EtherChannel

Catalyst スイッチでの EtherChannel のロード バランシングと冗長性について

概要

Fast EtherChannel では、複数の物理的なファースト イーサネット リンクを 1 つの論理チャネルに統合できます。 これにより、チャネル内のリンク間でのトラフィックのロード シェアリングや、チャネル内の 1 つ以上のリンクで障害が発生するイベントでの冗長構成が可能になります。 LAN のスイッチ、ルータ、サーバ、およびクライアントを、unshielded twisted-pair(UTP; シールドなしツイストペア線)による配線、あるいはシングルモードおよびマルチモード ファイバを使用して相互接続するためには、Fast EtherChannel を使用できます。 このドキュメントでは、Fast EtherChannel、Gigabit EtherChannel、ポート チャネル、チャネル グループ、ポート グループをすべて EtherChannel という 1 つの用語で呼びます。 このドキュメントの情報は、これらすべての EtherChannel に適用されます。

このドキュメントでは、EtherChannel を使用した Cisco Catalyst スイッチでのロード バランシングと冗長性の概念について説明します。 また、このドキュメントでは、EtherChannel での Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)とトランキングのサポートについても説明します。 このドキュメントでは、Catalyst スイッチでの EtherChannel の設定方法については説明しません。 関連情報の文書を参照して下さい