音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

クライアント PC での Cisco IP SoftPhone のインストールと設定

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 10 月 21 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IP SoftPhone 管理者パッケージ(IP SoftPhone クライアントを含む)を取得するには、2 つの方法があります。 Cisco.com のシスコ ソフトウェア ダウンロード サイトからダウンロードするか、CD-ROM を注文します。

このドキュメントは、ドキュメント セットの一部です。 これらの文書のそれぞれの情報に関しては、これのためのインデックスを設定 しました参照して下さい: Cisco IP SoftPhone の導入と設定

この資料にクライアント観点から Cisco IP SoftPhone をインストールする方法を説明されています。 Cisco CallManager サーバを IP SoftPhone をサポートするために設定する方法の情報に関しては Cisco Unified CallManager の設定 CTI ポートを参照して下さい。

このドキュメントでは、Default Device Pool を使用します。 また、すべての場所は <None> に、すべてのコーリング サーチ スペースは <None>,  に、すべてのパーティションは <None> に設定されます。 適切な場合トポロジーにこれらのフィールドの値を適応させることを確かめて下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager バージョン 3.0 (Revision 6 または それ以降)

  • Cisco CallManager 3.1 は IP SoftPhone バージョン 1.2 または それ 以降を必要とします

  • Cisco Unified CallManager 4.01 に関しては、Cisco CallManager リリース 4.0(x) とそれを使用するとき Cisco IP SoftPhone リリース 1.3(3) に関するリリース ノートを参照して下さい

  • Windows 95、Windows 98、Windows NT 4.0(SP4 以降)または Windows 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

はじめに

Cisco.com からソフトウェアをダウンロードして下さい

Cisco.com からソフトウェアをダウンロードする場合、x がバージョン番号である"sftphn Adminffr.1 x x.exe"に類似したである名前の自己解凍 ZIP ファイルがあります(たとえば、sftphn-Admin-fmr.1-3-3.exe。 このアーカイブは Cisco IP SoftPhone を展開して必要であるすべてのファイルが含まれています。 それを解凍するためにファイルを実行して下さい。 これらの解凍されたファイルがある必要があります:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install1.gif

CD-ROM からファイルをインストールして下さい

CD-ROM からファイルをインストールする場合、ソフトウェアは既に得られています。 コンポーネントをインストールし、ドキュメントを表示するために setup.exe を起動させる必要があります。

タスク 1: インストールを経営して下さい

次の手順を実行します。

  1. ダウンロードされた場合)セットアッププロセスを始めるために CiscoIPSoftphoneSetup.exe、または setup.exe をCD-ROM から動作したら)実行して下さい。

    Cisco IP SoftPhone のための InstallShield ウィザードはプロセスによって歩きます。

    sp_client_install2.gif

  2. セットアップはインストール済みファイルを置くため位置のためにプロンプト表示します。 適切な宛先の場所に参照して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install3.gif

  3. [Next] をクリックします。

タスク 2: プログラム フォルダを選択して下さい

インストーラに IP SoftPhone のアイコンを追加してほしいプログラム フォルダを選択して下さい。

デフォルトで、インストーラは Cisco IP SoftPhone と呼ばれるフォルダにアイコンを追加します。

sp_client_install4.gif

『Next』 をクリック し、3.に任せることを続行して下さい。

タスク 3: カスタマイズ ファイルをダウンロードして下さい

この質問ボックスは表示されます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install5.gif

Cisco IP SoftPhone インストールのためのカスタマイズ ファイルがあったら『Yes』 をクリック して下さい。 カスタマイズ ファイルの URL は要求されます。

注: ダウンロードできる 3 つのカスタマイズ ファイルがあります。

カスタマイズ ファイル 説明
CCNSoftPhone.reg ユーザコンフィギュレーション設定を保存します。
DialingRules.rul ダイヤリング規則設定を保存します。
Directories.dir ディレクトリ設定を保存します。

それらは Webインターフェイスを通して使用できるようにすることができます。 これらのファイルに関する詳細については、IP SoftPhone カスタマイズ ファイルを作成することを参照して下さい。 カスタマイズ ファイルがない場合、『No』 をクリック して下さい

4.に任せることを続行して下さい。

タスク 4: ログイン アカウント情報を入力して下さい

ローカル TSP設定ダイアログ ウィンドウで、Cisco Unified CallManager があなたに割り当てるユーザ名 および パスワードを入力して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install6.gif

注: Cisco IP SoftPhone のために設定するユーザ名 および パスワードは Cisco Unified CallManager があなたに割り当てるユーザ名 および パスワードと丁度同じである必要があります。 [Next] をクリックします。

カスタマイズ ファイルを使用しない場合、Cisco IP SoftPhone が登録されている Cisco CallManager サーバの IP アドレスを入力する必要があります。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install7.gif

タスクが完了しました。 5.に任せることを続行して下さい。

注: Cisco Unified CallManager 4.01 に関しては Cisco Unified CallManager 管理者 4.0 インストール プラグイン ページから Cisco Unified CallManager Telephony API (CiscoTSP.exe)をダウンロードし、インストールする必要があります。 (デフォルトで、http:// <CCM_SERVER>/CCMPluginsServer/CiscoTSP.exe)。

CiscoTSP.exe をインストールする間、デフォル トインストール オプションに続いて下さい。

タスク 5: スタートアップのオプションを選択し、リブートして下さい

インストーラに Cisco IP SoftPhone のためのデスクトップ ショートカットを作成してほしいかどうか尋ねられるときまたは『Yes』 を選択 しない で下さい。

sp_client_install8.gif

オファーを Windows に IP SoftPhone 開始するをとすぐユーザログ持つオプション設定して下さい。

sp_client_install9.gif

Cisco IP SoftPhone を使用し始める前にコンピュータを再起動して下さい。 、マイ コンピュータを今再起動したいと思います『Yes』 をクリック して下さい。 それから『Finish』 をクリック して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install10.gif

このタスクは完了しました。 6.に任せることを続行して下さい。

タスク 6: IP SoftPhone をはじめて開始して下さい

Windows Start メニューから、> Cisco IP SoftPhone > Cisco IP SoftPhone 『Programs』 を選択 して下さい。 デスクトップ アイコン オプションが奪取 される場合、アイコンは目に見えます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install11.gif

Cisco IP SoftPhone を開始する時最初に、Microsoft NetMeeting 設定 プログラム ディスプレイは Cisco IP SoftPhone 行選択ウィンドウによって続きました。 後続のセッションで、主要なダイヤル ウィンドウは開きます。

NetMeeting コンフィギュレーション ウィンドウでは、可聴周波パラメータを調整し、システムのためのユーザ情報を規定 するために画面に関する指示に従って下さい。

注意 注意: Cisco IP SoftPhone のコラボレーション 機能は NetMeeting の設定を行わなければ動作しません。

SoftPhone Line Selection ウィンドウで、制御し、『OK』 をクリック したいと思う行をクリックして下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install12.gif

注: 行選択ウィンドウが行を表示する場合、SoftPhoneクライアント 設定のためのユーザ名 および パスワード 仕様を参照して下さい。

行を選択した後、このようになるディスプレイ必要:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-softphone/6163-sp-client-install13.gif

このタスクは完了しました。 索引のページ」を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6163