より早く検出できれば、より多くの攻撃を抑えることができる。

ハッカーやランサムウェアの脅威を弱体化させる鍵は。それは、攻撃者に行動の時間を与えないこと。早期検出のための 4 つのステップを紹介。

詳細はこちら
1
評価

検出時間(TTD)に関する能力を評価。

2
アップグレード

古いインストラクチャやシステムをアップグレード。

3
パッチ

ソフトウェアやシステムの脆弱性にパッチを適用。

4
策定

インシデント対応計画を策定しテスト。

サイバーセキュリティ レポートを読む

可能性の問題ではありません。時間の問題です。

自分の組織が攻撃を受けたら、どうやって身を守りますか。

ハッカーは、知恵と力を日ごとに高めています。組織にランサムウェアを仕掛けると同時に、ハッカー自身も、システムに侵入することで新たな力を得ているのです。

ハッカーに対抗するためには、私たちも攻撃についての知識を高めていく必要があります。

シスコは、デジタル脅迫者の活動時間を短くさせる、効果的な統合型セキュリティ アプローチを用意しています。

サイバー犯罪者に休日はありません。したがって私たちにも休日はありません

Cisco Talos サイバーセキュリティ エキスパート Matt Olney

ネットワーク セキュリティ対策の最前線で活躍するセキュリティ研究者が語ります。

攻撃者はあなたの弱点を知っています。

幸い、私達も攻撃者の弱点を知っています。

詳細はこちら
電子メールによる
エクスプロイト

フィッシング攻撃に関する知識をユーザに伝える

古い
ブラウザ

ユーザのソフトウェアに最新アップデートを確実に適用する

旧式のオフィス
テクノロジー

常に最新のテクノロジーを採用する

老朽化した
インフラストラクチャ

インフラストラクチャを更新して攻撃の扉を閉ざす

インフォグラフィックを見る

「センサーとしてのネットワーク」で
セキュリティ対策を強化

彦根市は、業務負荷を抑えつつ一定以上のセキュリティ レベルを保つため、シスコの「センサーとしてのネットワーク」ソリューションを採用

時間を取り戻す。

侵害の検出には、業界平均で 100 ~ 200 日の時間がかかっています。それだけの長い間、攻撃にさらされているのです。この時間を 13 時間に短縮できたらどうでしょうか。

ソリューションを確認する

関連情報

NGFW の必須要件チェックリスト

次世代ファイアウォールへの投資に必要な 8 つの必須要件を確認してください。

あらゆる場所で脅威をブロックする

シスコは、NSS ラボ BDS テストで、マルウェア、エクスプロイト、セキュリティ回避を 100 % 検出しました。

セキュリティ成熟度
ベンチマーク

日本のセキュリティの組織、プロセス、ツールの利用を他国と比較。

There's Never Been A

Better Time