Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 メインライン

ブート イメージを使用した ROMmon からのアップグレード方法

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 9 月 14 日) | 英語版 (2014 年 11 月 1 日) | フィードバック


目次


概要

このページでは、ブート イメージの TFTP 機能を使って、ROM モニタ(ROMmon)プロンプトからルータをアップグレードする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ブートイメージとは何か。 (Rx-boot)

ブートイメージはリカバリ状況の TFTP を使用してルータに主要な Cisco IOSソフトウェアイメージをダウンロードするのに使用する Cisco IOS® ソフトウェアのサブセットです。 ユーザは、Router(boot)# プロンプトで示されるコマンドライン インターフェイスを介して、このイメージを扱えます。 いくつかのプラットフォーム(Cisco 1600 に ROM で、2500)それがあります; ブートフラッシュ内に存在する場合(ハイエンド ルータ)があります。 このイメージはプラットフォームによって決まるヘルパーイメージ呼ぶことができますまたは xboot イメージ、RxBootイメージ、ブートストラップ イメージ、またはブート ローダと。

ブートイメージは機能を制限しました。 たとえば、それはルーティング情報が含まれていません。

警告 警告: こうすれば保存された場合決して設定の一部として設定を間、ブートモードで、(ルーティング一部のような)失われます保存しません。

ブート イメージのロード

ルータに有効なブート イメージが含まれる場合は、このブート イメージを使用して、有効な Cisco IOS ソフトウェア イメージを TFTP によってフラッシュにダウンロードできます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. コンフィギュレーション レジスタを次のように設定することにより、ブート イメージをブートするようにコンフィギュレーション レジスタを変更します(設定方法はプロンプトによって異なります)。

    rommon 1 > confreg 0x2101
    or 
    > o/r 0x2101
    You must reset or power cycle for the new configuration to take effect. 
    
    !--- This is the router output when a configuration register command is entered.
    
    

    これで、ブート イメージをブートするようにコンフィギュレーション レジスタが変更されました。

  2. ルータをリセットすることにより、ブート イメージをブートします。

    rommon 2 > reset
    or
    
    > i
    

    System Bootstrap メッセージが表示され、ルータがブート イメージをブートします。 画面には次のように表示されます。

    System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
    Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
    C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory
    program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1e1568
    Restricted Rights Legend  
    .
    
    . 
    
    
    !--- Output omitted.
    
    
    .
    
    .
    
    Router(boot)>

    ここで、「Router(boot)>」のようなプロンプトが表示されます。

  3. ROMmon モードのままである場合は、ブート イメージが失われているか、または破損していることを意味します。 ルータのフラッシュまたはブートフラッシュに有効なイメージがなく、ROMmon からのアップグレード手順が他にない場合は、互換性のあるフラッシュ カードを搭載した同種のルータを用意し、このルータにイメージをダウンロードした後、フラッシュ カードを問題のルータに移す以外に復旧の方法はありません。

  4. フラッシュカード の 互換性 情報があるように PCMCIA ファイルシステム互換性マトリックスおよびファイルシステム情報を確認して下さい。

  5. TFTPサーバに達することができるネットワークにルータのイーサネットインターフェイス 0 を接続して下さい。 ルータのイーサネットインターフェイスの IP アドレスを設定して下さい。

    Router(boot)>enable 
    Router(boot)#configure terminal  
    Router(boot)(config)#interface ethernet 0  
    Router(boot)(config-if)#ip address 10.77.241.160 255.255.255.0     
    Router(boot)(config-if)#no shutdown
    
  6. ブートイメージを実行するルータはルーティングケーパビリティがありません。 したがって、そのルータのデフォルト ゲートウェイを設定する必要があります。 このルータのための適切なデフォルト ゲートウェイを設定 する ip default-gateway global configuration コマンドを発行して下さい。 これはイーサネットとして同じ サブネットに接続されるルータの IP アドレスを 0 インターフェイス指す必要があります。

    Router(boot)(config)#ip default-gateway 10.77.241.129
    
  7. TFTPサーバから Cisco IOSイメージをコピーする前に、ルータに TFTPサーバに接続があることを確かめて下さい。

    Router(boot)#ping 10.77.233.94
    Type escape sequence to abort.
    Sending 5, 100-byte ICMP Echoes to 10.77.233.94, timeout is 2 seconds:
    .!!!!
    
    Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/4/4 ms
    
    Router(boot)#
  8. TFTPサーバからルータのフラッシュ メモリに Cisco IOSイメージをコピーして下さい。

    Router(boot)#copy tftp flash 
    PCMCIA flash directory:
    No files in PCMCIA flash
    [0 bytes used, 16777216 available, 16777216 total]
    Address or name of remote host [255.255.255.255]? 10.77.233.94  
    
    !--- Enter the IP address of the TFTP Server.
     
    Source file name? c1600-y-l.122-10d.bin
    
    !--- This is the filename of the Cisco IOS image that you want to copy from
     
    
    !--- the TFTP server.
    
    Destination file name [c1600-y-l.122-10d.bin]?
    
    !--- Press 'Enter'.
      
    Accessing file 'c1600-y-l.122-10d.bin' on 10.77.233.94...
    Loading c1600-y-l.122-10d.bin from 10.77.233.94 (via Ethernet0): 
    ! [OK]  Device needs erasure before copying new file
    Erase flash device before writing? [confirm]y 
    
    !--- Press 'y' or 'Enter'.
    !--- On Class B Flash file systems, the router gives you the option of erasing
    !--- the existing contents of Flash memory before writing to it. If no free Flash
    !--- memory is available, or if no files have ever been written to Flash memory,
    !--- the erase routine is required before new files can be copied. If there is
    !--- enough free Flash memory, the router gives you the option of erasing the
    !--- existing Flash memory before writing to it. The system will inform you
    !--- of these conditions and prompt you for a response.
    !--- If you enter 'n' after the "Erase flash before writing?" prompt, the copy
    !--- process continues.  If you enter 'y' and confirm the erasure, the erase
    !--- routine begins.  Make sure to have ample Flash memory space before entering "n"
    !--- at the erasure prompt.
    
    
    Copy 'c1600-y-l.122-10d.bin' from server as 'c1600-y-l.122-10d.bin' into Flash 
    WITH erase? [yes/no]yes   
    
    !--- Entering 'yes' erases all the files in Flash.
    
    
    Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
    
    eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee  ...erased
    
    Loading c1600-y-l.122-10d.bin from 10.77.233.94 (via Ethernet0): !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!
    
    [OK - 7220632/16777216 bytes]Verifying checksum...  OK (0x6526)
    
    Flash device copy took 00:05:57 [hh:mm:ss]
    
    Router(boot)#
  9. 次のリロードの間に新しくダウンロードされした Cisco IOSイメージと起動するためにルータのための 2102 にコンフィギュレーションレジスタ値を戻して下さい。

    Router(boot)#configure terminal
    Router(boot)(config)#config-register 0x2102
    Router(boot)(config)#exit 
    Router(boot)#
  10. reload コマンドを使って、ルータのリロードを実行します。

    Router(boot)#reload
    System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no
    
      Building configuration...
    
      [OK]
    
      Proceed with reload? [confirm]
    
    !--- Press 'Enter'.
          
      %SYS-5-RELOAD: Reload requested 
    
      System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
      Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
      C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory 
      program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1e1568
      .
    
      .
    
    
    !--- Output omitted.
    
      
      .
    
      .
    
      Router>
  11. ルータに正しいイメージがロードされたことを確認するため、show version コマンドを使用して、ルータの Cisco IOS イメージのバージョンをチェックします。

    Router>show version
    Cisco Internetwork Operating System Software
    IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 12.2(10d), RELEASE SOFTWARE (fc1)
    Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
    Compiled Wed 14-May-03 01:04 by pwade
    Image text-base: 0x0803A510, data-base: 0x02005000
    
    ROM: System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
    
    ROM: 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE 
    SOFTWARE (fc1)
    
    1603 uptime is 19 hours, 26 minutes
    
    System returned to ROM by reload
    
    System image file is "flash:c1600-y-l.122-10d.bin"
    
    cisco 1603 (68360) processor (revision C) with 13824K/4608K bytes of memory.
    
    Processor board ID 10240382, with hardware revision 00000000
    
    Bridging software.
    
    X.25 software, Version 3.0.0.
    
    Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
    
    1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
    
    1 ISDN Basic Rate interface(s)
    
    System/IO memory with parity disabled
    
    2048K bytes of DRAM onboard 16384K bytes of DRAM on SIMM
    
    System running from FLASH
    
    7K bytes of non-volatile configuration memory.
    
    16384K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)
    
    Configuration register is 0x2102
    
    Router>

TFTP サーバからロードした新しい Cisco IOS イメージが実行されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6301