ダイヤルとアクセス : 非同期接続

EXEC コールバックの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、EXEC コールバック機能の設定例を紹介し、ダイヤル インするクライアントにコールバックするため、および EXEC プロンプトに接続するために使用できるコマンドについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア リリース 11.1、およびそれ以降。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ルータのセッションを開始するとき、Execモードとよく呼ばれるユーザー モードで始めます。 ルータに telnet コマンドを発行できますまたはほとんどの Execモード接続を開始するためにコンソール接続を使用して下さい。 ただし、また EXECセッションを開始するのにダイヤルアップ接続を使用できます。 このようなシナリオの場合、ダイヤルアップ接続はフレームドプロトコルを、リンク上のたとえばポイントツーポイントプロトコル (PPP)、作動させません。

EXECコールバック 機能はダイヤルし、EXEC に接続し、コールバックを要求するデバイスにコールを戻すことを Cisco IOSソフトウェアが可能にします。 従って、クライアントはまだルータを持つ EXECセッションを維持できましたり電話追加料金を避けることができます。 この機能を有効に するために、service exec-callback global configuration コマンドを使用して下さい。 この機能をこれらの理由により使用できます:

  • 電話料金請求の整理統合と集中化

  • 市外通話のコスト節減

  • アクセス制御

この資料はこれら二つのコールバックシナリオを説明したものです:

  • 認証が不要なコールバック(標準的なホーム ユーザ)

    • リモート サイトにあるクライアントがダイヤルインし、認証します。

    • クライアントの接続が解除されます。

    • アクセス サーバはリモートクライアントを呼出し、EXECセッションを開始します。 (アクセス サーバはコールバック番号を設定してもらいます。)

  • 認証を要する、任意の番号へのコールバック(標準的なモバイル ユーザ)

    • リモート サイトにあるクライアントがダイヤルインし、認証します。

    • クライアントは、コールバックを受けるために電話番号を入力します。

    • クライアントの接続が解除されます。

    • アクセス サーバがリモート クライアントをコールし、認証してから、EXEC セッションが開始されます。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/5732/pc_pstn_access.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

  • コールバック アクセス サーバ。

  • PC クライアント: 未確認(ハイパーターミナル の ビュー)の EXECコールバック。

  • PC クライアント: あらゆる数への EXECコールバックはとの確認します(ハイパーターミナル の ビュー)。

コールバック アクセス サーバ
version 12.0
service exec-callback

!--- This command enables the Cisco IOS software to return a call to a
!--- device that dials in, connects to the EXEC, and requests callback.
 
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname maui-nas-04
!
enable secret 5 <deleted>
!
username austin-01 nocallback-verify callback-dialstring 84001 password 0 xxxxx

!--- Does not require authentication after callback.
!--- This string applies to the "no-verify callback" scenario.

username austin-02 callback-dialstring "" password 0 xxxxx

!--- This is for mobile users. The client specifies the callback number.
!--- This string applies to the "callback to any number with verification" scenario.

!
ip subnet-zero
chat-script offhook "" "ATH1" OK
chat-script rtp ABORT ERROR ABORT BUSY "" "AT" OK "ATDT \T" TIMEOUT 45 CONNECT \c

!--- Use this chat script to dial the callback number.

interface Ethernet0/0
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0
 no ip directed-broadcast
!
ip classless
!
line con 0
  transport input none
line 65 70
line aux 0
 script modem-off-hook offhook
 script callback rtp

 !--- Use this chat script rtp for the callback.

 login local
 modem InOut
 transport input all
 callback forced-wait 5

 !--- Wait 5 seconds before you initiate the callback. This prevents
 !--- problems with the router passing the callback string back to the modem
 !--- before it is ready to dial the callback connection.

 flowcontrol hardware
 line vty 0 4
 login local   
!
end

PCモデム(コールバッククライアント)を設定する時、PC のモデムに逆 Telnetセッションを始めて下さい。 Windows 9x でそうする 1 つの方法はハイパーターミナルを使用すること「接続応答をを使用して選択します: 接続を確立するために COMx に」(COMx が PC のモデム ポートであるかところで)指示して下さい。

接続をからのルータへの出力例はしている PC ハイパーターミナルセッションここにあります:

PC クライアント: 検証が不要な EXEC コールバック(ハイパーターミナルのビュー)
ats0=1

!--- AT command to set modem to autoanswer mode.

OK
atdt 55555

!--- AT command to dial the modem of the router.

CONNECT

username: austin-01
password:

Callback initiated - line is disconnected

NO CARRIER

RING

CONNECT

maui-nas-04>                                                                        

PC クライアント: あらゆる数への EXECコールバックはとの確認します(ハイパーターミナル の ビュー)
ats0=1

!--- AT command used to set the PC modem to autoanswer mode.

OK
atdt 55555

!--- AT command to dial the modem of the router.
                                   

CONNECT

Username: austin-02
password:

Callback Dialstring: 84001
Callback initiated - line is disconnected                                           

NO CARRIER

RING

CONNECT

Username: austin-02
password:
maui-nas-04>

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • debug chat — チャット スクリプト アクティビティを表示する。

  • debug modem — モデム制御およびプロセスアクティベーションメッセージを表示する。

  • debug callback —ルータがモデムを使用する、およびチャット スクリプトをターミナルラインで呼出すために表示するときコールバックイベント。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 5732