アラスカの
危険な道路

エリオット ハイウェイとダルトン ハイウェイは、米国で最も危険な道路と言われています。隔絶されたアラスカの原野の中を 800 km 以上も続くこの 2 つのハイウェイは、舗装もされておらず、氷に覆われ、いつも嵐が吹き荒れています。もし、運転中に問題が発生したとしても、助けを呼ぶことはほぼ不可能です。

詳細エリア

エリオット ハイウェイとダルトン ハイウェイ

全長 800 km 以上の危険な道路(大半が未舗装)

限られた通信ネットワークのみ。

米国で 3 番目の規模である石油備蓄施設への主要な供給ルート。

最も近い緊急サービスまで数百キロ。

詳細エリア

エリオット ハイウェイとダルトン ハイウェイ

詳細エリア

エリオット ハイウェイとダルトン ハイウェイ

全長 800 km 以上の危険な道路(大半が未舗装)

限られた通信ネットワークのみ。

米国で 3 番目の規模である石油備蓄施設への主要な供給ルート。

最も近い緊急サービスまで数百キロ。

Map data ©2016 Google. Terms
私は-22℃という気温のなか、1 メートル近い深さの急流の中を進むこともありました。
ダルトン地区監督 Jeff Russell

不可能に思える
課題を解決する

アラスカ州の運輸局は、このような過酷な環境に信頼性の高い通信ネットワークを導入するという、不可能とも思われる課題に直面していました。

シスコは、AT&T、New Horizons Telecom、アラスカ州管理局のエンタープライズ テクノロジー サービス部門と緊密に連携し、新たなスマート ソリューションの構築に取り組みました。AT&T の 19 本の自律式タワーを使ってマイクロ波通信ネットワークを構築し、Cisco Instant Connect ソリューションによって安全な無線、チャネル、メディア リソースを管理することで、グループ コミュニケーションのためのプッシュトゥトーク機能を実現しています。

詳細エリア

マイクロ波通信

詳細エリア

マイクロ波通信

詳細エリア

マイクロ波通信

これらの道路は現在でも危険ではありますが、ドライバーたちは必要なときに助けを呼ぶことができ、局の職員は緊急時の対応が可能になります。シスコのイノベーションと問題解決の支援によって何ができるか、想像してみてください。

Internet of Things によって、接続されていなかったものを接続することで生まれる価値をご確認ください。
アラスカからオーストリアへ

10 年以上前に、オーストリアの運輸関連の国有企業である ASFINAG は、ハイウェイに沿って 2,200 km の道路、70,000 台のセンサー、6,500 台のカメラを接続する光ファイバ ネットワークを敷設しました。その施策は時代の最先端を行くものでした。そしてそこから、大量のデータが生成されました。その結果、新たな課題が生まれました。それは、そのデータを、ドライバーや交通管理センターが実際に利用できるようにする、ということです。

コネクテッド ロード

オーストリアのハイウェイ

2003 ~ 2005 年

ASFINAG の光ファイバ ネットワークに、ハブを制御するためのセンサーとトラフィック カメラの接続を開始。

当該地域の分析

Cisco Connected Mobile Experiences(CMX)で、デバイスとデータの連携、事故の検知、交通の分散による渋滞の解消、安全性の向上を実現。

休憩所の Wi-Fi

ワイヤレス アクセス ポイントにより旅行者や運送業者向けに公衆 Wi-Fi が提供され、利用者は家族とコミュニケーションのほかにも、料金や積載記録の確認もできるようになる。

厳しい環境に対応

耐久性を高めたスイッチ、ルータ、ワイヤレス アクセス ポイントにより、約 −40 °C ~ 60 °C の気温に対応可能になったため、山間部の苛烈な気候もパフォーマンスに影響しなくなる。

1982 年

ASFINAG が建設およびメンテナンスを担当。

1938 年

オーストリアのハイウェイ(ウィーン~ザルツブルグ間のハイウェイ)の最初のセクションの建設を開始。

1997 年

ハイウェイの利用に通行料金ステッカーが必要になる。

即時のコミュニケーション

Cisco Instant Connect(CIC)ソリューションにより中央コンソールからデバイスにデータを素早く送信できるため、緊急時の対応体制をほぼ瞬時に組織することが可能。

2003 ~ 2005 年

ASFINAG の光ファイバ ネットワークに、ハブを制御するためのセンサーとトラフィック カメラの接続を開始。

当該地域の分析

Cisco Connected Mobile Experiences(CMX)で、デバイスとデータの連携、事故の検知、交通の分散による渋滞の解消、安全性の向上を実現。

休憩所の Wi-Fi

ワイヤレス アクセス ポイントにより旅行者や運送業者向けに公衆 Wi-Fi が提供され、利用者は家族とコミュニケーションのほかにも、料金や積載記録の確認もできるようになる。

厳しい環境に対応

耐久性を高めたスイッチ、ルータ、ワイヤレス アクセス ポイントにより、約 −40 °C ~ 60 °C の気温に対応可能になったため、山間部の苛烈な気候もパフォーマンスに影響しなくなる。

1982 年

ASFINAG が建設およびメンテナンスを担当。

1938 年

オーストリアのハイウェイ(ウィーン~ザルツブルグ間のハイウェイ)の最初のセクションの建設を開始。

1997 年

ハイウェイの利用に通行料金ステッカーが必要になる。

即時のコミュニケーション

Cisco Instant Connect(CIC)ソリューションにより中央コンソールからデバイスにデータを素早く送信できるため、緊急時の対応体制をほぼ瞬時に組織することが可能。

ASFINAG は Cisco Connected Roadways ソリューションを採用して、接続された道路をスマートな道路へと変革しました。現在、ボトルネックの解消から緊急時対応の推進まで、シスコはオーストリアのハイウェイの安全性を高め、渋滞を緩和するためのさまざまな支援を行って、ドライバーが快適に運転できるよう尽力しています。

「私たちの使用例は、数千 km の道路に 400 km を超えるトンネルという、他に類を見ないものです。シスコは業界トップクラスのあらゆる種類のソリューションを提供してくれます。また、A1 Telekom Austria は、私たちのニーズを理解してくれる必要不可欠なパートナーです」

— ASFINAG マネージング ディレクター Bernd Datler

世界で最も過酷な道路を接続するテクノロジーを参照する > デジタル対応ネットワークがあなたの街、ビジネス、業界にもたらすメリットついて考える >
ZK リサーチ社からの報告

デジタル時代に成功を収めるにはどうしたらよいでしょうか。

デジタル変革のインフォグラフィック

シスコ デジタル ネットワーク アーキテクチャ(DNA)を活用してイノベーションを推進しましょう。

デジタル時代のネットワーク アーキテクチャ

シスコのオープンかつソフトウェア主導型のアプローチにより、デジタルならではのスピードで新たな機会に備えることができます。

今こそがその時

テクノロジーは、世界を変えるかつてない力を与えてくれます。いつかではなく、まさに今。シスコは、世界をつなぐことで変革しようと取り組んでいます。詳しくご説明しましょう。