アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 4600 シリーズ コンテンツ配信マネージャ

CDM/CR ハイ アベイラビリティ構成内の無応答デバイスをダウンさせるキープアライブ スクリプトの設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、迅速に応答しないデバイスをダウンさせるための CDM/CR ハイ アベイラビリティ設定で使用する CSS キープアライブ スクリプトの例を示します。 通常、これはファイルのインポートや削除などの他の処理でビジー状態になっている CDM になります。

Webサーバは CDM/CR が表を通って検知 しなければならないと同時にリダイレクション 要求が時間をかけるかもしれないときすぐに応答するかもしれません。 CSS は最初の失敗のデバイス パスをダウンするために設定することができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サンプル スクリプト

Filename: ap-kal-cdm
!
! Parameters: IP_addr webpage [timeout]
!
!   IP_addr is the IP address of the CDM or CR you are testing
!   webpage is the web page you are testing for (see Description)
!   timeout is the maximum time to wait (default is 5000)
!

戻るリダイレクトに CDM または CR の敏感さをテストするのにクライアント HTTP 要求のためにこのスクリプトがようにキープアライブ使用されています。 引数はデバイス アドレス、のためにテストするべき Web ページおよびタイムアウトです(ミリ秒で)。 タイムアウトが与えられない場合、5000 はデフォルトとして使用されます。

Web ページは CDM に残るページである必要があります。 Previewer のページのための CE_Play URL を検知 して下さい。 http://host:port/ に続くすべての文字はこのパラメータ含まれる必要があるものがです。 たとえば、CE_Play リンクが次のとおりだった場合:

http://10.0.2.50/Cisco/00b0d0ab1f84/Default_Channel/here.gif

このスクリプトに Web ページ パラメータのための次を規定 します:

/Cisco/00b0d0ab1f84/Default_Channel/here.gif

指定されたタイムアウト内のデバイスから有効な応答がない場合、スクリプトは失敗しました。

スクリプトの最終的な部分は下記にあります。

! no echo
set USAGE_MSG "Usage: ap-kal-cdm \'IP_addr webpage [timeout]\'"
set Wait_str "HTTP"
! Gather arguements.
! At least two arguments (IP_addr and webpage) must be specified.
! If no timeout is specified, a default 5000 miliseconds is used.
set EXIT_MSG "${USAGE_MSG}"
if ${ARGS}[#] "LT" "2"
exit script 1
endbranch
set IP_addr "${ARGS}[1]"
set webpage "${ARGS}[2]"
set timeout "5000"
if ${ARGS}[#] "==" "3"
set timeout "${ARGS}[3]"
endbranch
if ${ARGS}[#] "GT" "3"
exit script 1
endbranch
no set EXIT_MSG
! Make a connection
set EXIT_MSG "Connect failed"
socket connect host ${IP_addr} port 80 tcp
! Send GET request
set EXIT_MSG "Send GET request failed"
socket send ${SOCKET} "GET ${webpage} HTTP/1.0\n"
socket send ${SOCKET} "Host: ${IP_addr}\n"
socket send ${SOCKET} "Pragma: no-cache\n"
socket send ${SOCKET} "\n"
! Wait for timeout
set EXIT_MSG "Timeout or bad response"
socket waitfor ${SOCKET} "${Wait_str}" ${timeout}
no set EXIT_MSG
socket disconnect ${SOCKET}
exit script 0

関連情報


Document ID: 4187