ダイヤルとアクセス : 総合デジタル通信網(ISDN)、個別線信号方式(CAS)

BRI と backup interface コマンドによる DDR バックアップ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この設定は、専用回線接続をバックアップするための、Integrated Services Digital Network(ISDN; サービス総合デジタルネットワーク)Basic Rate Interface(BRI; 基本インターフェイス)回線の使用方法を示します。 backup interface コマンドは、プライマリ インターフェイスが停止するまで、指定したインターフェイスをスタンバイ モードにします。 バックアップ インターフェイスの機能の詳細については、「Evaluating Backup Interfaces, Floating Static Routes, and Dialer Watch for DDR Backup」を参照してください。

前提条件

要件

ダイヤラ プロファイルの詳細については、「Configuring ISDN DDR with Dialer Profiles」を参照してください。

使用するコンポーネント

このシナリオでシリアル接続を渡る Cisco 3640 ルータに接続される Cisco 1604 ルータがあります。 ルータは両方ともまたバックアップリンクのために使用される BRI インターフェイスが装備されています。 Cisco 1604 は Cisco IOS を実行していますか。 ソフトウェア Release12.1(5)T および Cisco 3640 は Cisco IOS 12.1(2)を使用しています。

この設定の概念は BRI および WANインターフェイスとあらゆるルータで使用することができます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

背景理論

この例ではレガシー Dial-on-Demand Routing(DDR; ダイヤルオンデマンド ルーティング)を使用しています。レガシー DDR では BRI 接続のために dialer map コマンドを使用します。 またレガシーDDR の代りにダイヤラ プロファイルを使用できます。 ダイヤラ プロファイルの詳細については、「ダイヤラ プロファイルを使用した ISDN DDR の設定」を参照してください。

DDR バックアップの設定では、2 つの異なる手順を行います。

  1. DDR を、レガシー DDR とダイヤラ プロファイルのどちらかを使用して設定します。 DDR 接続が正常に機能することを確認してから、バックアップ設定を実装します。

  2. プライマリ リンクが失敗するとき DDR接続を開始するためにルータを設定して下さい。 この設定はバックアップインターフェイスをダイヤルアウトを引き起こすのに使用します。 その他のオプションに関する詳細については DDR バックアップのためのバックアップ インターフェイス、フローティング スタティック ルートおよびダイヤラ ウォッチの評価を参照して下さい。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

この文書に使用されるコマンドに関するその他の情報を検索するには、Command Lookup ツールを使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/5607/bri-to-bri-backup.gif

設定

このドキュメントでは次に示す設定を使用しています。

この設定では BRI 回線を使用してシリアル リンクをバックアップしています。 また、この設定では 2 台のルータ間で Open Shortest Path First(OSPF)ルーティング プロトコルを使用しています。 バックアップ接続がアクティブになったら、新しいバックアップ経路を使用するようにルーティング テーブルが更新されることを確かめる必要があります。

コマンドの表記法の詳細は、「シスコ テクニカル ティップスの表記法」を参照してください。

maui-soho-01 (1600)
maui-soho-01#show running-config 
Building configuration...

Current configuration : 1720 bytes
!
version 12.1
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
service password-encryption
!
hostname maui-soho-01
!
aaa new-model
aaa authentication login default local
aaa authentication login NO_AUTHEN none
aaa authentication ppp default if-needed local

!--- This is basic aaa configuration for PPP calls.

enable secret 5 <deleted>
!
username admin password 7 <deleted>
username maui-nas-05 password 7 <deleted>

!--- Username for remote router (maui-nas-05) and shared secret
!--- (used for CHAP authentication). Shared secret must be the same on both sides.

ip subnet-zero
no ip finger
!
isdn switch-type basic-ni
!
interface Loopback0
 ip address 172.17.1.1 255.255.255.0
!
interface Ethernet0
 ip address 172.16.1.1 255.255.255.0
!
interface Serial0
 backup delay 10 30

!--- Backup link is activated 10 seconds after primary link goes down.
!--- Backup link is deactivated 30 seconds after primary link is restored.

 backup interface BRI0

!--- BRI0 will backup interface serial 0.

 ip address 192.168.10.2 255.255.255.252
 encapsulation ppp
 no ip mroute-cache
 no fair-queue
!
interface BRI0
 ip address 172.20.10.2 255.255.255.0

!--- IP address for the BRI interface (backup link).

 encapsulation ppp
 dialer idle-timeout 900

!--- Idle timeout(in seconds)for this link.

 dialer map ip 172.20.10.1 name maui-nas-05 broadcast 5551111
 dialer map ip 172.20.10.1 name maui-nas-05 broadcast 5551112

!--- Dialer maps for remote destination.
!--- The 2 different phone numbers correspond to the b-channels of the remote side.

 dialer load-threshold 1 outbound

!--- Load level for traffic at which additional connections 
!--- will be added to the MPPP bundle. 
!--- Load level values range from 1 (unloaded) to 255 (fully loaded).

 dialer-group 1

!--- Apply interesting traffic definition from dialer-list 1.

 isdn switch-type basic-ni
 isdn spid1 51299699380101 9969938
 isdn spid2 51299699460101 9969946
 ppp authentication chap

!--- Use CHAP authentication.

 ppp multilink

!--- Use multilink to bring up both BRI channels.

!
router ospf 5

!--- OSPF configuration. If you use a different protocol
!--- configure that here. Make sure to include the BRI network in the RP.

 log-adjacency-changes
 network 172.16.0.0 0.0.255.255 area 0
 network 172.17.0.0 0.0.255.255 area 0
 network 172.20.10.0 0.0.0.255 area 0
 network 192.168.10.0 0.0.0.3 area 0
!
ip classless
no ip http server
!
access-list 101 remark Interesting traffic definition for backup link
access-list 101 permit ip any any

!--- Interesting traffic definition. If you do not want OSPF to bring up
!--- the link, then mark it uninteresting.

dialer-list 1 protocol ip list 101

!--- Interesting traffic is applied to BRI0 using dialer-group 1.

!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 login authentication NO_AUTHEN
 transport input none
line vty 0 4
!
end
!

クライアント maui-soho-01(1600)の設定で次の点を確認します。

  • ループバック アドレスが使用されていること。 これは、OSPF のルータ ID が変更されないようにし、バックアップ リンクがアクティブになったときにピアを確立できるように使用されます。

  • dialer load threshold が小さく設定されていること。 128k マルチリンク バックアップ接続を必要としない場合は、この値を変更できます。

  • どの IP トラフィックでも dial(dialer-list 1 と dialer-group 1 に基づく)をトリガーします。 Since the backup link requires interesting traffic to dial the backup link, verify that you do have a traffic source generating interesting traffic. In this example, OSPF hello packets will trigger the dial. ルーティング プロトコルを使用していない場合は、ICMP ping を使用してバックアップ リンクにダイヤルできます。 Adjust the interesting traffic depending on your needs.

  • OSPF は使用されます。 希望するルーティング プロトコルを使用できます。 プライマリ および バックアップ インターフェイス ネットワークがルーティング プロトコルに含まれていることをちょうど確かめて下さい。 ルーティング プロトコルの代りにスタティック・ルートを使用したい場合リモート BRI インターフェイス(シナリオによってそれにフローティング スタティック ルートをしなければならないことができます)であるネクスト ホップでスタティック ルートを作成して下さい。

maui-nas-05(3640)
maui-nas-05#show running-config 
Building configuration...

Current configuration:
!
version 12.1
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
service password-encryption
!
hostname maui-nas-05
!
aaa new-model
aaa authentication login default local
aaa authentication login NO_AUTHEN none
aaa authentication ppp default if-needed local

!--- Basic AAA configuration for PPP calls.

enable secret 5 <deleted>
!
username admin password 7 <deleted>
username maui-soho-01 password 7 <deleted>

!--- Username for remote router (maui-soho-01) and shared secret
!--- (used for CHAP authentication). The shared secret must be the same on both sides.

!
ip subnet-zero
!   
isdn switch-type basic-ni
!
interface Loopback0
 ip address 172.22.1.1 255.255.255.0
!
interface Ethernet0/0
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet0/1
 no ip address
 shutdown
!
interface BRI1/0
 ip address 172.20.10.1 255.255.255.0

!--- IP address for the BRI interface (backup link).

 encapsulation ppp
 dialer idle-timeout 900
 dialer map ip 172.20.10.2 name maui-soho-01 broadcast

!--- Dialer map for remote destination. 
!--- The name should match the authentication username provided by the remote side.
!--- Even though this router is not dialing out, the dialer map statement
!--- should be used.

 dialer-group 1

!--- Apply interesting traffic defined in dialer-list 1.

 isdn switch-type basic-ni
 isdn spid1 51255511110101 5551111
 isdn spid2 51255511120101 5551112
 ppp authentication chap
 ppp multilink

!--- Use multilink to bring up both B-channels.

!

!--- Output removed.

!
interface Serial2/0
 ip address 192.168.10.1 255.255.255.252
 encapsulation ppp
 no fair-queue
 clockrate 64000
!

!--- Output removed.

!
router ospf 5
 network 172.20.10.0 0.0.0.255 area 0
 network 172.22.1.0 0.0.0.255 area 0
 network 192.168.10.0 0.0.0.3 area 0
!
ip classless
no ip http server
!
dialer-list 1 protocol ip any

!--- This defines all IP traffic as interesting.

!
Line con 0
 login authentication NO_AUTHEN
 transport input none
line 97 102
line AUX 0
line vty 0 4
!
end

すべての IP トラフィックが対象として指定されました。

  • リモート サイトへの dialer map が設定されていること。 誤った dialer map を使用すると、接続されたバックアップ リンクでルーティングの問題が発生する可能性があります。

  • すべての IP トラフィックが interesting trafficとして定義されていること。 これによりアイドル タイムアウトがリセットされ、プライマリが復帰するまで接続したままになります。 バックアップ リンクを接続したままにする必要がない場合は、これを変更できます。

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

特定の show コマンドは、アウトプット インタープリタでサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力を分析できます。

  • show interface bri0 - BRI インターフェイスが動作しているかどうかを示す。 プライマリ リンクが動作している場合、BRI インターフェイスはスタンバイになります。 プライマリ リンクが停止している場合のみ、BRI インターフェイスが動作します。

  • show isdn status - ルータが ISDN スイッチと正しく通信していることを確認する為に使う。 出力で、レイヤ 1 ステータスが ACTIVE、レイヤ 2 ステータスが state = MULTIPLE_FRAME_ESTABLISHED となっていることを検証します。 このコマンドは、通信中のコールの数も表示します。

show ip route コマンドの出力例

クライアントのルーティング テーブルは、プライマリ リンク機能の maui-soho-01 (1600)、下記のように示されています:

maui-soho-01#show ip route
Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area 
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
       i - IS-IS, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2, ia - IS-IS inter area
       * - candidate default, U - per-user static route, o - ODR
       P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

     192.168.10.0/24 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       192.168.10.0/30 is directly connected, Serial0
C       192.168.10.1/32 is directly connected, Serial0
     172.17.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.17.1.0 is directly connected, Loopback0
     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.1.0 is directly connected, Ethernet0
     172.20.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O       172.20.10.0 [110/1626] via 192.168.10.1, 00:00:22, Serial0
     172.22.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       172.22.1.1 [110/65] via 192.168.10.1, 00:00:23, Serial0

上に示されている show ip route の出力はプライマリ リンク(0)シリアルを使用して同位から学習される OSPF ルーティングを表示するものです。 この場合プライマリ リンクをダウンさせ、バックアップリンクをアクティブにします。

プライマリインターフェイスの shutdownコマンドを発行することはバックアップ BRI をダイヤルするために引き起こしません。 シャットダウン コマンドを発行してプライマリ接続を停止した場合、Cisco IOSソフトウェアは、バックアップ接続を自動的に開始しません。 バックアップ インターフェイスを開始するには、ケーブルを取り外すか、または同等の方法でプライマリ接続を物理的に切断する必要があります。

バックアップリンクがアクティブになった後、OSPF テーブルは交換され、バックアップリンクを使用して新しいルーティングはインストールされています。 トラフィックはバックアップリンクを渡って今フローします。 次に例を示します。

maui-soho-01#show ip route
Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area 
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
       i - IS-IS, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2, ia - IS-IS inter area
       * - candidate default, U - per-user static route, o - ODR
       P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

     172.17.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.17.1.0 is directly connected, Loopback0
     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.1.0 is directly connected, Ethernet0
     172.20.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       172.20.10.0/24 is directly connected, BRI0
C       172.20.10.1/32 is directly connected, BRI0
     172.22.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       172.22.1.1 [110/1563] via 172.20.10.1, 00:00:22, BRI0

show interface コマンドの出力例

show interface コマンドは PPP の LCP、ICP およびマルチリンク フェーズが正常に渡されるかどうか確認することを割り当てます。

maui-soho-01#show interface BRI 0
    BRI0 is up, line protocol is up
     Hardware is BRI with U interface and external S bus interface     
     Internet address is 172.20.10.2, subnet mask is 255.255.255.0
     MTU 1500 bytes, BW 256 Kbit, DLY 100000 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
     Encapsulation PPP, loopback not set
     DTR is pulsed for 5 seconds on reset
     LCP Open, multilink Open
     Open: IPCP
   ...........................

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

トラブルシューティングのためのコマンド

特定の show コマンドは、アウトプット インタープリタでサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力を分析できます。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドに関する重要な情報』を参照してください。

  • debug dialer - ダイヤルオンデマンド ルーティング情報を表示する。

  • debug isdn events:ISDN インターフェイスのユーザ側で発生している ISDN アクティビティを表示するために使用する。

  • debug isdn q931 - ISDN ネットワーク接続(レイヤ 3)の call setup と tear down を表示する。問題を切り分けるためにも使用されます。

  • debug ppp negotiation - Link Control Protocol(LCP; リンク制御プロトコル)、認証、および Network Control Protocol(NCP)を含む PPP コンポーネントをネゴシエートしているときのPPP トラフィックに関する情報を表示する。 PPP ネゴシエーションが成功すると、最初に LCP 状態がオープンし、次に認証が実行され、最後に NCP がネゴシエートされます。

  • debug ppp authentication - Challenge Authentication Protocol(CHAP)パケット交換や Password Authentication Protocol(PAP; パスワード認証プロトコル)交換を含む、認証プロトコル メッセージを表示する。 失敗が観測された場合は、CHAP ユーザ名とパスワードが正しく設定されているか検証します。

  • debug ppp error - PPP 接続のネゴシエーションと接続操作に関するプロトコル エラーとエラー統計情報を表示します。

デバッグの出力例

トラブルシューティング DDR バックアップの情報に関しては DDR バックアップの設定とトラブルシューティングの文書を参照して下さい。

前に説明したデバッグを使用して、次のデバッグ出力が生成されました。 出力は、プライマリ リンクの停止とバックアップ リンクの起動を示しています。

*Mar  1 03:37:42.350: %LINK-3-UPDOWN: Interface Serial0, changed state to down

!--- Primary Link is unplugged.

*Mar  1 03:37:42.358: Se0 IPCP: State is Closed
*Mar  1 03:37:42.362: Se0 CDPCP: State is Closed
*Mar  1 03:37:42.366: Se0 PPP: Phase is TERMINATING [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:42.370: Se0 LCP: State is Closed
*Mar  1 03:37:42.370: Se0 PPP: Phase is DOWN [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:42.386: Se0 IPCP: Remove route to 192.168.10.1
*Mar  1 03:37:42.394: %OSPF-5-ADJCHG: Process 5, Nbr 172.22.1.1 on Serial0 from
   FULL to DOWN, Neighbor Down: Interface down or detached
*Mar  1 03:37:43.358: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial0,
   changed state to down
*Mar  1 03:37:52.302: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0:1, changed state to down

!--- The backup interface is changed to from "standby" to "down".
!--- The backup interface was activated 10 seconds after the primary link
!--- went down.
!--- This interval was defined with the backup delay command in maui-soho-01
!--- (the 1600).

*Mar  1 03:37:52.306: BR0:1 LCP: State is Closed
*Mar  1 03:37:52.310: BR0:1 DDR: disconnecting call
*Mar  1 03:37:52.314: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0:2, changed state to down
*Mar  1 03:37:52.318: BR0:2 LCP: State is Closed
*Mar  1 03:37:52.322: BR0:2 DDR: disconnecting call
*Mar  1 03:37:52.417: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0, changed state to up
*Mar  1 03:37:52.477: ISDN BR0: Event: Syncing Discards: L2 Discards 4,
   L2D_Task Counter 2
*Mar  1 03:37:52.489: BR0 DDR: Dialing cause ip (s=172.20.10.2, d=224.0.0.5)

!--- OSPF hellos cause the router to dial.

*Mar  1 03:37:52.493: BR0 DDR: Attempting to dial 5551111

!--- This is the phone number of the remote router that is dialed.

*Mar  1 03:37:54.477: ISDN BR0: Event: Syncing Discards: L2 Discards 4,
   L2D_Task Counter 3
*Mar  1 03:37:56.528: %ISDN-6-LAYER2UP: Layer 2 for Interface BR0,
   TEI 112 changed to up
*Mar  1 03:37:56.556: ISDN BR0: TX ->  INFORMATION pd = 8  callref = (null)
        SPID Information i = '51299699380101'
*Mar  1 03:37:56.627: ISDN BR0: TX ->  SETUP pd = 8  callref = 0x1F
*Mar  1 03:37:56.635:         Bearer Capability i = 0x8890
*Mar  1 03:37:56.643:         Channel ID i = 0x83
*Mar  1 03:37:56.651:         Keypad Facility i = '5551111'
*Mar  1 03:37:56.667: ISDN BR0: RX <-  INFORMATION pd = 8  callref = (null)
   ENDPOINT IDent i = 0x8081
*Mar  1 03:37:56.703: ISDN BR0: Received EndPoint ID
*Mar  1 03:37:56.738: ISDN BR0: RX <-  INFORMATION pd = 8  callref = (null)
   Locking Shift to Codeset 5
*Mar  1 03:37:56.750:         Codeset 5 IE 0x2A  i = 0x808001, 'P'
*Mar  1 03:37:56.857: %ISDN-6-LAYER2UP: Layer 2 for Interface BR0, TEI 65
   changed to up
*Mar  1 03:37:56.881: ISDN BR0: TX ->  INFORMATION pd = 8  callref = (null)
   SPID Information i = '51299699460101'
*Mar  1 03:37:56.917: ISDN BR0: RX <-  CALL_PROC pd = 8  callref = 0x9F
*Mar  1 03:37:56.925:         Channel ID i = 0x89
*Mar  1 03:37:56.949: ISDN BR0: RX <-  INFORMATION pd = 8  callref = (null)
   ENDPOINT IDent i = 0x8181
*Mar  1 03:37:56.984: ISDN BR0: Received Endpoint ID
*Mar  1 03:37:57.175: ISDN BR0: RX <-  CONNECT pd = 8  callref = 0x9F

!--- The call is connected.

*Mar  1 03:37:57.199: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0:1, changed state to up
*Mar  1 03:37:57.218: BR0:1 PPP: Treating connection as a callout

!--- PPP negotiation begins.

*Mar  1 03:37:57.222: BR0:1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open
   [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:57.230: BR0:1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 18 len 34
*Mar  1 03:37:57.234: BR0:1 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:57.242: BR0:1 LCP:    MagicNumber 0x1144F392 (0x05061144F392)
*Mar  1 03:37:57.246: BR0:1 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:57.250: BR0:1 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130F016D6175692D736F686F2D3031)
*Mar  1 03:37:57.262: ISDN BR0: TX ->  CONNECT_ACK pd = 8  callref = 0x1F
*Mar  1 03:37:57.282: BR0:1 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 43 Len 33
*Mar  1 03:37:57.286: BR0:1 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:57.294: BR0:1 LCP:    MagicNumber 0x363030C5 (0x0506363030C5)
*Mar  1 03:37:57.298: BR0:1 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:57.302: BR0:1 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130E016D6175692D6E61732D3035)
*Mar  1 03:37:57.310: BR0:1 LCP: O CONFACK [REQsent] id 43 Len 33
*Mar  1 03:37:57.314: BR0:1 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:57.318: BR0:1 LCP:    MagicNumber 0x363030C5 (0x0506363030C5)
*Mar  1 03:37:57.326: BR0:1 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:57.330: BR0:1 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130E016D6175692D6E61732D3035)
*Mar  1 03:37:57.341: BR0:1 LCP: I CONFACK [ACKsent] id 18 Len 34
*Mar  1 03:37:57.345: BR0:1 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:57.349: BR0:1 LCP:    MagicNumber 0x1144F392 (0x05061144F392)
*Mar  1 03:37:57.353: BR0:1 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:57.361: BR0:1 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130F016D6175692D736F686F2D3031)
*Mar  1 03:37:57.365: BR0:1 LCP: State is Open
*Mar  1 03:37:57.369: BR0:1 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by both
   [0 sess, 1 load]

!--- PPP authentication begins.

*Mar  1 03:37:57.373: BR0:1 CHAP: O CHALLENGE id 17 Len 33 from "maui-soho-01"

!--- The username for CHAP is challenge. The remote router must have this
!--- username configured along with it's shared secret password.

*Mar  1 03:37:57.381: BR0:1 CHAP: I CHALLENGE id 30 Len 32 from "maui-nas-05"

!--- The incoming username for CHAP is challenge.
!--- This username must be locally configured.

*Mar  1 03:37:57.397: BR0:1 CHAP: O RESPONSE id 30 Len 33 from "maui-soho-01"
*Mar  1 03:37:57.425: BR0:1 CHAP: I SUCCESS id 30 Len 4
*Mar  1 03:37:57.433: BR0:1 CHAP: I RESPONSE id 17 Len 32 from "maui-nas-05"
*Mar  1 03:37:57.445: BR0:1 CHAP: O SUCCESS id 17 Len 4

!--- CHAP authentication is successful.

*Mar  1 03:37:57.453: BR0:1 PPP: Phase is VIRTUALIZED [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:57.460: Vi1 PPP: Phase is DOWN, Setup [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:57.480: BR0:1 IPCP: Packet buffered while building
   MLP bundle interface
*Mar  1 03:37:57.484: BR0:1 CDPCP: Packet buffered while building
   MLP bundle interface
*Mar  1 03:37:57.488: %LINK-3-UPDOWN: Interface Virtual-Access1,
   changed state to up

!---  Virtual Access Interface is created for the multilink
!--- (2 b-channel) connection.

*Mar  1 03:37:57.496: Vi1 DDR: Dialer statechange to up
*Mar  1 03:37:57.500: Vi1 DDR: Dialer call has been placed
*Mar  1 03:37:57.504: Vi1 PPP: Treating connection as a callout
*Mar  1 03:37:57.508: Vi1 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open
   [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:57.516: Vi1 LCP: O CONFREQ [Closed] id 1 Len 34
*Mar  1 03:37:57.520: Vi1 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:57.524: Vi1 LCP:    MagicNumber 0x1144F4B0 (0x05061144F4B0)
*Mar  1 03:37:57.528: Vi1 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:57.536: Vi1 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130F016D6175692D736F686F2D3031)
*Mar  1 03:37:57.548: Vi1 PPP: Phase is UP [0 sess, 1 load]
*Mar  1 03:37:57.556: Vi1 IPCP: O CONFREQ [Closed] id 1 Len 10
*Mar  1 03:37:57.560: Vi1 IPCP:    Address 172.20.10.2 (0x0306AC140A02)
*Mar  1 03:37:57.572: Vi1 CDPCP: O CONFREQ [Closed] id 1 Len 4
*Mar  1 03:37:57.576: BR0:1 MLP: maui-nas-05, multilink up, first link
*Mar  1 03:37:57.580: Vi1 PPP: Pending ncpQ size is 2
*Mar  1 03:37:57.583: BR0:1 IPCP: Redirect packet to Vi1
*Mar  1 03:37:57.587: Vi1 IPCP: I CONFREQ [REQsent] id 1 Len 10
*Mar  1 03:37:57.591: Vi1 IPCP:    Address 172.20.10.1 (0x0306AC140A01)
*Mar  1 03:37:57.599: Vi1 IPCP: O CONFACK [REQsent] id 1 Len 10
*Mar  1 03:37:57.603: Vi1 IPCP:    Address 172.20.10.1 (0x0306AC140A01)
*Mar  1 03:37:57.607: BR0:1 CDPCP: Redirect packet to Vi1
*Mar  1 03:37:57.611: Vi1 CDPCP: I CONFREQ [REQsent] id 1 Len 4
*Mar  1 03:37:57.615: Vi1 CDPCP: O CONFACK [REQsent] id 1 Len 4
*Mar  1 03:37:57.623: Vi1 IPCP: I CONFACK [ACKsent] id 1 Len 10
*Mar  1 03:37:57.631: Vi1 IPCP:    Address 172.20.10.2 (0x0306AC140A02)
*Mar  1 03:37:57.635: Vi1 IPCP: State is Open

!--- IPCP state is open and route will be installed.

*Mar  1 03:37:57.643: Vi1 CDPCP: I CONFACK [ACKsent] id 1 Len 4
*Mar  1 03:37:57.643: Vi1 CDPCP: State is Open
*Mar  1 03:37:57.651: Vi1 DDR: dialer protocol up
*Mar  1 03:37:57.663: BR0 IPCP: Install route to 172.20.10.1
*Mar  1 03:37:58.072: BR0 DDR: Attempting to dial 5551111

!--- Router is dialing.

*Mar  1 03:37:58.199: ISDN BR0: TX ->  SETUP pd = 8  callref = 0x20
*Mar  1 03:37:58.206:         Bearer Capability i = 0x8890
*Mar  1 03:37:58.218:         Channel ID i = 0x83
*Mar  1 03:37:58.226:         Keypad Facility i = '5551111'
*Mar  1 03:37:58.445: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0:1,
   changed state to up
*Mar  1 03:37:58.512: ISDN BR0: RX <-  CALL_PROC pd = 8  callref = 0xA0
*Mar  1 03:37:58.524:         Channel ID i = 0x8A
*Mar  1 03:37:58.548: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface
   Virtual-Access1, changed state to up
*Mar  1 03:37:58.599: BR0:1 LCP: I ECHOREQ [Open] id 1 Len 12 magic 0x363030C5
*Mar  1 03:37:58.603: BR0:1 LCP: O ECHOREP [Open] id 1 Len 12 magic 0x1144F392
*Mar  1 03:37:58.746: ISDN BR0: RX <-  CONNECT pd = 8  callref = 0xA0
*Mar  1 03:37:58.774: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0:2, changed state to up
*Mar  1 03:37:58.786: %ISDN-6-CONNECT: Interface BRI0:1 is now connected to
   5551111 maui-nas-05
*Mar  1 03:37:58.794: BR0:2 PPP: Treating connection as a callout
*Mar  1 03:37:58.798: BR0:2 PPP: Phase is ESTABLISHING, Active Open
   [0 sess, 0 load]
*Mar  1 03:37:58.810: BR0:2 LCP: O CONFREQ [Closed] id 16 Len 34
*Mar  1 03:37:58.814: BR0:2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:58.818: BR0:2 LCP:    MagicNumber 0x1144F9C9 (0x05061144F9C9)
*Mar  1 03:37:58.821: BR0:2 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:58.825: BR0:2 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130F016D6175692D736F686F2D3031)
*Mar  1 03:37:58.837: ISDN BR0: TX ->  CONNECT_ACK pd = 8  callref = 0x20
*Mar  1 03:37:58.861: BR0:2 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 33 Len 33
*Mar  1 03:37:58.865: BR0:2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:58.869: BR0:2 LCP:    MagicNumber 0x363036F1 (0x0506363036F1)
*Mar  1 03:37:58.873: BR0:2 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:58.877: BR0:2 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130E016D6175692D6E61732D3035)
*Mar  1 03:37:58.889: BR0:2 LCP: O CONFACK [REQsent] id 33 Len 33
*Mar  1 03:37:58.893: BR0:2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:58.897: BR0:2 LCP:    MagicNumber 0x363036F1 (0x0506363036F1)
*Mar  1 03:37:58.901: BR0:2 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:58.905: BR0:2 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130E016D6175692D6E61732D3035)
*Mar  1 03:37:58.917: BR0:2 LCP: I CONFACK [ACKsent] id 16 Len 34
*Mar  1 03:37:58.921: BR0:2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)
*Mar  1 03:37:58.929: BR0:2 LCP:    MagicNumber 0x1144F9C9 (0x05061144F9C9)
*Mar  1 03:37:58.933: BR0:2 LCP:    MRRU 1524 (0x110405F4)
*Mar  1 03:37:58.937: BR0:2 LCP:    EndpointDisc 1 Local
   (0x130F016D6175692D736F686F2D3031)
*Mar  1 03:37:58.941: BR0:2 LCP: State is Open
*Mar  1 03:37:58.945: BR0:2 PPP: Phase is AUTHENTICATING, by both
   [0 sess, 0 load]
*Mar  1 03:37:58.952: BR0:2 CHAP: O CHALLENGE id 15 Len 33 from "maui-soho-01"
*Mar  1 03:37:58.956: BR0:2 CHAP: I CHALLENGE id 22 Len 32 from "maui-nas-05"
*Mar  1 03:37:58.976: BR0:2 CHAP: O RESPONSE id 22 Len 33 from "maui-soho-01"
*Mar  1 03:37:59.008: BR0:2 CHAP: I SUCCESS id 22 Len 4
*Mar  1 03:37:59.012: BR0:2 CHAP: I RESPONSE id 15 Len 32 from "maui-nas-05"
*Mar  1 03:37:59.028: BR0:2 CHAP: O SUCCESS id 15 Len 4

!--- Authentication (for the 2nd call) is successful.

*Mar  1 03:37:59.036: BR0:2 PPP: Phase is VIRTUALIZED [0 sess, 0 load]
*Mar  1 03:37:59.044: BR0:2 MLP: maui-nas-05, multilink up
*Mar  1 03:38:00.036: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0:2,
   changed state to up
*Mar  1 03:38:02.555: %OSPF-5-ADJCHG: Process 5, Nbr 172.22.1.1 on BRI0 from
   LOADING to FULL, Loading Done
*Mar  1 03:38:04.742: %ISDN-6-CONNECT: Interface BRI0:2 is now connected to
   5551111 maui-nas-05

!--- Second B-channel (BRI0:2) is connected.

*Mar  1 03:38:08.599: BR0:1 LCP: I ECHOREQ [Open] id 2 Len 12 magic 0x363030C5
*Mar  1 03:38:08.603: BR0:1 LCP: O ECHOREP [Open] id 2 Len 12 magic 0x1144F392
maui-soho-01#

関連情報


Document ID: 5607