基づいて 8 つの独立した 値の 1 つはある場合もあります: Nrm = 2 人* 2 人のRNRM セル。 RNRM が 0 と 7.の間にあるところ。

Trm が 100 ミリ秒に設定 される場合、1 つの RM セルは 100 ミリ秒毎にユーザトラフィックがある生成されます。 100 ミリ秒のインターバル レートは 10 CPS の RM セル レートに一致します。 Nrm が 32 人のセルに設定 される場合、1 つの RM セルは 32 人のユーザのデータセル毎にのために生成されます。 広帯域スイッチモジュール (BXM)はユーザトラフィックの数量に基づいて Nrm または Trm しきい値を使用します。 表で規定 される値に関しては Trm はユーザデータ 転送 速度のための支配ファクタ 320 CPS までです。 320 CPS のユーザデータ 転送 速度で、Nrm はまた 10 CPS で RM Cells を生成します。 ユーザのデータセル 比率が 320 CPS に増加すると同時に、Nrm は支配ファクタになり、RM セル発生を支配します。

RM セル発生は 320 のユーザのデータセル 毎秒で Trm および Nrm のために同等です。 Trm および Nrm のための同等の RM セル発生を計算するのに使用される式がここにこれらの想定を与えられて提供されます:

  • 100 ミリ秒のデフォルト Trm 値は 10 CPS の RM セル レートを与えます。

  • デフォルト Nrm 値は 10 CPS でユーザデータトラフィックが 320 CPS に達するとき RM Cells を生成します。

ユーザトラフィック 比率 = 32 (RM セルごとのユーザセル) * 10 RM CPS (デフォルト Trm 比率) = 320 (ユーザのデータセル 毎秒)

上述の例は TRM および NRM のために Ciscoデフォルト値を利用します。 各デフォルト値は ATM フォーラム 推奨事項に基づいていました選択されました。

接続パラメータ

ここにリストされているパラメータは cnfconディスプレイにようである順序であります。

  • PCR(0+1): これはすべてのトラフィックのためのピーク セル レートです: CLP=0 および CLP=1。

  • Util %の: これは接続がネットワークに PCR (0+1)で送信すると期待される時間数です。

  • MCR: 最小セル レート

  • CDVT(0+1): これはすべてのトラフィックのための CDVT です: CLP=0 および CLP=1

  • AAL5 FBTC: ATMアダプテーション レイヤ型 5 Frame-Based Traffic Control。

  • VSVD*: Virtual Source Virtual Destination

  • FCES: フロー制御外部セグメント

  • SCR: これはすべてのトラフィックのための Sustainable Cell Rate です: CLP=0 および CLP=1

  • MBS: 最大バースト サイズ。

  • ポリシング: トラフィック契約に準拠を判別するのに使用されるアルゴリズム。

  • VC Qdepth: 仮想接続キュー項目数。 VSVD 接続のためにだけ使用される。

  • CLP こんにちは: セル廃棄優先 タグ 上限しきい値

  • CLP Lo/EPD: セル廃棄優先 タグ 下限しきい値/早期パケット廃棄

  • EFCI: 明示的順方向輻輳表示

  • ICR: 初期セル レート

  • ADTF: ACR 減少時間ファクタ

  • Trm: ターミナル RM Cells

  • RIF: レート増加ファクタ

  • RDF: レート低減ファクタ

  • Nrm*: RM セル 生成の間のセルの最大数

  • FRTT*: 固定ラウンドトリップ時間

  • TBE*: 過渡バッファ開示

  • トランク セル経路指定制約: スイッチ ソフトウェアは非セル ベースを渡る接続をルーティングするかどうかトランキングして下さい。

    • * VS/VD 接続だけとの ABR標準 (ABRSTD)。 ABRFST接続のために表示する。

詳細

PCR (0+1): これはすべてのトラフィックのためのピーク セル レートです: CLP=0 および CLP=1。

Util %の: これは接続がネットワークに PCR (0+1)で送信すると期待される時間数です。

MCR: (MCR (0+1)) * (Util %の)あります ABR コネクションのためのネットワークで割り当てられる帯域幅の量は。 これはトランクのロード ユニットに表現され、dspload <trunk_number> コマンドを使用して点検することができます。

CDVT(0+1): ATM セルの間の「群生」の量。 何人かのルータはパフォーマンス上の問題による高い CDVT 値(250,000)を必要とします。

AAL5 FBTC: このオプションが有効に なる場合、接続が AAL5 帯を運ぶこと仮定されます。 条件 フレームは AAL5 PDU を意味します。 AAL5 セルはフレームの開始と終了を示すために情報が含まれています。 Frame-Based Traffic Control (FBTC)は特定の接続のためのすべてのトランクの早期パケット廃棄 (EPD)を有効に します。 EPD はネットワークに是認される前にフレームと関連付けられる ATM セル全員を廃棄するメカニズムです。 EPD なしで、ATM フレームの一部はネットワーク消費帯域幅およびリソースを通して送信されるかもしれません。 EPD は接続キュー深度に基づいてしきい値を使用して設定されます。 キュー項目数が設定された閾値を超過する場合、新しいデータ フレームはフレーム開始 AAL5 セルが到着するとき受け入れられません。 ABRトラフィックに関しては、EPD は cnfportq <slot_number.port_number> コマンドを使用してポートごとに設定されます。

有効に されたとき、FBTC は ABR コネクションのために CLP Lo/EDP 値を使用します。

この用紙の為にテストセットによって提供されるトラフィックに対応するために、AAL5 FBTC は消えます。 テストセットは ATMアダプテーション レイヤ(AAL1)トラフィック(EOF フラグ無し)の一定したストリームを生成します。 AAL5 FBTC が有効に なるときこのトラフィックタイプにより不整合な廃棄を引き起こします。 AAL5 トラフィックに関しては、AAL5 FBTC を有効に することを推奨します。

VSVD*: このオプションは BXM がネットワークで仮想 な 管理 エンドポイントを提供するようにします。 それは abrfst タイプ接続のために設定することができません。

FCES: このオプションは BXM が標準 インターフェースを使用してシスコ以外の製品に輻輳情報を提供するようにします。 FCES は外部 セグメントに ABR フロー制御を拡張します。

注: 接続された機器が FCES をサポートしない場合有効に しない で下さい。

SCR: これはすべてのトラフィックのための Sustainable Cell Rate です: CLP=0 および CLP=1。

MBS: 最大レートで送信され、廃棄されないか、またはタグ付けされるかもしれないセルの最大バースト。 MBS はバースト許容値、SCR および設定されたポリシング オプションを使用して判別されます。

ポリシング: しか 1-4 (ABR.1)または ABR コネクションのための 5 に(ディセーブルにされる)設定することができません。 トラブルシューティングのために、cnfcon コマンドから『5』 を選択 することによってポリシングをディセーブルにすることを推奨します。

VC Qdepth: セルの最大数を割り当てる接続 の しきい値は VC ごとに並べました。 このバッファはセルがポリシング ステージを通ってあった後提供されます。 別途の VC_Queues は ABR コネクションに Schedule and ABR Engine (SABRE) 半導体素子を使用して提供されます。 これらの VC_Queues は CBR、VBR および UBR トラフィック型に使用する接続キューに加えて提供されます。

CLP こんにちは: CLP=1 セルが廃棄され始める場合の示す接続 の しきい値。 これは VC_Queue でポリシングの後で実行された。 CLP は VC_Queue 深度のパーセントとしてこんにちは表現されます。

CLP Lo/EDP: CLP=1 セルが廃棄されることを止める場合の示す接続 の しきい値。 FBTC が有効に なる場合、EDP しきい値設定です。 これは VC キューでポリシングの後で実行された。 CLP Lo/EDP は VC_Queue 深度のパーセントとして表現されます。

EFCI: ABRFST接続のための輻輳を示すのにデータセルで EFCI ビットを使用する接続 の しきい値。 EFCI は RM セルで abrstd 接続のための輻輳を示すのに CI ビットを使用します。 CLP Lo/EPD より EFCI しきい値 下部のを設定 することを推奨します。 EFCI は VC_Queue 深度のパーセントとして表現されます。

ICR: 接続がアイドル状態である場合どの接続でで送信することができるか評価して下さい。

ADTF: ADTF はミリ秒のアイドル状態のタイムアウト ファクタです。 RM セルが規定 される時間の内に受信されない場合接続速度は ICR に増やされます。 BXM は現在これらの ADTF 値しかサポートしません:

  • 62.5 ミリ秒

  • 125 ミリ秒

  • 250 ミリ秒

  • 500 ミリ秒

  • 1 秒

  • 2 秒

  • 4 秒

  • 8 秒

Trm: 要約テーブルを参照して下さい。

RIF: 要約テーブルを参照して下さい。

RDF: 要約テーブルを参照して下さい。

Nrm*: 要約テーブルを参照して下さい。

FRTT*: 要約テーブルを参照して下さい。

TBE*: 要約テーブルを参照して下さい。

* VS/VD 接続だけとの ABR標準 (ABRSTD)。 ABRFST接続のために表示する。

ABR コネクション コンフィギュレーションパラメータ違いの概略

VS/VD の ABR標準 ForeSight の ABR
TRM は間隔最小の FRM です。 TRM=100 が、それから 100 ミリ秒毎に FRM 生成されれば。 最低率は RM Cells が(40 ミリ秒)できるように間隔を調節します。 BXM カード ForeSight で RTD はサポートされません。
RIF は整数値情報です。 大きい RIF は小さい上昇率を意味します。 ACR1 = ACR0 + (ACR0/RIF RIF はデシマル値です。 スイッチ ソフトウェアは PCR に基づいて RIF を計算します。
RDF は ACR に基づく整数値情報です。 大きい RDF は低下のより遅い比率を意味します。 ACR1 = ACR0 - (PCR/RDF RDF は ACR に基づくパーセントです。 RDF=93% が、それから ACR の 93% 現行料率低下ファクタなら。
NRM は RM セル発生 比率です(たとえば、セルのブロックの RM Cells の数)。 デフォルトは 32 または 6% です(たとえば、32 人のセル毎にから、RM セルは発行されます)。 接続ごとの適用されない。 cnffstparm を使用して下さい。
FRTT は Fixed Round Trip Time in microseconds です。 ディセーブルにするために、0 という値を使用して下さい。 接続ごとの適用されない。 cnffstparm を使用して下さい。
TBE は一時バッファ排出です。 最初の RM セルの前のセル(0 - 1,048,320 セル)のネゴシエートされた数は始動期間の間に送信にソースを制限するためにネットワークが望む戻ります。 接続ごとの適用されない。 cnffstparm を使用して下さい。

VS/VD の ABR標準と ForeSight の ABR 間の相違点の要約

VS/VD の ABR標準 ForeSight の ABR
FRM セル。 SABREチップは BRM を生成するのに FRM の CI ビットを使用します。 FRM セル無し。 BCM セルは各比率が間隔を調節する宛先によって生成されます。 SABREチップは BCM の CI ビットを設定 するのにデータセルの EFCI ビットを使用します。
レートベース 輻輳制御メカニズムによるより多くのオーバーヘッド。 時間ベース 輻輳制御メカニズムによるより少ないオーバーヘッド。
一般的に RM Cells 増加ネットワークへのおよび 6% によるネットワーク セル数からの dspchstats。 これらのフィールドに「ポートから」および「ポート」により高いセル数があります。 限られたリソースとのネットワークに関しては、接続 PCR は RM Cells の追加 6% を占めるために高められる必要がある場合もあります 一般的に RM Cells 増加ネットワークへのおよびネットワーク セル数からの dspchstats
評価するべきより 速い 応答はメッセージを調節します(ATM フォーラムはレートベースです従って RM Cells は比率に従ってリリースされます)。 比率への遅い応答はメッセージを調節します。 レート調整は基づく時間です(cnffstparm コマンド)。
明示レート 輻輳制御は正確な、即時新しい比率を提供します。 レートは比率によって調節され、パラメータ(cnffstparm コマンド)の下で評価します
TBE は、FRTT、ICR、CRM 一時セル消失の無効化を改善します(トラフィックフローの開始して下さい最初の)。 無視 ERS
すばらしい効率のための VS/VD ループのそれぞれでバッファを配ります。 少数の大きいバッファに頼ります

スクリーン ショット

これは 1000 の 1000 CPS、PCR、および 3.のポリシング オプションに着信トラフィックとの asample ABRFST接続です。

/image/gif/paws/6502/abrfstregular_2.gif

これは 500 の 1000 CPS、PCR、および 3.のポリシング オプションに着信トラフィックとの aample ABRFST接続です。 NonCmplnt Dscd に、NCmp CLP0 Dscd、Igr VSVD ACR、および Rx Q 深度注意して下さい。

abrfstdiscards_2.gif

これは 500 の 1000 CPS、PCR、および 5.のポリシング オプションに着信トラフィックとの abrfst接続サンプルです。 Oflw CLP0 Dscd に、NonCmplnt Dscd、NCmp CLP0 Dscd、Igr VSVD ACR、および Rx Q 深度注意して下さい。

/image/gif/paws/6502/abrfstpolicing5_2.gif

これは 1000 の 1000 CPS、PCR、および 3.のポリシング オプションに着信トラフィックとの abrstd接続例です。

/image/gif/paws/6502/abrstdregular_2.gif

これは 500 の 1000 CPS、PCR、および 3.のポリシング オプションに着信トラフィックとの abrstd接続例です。 NonCmplnt Dscd に、NCmp CLP0 Dscd、Igr VSVD ACR、および Rx Q 深度注意して下さい。

abrstddiscards_2.gif

BXM モデル F ファームウェアおよびスイッチソフトウェアリリース 9.2.x のための変更

BXM モデル F ファームウェアは dspchstats コマンドの出力への変更をもたらします。 BXM モデル F ファームウェアは Cisco.com 登録済みのユーザ向けに利用可能です。

BXM モデル F のための機能拡張要求が原因で、From Network フィールドの RM Cells はもはや登録されていませんし、表示する。 ネットワーク カウンタからクロスポイントスイッチから受信されたユーザのデータセルだけを登録し、表示する。 RM セル廃棄はまた Tx Clp 0+1 Dscd および TX Clp 0 Dscd 登録から取除かれました。

スイッチソフトウェアリリース 9.2.x およびそれ以降に関しては、TX Clp 0+1 Dscd は、TX Clp 0 Dscd、および TX Clp 1 Dscd カウンター DSPCHSTATS 画面から取除かれ、これらのカウンターと取り替えられました:

Oflw CLP0 Dscd レシーブ CLP 0 ユーザセルは VC_Q オーバーフロー(入力)が原因で廃棄しました。
Oflw CLP1 Dscd レシーブ CLP 1 ユーザセルは VC_Q オーバーフロー(入力)が原因で廃棄しました。
NCmp CLP0 Dscd 不適合な CLP 0 ユーザセルはポリシング機能(入力)によって廃棄しました。
NCmp CLP1 Dscd 不適合な CLP 1 ユーザセルはポリシング機能(入力)によって廃棄しました。

sbpx1 TN StrataCom BPX 8620 9.2.31 July 13 2000 08:46 GMT
  Channel Statistics for 1.6.1.100    Cleared: July 13 2000 07:46 (\) Snapshot
  MCR: 500/500 cps     Collection Time: 0 day(s) 00:03:55      Corrupted: NO
  Traffic       Cells      CLP     Avg CPS      %util   Chan Stat Addr: 30F68BD0
  From Port :   116432       0       495           99   OAM Cell RX: Clear
  To Network :  124195     ---       528          105
  From Network: 116433       0       495           99  
  To Port :     116433       0       495           99
  Rx Frames Rcv :      0    NonCmplnt Dscd:       0   Rx Q Depth    :      0
  TX Q Depth    :      0    Rx CLP0       :  116432   Rx Nw CLP0    : 116433
  Igr VSVD ACR  :    535    Egr VSVD ACR  :       0   TX Clp0 Port  : 116433
  Rx Clp0+1 Port: 116432    NCmp CLP0 Dscd:       0   NCmp CLP1 Dscd:      0
  Oflw CLP0 Dscd:      0    Oflw CLP1 Dscd:       0
  Last Command: dspchstats 1.6.1.100 1

Unspecified Bit Rate(UBR; 未指定ビット レート)

UBR 紹介

UBR 接続はバースティ データのために ATMネットワークで、非実時間 トラフィック(低優先順位ファイル転送)使用されます。 UBR サービス カテゴリは接続 の ライフタイムの間に常に利用可能な状態である帯域幅の静的な量を必要としない接続によって使用されます。 UBR サービスのために保証されるネットワーク帯域幅がありません。 UBR トラフィックは最もよい努力基礎の WANスイッチングネットワークを通して転送されます。 UBR トラフィックのベストエフォート デリバリが原因で、それは一般的に 商用回線事業者によって提供される最少高額のサービスです。

WANスイッチング機器に関しては、UBR 接続は設定し、解決しやすいです。 UBR サービスに使用する VC_Queue がありません; BXM だけ ABR QBIN。 UBR トラフィックが ABRトラフィックと同じ QBIN を使用し、不適切に設定されますので 2 つのトラフィックタイプは同じ BXM ポートで混合するべきではありません。

UBR トラフィックは CLP=Y (UBR.2)のために ABR QBIN が ABRトラフィックと共有される場合設定する必要があります。 さもなければ、ABRトラフィックのように UBR トラフィック見えは「QBIN の ABRトラフィックを「」飢えさせ。 0 への BXM でハードコード第 2 漏出バケット Sustainable Cell Rate (SCR)値の UBR 接続はデュアル漏出バケットアルゴリズムを使用してポリシングが行われます。 最初の漏出バケット パラメータだけ UBR 接続のために設定することができます。

接続パラメータ

これらのパラメータは cnfconディスプレイにようである順序であります。

  • PCR(0+1): これはすべてのトラフィックのためのピーク セル レートです(CLP=0 および CLP=1)。

  • Util %の: これは接続がネットワークに PCR (0+1)で送信すると期待される時間数です。

  • CDVT(0+1): これはすべてのトラフィックのためのセル遅延変動許容値 (CDVT)です(CLP=0 および CLP=1)。

  • AAL5 FBTC: ATMアダプテーション レイヤ型 5 Frame-Based Traffic Control。

  • CLP 設定: セル廃棄優先設定。 または YES (UBR.2)に設定 することができません(UBR.1)。 タギング制限はタグ付けされていない最初の 50 セル/秒だけです。

  • トランク セル経路指定制約: スイッチ ソフトウェアは非セル ベースを渡る接続をルーティングするかどうかトランキングして下さい。

詳細

PCR(0+1): (PCR (0+1)) * (Util %の) = UBR 接続のためのネットワークで割り当てられる帯域幅の量。 これはトランクのロード ユニットに表現され、dspload <trunk_number> コマンドを使用して点検することができます。

Util %の: UBR トラフィックは低い優先順位と設定デフォルト%が利用 1% であるので処理されます。 従って、最小ネットワーク帯域幅およびリソースは UBR 接続のために予約済みです。

CDVT(0+1): ATM セルの間の「群生」の量。 何人かのルータはパフォーマンス上の問題による高い CDVT 値(250,000)を必要とします。 音声に関してはセルの迅速 な 再生を確認するために、10,000 というビデオ、か回線エミュレーション サービス、CDVT 値またはより少しは望まれます。

AAL5 FBTC: このオプションが有効に なる場合、接続が AAL5 帯を運ぶこと仮定されます。 条件「フレーム」は AAL5 PDU を意味します。 AAL5 セルはフレームの開始および終了を示すために情報が含まれています。 FBTC は特定の接続のためのすべてのトランクの早期パケット廃棄 (EPD)を有効に します。 EPD はネットワークに是認される前にフレームと関連付けられる ATM セル全員を廃棄するメカニズムです。 EPD なしで、ATM フレームの一部はネットワーク消費帯域幅およびリソースを通して送信されるかもしれません。 EPD は接続キュー深度に基づいてしきい値を使用して設定されます。 キュー項目数が設定された閾値を超過する場合、新しいデータ フレームはフレーム開始 AAL5 セルが到着するとき受け入れられません。 UBR トラフィックに関しては、EPD は cnfportq <slot_number.port_number> コマンドを使用してポートごとに設定されます。

この資料の為にテストセットによって提供されるトラフィックに対応するために、AAL5 FBTC は消えます。 テストセットは AAL1 トラフィックの一定したストリームを生成しています(EOF フラグ無し)。 AAL5 FBTC が有効に なる場合このトラフィックタイプにより不整合な廃棄を引き起こします。 AAL5 トラフィックに関しては、AAL5 FBTC を有効に する必要があります。

CLP 設定: に設定 された場合、最初の漏出バケットと対応であるすべてのセルがネットワークに割り当てられません。 これは ABR および UBR 接続が同じ ポートを共有し、ポリシング オプションが類似したなら場合問題である場合もあります。 ABR ポリシングが 3 に設定 され、UBR CLP が N (UBR.1)に設定 されれば場合、ABR および UBR トラフィックは同じを「ネットワークに現われ」、低優先順位 UBR トラフィックは高優先順位 ABRトラフィックと同じ処理されます。 ABR および UBR 接続が同じ ポートを共有する必要がある場合 UBR 接続のための CLP を Yes に設定して下さい。

YES に設定 された、それから場合最初の漏出バケットと対応であるすべての CLP=1 セルは最初の漏出バケットと対応であるすべての CLP=0 セルおよびネットワークに第 2 漏出バケットで評価されます是認されます(ポリシング オプションを 3)参照して下さい。 SCR が 0 への BXM でハードコードされるので、第 2 漏出バケットは本質的に常に完全であり、CLP=0 セル全員は「タグ付けされています」(CLP は 1)に設定 されます。 これはネットワークがネットワーク輻輳の場合に廃棄のために利用可能低優先順位セルとして UBR セルを認識するようにし。

スクリーン ショット

これは 1000 の 1000 CPS、PCR、および CLP=Y.の着信トラフィックが付いているサンプル UBR 接続です。

/image/gif/paws/6502/ubrregular_2.gif

これは 500 の 1000 CPS、PCR、および CLP=Y.の着信トラフィックが付いているサンプル UBR 接続です。 NonCmplnt Dscd に、NCmp CLP0 Dscd、Igr VSVD ACR、および Rx Q 深度注意して下さい。 結果は CLP=N.のため同じです。

/image/gif/paws/6502/ubrdiscards_2.gif

参考資料

リーキーバケットに関する用語、業界での俗語

用語、業界での俗語 定義
デュアルリーキーバケット トラフィック コントラクトで指定された一連のパラメータに反するセル フローに対して、準拠性をチェックするため使用されるアルゴリズム。
ファーストリーキーバケット トラフィック コントラクト準拠のための障壁。 セルがトラフィック契約の条件を満たさない場合、セルは廃棄されます。
セカンドリーキーバケット ファーストリーキーバケットを経たセルを評価し、CLP タギングを実行する必要があるかどうかを判断する。 「タグ付き」のセルは、CLP ビットが 1 にセットされる。
リーキーレート セルがネットワークに流出するレート。
バケットの深度 セルのバーストを判断する機能。

短縮形

略語 定義
AAL ATMアダプテーション レイヤ(トラフィックタイプは回線エミュレーションのための AAL1 およびデータのための AAL5 です)。
ABR 使用可能ビット レート(ABR標準および ABR予見型)。
ACR 割り当てられたセル レートが。
ADTF ACR 減少時間ファクタ。
ATM 非同期転送モード。 複数のサービスタイプ(音声、画像、データ)を 48 バイトの固定長サイズに区切り、それに 5 バイトのヘッダーを付加して 53 バイトの固定長セルとして送る。 固定長セルの採用により、ハードウェア内でのセルの処理が可能になり、伝送遅延を低減することができる。
Bc 認定バーストサイズ。
Be 過剰 バーストサイズ。
BCM 後方輻輳管理(ABR予見接続に使用するセルタイプ)。
BRM Backward Resource Management (ABR標準接続に使用するセルタイプ)。
CBR 固定ビット レート(VC_Queue 無し QBIN だけ)。
CCR 現在 の セル レート。
CDF セル低下ファクタ。
CDVT セル遅延変動許容値。 あらゆる ATM 接続タイプ(CBR、VBR、ABR、UBR)に必須のパラメータ。
CI 輻輳通知。
CLP セル廃棄優先(FR 廃棄可能フレーム数 ビットと同等の)。
CLR セル損失比。
CPE 顧客宅内機器(たとえば、Cisco 7200 ルータ)
CRM 抜けている RM セル数(CRM は受け取った BRM がない時送信 される FRM の数を制限します)。
CTD セル転送遅延。
EFCI 明示的順方向輻輳通知(FR FECN と同等の; BXM のためのポートキューごとに設定される)。
Egr 出力。
EOF フレームの終わり。
EPD 早期パケット廃棄(FBTC の一部; per-VCパラメータ; AAL5 トラフィックに EOF セルがあるのでだけ) AAL5 トラフィックに適用して下さい。
ER 明示レート。
ERS 明示レート押すこと。
FBTC Frame-Based Traffic Control (全体の AAL プロトコル データ ユニットか「フレーム」は廃棄されます)。
FCES フロー制御外部セグメント(接続の両端で有効に されなければなりません。 VS/VD または ABR ForesSight 接続が付いている ABR標準のためにだけ利用可能)。
FECN 順方向明示的輻輳通知。
FGCRA フレーム生成 セル レート アルゴリズム(ASI カードに使用する GCRA への専用 の エクステンション)。
FR フレーム リレー。
FRTT 固定ラウンドトリップ タイム。
GCRA ジェネリック セルレート アルゴリズム(ATMトラフィック管理 仕様 バージョン 4.0 ポリシングアルゴリズム)。
GFC 一般フロー制御(ATM UNI セルのフィールド)。
IBS 初期バーストサイズ(フレームリレーCmax と同等の)。
ICR 初期セル レート(フレーム リレー QIR と同等の)。
Igr 入力(入力はバックプレーンに関して常にあります)。
IISP Interim Inter-Switch Protocol (PNNI への暫定プロトコル)。
ILMI 暫定ローカル管理 インターフェイス(ATM UNI の FR LMI と同等の)。
MBS 最大バースト サイズ(FR とあって下さい同等の)。
MCR 最小セル レート(FR MIR と同等の)。
NNI ネットワーク ノード インターフェイス。
NRM RMセルの生成間のセルの最大数。
nrt-VBR 非実時間 VBR。
Oflw オーバーフロー。
OOR Out-Of-Rate (RM セル発生に適用します)。
PCR ピーク セル レート(フレーム リレー PIR と同等の)。 あらゆる ATM 接続タイプ(CBR、VBR、ABR、UBR)に必須のパラメータ。
PDU プロトコル データ ユニット。
PNNI Private Network Node Interface (ネットワーク間通信に使用する)。
PPD 部分的パケット廃棄(FBTC の一部; per-VCパラメータ; AAL5 トラフィックに EOF セルがあるのでだけ) AAL5 トラフィックに適用して下さい。
PTI ペイロードのタイプ インジケータ(AAL1 か AAL5 トラフィックタイプおよび輻輳を規定 するのに使用される ATMセル フィールド)。
OAM オペレーション、管理およびメンテナンス。
QE キュー エンジン すべての VC およびサービス クラス キュー(QBIN)を管理し、接続およびポート統計を維持する BXM サブシステム。
RCMP 半導体素子に常駐することルーティング制御、モニタおよびポリシング サブシステム(BXM ポリシング機能)は PMC/Sierra によって成長しました。 RCMP はデュアル漏出バケットアルゴリズムを設定し、ATM層 OAM フローを管理し、セルヘッダーからの接続ID を判別します。
RDF レート低減ファクタ。
RIF レート増加ファクタ。
RM リソース管理セル(ABR コネクションにだけ適用して下さい)。
RR 相対レート。
rt-VBR リアルタイム VBR (VAD 音声に使用する ATMトランク QBIN 型)。
SAR Segmentation And Reassembly (ATMアダプテーション レイヤの 2 つのサブレイヤーの 1。 SAR 副層は、CS で処理されたプロトコル データ ユニットを受け取り、48 バイトのペイロード データに分割して、後続の処理のためにそれらを ATM 層に渡す。
SCR Sustainable Cell Rate (FR CIR と同等の)。
STI StrataCom トランクインターフェイス(ASI、BNI、ALM および BTM のようなレガシー カードで使用される ATM に似た独自のセル)。
TBE 一時バッファ排出。
TDM 時分割多重。
TRM ターミナル RM。
UBR 未指定ビット レート(ABR キューを使用するトラフィックタイプ。 これはキューイング設計の固有不正が原因です同じ ポート上の UBR および ABR コネクションを設定しない)。
UNI ユーザ ネットワーク インターフェイス。
UPC 使用パラメータ管理。
VAD Voice Activity Detection (音声トラフィックに必要な帯域幅を減らすのに使用される)。
VBR 可変ビットレート。
VC 仮想接続。
VCC 仮想チャネル接続(形式 x.x.x.x)の接続。
VPC 仮想パス接続(形式 x.x.x.* の接続)。
VS/VD 仮想発信元/仮想着信先(ABR コネクションだけ)。

概念および定義

  • 輻輳とは、ネットワークでスループットに悪影響を及ぼすほどにセルレートが増加することです。 輻輳が発生すると、トラフィックが廃棄されます。 WAN 用のスイッチング機器の場合、輻輳インジケータは次の箇所に設定されています。

    • VC_Queue(EFCI ビット)

    • ポート キュー(EFCI ビット)

    • トランク キュー(EFCI ビット)

    輻輳は、サポートしている帯域幅よりも多い接続を行っている WAN スイッチング ネットワークのトランクで発生します。

  • フォアサイトとは、シスコ独自のクローズド ループ型の輻輳防止アルゴリズムで、Available Bit Rate(ABR; 使用可能ビット レート)用のものです。 フォアサイトにより VC_Queue に対するサービス レートが増減し、接続のスピード(レート)が制御されます。

  • オーバーブッキングとは、1 つ以上の接続パラメータを調整することにより、トランクがサポートできる以上の通信をトランク上でルーティングさせる方法です。

    たとえば、T3 トランク上でルーティングされている全接続に対する %util パラメータ値を下げることで、T3(44.736Mbps)トランクをオーバーブッキングできます。 オーバーブッキングにより、通信事業者は T3 トランク上の T3 でサポートされているトラフィックを何度もルーティングできるようになります。 たとえば、通信事業者が 44.736 Mbps(T3)のトランク上で 60 Mbps の接続帯域幅をルーティングできます。

    T3 トランクでルーティングされている全接続が使用されており、同時に活発にデータを転送している場合は、オーバーブッキングによってネットワークの輻輳が発生します。

  • ポリシングとは、WAN スイッチング ネットワークの「エッジ」の BXM ラインカードで実装されている機能であり、取り決められたトラフィック コントラクトに対して各 ATM 接続の準拠を強要するものです。 ポリシングは Usage Parameter Control(UPC; 使用パラメータ管理)の代用としてよく使用されます。

    ポリシングは、ネットワークに適用された後に起こりうる輻輳に関連する廃棄とは無関係です。

  • PTI フィールドは、ATM セルの中の 3 ビットのフィールドで、データまたは管理セルのペイロード タイプ、セル輻輳、および AAL5 PDU の EOF を示すために使用されます。

  • QBIN は、共有型クラスオブサービス FIFO バッファで、ATM の他、CBR、VBR、ABR/UBR のようなレガシ型接続もサポートしています。 たとえば、BXM 仮想インターフェイス(vi)のすべての CBR 接続は同じ QBIN を共有します。 VI あたり 16 の QBIN があります。

  • トークン バケットは、転送レートの正式な定義です。 これは、3 つのコンポーネントで構成されています。 バースト サイズ、平均率およびタイムインターバル(Tc)。 トークン バケットは、フローのデータを規制するデバイスを管理するために使用されます。

  • VC_Queue は、接続が追加されたときに各接続ごとに作成される FIFO バッファです。 VC_Queue では、EFCI、CLP Hi、CLP Lo 用にしきい値が設定できます。 ABR 接続の場合、セルは VC_Queue から QBIN まで、ATM Forum ABR アルゴリズムまたはシスコのフォアサイト アルゴリズムで決められた許容セルレートで移動します。

  • VS/VD は、ATM フォーラムの標準をベースとした、ABR トラフィック向けのクローズド ループ型輻輳防止アルゴリズムです。

  • Usage Parameter Control(UPC; 使用パラメータ管理) は、ATM トラフィック管理仕様バージョン 4.0 に基づいて BPX BXM カードに実装されています。 UPC は、エンド ユーザによって送られたトラフィックを監視および制御するために、ネットワークによって行われる一連の動作を表しています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6502