音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager ルートパターンのための可変長ダイヤルプランのサポート - 国別のダイヤルプランをカバーするルートパターンの設計の実行

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

北米の Cisco CallManager のインストールでは、ルート パターンで「@」マクロを使用できるので、可変長ダイヤル プランを使用できます。 発信者が 7 桁の市内番号、または 10 桁または 11 桁の長距離番号に電話をかけた場合、最後の番号がダイヤルされた直後にコールは公衆電話交換網(PSTN)に送信されます。 ただし、このマクロは、北米地域以外では機能しません。 以前は、可変長ダイヤル プランを使用してコールを処理するために代替ルート パターン 0.! を使用していました。 このワイルドカード文字により、任意の長さの着信者番号文字列が可能になりますが、ゲートウェイ デバイスに着信番号を送信する前に 10 秒のデフォルトの桁間タイムアウトを待ちます。 このタイマーを短くすることもできますが、ダイヤルしている途中で一時停止するユーザに問題が発生する可能性があります。 Cisco CallManager は、この一時停止をダイヤル遅延の終了と判断して、不完全な番号をパルス出力する可能性があります。

「使用への代替として!」 続くワイルドカードは National ナンバリングスキームのための可変長ダイヤル プランの開発のケーススタディです。 このダイヤル プランを使うとユーザは桁間タイムアウト期間を待つ必要なしで、地域内 および 長距離番号情報サービスをダイヤルできます。

国際的 な アクセスコードはまだ使用します! すべての外部 ダイヤル プランを一致することができないのでワイルドカードは、これ普通ほとんどのユーザ向けの問題ではないです。

最後 の 数字がダイヤルされるとすぐこの資料に Cisco Unified CallManager に PSTN 数にダイヤルさせます方法を記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この設定は Cisco CallManagerバージョン 3.07 および IOS を使用してテストされましたか。 ゲートウェイルータのソフトウェア バージョン 12.1.3aXI5 IP Plus 機能セット。 この例は 0 のアクセスコードの外部の Cisco Unified CallManager を仮定します。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

要件を満たすダイヤルプランの設計

この例では、オーストラリア National 番号付与システムに対応する国のダイヤルプランを作成します。 それは地域内 および 長距離 電話のために一貫したナンバリングスキームを使用すれば他のどの国にもこれらのプリンシパルを適用する簡単な問題であるはずです。

ダイヤル プランは下記の地域にあった CallManager のために開発されました。 顧客はローカル(ローカル交換領域だけ)、地方の STD (長距離)、状態 STD、National STD および ISD (国際的な)アクセスのために許可されたそれを除くコールの複数のレベルがありたいと思いました。 これはダイヤル番号の粒状一致を作成し、他の番号 の 組合せからローカル プレフィクス()と数を分けることによって達成されました。 異なるルートパターンは分離パーティションに入りました。 それから異なるパーティションが含まれていた発呼側探索スペースは作成されました。 これは各受話器からアウトダイヤル アクセスを制御する簡単な方法を提供しました。

Cisco Unified CallManager が置かれるローカル 番号に適するダイヤル プランのこのエリアを修正する必要があります。 []ワイルドカードは数の範囲を規定 することを割り当てます同じようなルートパターンの全体的な数を減らす。

オーストラリア ダイヤル プランはローカル交換領域のための 8 つのディジット ローカル 番号で構成されています。 8桁のローカル番号の最初の 2 ディジットは地域コードです。 2桁の長距離(std)アクセスコードがあります状態基礎に取り組む(一流ディジットは 0、常にですたとえば: 02)およびそれ国際的 な アクセスコードとして 0011 を使用します。 携帯 電話は範囲 04XX にあります。 Freecall 情報サービスは、またはの下に来ます。 非常呼出 使用 000。

Paycall 0055 人の情報サービスはこのダイヤル プランにこれが容易にされたかもしれないが、含まれていませんでした。 顧客はそれがルートパターンとして番号 範囲を規定 する容易な関係であろうけれどもこのサービスのためのアクセスがそしてブロックを設定 されて呼び出しを禁止するこのパターン オプションほしいと思いませんでした。

以下の事項に注意して下さい:これはすべての考えられる組み合わせの網羅的なリストではないです。 ここにリストされていない、従って局所性の特定のダイヤル プランを調査することは価値があります他の数がある可能性が高いといえます。 電話帳 エリアコードのリストをおよび情報/サービス番号は頻繁に備えています。

ダイヤルプラン
ルート パターン コメント
0.000   緊急事態
0.013   情報
0.123X   医学
0.124XX   医学
0.125XXX   医学
0.1194   時刻
0.1196   天候
0.12455   情報
0.130XXXXXXX フリーコール番号
0.13[1-9]XXX 130000 フリーコール情報
0.1[8-9]XXXXXXXX 1-800/1-900 フリーコール番号
National/モービル
- STD - VIC -状態
- STD - VIC -状態
- STD -地方の VIC -
- STD -地方の VIC -
- STD -地方の VIC -
- STD -地方の VIC -
  ローカル 交換数- 8 つの桁数
0.0011!   海外使用 桁間タイムアウト(10 秒)
0.0011!#   ダイヤル 文字の端として海外使用#

Cisco CallManager のダイヤルプランの設定

Cisco Unified CallManager のダイヤル プランを設定するために下記のステップに従って下さい。

  1. 入力して下さい 0'のアクセスコードを」。 アクセスコード デリミタとして。 ルート パターン の 桁数かワイルドカード一致を追加して下さい。

  2. ようにルートこのパターンし、二次ダイヤル音 オプションを設定 されます提供して下さい

  3. ゲートウェイ デバイス(H323、MGCP、SAA または SDA)をルートパターンを指して下さい。

  4. ゲートウェイ デバイスが MGCP、SAA または SDA (スキニー プロトコル)なら、アクセスコードは廃棄される必要があります。 着呼側変換の下、セット 廃棄 ディジット <pre ドット >。

  5. ゲートウェイ デバイスが IOS によって基づく H323 ゲートウェイである場合、アクセスコードは呼出されたディジットと渡される必要があります。 着呼側変換の下、<none へのセット 廃棄 ディジット >。

  6. データベースにルートパターンを挿入して下さい。

  7. ゲートウェイ デバイスが IOS によって基づく H323 ゲートウェイである場合、ルータの呼び出しをルーティングするために設定に進んで下さい

ダイヤルプランの確認

Route Pattern Configuration 画面のコンテンツの検査によってダイヤル プランを確認して下さい。

/image/gif/paws/6361/cmdp.gif

設定されて、Cisco Unified CallManager ダイヤルプラン設定はそのようなことを検知 する必要があります:

/image/gif/paws/6361/cmdp2.gif

コールをルーティングする場合のルータの設定

このセクションは Cisco IOSゲートウェイが CallManager H323 ゲートウェイでどのように設定されるか説明します。

PSTN ポートを指すゲートウェイルータ POTSダイヤルピアで、CallManager から来るダイヤルされた数字の一流ディジット(アクセスコード)を一致するのに '0' のデスティネーションパターンを使用して下さい。 '0' のこの明示的な符合によりダイヤル ピアは導く 0 を除去しますそれ故に呼出 し 番号の他は送信されます。 これは下記の設定 セグメントで示されています。

!
dial-peer voice 100 pots
 direct-inward-dial     

!-- DID for incoming calls

 destination-pattern 0

!-- 0 is stripped when call is placed

 port 1/0:15

!-- Direct the call to the PRI port 1/0

!

ハント グループに入る複数の POTS ポートがなければ他のどの POTSダイヤルピアも必要としません。

!
dial-peer voice 100 pots 
 destination-pattern 0 
 port 1/0/0
 !
dial-peer voice 101 pots 
 destination-pattern 0 
 port 1/0/1 
!

呼び出しはこれら二つの構成された音声 ポートをそれから通ります。

要約

北アメリカの外の Cisco Unified CallManager インストールは北米番号計画にだけ関連しているので内蔵「@」ルートパターン マクロを使用することができません。 このアプリケーションノートでプロシージャを使用することによって、顧客はディジットの最小必須の数が受話器でキー入力されたらすぐ桁間タイムアウトを待つ必要を取除く呼び出しが送信されるようにします CallManagerシステムのためのローカル ダイヤル プランを開発でき。


関連情報


Document ID: 6361