音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

IOS ゲートウェイから Cisco Unity AutoAttendant にコールをルーティングする方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に Cisco IOS を設定する方法を示されていますか。 来る主要な Direct Inward Dial (DID)に呼び出しをルーティングするゲートウェイは Cisco Unity AutoAttendant に番号が付いています。

前提条件

要件

この資料はたとえば会社はそれに割り当てられる(212) 282-15xx DID 範囲があるシナリオを示します。 ユーザ 1501-1599 DID はエクステンションを割り当てられます。 Cisco Unity AutoAttendant が処理される 282-1500 に行くコールがほしいと思います。

このように生じるトポロジーな:

/image/gif/paws/5254/route_calls_aa_5254c.gif

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

タスク 1: メイン DID 番号を確認して下さい

正しくコールをルーティングすることを PSTN によって示すので正確なメイン DID 番号を知っていることは非常に重要です。

それをチェックするために、PSTN への ISDN 接続のための q931 デバッグを有効に し、メイン DID 番号にテスト コールをして下さい。

debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

coldcut#debug isdn q931
ISDN Q931 packets debugging is on
coldcut#
00:09:09: ISDN Se1/0:15: RX <- SETUP pd = 8 callref = 0x0004
00:09:09:    Bearer Capability i = 0x8090A3
00:09:09:    Channel ID i = 0xA9839F
00:09:09:    Progress Ind i = 0x8083 - Origination address is non-ISDN
00:09:09:    Calling Party Number i = 0x0080, '27042004', Plan:Unknown, Type:Unknown
00:09:09:    Called Party Number i = 0x80, '2821500', Plan:Unknown, Type:Unknown
00:09:09: ISDN Se1/0:15: TX -> CALL_PROC pd = 8 callref = 0x8004
00:09:09:    Channel ID i = 0xA9839F
....

主要な DID のための発信者番号は 2821500 として示されます。

タスク 2: 最初のユニティポートを識別して下さい

最初の Cisco Unity ポートを識別するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager Administration ページに行き、Device メニューから『Cisco Voice Mail Port』 を選択 して下さい。

  2. 左ペインの最初のポートをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/5254/route_calls_aa_5254a.gif

タスク 3: IOS Gateway を設定して下さい

Cisco IOSゲートウェイのこの設定を使用して下さい。

num-exp 2821500 1000

!--- This converts the called 2821500 to 1000.

dial-peer voice 1000 voip
destination-pattern 1000
dtmf-relay h245-alphanumeric

!--- This command must be configured to relay the dialed digits.

session target ipv4:10.200.72.36
codec g711ulaw

!--- This dial peer tells the Cisco IOS gateway where to route the
!--- calls for extension 1000.


!--- In this case, it sends the call to Cisco CallManager (10.200.72.36).
 

注: 同じような IOSコンフィギュレーションは自動転送(AA)へのルート コールに Cisco Unity Express で Cisco Unified CallManager Express と使用されたとき使用することができます。 詳細については Cisco CME 基本的な自動呼分散を参照して下さい。

結論

結果として起こる動作は次のとおりです:

  • Cisco Unity はコールを受信するとき、発信者番号が Unity のサブスクライバではないので、開始グリーティングをします。

  • メールボックスにログイン したいと思う場合開始グリーティング 発表の間に * 鍵を押し、メールボックス ID およびパスワードを入力できます。

  • 開始グリーティングの間に拡張にダイヤルしたいと思う場合 Cisco Unity システムのサブスクライバかコール ハンドラで設定されるエクステンションを入力ただできます。 IP 電話、CTI ポート、Cisco Unityサブスクライバかコール ハンドラで設定されないルート ポイントおよびパイロット ポイントは達することができません。

  • コール転送はサブスクライバの Call Transfer オプションが「はいに設定 されればその時だけはい行われます、リング サブスクライバの拡張」または「、この数のリング サブスクライバ」。 さもなければ、発信者はユーザの音声 メールボックスに差し向けられます。

route_calls_aa_5254b.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 5254