非同期転送モード(ATM) : IP-ATM 間サービス クラス

QoS で CEF が必要とされる場合

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2008 年 4 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Quality of Service(QoS)機能の実装に、Cisco Express Forwarding(CEF)が必要とされる場合について説明しています。

このドキュメントでは、モジュラ QoS Command Line Interface(QoS CLI; Qos コマンド行インターフェイス)を使用して設定する QoS 機能についても説明しています。 MQC とは、トラフィック ポリシーの構築や、それらのポリシーをインターフェイスへ割り当てるために使用する CLI の構造です。 トラフィック ポリシーには、トラフィック クラスと 1 つ以上の QoS 機能が含まれます。 トラフィック クラスは、トラフィックの分類に使用されます。また、トラフィック ポリシーの QoS 機能によって、分類されたトラフィックの処理方法が判別されます。 詳細は、『モジュラ Quality of Service コマンド行インターフェイスの概要』を参照してください。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は、モジュラ QoS CLI を使用して、または使用しないで Cisco ルータに QoS を設定する方法を、理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CEF の概要

CEF とは、ルータの高度なレイヤ 3 スイッチング テクノロジーです。 CEF では、シスコのルータが入力インターフェイスから出力インターフェイスへパケットを転送するための、最も高速な方法を定義しています。 ip cef コマンドはグローバルに CEF を有効にするもので、ip route-cache cef コマンドは特定のインターフェイスに対して CEF を有効にするものです。 詳細は、『Cisco Express Forwarding の設定』を参照してください。

CEF を必要とする QoS の機能

次に示すクラスベースの QoS 機能は、CEF が稼働しているルータでのみサポートされています。 このセクションで説明している不具合についての詳細は、Bug Toolkit(登録ユーザ専用)で参照できます。

dCEF を必要とする QoS の機能

Distributed CEF(dCEF)を使用すると、Cisco 7500 シリーズや Cisco 12000 シリーズの高性能ラインカードの versatile interface processor(VIP)による分散フォワーディングが可能になります。 ip cef distributed コマンドは、dCEF をグローバルに有効にするもので、ip route-cache cef コマンドはdCEF をあるインターフェイスに対して有効にするものです。

Cisco 7500 シリーズでは、route switch processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)のセントラル モードあるいは共有モードで実行される QoS 機能、および、VIP の分散モードで実行される QoS 機能がサポートされています。 Cisco IOS 現在か。 ソフトウェア リリース 12.1(5)T は VIPインターフェイスで、配布バージョンだけサポートされます。 サービスポリシーを VIP インターフェイスに適用するには、dCEF を有効にする必要があります。

dCEF は、Cisco 7500 シリーズの MQC 以外で設定された次のような QoS 機能にも必要です。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 4800