音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager バージョン 3.0 以降を使用して 2 件目の着信コールを転送できない場合

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager 3.x において、回線に 2 件目のコールが着信したときにその回線のアクティブ コールを転送できない場合に問題を解決するために使用できる 2 つのオプションを説明します。 このシナリオでは、[Transfer(転送)] ボタンが選択不能になっています。 この問題は、Directory Number(DN)ごとのコール数の制限が原因で発生します。 新しいコールが着信したときに、両方の回線は占有されていて、転送を行う空き回線はありません。 このドキュメントでは、この問題を解決するために使用可能な回避策について説明します。

このとき DN ごとの呼び出しの最大数が設定可能なデータベースであるのでこの資料が記述する Cisco Unified CallManager 4.0 に回避策が必要となりません。 行ごとの複数のコールがこれに関する詳細については Cisco Unified CallManager 4.0 でどのようにはたらくか参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager バージョン 3.3 を使用してテストされます。 ただし、これはこれらのソフトウェア および ハードウェア バージョンに適当です:

  • Cisco CallManagerバージョン3.x。

  • Cisco IP 電話のすべてのモデル。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

現在の実装では、IP 電話は回線ごとに 2 件のコールしか処理できません。 コールを転送するとき、電話第 1 は転送先の方の新しいコールを開始し、次に最初の 電話を転送します。 このため、転送するごとに 回線に 2 件のアクティブ コールが生じます。

コール ウェイティングが有効な場合は、 IP 電話は 1 回線で 2 件の着信コールを受け入れられます。 この資料で述べられる要件が理由でのそれらの呼び出し転送できません。 これは転送先の方の追加コールを開始するために別の行例が要求します。

解決策

IP 電話に複数の回線がある場合のソリューションは、 コール ウェイティングを無効にし、 最初の回線で次の回線に対して Call Forward Busy を設定することです。

IP 電話に 1 回線しかない場合は、 コール ウェイティングを無効にします。 ただし、この場合 1 つの着信コールだけを受信することは可能性のあるです。 その行のための第 2 着信コールは設定されるに Call Forward Busy 拡張転送されます。

コール ウェイティングは、 システム全体にわたって無効にすることも 回線ごとに無効にすることもできます。 これらのセクションは両方のオプションを行う方法を説明します。

解決策 1: 広のディセーブル コール ウェイティング システム

システム全体にわたってコール ウェイティングを無効にすると、 特定の回線で設定されている IP 電話を除き、 すべての IP 電話が影響を受けます。

コール ウェイティング システムを広くディセーブルにするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. [CallManager] サービスの [Service Parameters] にアクセスする。[CallWaitingEnable] というパラメータを探してください。

    /image/gif/paws/5255/no-transfer-call-1.gif

  2. コール ウェイティング Enable フラグ ドロップダウン・メニューから『False』 を選択 して下さい。

    no-transfer-call-2.gif

  3. ページの一番上までスクロールさせ、[Update] をクリックする。

    no-transfer-call-3.gif

  4. クラスタ 環境を実行する場合、各クラスタ メンバーのためのステップ 1 〜 3 を繰り返して下さい。

解決策 2: 特定の行のためのディセーブル コール ウェイティング

特定の行のためのコール ウェイティングをディセーブルにするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. IP 電話の [Directory Number Configuration] にアクセスする。 ドロップダウン メニューから [Off] を選択します。

    ディレクトリ番号 の 設定設定を詳細については参照して下さい。

    /image/gif/paws/5255/no-transfer-call-4.gif

  2. 現われるメッセージで『Update』 をクリック し、次に『OK』 をクリック して下さい。

    no-transfer-call-5.gif

  3. [OK] をクリックする。

    no-transfer-call-7.gif

  4. デバイスをリセットするために『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/5255/no-transfer-call-6.gif


関連情報


Document ID: 5255