ブロードバンド ケーブル : ケーブル管理とサービス

ケーブル環境における CNR および DHCP に関する FAQ

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2008 年 5 月 26 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Q. どのようにCNR にリモートアクセスしますか。

A. Windows 95 か NT と PC で CNR GUI をリモートで実行すればか。 サーバにクラスタを追加することおよび IP アドレスおよびパスワードまたは CNRサーバ入力することによって接続できます。か。 これはサーバに DNS や DHCP サービスを提供する接続します。 CNR GUI がリモートクライアントにあることを、そのこの方式必要としますしかし覚えていて下さい。

  1. 『Admin』 を選択 して下さい。

  2. List of Clusters アイコンをクリックして下さい。

  3. クラスタ ダイアログボックスで、追加クラスタ ボタンをクリックして下さい。

  4. Add Cluster ダイアログボックスでは、クラスタ名かデータベース ホストネームを入力して下さい。

  5. チェックボックスを『Connect to this cluster』 を選択 して下さい。か。 [OK] をクリックします。

  6. クラスタのためのログオンでは、ユーザ名 および パスワードを置いて下さい。 [OK] をクリックします。

CNR GUI が常駐しない Sun ワークステーションから CNR にアクセスすることを試みたら、GUI を開き、CNRサーバに接続するために次の作業が必要です:

  1. アドレスを調べるために Sun ワークステーションの nslookup をして下さい。

  2. Xterm を開き、xhost の入力によってディスプレイを + Sun ワークステーションへの接続を許可するために設定して下さい。 このコマンドを入力した後次 の メッセージを得ます: 「ディセーブルにされるアクセスコントロールあらゆるホストからクライアント」は接続できます

  3. サーバへの Telnet。

  4. ログオンおよびパスワードを入力して下さい。

  5. setenv TERM xterm を入力して下さい。

  6. setenv DISPLAY <your IP address>:0.0 を入力して下さい

  7. UNIX プロンプト#型にある時: ?cd /opt/nwreg2/usrbin/ntwkreg 及び

  8. ネットワークレジストラはサーバマネージャを表示する。

  9. 『Admin』 を選択 して下さい

  10. List of Clusters アイコンをクリックして下さい。

  11. クラスタ ダイアログボックスで、追加クラスタ ボタンをクリックして下さい。

  12. Add Cluster ダイアログボックスでは、クラスタ名かデータベース ホストネームを入力して下さい。

  13. チェックボックスを『Connect to this cluster』 を選択 して下さい。か。 [OK] をクリックします。

  14. クラスタのためのログオンでは、ユーザ名 および パスワードを置いて下さい。 [OK] をクリックします。

Q. CNRサーバがファイアウォールの後ろにある場合、どのようにCNRにリモートアクセスしますか。

A. サーバがリモートで管理されるべきならネットワークオペレーションチームによって多分監視された休みなし行って、ユーザインターフェイス ポートをオープンにして下さい。 思考を開くために CNR GUI/CLI を得るためにファイアウォールは UDP ポート 2785 および 2786 をオープンにします。 最初のポートは着信 データのための発信および第 2 のためです。 さらに、DHCP のためのよく知られたポートは 67 および 68 です、なぜなら DHCP フェールオーバーはポート DNS 使用 ポート 53 のための 647、です。 オープンにすることができる他のポートは LDAP のための 389 および TFTP のための 69 です。

Q. CNR のポリシーーとは何ですか、またどのようにポリシーを設定しますか。。

A. ポリシーはオプションセットですリース期間および DHCPサーバがクライアントに割り当てる他のコンフィギュレーションパラメータをグループ化することを可能にする。 これらのパラメータは DHCP オプションと呼ばれます。 ポリシーはサイトで複数のスコープがある場合役立ちます。 現在のサーバのすべてのスコープに適用する、または作成します指定スコープのためのポリシーをできますポリシーを作成。 ポリシーは DHCPサーバがスコープのためのすべての正しいオプションを供給し、情報を別々に規定 することのタスクからスコープごとに放すようにする便利な手段です。

ポリシーを作成するために次の作業が必要です:

  1. CNR GUI を開発して下さい。 Server Manager ウィンドウから、ポリシーを作成したいと思う DHCPサーバを選択して下さい。 IF はこれ DHCP@localhost Server アイコンをクリックするこれをしている時最初にあります。

  2. DHCP Server Properties ダイアログボックスを表示するために Show Properties ツールバーボタンをクリックして下さい。

  3. Policies タブをクリックして下さい。

  4. New Policy ダイアログボックスを表示するために新しい…ボタンをクリックして下さい。

  5. Name フィールドでは、ポリシーの名前を入力して下さい。

  6. コピー From フィールドの次のいずれかの操作を行って下さい:

    • 開始点として使用するために新しいポリシーに現在のポリシーを選択して下さい。

    • ポリシーを全く最初から作成するために『DEFAULT』 を選択 して下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. Policies タブで、またはリースに期間を過してほしくないかどうかかどうかリースに常置でほしい選択して下さい(決して切らさなければ)。 それらに常置でほしい場合ボックス「リース常置」をチェックし、ステップ 11 にスキップすることはです、他ではステップ 9.に進んで下さい。

  9. リースの期間を、たとえば 7 日設定 して下さい。 デフォルト値は 7 日です。

  10. 猶予期間の期間を、たとえば 4 日設定 して下さい。 リース 猶予期間は切れた後リースが DHCP サーバ データベースで保たれること時間いっぱいです。 猶予期間はクライアント および サーバが異なるタイム ゾーンにいればクライアントのリースを、コンピュータ クロック同期されません保護します、またはリースが切れたときにクライアントはネットワークにありませんでした。 デフォルト値は 5 分です。

  11. 『Edit』 をクリック して下さいオプションを…. ケーブルネットワーク環境で設定する必要がある最小オプションは次のとおりです:

  12. これらのオプションを設定するために使用できる列に、選択します次の方法で追加したいと思うオプションを行って下さい:

    • tftp-server に到達するために利用可能 な ウィンドウをスクロールし、サーバ オプション グループの隣で『+』 をクリック し、そして tftp-server をクリックし、追加を > > > ボタン クリックし、Option 値 フィールドで値を入力して下さい。

    • タイム オフセットに到達するためにタイム オフセットにスクロールし、追加を > > > ボタン クリックして下さい。 Option 値 フィールドタイプ秒の正しい値。

    • タイムサーバーに到達するためにスクロールし、タイムサーバーをクリックして下さい。 追加 >>> ボタンをクリックして下さい。 " オプション 値(s) " フィールドで正しい IP アドレスをタイプして下さい。

    • packet-siaddr を得るためにスクロールし、DHCPパケット フィールドの隣で + 『packet-siaddr』 を選択 し、クリックします追加 >>> ボタンをクリックして下さい。 Option 値 フィールドタイプ正しい IP アドレス。

    • ルータに到達するためにスクロールし、基本的な c の隣で『+』 をクリック し、『routers』 を選択 して下さい。 追加 >>> ボタンをクリックし、Option 値 フィールドで対応した IP アドレスを入力して下さい。

    • packet-file-name に到達するために DHCPパケット フィールドに行き、『packet-file-name』 を選択 して下さい。 追加 >>> ボタンをクリックし、Option 値 フィールドで DOCSIS設定ファイルの名前を入力して下さい。 Always send to dhcp clients チェックボックスをチェックして下さい。

  13. 終了後 Edit Options ウィンドウの下部ので OK ボタンをクリックして下さい。

  14. 変更を保存することを頼むことをぽんと鳴らす Network Registrar ウィンドウで『Yes』 をクリック して下さい。

  15. DHCP@localhost Properties ウィンドウアクティブなフィールドの各エントリをクリックし、Value フィールドの値を確認して下さい。 間違えた場合、編集オプション…ボタンをクリックし、間違っているオプションを変更して下さい。

  16. DHCP@localhost Properties ウィンドウClose ボタンをクリックして下さい。

Q. CNR のスコープとは何ですか、またどのようにそれを設定しますか。。

A. スコープは一組をの一部のまたはこれらのアドレスを操作する方法を DHCP に告げるサブネット全体のための IP アドレス、および関連するポリシーが含まれています。 DHCPサーバに DHCP クライアントに IP アドレスを供給してほしい各サブネットのための少なくとも 1 つのスコープを定義して下さい。 サブネット毎に複数のスコープがあることができるセカンダリサブネットを同様に結合できますことに注目すれば。 詳細については、参照しまネットワークレジストラかオンライン ヘルプを使用します。

スコープを作成するために次の作業が必要です:

  1. Server Manager ウィンドウから、スコープを追加したいと思う DHCPサーバを選択して下さい。

  2. Add Scope ダイアログボックスを表示するために Add toolbar ボタンをクリックして下さい。

  3. Name フィールドでは、スコープの名前を入力して下さい。

  4. Policy フィールドでは、次のいずれかの操作を行って下さい:

    • このスコープに応用がほしいと思うポリシーを選択するために矢印をクリックして下さい。

    • 新しいポリシーを作成するか、または存在 1 つを編集するために View policy ボタンをクリックして下さい。

  5. ネットワーク番号 フィールドでは、サーバのネットワーク番号を入力して下さい。 ケーブルネットワーク環境では、このネットワーク番号は CMTS のケーブルインターフェイスのプライマリIPアドレスに対応します。

  6. サブネット マスク フィールドでは、サブネット マスクを入力して下さい。

  7. 開始する/端 Address 列では、一連の単一 の アドレスやアドレス範囲をタイプすることによってスコープ アドレス範囲を規定 して下さい。 それらのアドレスのどれも CMTS におけるケーブルインターフェイスに割り当てられないことを確かめて下さい。

  8. [OK] をクリックします。

Q. どのようにCNRの GUI でクライアントクラス処理を設定しますか。

A. 処理するクライアント クラスを設定するために最初にポリシーを作成し、次にスコープに対応したポリシーを割り当てるスコープを設定しなければなりません。 これら二つのステップを終了したら、下記のプロシージャに従うことができます。

最初に、DHCPサーバおよびスコープのためのクライエント・クラス処理を有効に して下さい。

  1. Server Manager ウィンドウでは、DHCPサーバをダブルクリックして下さい。

  2. DHCP Server Properties ダイアログボックスで、Scope Selection Tags タブをクリックして下さい。

  3. Enable client-class processing チェックボックスをクリックして下さい。 最初に現在この DHCPサーバのために定義されるスコープ選択タグで定義されるスコープ選択タグがありますボックスの下でリストされていますがありません。

2 番目に、スコープ選択タグを次の方法で追加して下さい:

  1. " DHCP Server Properties " ダイアログボックスの Scope Selection Tags タブで、ダイアログボックスの下部のでフィールドで名前を入力して下さい。 それをタグとして識別するために、それのそれに応じて前に付けることが最善です; たとえば、提供されたケーブルモデムのための「tagCableModem」への供給されていないケーブルモデムのための「tagCableModemUnprov」。 エントリに満足させなくて、フィールドをクリアするために CLEAR ボタンをクリックして下さい。

  2. [Add] ボタンをクリックします。 名前はダイアログボックスの真中で表に現われます。 『Add』 をクリック する必要があることに注目して下さい。 『OK』 をクリック する場合、ダイアログボックスは追加されるエントリなしで閉じます。 GUI を使用する、それらを削除できません選択タグしか追加なできます。

  3. より多くのタグを同じように追加して下さい。 エントリについての心を変更する場合、『Cancel』 をクリック して下さい。

  4. エントリに間違いがない場合、『OK』 をクリック して下さい。

  5. DHCPサーバをリロードして下さい。

3 番目に、クライアント クラスを定義して下さい:

  1. 適切なサーバのための DHCP Server Properties ダイアログボックスでは、Client-Classes タブをクリックして下さい。

  2. Add Client-Class ダイアログボックスを開くために Add ボタンをクリックして下さい。

  3. クライエント・クラス フィールドでクライエント・クラスの名前を入力して下さい。 これははっきり CableModem のようなクライエント・クラスのインテントを、識別する必要があります。

  4. Host Name フィールドでは、ホスト名を入力して下さい。

  5. Policy Name フィールドで、policyCableModem のような「DHCP ポリシー」をクライエント・クラスのために適切である、選択して下さい。 ポリシー名を明記していない残すために、『<Not Specified >』 を選択 して下さい

  6. Policy Name フィールドで、policyCableModem のような DHCP ポリシーをクライエント・クラスのために適切である選択して下さい。 ポリシー名を明記していない残すために、『<Not Specified >』 を選択 して下さい

  7. このダイアログボックスの最後の段階として、User Defined String フィールドのコメントかキーワードを追加して下さい。 クライエント・クラスを指標付けするか、ソートするか、または捜すのにこれを使用できます。

  8. クライエント・クラスを同じように追加し続けるためにまたは終わること良い『Apply』 をクリック して下さい。 クライエント・クラスを DHCP Server Properties ダイアログボックスから取除くために、それを選択し、そして Remove ボタンをクリックして下さい。

4 番目に、選択タグをスコープと関連付けます。

  1. Server Manager ウィンドウでは、クライエント・クラスのための選択タグを加えたいと思うスコープをダブルクリックして下さい。

  2. Scope Properties ウィンドウからの Selection Tags タブをクリックして下さい。

  3. 編集をタグ付けします…ボタンをクリックして下さい。 これは Choose Scope Selection Tags ダイアログボックスを開きます。

  4. サーバのために定義されるスコープ選択タグの何れか一つ以上にチェックボックスを選択して下さい。

  5. [OK] をクリックします。

  6. Scope Properties ダイアログボックスで『OK』 をクリック して下さい。

  7. DHCPサーバをリロードして下さい。

  8. 各々の追加スコープのためのこれらのステップを繰り返して下さい。

Q. DHCP オプション 2(タイム オフセット)の 16 進数値の計算方法

A. ケーブルモデムが GMT - 4 時間だった領域で使用されたら。 負の値が含まれているため計算手順が多少異なります。 適切な値は次のように計算されます。 (表記という 1hr = (60 分/時間) * (60 秒/分) = 3600 秒)。

  1. -4 時間に相当する秒数 = -4 時間 * (3600 秒/時間) = - 14400 秒

  2. - 14400 を符号なしの 32 ビット値に変換するには、次の操作を行う必要があります。 (2^32 は 2 の 32 乗 = 4294967296)。 それから 2^32 - 14400 = 4294967296 - 14400 = 4294952896。 オプション 2 の長さは 32 ビットであるため、このステップが必要です。

  3. Microsoft Windows と含まれているカルキュレータ アプリケーションのような科学的なカルキュレータかツールを使用する 16進値に 4294952896 を変換します。 FFFFC7C0 という結果になります。

  4. dhcp プール設定の値は、option 2 hex FFFF.C7C0 となります。

これをする方法に関する詳細な情報詳細については資料を DHCP オプション 2 (タイム オフセット)の 16進値を計算する方法を読んで下さい。

Q. CMTS はどのようにパソコンとケーブルモデムの違いを認識しますか。

A. 以前 Cisco Network Registrar (CNR) 図をそれを使用して発信するのが常でありましたか。 DHCP オプション 82。か。 DHCP 検出する パケットへの CMTS 挿入オプション 82。か。 ケーブルモデム MAC アドレスはこのアップストリームに詰まりますか。 パケットを DHCPサーバに転送されて検出すれば。か。 DHCPサーバは「リモート ID」および「MAC アドレス」の一致を要求を作るそれ探します。か。 一致がある場合、それはケーブルモデムです。か。 そうでなかったら、それからこの MAC アドレスは PC のようなもう一つのデバイスです。か。 ただし、また CMTS への着信パケットがケーブルモデムまたは PC である場合把握できるケーブルインターフェイスのスマートなリレーと呼ばれる機能があります。 次 の 質問を参照して下さい。

Q. なぜ12.0 のコードでそのケーブルリレーエージェントオプションが機能しないのですか。

A. Cisco IOS を実行する Cisco UBR7200 シリーズ ルータか。 ソフトウェア リリース 12.0 使用 DHCP リレー エージェント Option フィールドを挿入する global configuration コマンド ip dhcp relay information オプション。 (以前に、Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3na を実行しているルータは cable relay-agent-option コマンドを使用しました。か。 ただし、か。 12.0SC コードはまた cable relay-agent-option を使用するルールへバンドリングのようないくつかの追加された機能との Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3na コードを離れて構築されたので)例外です。か。 従って、連結のために Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0.7xr2 を使用していれば、ip dhcp relay information option コマンドを使用してケーブル リレー エージェント オプションを設定できるはずです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6184