Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco ATM ポート アダプタ

ノー・バッファ・エラー・カウンタはPA-A3でいつインクリメントされるか

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はノー バッファー カウンターが show interface atm コマンドの出力で増分すると説明します。 出力カウンタを定義しているバッファはありません。

atm-1# show interface atm 4/0

ATM4/0 is up, line protocol is up 
Hardware is ENHANCED ATM PA 
MTU 4470 bytes, sub MTU 4470, BW 149760 Kbit, DLY 80 usec, 
reliability 255/255, txload 136/255, rxload 1/255 
Encapsulation ATM, loopback not set 
Encapsulation(s): AAL5 
4095 maximum active VCs, 5 current VCCs 
VC idle disconnect time: 300 seconds 
Signalling vc = 4, vpi = 0, vci = 5 
UNI Version = 3.0, Link Side = user 
4 carrier transitions 
Last input 00:02:30, output 00:00:00, output hang never 
Last clearing of "show interface" counters never 
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 103197668 
Queueing strategy: Per VC Queueing 
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec 
30 second output rate 80210000 bits/sec, 6650 packets/sec 
308 packets input, 9856 bytes, 4138 no buffer 
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles 
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort    
338179038 packets output, 3163620726 bytes, 0 underruns 
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets 
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out 
atm-1#

: show interface atm コマンドによって示されているノー バッファー カウンターは show controller atm の出力の rx_no_buffer カウンターと異なります。 show controllers atm コマンドを使用して入力エラーを参照して下さい。

高い 転送パフォーマンスを確認するために、PA-A3 ポートアダプタ使用はレシーブと送信するのための Segmentation And Reassembly (SAR)チップを分けます。 各 SAR はローカルメモリの自身のサブシステムによって Virtual Channel (VC) 表のようなパケットおよびキーデータ構造を保存するためにサポートされます。 このメモリは厳密にいえば PA-A3 の同期DRAM (SDRAM)の 4 MB が含まれています。

PA-A3 ドライバはインターフェイスがローカル パーティクル バッファの提供を排出するときノー バッファー カウンターを増分し始めます。 これらのバッファは show controller atm コマンドの出力で表示できる Tx-BFD 番号とトラッキングされます。

BFD Cache status:
     base=0x62931AA0, size=6144, read=143
Rx Cache status:

パケット バッファ 記述子(BFD)は特定のパケット バッファにアクセスするのに PA-A3 ドライバによって使用されるインデックスを記述します。 BFD キャッシュサイズはローカルポート アダプタ(PA)メモリのバッファの総数を示します。 フリーパーティクルの現在数は読み取られた値によって与えられます。

送信する パスで、ローカルメモリは 576 バイト構成されています(またはルータの中のパケットと移動する)内部 4 バイト ヘッダとの 580 バイトの 6144 のパーティクルで。 これらの、PA-A3 はオペレーション、管理およびメンテナンス(OAM)セルのようなシステムパケットのために 144 のパーティクルを確保します。 読み取られた値が 144 に達するとき、PA-A3 ドライバはローカルメモリ パーティクルの十分な数が利用可能になるまでパケットを廃棄し始めます。

バッファパケット ドロップは show atm vc vcd コマンドの出力で数えられる OutPktDrops と異なっていません。 PA-A3 ドライバは VC が個々の送信バッファ クォータを一杯にするとき OutPktDrops カウンターを増分します。 クォータの目的は一貫してオーバースクライブされた VC がパケット バッファ リソースすべてをつかみ、トラフィック契約内の正常なトラフィックの送信からの他の VC を妨げることを防ぐことです。

増分するノー バッファー カウンターは PA-A3 のローカルメモリが単に排出される示し、VC が VC 単位の送信するクレジットを排出したことを意味しませんことを。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

VIP のバッファ不足ドロップ:: show queueing interface atm

例外的な状況では、出力 Versatile Interface Processor (VIP)はパケットを格納するために残されたバッファがない可能性があります Route/Switch Processor (RSP)または入力 VIP からのこの出力 VIP に切り替えられる。 その結果、VIP は無差別に優位に関係なくそのパケットを廃棄する必要があります。

そのような例外的 な 状況は重み付けランダム早期検出 (WRED) パラメータのミスコンフィギュレーションと結合された激しい輻輳の結果として発生する可能性があります。 一例として指数重くする定数がデフォルト値から膨大な値への再構成されたら、そして WREDアルゴリズムは即時キューが充満すると同時に) (移動平均がゆるやかにだけ増加するので輻輳に反応するために遅いです。 従って、WRED はバッファが充満し続けにはインテリジェントな廃棄十分に早くおよびバーストを始めないかもしれません。

これらのドロップが無差別に高優先順位 トラフィックに影響を及ぼすのでこれらの状況に陥らないようにする必要があります。

バッファ不足に nobuffer ドロップ カウンターを通した show queueing interface atm コマンドによってよる VIP のドロップは監視することができます。

7513-1-31# show queueing interface atm 11/0/0.103

VC 5/103 -
 ATM11/0/0.103 queue size 46
        packets output 1346100, drops 134315, nobuffer drops 0
 WRED: queue average 44
       weight 1/512, max available buffers 1021
 Precedence 0: 40 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               1344366 packets output, drops: 134304 random, 10 threshold
 Precedence 1: 45 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)
 Precedence 2: 50 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)
 Precedence 3: 55 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)
 Precedence 4: 60 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)
 Precedence 5: 65 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)
 Precedence 6: 70 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               1734 packets output, drops: 0 random, 1 threshold
 Precedence 7: 75 min threshold, 81 max threshold, 1/10 mark weight
               (no traffic)

nobuffer ドロップ カウンターは RSP またはパケットを受信した VIP によって出力 VIP に引き渡されたときにバッファがパケットを受け入れてその当時利用できなかったのでパケットが VIP によって無差別に廃棄されたか何示します。 VIP が全で IP to ATM Class of Service (CoS) 機能を—と、実際、パケットを検知 しないでパケットを実行できること廃棄するのでそのようなパケットは特定の VC のための移動平均キュー占有とパケット 優位に関係なく廃棄されます。

show queueing interface コマンドに加えて、Cisco 7500 シリーズ ルータの PA-A3 の nobuffers の数を表示する show vip hqf コマンドを使用できます。

VIP-Slot0# show vip hqf

!--- Output suppressed.

qsize 1525 txcount 46810 drops 0 qdrops 0 nobuffers 0 
aggregate limit 2628 individual limit 657 availbuffers 2628 
weight 1 perc 0 ready 1 shape_ready 1 wfq_clitype 0

VIP のバッファ不足ドロップに関する詳細な情報詳細については、IP to ATM Class of Service フェーズ 1 設計の指針を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 6189