音声 : Voice over Frame Relay(VOFR)

VoFR カプセル化およびフラグメンテーション

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Voice over Frame Relay(VoFR)のカプセル化およびフラグメンテーションのタイプを説明します。

前提条件

要件

この資料はコールセットアップのフレームリレープロトコル、ダイヤル ピア概念、VoFR、および別の手順の基本的な知識を必要とします。 VoFR 設定の情報に関しては、VoFR (Voice over Frame Relay)の設定を参照して下さい。

使用するコンポーネント

この資料で説明されているコンフィギュレーションはこれらのハードウェア デバイスで設定されます:

  • スポークルータとして使用される Cisco 3640 マルチサービス ルータ

  • スポークルータとして使用される Cisco MC3810

  • フレームリレースイッチとして使用される Cisco 2500 シリーズ ルータ。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

VoFR カプセル化およびフラグメンテーション設定のガイドライン

設定図

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-vofr-chart-5733a.gif

トラフィック シェーピングに関する詳細については、Voice over IP (VoIP)および VoFR のためのフレーム リレー トラフィック シェーピングを参照して下さい。

フラグメンテーションに関する詳細については、この資料の音声のためのフレームリレーフラグメンテーション セクションを参照して下さい。

VoIP over Frame Relay の設定

このセクションは VoFR のさまざまな設定例が含まれています。

注: 関連した出力だけ表示する。

Example1 が VoIP over Frame Relay に必要な設定を表示します。

VoIP over Frame Relay (1)例
!
version 12.3


interface serial0
  encapsulation frame-relay
  frame-relay traffic-shaping
  bandwidth 32
  frame-relay ip rtp header-compression
!
interface s0.1 point-to-point       
  ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100              
    class frf12

!--- The class name "frf12" was randomly selected.

!
map-class frame-relay frf12
  no frame-relay adaptive-shaping

!--- True CIR must be here.

  frame-relay cir 32000 
  frame-relay bc 1000
  frame-relay be 0
  frame-relay mincir 32000
  frame-relay fragment 40
  frame-relay fair-queue 64 256
  frame-relay ip rtp priority 16384 16383 100
!
dial-peer voice 1 voip             

  destination-pattern 9.......
  
  session target ipv4:192.168.1.2

dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 88888888
 port 3/0/0

VoIP over Frame Relay に関する詳細については、Quality of Service (フラグメンテーション、トラフィック シェーピング、LLQ/IP RTP プライオリティ)の VoIP over Frame Relay を参照して下さい。

VoFR 設定

注: 関連した出力だけ表示する。

FRF.11 カプセル化がデータのための標準カプセル化と音声のために使用されるときこの例が必要な設定を表示したものです:

フレームリレーフォーラム(データの音声標準カプセル化のための FRF).11
!
version 12.3

interface S0
  encapsulation frame-relay
  frame-relay traffic-shaping
!
interface S0.1 point-to-point
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100
  class frf11

!--- The class name "frf11" was randomly selected.

  vofr cisco
!

!--- For information on the vofr cisco command please refer to vofr



map-class frame-relay frf11
 no frame-relay adaptive-shaping


!--- True CIR must be here.

 frame-relay cir 32000
 frame-relay bc 1000
 frame-relay be 0
 frame-relay mincir 32000
 frame-relay fair-queue 64 256 2 600
 frame-relay voice bandwidth 20000
 frame-relay fragment 40
!
dial-peer voice 1 vofr
  destination-pattern 9.......
  session target   serial0 100

dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 88888888
 port 3/0/0

すべての上のコンフィギュレーションの詳細な説明に関しては、VoIP および VoFR のためのフレーム リレー トラフィック シェーピングを参照して下さい。

FRF.11 カプセル化が FRF.11 Annex C フラグメンテーションと音声およびデータのために使用されるとき Example2 が必要な設定を表示します。

音声のための FRF.11、データ + トラフィック シェーピングのための FRF.11 及び FRF.11 Annex C フラグメンテーション*** (例 2)***
interface S0
  encapsulation frame-relay
  frame-relay traffic-shaping
!
interface S0.1 point-to-point
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100
    vofr data 4 call-control 5


!--- For information on the vofr data command please refer to vofr


    class frf11

!--- The class name "frf11"  
!--- was randomly selected.

!
Dial-peer voice 1 vofr
  destination-pattern 9.......
  session target  serial0 100
!
dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 88888888
 port 3/0/0

map-class frame-relay frf11
  no frame-relay adaptive-shaping
  frame-relay voice bandwidth 48000
  frame-relay cir 64000
  frame-relay BC 1000 
  frame-relay be 0
  frame-relay mincir 64000
  frame-relay fragment 40 

Cisco 独自仕様カプセル化がトラフィック シェーピングおよびフラグメンテーションと音声およびデータのために使用されるとき Example3 が必要な設定を表示します。

音声およびデータ + トラフィック シェーピング及びフラグメンテーション*** (例 3)*** のための Cisco 独自仕様カプセル化
interface S0
  encapsulation frame-relay
  frame-relay traffic-shaping
!
interface S0.1 point-to-point
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100
    vofr cisco

!--- For information on the vofr cisco command please refer to vofr


    class vofr_cisco

!--- The class name "vofr_cisco" 
!--- was randomly selected.

!
Dial-peer voice 1 vofr
  destination-pattern 9.......
  session target  serial0 100

!
dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 88888888
 port 3/0/0
!
map-class frame-relay vofr_cisco
  no frame-relay adaptive-shaping
  frame-relay voice bandwidth 48000
  frame-relay cir 64000
  frame-relay BC 1000 
  frame-relay be 0
  frame-relay mincir 64000
  frame-relay fragment 40 

MC3810 - Cisco IOS 前の…か。 ソフトウェア リリース 12.0.3T
interface S0
  encapsulation frame-relay
!
interface S0.1 point-to-point
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100
!
dial-peer voice 1 vofr
  destination-pattern 9.......
  session target interface s0.1 100

音声およびデータ + Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0.3T *** (例 4)*** 前のトラフィック シェーピング及びフラグメンテーション MC3810- のための Cisco 独自仕様カプセル化
interface S0
  encapsulation frame-relay
  frame-relay traffic-shaping
!
interface S0.1 point-to-point
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
  frame-relay interface-dlci 100
    voice-encap 40
    class vofr_cisco

!--- The class name "vofr_cisco" 
!--- was randomly selected.

!
Dial-peer voice 1 vofr
  destination-pattern 9.......
  session target interface s0.1 100
!
map-class frame-relay vofr_cisco
  no frame-relay adaptive-shaping
  frame-relay voice bandwidth 48000
  frame-relay cir 64000
  frame-relay BC 1000 
  frame-relay be 0
  frame-relay mincir 64000

注: すべての上記のコマンドに関する詳細については、Command Lookup Tool登録ユーザのみ)を参照して下さい。

Encapsulation

データトラフィックのためのカプセル化 (IETF およびCisco)

音声 カプセル化を論議する前に、データのためのマルチポイントエンキャプシュレーションを検知 することは重要です。 カプセル化されてカプセル化される VoFR 実装が、データは FRF.11 またはマルチプロトコルのどれである場合もあります。

フレームリレープロトコルは国際電気通信連合 (ITU)に基づいています-米国の T Q.922 ANNEX A 規格、か ANSI T1.618。 それはネットワークによって可変サイズ データペイロードを転送するためにスイッチング機能の最小セットを提供します。

最初に、フレーム リレー フレーム作成はフレーム ベアラーサービス(LAPF)のための Dチャネル用リンク アクセス手順と呼ばれるもう一つのハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)そっくりのフレーム作成であり Q.922 で定義されたように基本的な構造はここに広げて置かれます:

フレームリレー フレーム(Frame Relay Frame)

01111110 フラグ(1 バイト) Address フィールド(1、2 か 4 バイト) データ(変数) 巡回冗長検査(CRC) (2 バイト) 01111110 フラグ(1 バイト)

Address フィールドはこれらのフィールドが含まれています:

  • 名前は示すと同時にデータ・リンク チャネル/接続識別子(DLCI) —、Virtual Circuit (VC)を識別します。

  • Discard Eligible (DE) —設定 された場合、それは輻輳がベテランである場合フレームが最初に廃棄することができることを示します。

  • 順方向明示的輻輳通知 (FECN) —フレーム フローの方にネットワーク エクスペリエンス輻輳。 この通知はレシーバのためにそれから意図されています。 それの後ろの概念はレシーバが確認応答を遅らせることができることです。 よくある実装は"do not care"です。

  • 逆方向明示的輻輳通知 (BECN) —フレーム フローの反対方向のネットワーク エクスペリエンス輻輳。 この通知は転送の速度を減速し、再送信を避けるかもしれない送信側用にそれから意図されています。

  • コマンド/応答(C/R)ビット—制御および管理帯のために使用される。

  • Address フィールド 拡張(EA) — Address フィールドのサイズが 2、3 か 4 バイトであるかどうか見るのに使用しました。

フラグがフレームの始まりおよび終わりを区切るのに使用されています。 プロトコルは 6 隣接 する "1"s がフラグでしか見られる場合がないことを確かめます。 これは他のどのフィールドにも 5 隣接 する "1" の後に "0" を置くことによって実現します。

インターネット技術特別調査委員会 (IETF)はデータエンキャプシュレーションの実装を楽にするために RFC 1490 をデキャプシュレーション作成し。 この RFC はデータフィールドがここに記述されているように使用されること規定 します:

フレームリレーフレーム: データフィールド 形式

UI 0x03 を制御して下さい オプションのパッド 0x00 NLPID (1 バイト) カプセル化された上位層データ

  • コントロール 非番号情報(UI) —これは重要性を持っていないので安全に無視することができます。

  • オプションのパッディング— 1バイトパッディングは偶数にフレームのサイズを調整するために追加されます。

  • Network Level Protocol Identifier (NLPID) —このバイトはどのレイヤ3 プロトコル データがに対応するか確認します。 NLPIDs は ISO TR 9577 によって定義されます。

    注: NLPID はたった 1 バイト長、そうそこにです少数の可能性です。

注: RFC 1490 は 2 バイト Address フィールドを規定 します(これは 0 から 1023)に DLCI値を意味します。

要約すると、このようにフレームリレーフレームなに IETF カプセル化される IPパケット:

フレーム リレー ヘッダー 01111110 (フラグ)
Address フィールド…
… Address フィールド
RFC 1490 ヘッダ 制御して下さい UI (0x03)を
オプションのパッド(0x00)
NLPID
  ......
データ(可変サイズ)
......
フレーム リレー ヘッダー CRC
CRC
  01111110 (フラグ)

注: 上記のダイアグラムでは、各ボックスは 1 バイトを表します。

設定すれば Cisco カプセル化(フレーム リレー エンカプセレーション Cisco (デフォルト))を、フレームに RFC 1490 protocol-header がないしイーサネット タイプ(2 バイト)と DLCI が本質的にあります。 この資料では、このエンキャプシュレーションタイプはマルチポイントエンキャプシュレーションと言われます。

注: IETF RFC および LANブリッジング、IP ルーティングおよびシステム ネットワーク アーキテクチャ (SNA) (FRF.1.1、FRF.1.2、FRF.3.1、FRF.9)のようなデータアプリケ− ションのための追加協定有効正常なサポートによって増加される基本的 な フレームリレー プロトコル。

音声のためのカプセル化および音声およびデータ

デジタル音声 ペイロードを転送するためにフレーム リレー アプリケーション サポートを拡張するために別のカプセル化手法が必要となります。 FRF.11 実装 合意書が音声 転送するに必要なフレーム形式および手順を記述します。 Ciscoルータの最初の独自の VoFRのインプリメンテーションは FRF.11 得られました。 両方ともこの資料に説明があります。

FRF.11 VoFRのカプセル化および手順

フレーム形式

FRF.11 実装はフレームリレー 回線上の異なるコーデック、ファクシミリ、シグナル情報、ダイヤルされた数字およびデータと圧縮される音声トラフィックを転送するためにフレーム形式および手順を定義します。 これのために、FRF.11 は単一 バーチャル サーキットのサブチャネル多重化をサポートするフレーム形式を定義します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-encap1-5733b.gif

たとえば、1 チャネルは信号を送ることのための G.729 圧縮音声、1、およびデータのための 1 に使用することができます。

各サブチャネル ペイロードのタイプはサブチャネル ヘッダによって定義されます。 少なくとも 1 つのサブチャネルは各フレームにあります。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-encap2-5733c.gif

  • チャネルID は 0-3 予約済みです。

  • 255 までのサブチャネルは多重化することができます。

  • データは Dチャネルのマルチポイントエンキャプシュレーションか FRF.11 カプセル化のために設定することができます。

  • Ciscoインプリメンテーションは別のベンダー VoFR (Voice over Frame Relay) アクセスデバイス(VFRAD)から送信 された場合 1 フレームの異なるペイロードのタイプを混合しませんでしたり、そのような帯を受け入れることができます。

転送構文

  • 異なるペイロードのタイプ(異なるコーデック、信号を送るファクシミリ、Dual Tone Multifrequency (DTMF))に異なる必要があります。

  • ペイロード形式はシーケンス番号、コーデックタイプおよび音声ペイロードを呼出します。 いくつかのコーデックで、このバイトはオプションです。 たとえば、Code Excited Linear Prediction 圧縮(CELP)コーデックのために、シーケンス番号およびコーデックタイプはオプションです。 ただし、適応差分パルス符号変調(ADPCM)またはパルス符号変調 (PCM)コーデックとこれらのバイトが必要となります。

  • どのようなペイロードそれがであるかチャネルID に基づいて、フレームで規定 して下さい。

異なる音声圧縮アルゴリズムのユニークな必要は異なる転送構文 定義に反映されます。 各転送構文は異なるフレーム形式および手順を定義し、FRF.11 規格への別館の 1 つに説明があります。

  • ANNEX A: ダイヤルされた数字 転送構文(高い圧縮コーデックと併用するための推奨される)。

  • Annex B: シグナリングビット 転送構文。

  • Annex C: データ転送構文(説明されていた以降である)を含むフラグメンテーション。

  • Annex D: Fax Relay 転送構文。

  • 別館 E-I: 音声 転送構文。

G.729 圧縮音声に関しては、このようにフレームな:

  8   7   6   5   4   3   2   1   bits
+---+---+---+---+---+---+---+---+
|   DLCI high 6 bits    |C/R| 0 | Frame Relay Header 
+---+---+---+---+---+---+---+---+  (Q.922 Address)   
|DLCI low 4 bits| F | B |DE | 1 |          
+---+---+---+---+---+---+---+---+ 
|EI |LI | CID (6 least sig bits)| FRF.11 header 
+---+---+---+---+---+---+---+---+  (EI = 1 and LI = 0)
|CID MSB| 0 | 0 |Payload type0xf
|+---+---+---+---+---+---+---+---+
|   Telogy Header (proprietary) | Used for tandem switching
+---+---+---+---+---+---+---+---+ calls
|            ...                |
|  Fragment Payload / Data      | Voice samples 
|            ...                |   (30 byte G729/G729a)
+---+---+---+---+---+---+---+---+
| Frame Check Sequence          | FCS (2 bytes)
|      (FCS)                    |
+---+---+---+---+---+---+---+---+

CID MSB —チャネルID 最上位ビット。

Cisco VoFR 独自仕様カプセル化および手順

ここの手順は FRF.11 のためと同じですが、フレーム形式にいくつかの違いがあります。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-encap4-5733d.gif

機能性の観点からは、Cisco 所有物および FRF.11 ソリューションは同等です。 独自 の 実装は一時ソリューションで、停止されています。

Cisco 拡張

FRF.11 実装 合意書に加えて、Ciscoインプリメンテーションにいくつかの拡張があります(以下を参照):

  • Intelligent Call Setup Protocol。

  • ホップごとのキープアライブ。

  • ダイヤルプラン サポート。

  • ハント。

  • VoFR、VoATM および VoHDLC を実行します。

  • マスタとスレーブ間。

  • フラグメンテーション。

フラグメンテーション

FRF.11 Annex C フラグメンテーション

FRF.11 がデータエンキャプシュレーションのために設定される場合、データはあらゆるチャネルで転送することができます(デフォルトは 4) チャネルです。

FRF.11 Annex C によってフラグメント化される構造でカプセル化されるデータフレームはこのセクションに説明があります。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-frag1-5733e.gif

FRF.11 Annex C フレームと FRF.11 フレームの違いは余分 2 バイト フラグメンテーションヘッダーがあることです。

このダイアグラムは FRF.11 カプセル化されたデータフレームにおける IPフラグメンテーションの手順を描写します:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-Image30-5733f.gif

フラグメンテーションはフレームが加重公平 キューから削除された後行われます(トラフィック シェーピングの後で)。 フラグメンテーションの後で、最初のフラグメントは送信されます。 他はリアルタイム帯(音声)によって入れ込まれます。

VoFR 帯はサイズに関係なく決して、フラグメント化しません。

パケットはフラグメントが順序が狂って到着する場合廃棄されます。

注: VoIP を混合することを推奨しないし、同じの VoFR トラフィックはインターフェイスします。 FRF.11 を使うと、VOIPパケットはデータパケットとして処理されます。 従って、各フレームにパケット オーバーヘッドごとの少なくとも 2 つの余分バイトがあり、フラグメント化するかもしれません。 従って、FRF.12 エンド ツー エンド フラグメンテーションは VoIP over Frame Relay のために推奨されます。

Cisco プロプライエタリ フラグメンテーション

Cisco 独自仕様カプセル化に関しては、フラグメンテーション フィールドはフレーム ヘッダーの一部であり、手順は FRF.12 のためと同じです。 以前に述べられるように、FRF.11 設定は Cisco MC3810 によって相互運用する必要がなければ推奨されます(Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0.3T 前に)。 さらに、MC3810 音声encap コマンドで Cisco バグ ID CSCdp77029登録ユーザのみ)があります。

データのためのフレーム形式はここに描写されます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-frag2-5733g.gif

Cisco独自のフラグメンテーション プロシージャはここに描写されます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-frag3-5733h.gif

FRF.12 エンド ツー エンド フラグメンテーション

FRF.12 はフレーム リレー FRF.11 と併用するためのマルチプロトコル カプセル化 された データ パケットのために設計されています。 音声が FRF.11 カプセル化され、データにマルチポイントエンキャプシュレーションがあるとき FRF.12 フレーム形式および手順は使用されます。

注: 無音声帯のために VoFR サブ・フレーム データペイロード(FRF.11)を利用する相手先固定接続(PVC)は FRF.11 の Annex C で定義されるデータ転送構文ペイロード形式を FRF.12 で示される形式の代りに使用する必要があります。

FRF.12 フラグメンテーションによって、フレームリレーフラグメントは余分 2 バイトのフラグメンテーションヘッダーをフレームリレーフレームヘッダーの後で得ます。

フラグメンテーション(主として Ciscoルータでより定義された制限、設定可能ではない)を必要とする帯だけフラグメンテーションヘッダーを得ます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-Image31-5733i.gif

一例として、FRF によって 3.1 カプセル化されるデータフレームにおける FRF.12 IPフラグメンテーションの手順は下記に描写されます。

注: スイッチ PVC サポートの FRF.12 は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1.2T だけで期待されます。

FRF.12 がまたユーザーネットワーク間 フラグメンテーションをかフレームリレーネットワークおよびネットワーク間 フラグメンテーションを入力するときフレームリレーフレームが Customer Premises Equipment (CPE) デバイスのインターフェイスでフラグメント化され、再構成したインターフェイス フラグメンテーションを定義することに公正を期すために、注目して下さい。 ここのフレーム形式はここのフラグメンテーションヘッダーがフレームリレーフレームに先行するので、また異なっています。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-frag4-5733j.gif

実際に使用されるものがピア データ端末装置(DTE)デバイス間のエンド ツー エンド フラグメンテーションです。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice/voice-over-frame-relay-vofr/5733-frag5-5733k.gif

インターフェイスのすべての帯をフラグメント化するユーザ網インターフェイス(UNI)およびネットワーク間インターフェイス(NNI) フラグメンテーションとは違って、エンド ツー エンド フラグメンテーションは指定 PVC の帯のフラグメント化に制限されます。

、示されているように DTE の間で使用されたとき、IPフラグメンテーションの手順は送受信 DTE 間のフレームリレーネットワークに対して透過的です。 送信フレームリレーDTE は受信 DTE によってオリジナル フレームに再構成されるより短い帯のシーケンスに長い帯をフラグメント化します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 5733