音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager での CTI ポートの設定

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 4 月 26 日) | 英語版 (2014 年 10 月 16 日) | フィードバック


目次


概要

IP SoftPhone で使用するアクティブな音声回線ごとに、Computer Telephony Integration(CTI; コンピュータ テレフォニー インテグレーション)ポートを追加する必要があります。 CTI ポートとは、実際には仮想回線を使うための仮想装置です。

注: CTI ポートごとの複数の回線を設定する場合、CTI ポート毎に 1 つの行だけが一度に使用中である場合もあります。 メディアはデバイスごとに、ない行ごとにしか終えることができません。

注: Cisco IP Phone を制御すればのにユーザが Cisco IP SoftPhone だけを使用する場合 CTI ポートを追加する必要はありません。

このドキュメントは、ドキュメント セットの一部です。 これのためのインデックスを設定 しましたタイトルを付けられたこれらの文書のそれぞれの情報のための Cisco IP SoftPhone のインストールおよび設定を参照して下さい。

このドキュメントでは、CTI ポートの作成方法を説明します。 Cisco IP SoftPhones を設定する方法の外観のための Cisco IP SoftPhone のインストールおよび設定を参照して下さい。

このドキュメントでは、Default Device Pool を使用します。 さらに、オーナー ユーザ ID は <None> に <None> に、すべての Calling Search Spaces (CSS)、すべてのメディア リソース グループ リスト設定 されます 設定 されます、すべての保持メディア ソースは <None> に設定 されます、すべての場所は <None> に設定 され、すべてのマルチリンク ポイントツーポイント(MLPP)情報は設定されません。 トポロジーにこれらのフィールドの値を要求に応じて適応させることを確かめて下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager の管理

  • Microsoft Windows 2000 ターミナルサービス

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 4.1 (修正 .91 またはそれ以降)

  • Cisco Unified CallManager 4.0 は Cisco IP SoftPhone バージョン 1.3(3) または それ 以降を必要とします

  • Windows 95、Windows 98、Windows NT 4.0(SP4 以降)または Windows 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ログインおよび開いた Cisco CallManager Administration

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager サーバに Administrator としてログインします。

    ユーザー名およびパスワードを入力し、そして『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/6157/set_cti1.gif

  2. 管理 画面をアップするために得るために servername が Cisco CallManagerシステムの名前または IP アドレスである URL http:// servername/ccmadmin を入力して下さい。

    /image/gif/paws/6157/set_cti2_1.gif

新しいデバイスを選択し、追加して下さい

次の手順を実行します。

  1. 注: Cisco Unified CallManager にリンクするべき Cisco IP /image/gif/paws/6157/port_icon.gif SoftPhones 使用 CTI ポート。 それは CTI ルートポイントを代りに設定するよくある エラー間違って /image/gif/paws/6157/route_icon.gif です。 Device > Add a New Device の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/6157/set_cti3_1.gif

    Add a new device ウィンドウは現われます。

  2. デバイスの種類ドロップダウン メニューから『Phone』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/6157/set_cti4_1.gif

    Add a New Phone 画面が開きます。

  3. Phone Type ドロップダウン メニューから、CTI Port を選択します。

    /image/gif/paws/6157/set_cti5_1.gif

  4. [Next] をクリックします。

    [Phone Configuration] ウィンドウが表示されます。

電話 設定設定を入力して下さい

次の手順を実行します。

  1. Device Name を入力します。

    説明は同時に自動的に記入されます。 Device Pool には、すでに Default が選択されています。 この値は、各自の環境に合わせて必ず設定し直してください。 [Insert] をクリックします。

    /image/gif/paws/6157/set_cti6_1.gif

    ポップアップ Message レポートは CTI ポートとオペレーション成功で、関連付けましたラインのより詳しい 情報を入力するためにプロンプト表示します。

  2. これはディレクトリ番号 の 設定 ウィンドウを始動します。

    たとえば、この画面では Directory Number に 2200 を選択しました。 他の値はすべてデフォルト値で残っています。

    /image/gif/paws/6157/set_cti7_1.gif

  3. 『Add』 をクリック し、承諾して下さい

    Phone Configuration ウィンドウは表示する。

    /image/gif/paws/6157/set_cti9_1.gif

  4. 電話を『Update』 をクリック し、CTI ポートがきちんと初期化されることを確かめるためにリセットして下さい。

    これでタスクが完了しました。 索引のページ」を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6157